5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ポエム大会7

1 : ◆L4LyBSss3w :2005/12/08(木) 21:57:02 ID:dJpaEL95
詩・ポエム板住人による全員参加型ポエム大会です。
参加者はお題にそった作品を投稿してください。
10作品集まった時点で締め切ります。
審査は前回優勝者が行い、1作品が優勝作品として選ばれます。
審査で選ばれた優勝者は次回のお題を出します。

※10作品という限られた枠ですので、一人一作品が望ましいです。
※投稿時、固定ハンドル・トリップ付きでもかまいません。

過去スレッド一覧。

ポエム大会6
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1125916916/

ポエム大会5
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1123103594/

ポエム大会4
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1110975873/

ポエム大会3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1093529134/

ポエム大会2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1087278068/

ポエム大会を開催する
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1082453373/

2 : ◆L4LyBSss3w :2005/12/08(木) 22:05:45 ID:dJpaEL95
※尚、48時間以内に優勝者が名乗り出なかった場合には、

@前回の優勝者が引き続き審査を行う
A準優勝者を指名し、その方に審査権を移行する。

この2案が有ります。



現在の審査員は「んなこたーない」氏、お題は【キリスト】となっています。

3 :応募作品の転載。:2005/12/08(木) 22:10:10 ID:dJpaEL95
名前:原罪1/2 ◆zABAZSBt06 投稿日:2005/12/08(木) 20:27:43

背負った十字架には
赤い温もりが宿り
生暖かさが滴る

赤黒く染まった十字架
男は重さに耐えきれず
大地に膝を付けた
染み込みきれなかった雫が
貴婦人の白絹を汚す

赤と白
艶やかな絹の質感に
抑え籠めたリビドーが
膨れ上がる

卑しさを忘れていた
卑しき動物
忘れていた渇きを思い出し
犬の様に
醜い舌を出し
浅ましく虚空を舐め回す

潤ぬ事を
悟りながら

4 :応募作品の転載。:2005/12/08(木) 22:11:09 ID:dJpaEL95
名前:原罪2/2 ◆zABAZSBt06 投稿日:2005/12/08(木) 20:29:15

赤黒い十字架に
手首を打ち付けられる
苦痛の中に
快楽を見い出す

男は
喘ぐ

手首からは
赤い射精を繰り返し

果てた

渇いた大地に
赤い精液を
巻き散らしながら

卑しく
浅ましく

そして
人らしく

5 :名前はいらない:2005/12/10(土) 17:10:26 ID:sYfoxc3u
あげ

6 :練り物ハンター ◆CNzCJKVCcA :2005/12/10(土) 17:25:56 ID:o1Rhb+s4
[キリストよりも]
キリストよりも 鍋  牡蠣鍋 

キリストよりも 酒  熱燗

キリストよりも 温かい キリストよりも 美味しい

キリストよりも楽しい

プリッとしたジューシーさ

中から溢れる海のエキス

それを流し込む大地のエキス

キリストよりも雄大な鍋パティーで

俺は君を口説いた 携帯番号聞いたけれど

それきり

7 :ゼッケン ◆ZKKEnLZjOY :2005/12/10(土) 18:16:33 ID:5XGaERek
「人生設計偽造」

Oh! ジーザスクライスト!
おれ、ジンセイクライヒト?
なんちてな。えへへ。
とか、はにかんでルばやいじゃない!
発覚したのは失格のクライシス? ムム!
ったくボンクラのぼくなどが今年最後に誰かを愛せるかどうかのセトギワ オキナワ コンニチハ
いまわのきわにきざめコレ おうじょうぎわもキワまれり
神様ばかりに任せちゃおけない 愛するのはぼくだってそうなんだ
もくろみのあるキスばかりで笑うすけべジワ自慢 華麗に加齢臭おっさん
来年は前戯じゃないキス希望おっさん

8 :名前はいらない:2005/12/10(土) 19:04:31 ID:a20Ve84R
自棄酒をあおっていると
キリストが
やってきた

一体なんだよ
うん、まあ俺に責任あるかなと思ってな、ランダムに訪問してるんだ毎年
ふん、まあ入れ、十字架がつっかえて入れないな、外せよ、風呂場にでも置いとけ
傷口はな、ヨードチンキでもぬっておけ
まあ、飲め、さあ、食えカンヅメしかないけどな
マリヤさんていい女だよなあ、何、ひとのお袋オカズにするなだって?
じゃあな、マリヤさんでもよ、マルタの妹の方、あんたどうだったんだよ?
え?俺と同じか、なにもできねえ?なっさけねえなあ
あは、あはははは
でよ、あんまり弟子いじめんなよ?
あは、あはははは
あは、あはははは・・・

起きると枕もとに
マリヤさんの肖像画があった
あいつめ、いいところあるじゃんかよ
改宗しようかなあ
粋なクリスマス・プレゼント、だねえ
マリアさ〜ん♪


9 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2005/12/10(土) 20:01:31 ID:AFf2sotj
『JESUSと呼びたい』

信じるモノは
一つだけで
与えるモノも
一つのみ
“愛”の一言で
片付けてしまうには
もったいないくらい
寛大で
満ち溢れている



喩え
恋人でなくとも
常に守護する
“愛”は
いつも傍にいたいし
師と仰ぎたい



赦されるなら
使徒になりたい
小さく不器用で
生きる存在すら
危うい
我なれど


10 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :2005/12/10(土) 20:19:08 ID:8qNQOqCt
神様が本当にいるかなんて
僕はなんにも知らないけれど
すべてを受け止めようとしたら
僕らは崩れてしまうから
いるかいないかなんかより
何かを大切にするということが重要なのかな

11 :ChiKu≠WAΣ ◆o0rnnbHBHo :2005/12/10(土) 20:49:29 ID:EQJHOG2J
 ― GALAXY ―

 
 丘は削られ高速道路 東京階級団地にYaヘルメット不法投棄されまくりの屋上Get it
 どういう訳だYouダカダカ割高Dead パレスチHA!ナNANoNon!チャイナドレスKnowピンサロNeed
 Love me会員証(アカシ)なくちゃ入れぬテンダーWord  ゴタゴタゴタゴタGo townゴルゴタ俺の日々(デイズ)

 空飛ぶマリア観音放った光探Say your 見つからないままオーバーHeat

 癒し知らぬ俺俺俺は 横断歩道の白黒交差しまくる俺は俺俺は俺で在り続ける為
 スクランブルDo真ん中イクぜYa! Wa!掴み腰に手を当て一気に飲み干せCa(スィーエー)
 書物舐めてもお目当ての限定コスメ手に入れらんないゼッGirl! 
Yen!立ち上がれMe見上げろよ果てしない宙Wow!
 Christmasに生まれたAh歴史を今読みとくなんてBoy!必要だけどSnowSlowShow
 半世紀前世紀一世紀どれもこれもこの今巻き起これ思想の隕石Come on
 俺はここにいるここにここに銀河宇宙に存在するすべてよダチだろみんな天空彼方なんて足場の違いだけジャンYO!
―― 世に今があるなら昨日の丘に春風を 今日の背中達に宿る温もり彼方に飛ばす力を
 目に見えなくていい今巻き起これ思想の隕石Come on!
 闇交差する共通意識の神経GALAXY繋がって
 電飾回路Now商業ベース則り無秩序信号も色とりどりに点滅全滅絶対値
 掘り起こせ引力 今感じさせてほしい今巻き起これ意識の隕石Come on!YES

12 :カゲ ◆PeRug8WB4k :2005/12/10(土) 21:44:34 ID:qu3KHSvc
両手両足に 体重がかかる
血が肘を伝い 脇腹を流れ 爪先を通る
死んでしまえば楽 でもそれは許されない


隣人よ 貴方に切符を与えよう
私が一秒念じれば 貴方に天国行きを約束できる

この 量産型の免罪符を 私は愛と呼んできた 


隣人よ 貴方に悪夢を与えよう
私が一秒念じれば 貴方に地獄行きを強制できる

この 拒絶の代償の絶望を 私は罰と呼んできた


父よ 私に切符を下さい
私は存在するために 貴方にこんなにも尽くしてきた

この 信仰と引き換えの免罪符を 私は愛と呼んできた 


両手両足に 体重がかかる
血が樹を伝い 地に染みて 骨に至る
死んでしまえば楽 でもそれは許されない

13 :名前はいらない:2005/12/10(土) 21:57:13 ID:DJRJg+BC
はい、途中経過ですよぅ。

>>3-4:原罪:◆zABAZSBt06氏
>>6:[キリストよりも]:練り物ハンター ◆CNzCJKVCcA氏
>>7:「人生設計偽造」:ゼッケン ◆ZKKEnLZjOY氏
>>8:無題:名前はいらない氏
>>9:『JESUSと呼びたい』:ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>10:無題:新月てるあき ◆aglqL.ViKQ氏
>>11:― GALAXY ―:ChiKu≠WAΣ ◆o0rnnbHBHo氏
>>12:無題:カゲ ◆PeRug8WB4k氏

只今8作品。あと2作品募集中ですよぅ。
    。              +
  +     。 o  +    o   。 。
   。       _ _。_    。        。
        〆⌒  ⌒ ^⌒ '' ` 、.
   。   /   , -ー── -‐ 、^,, ヽ.  o  +   。
.  o  /   /         \  丶
    /  /  ∧ ∧      i  i.   / ̄">○
   。i  /  ( *‘ω‘*) (;;゚;;)   |  .|  (____|
  。 |  | ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  |  :| ヽ(>< ;)/<テーマは【キリスト】なんです!
   。|  |/※~※~※~※~※~ヽ│ .:.:.|  (     .::)
 ⌒"⌒""⌒⌒⌒"⌒⌒⌒"⌒"⌒⌒"⌒""⌒⌒⌒"⌒⌒

14 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2005/12/10(土) 22:33:42 ID:Nby7fMkS
『キリスト日和り』

星を地上に飾りつけ
人々は集う
クリスマスの名のもとに

僕は街を見下ろす丘の上
コートに首すくめ
桜の下の大岩にすわり君を待つ

今日はみごとなキリスト日和
地上の星天高き星
さえざえ光をまき放って

あの光の中
ツリーとケーキとシャンパン・ワイン・キャンドル・ダンスとビンゴゲーム
それと笑顔があるんだろう

二千年のその昔
ユダヤでうまれた小男が
四肢から血を流し死んでいった

〈弟子を持たらば純朴で
 六分の狂気四分の熱〜〉

「愛の教え」は五つの大陸七つの海を
血を流しながらひろがった

〈神を持たないイエローモンキー
 問題なしんぐれっつらごー〉


15 :《続き》:2005/12/10(土) 22:37:02 ID:Nby7fMkS

キノコ雲の殲滅
実験室にされたこの国で
人々は集う
クリスマスの名のもとに

なにはともあれキリスト日和
僕は大岩にすわり君を待つ

君が来たなら
手をつないで腰かけて
ほんとの星を見上げよう

抱きしめあって
キスをして

神だとか愛だとか魂だとか救いだとか
そんな言葉宙にほおって

美とか理とか真とか己とか
そんな言葉を考えよう

君の言葉と僕の言葉がからみあって
ステキな言葉ができたなら
この大岩にきざみつけよう

日付をいれて
年号のかわりに年令をいれて

なにはともあれキリスト日和
君が来るのを
首をすくめて待っている

16 :アルファ ◆ALPha2B406 :2005/12/10(土) 23:56:00 ID:h8XdMKgp
「祈り」

南国の子どもたちが食料をもらえずにあえいでいる夜中。
西方の大国では、
恋人たちの夜を歌い、真昼の輝きを夜空に映す
大量生産、大量消費の世の中で
水を飲めずに熱病に冒される少女。

俺は日々の生活の中で、大量の矛盾と偽善を両腕に抱え
食糧危機、環境汚染のことを考えながら コンビニ弁当の食べかけを惜しげもなく捨てる。

ああ、キリストさんよ
あんたがもし今の世の中を見たら、なんて言うだろうか。
パンとぶどう酒を食って
神がこの身体に宿るとしたら
キリストさんよ
あんたは俺の罪を許すだろうか。

人間が生んだ人間による最大の罪は
人間の手によって許されることもなく、
誰かが省みることで救われる数億の民は
今日も愛と平和をキリストに祈る。

17 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :2005/12/11(日) 08:35:05 ID:UQS7e+Xn
>>3-4:原罪:◆zABAZSBt06氏
>>6:[キリストよりも]:練り物ハンター ◆CNzCJKVCcA氏
>>7:「人生設計偽造」:ゼッケン ◆ZKKEnLZjOY氏
>>8:無題:名前はいらない氏
>>9:『JESUSと呼びたい』:ミミン ◆4fCTWDhugY氏

>>10:無題:新月てるあき ◆aglqL.ViKQ
>>11:― GALAXY ―:ChiKu≠WAΣ ◆o0rnnbHBHo氏
>>12:無題:カゲ ◆PeRug8WB4k氏
>>14-15:キリスト日和り:あぶく ◆OPBYKkBBNQ氏
>>16:祈り: アルファ ◆ALPha2B406 氏

以上十作品でそろいました
では審査開始です

18 :んなこたーない:2005/12/12(月) 16:31:48 ID:SOsYHL6e
>>3-4:原罪:◆zABAZSBt06氏
A「キリストの受難と背徳的な性衝動が重ねあわされてるね」
B「十字架を背負っているのは、シモンでは?」
C「そうやっていたずらに登場人物を増やすのは話を混乱させるだけでしょう」
A「赤と白という単語が目立つね、『貴婦人の白絹』『醜い舌』もそうだし」
C「血と精液をサブリミナルしてるんじゃないかな」
A「君、サブリミナルは都市伝説だ」
B「あれ、俺はてっきり年末年始へ向けた、めでたい意味なのかと・・・」
(AとC、Bを殴りつける)
B「ああっ、ああっ、ああっ!」
(B死亡)
C「『人らしく』としめる所はどうですか」
A「これは素直に技巧的と賞するべきだろう」
C「僕にはこの詩、全体的に卑しさが強調されすぎてるように見えるんですよ。
 なので、このしめ方はそれゆえ鼻につくというか」
A「確かに全体は陰鬱なトーンだけど、最後でパァーと明るくなる印象があるね。
 これは作者の肯定的な心情のあらわれとして僕は好印象だな」
C「そうですかねぇ」
A「僕はもっと卑しさを強調してもいいと思う。まだこれじゃせっかくの精液が薄そうだ」
C「最近の若者に多いみたいですね、薄い精液。食生活が主な原因だとか」
(おもむろにB、生きかえる)
B「キリストとリビドーを結ぶなんて不潔な発想だ、不潔な発想だ!」
AとC「(落ち着いて)あなた、『Passion』の意味をご存知か?」

19 :んなこたーない:2005/12/12(月) 16:32:44 ID:SOsYHL6e
>>6:[キリストよりも]:練り物ハンター ◆CNzCJKVCcA氏
C「なんですかね、これ」
A「クリスマスの鍋パーティーじゃないのか」
B「いや、どうやら鍋パーティー兼合コンみたいですよ」
C「いくらなんでも、クリスマスに合コンはないでしょう」
B「なんにしろ、ユーモラスが命って感じですね」
C「だとしたら、もっと音数に気を配った方が良かったのでは」
B「そんなもんですかねぇ」
A「配ろうとして配りきれなかった感じは受けるね」
B「そんなもんですかねぇ」
A「それより『〜大地のエキス』と『キリストよりも〜』の間で転換があるね」
B「はぁ」
C「確かにここで視点が変わりますね」
A「楽しい過去(鍋パーティー)と(君とそれきりの)寂しい現在とね」
B「はぁ」
A「例えば、ここで文体のリズムを変えると印象も変わると思うんだけどな」
B「そんなもんですかねぇ」
C「でも『携帯番号聞いたけれど/それきり』とは、どういうことでしょう」
B「女が電話にでなかったか、番号が嘘だったか」
C「逃した魚は大きい。いや、逃したゆえに大きく見えるものだ!」
A「いや、『携帯番号聞いたけれど/それきり』だから、多分男が連絡しなかったんじゃないかな」
B「ほら、言ったろ。女を口説く時はその日に最後までいかなきゃダメだってさ」
AとC「そんなもんですかねぇ」

20 :んなこたーない:2005/12/12(月) 16:35:29 ID:SOsYHL6e
>>7:「人生設計偽造」:ゼッケン ◆ZKKEnLZjOY氏
A「語呂合せが中心の詩だね。
 つまりそこをどうとるかで、評価は分かれるわけだ」
C「しかし、語呂合せも成功しているのと
 失敗しているのがあるのはどういうわけでしょう」
A「内容的必然性の問題じゃないか」
B「ずいぶんとまわりくどい言い方ですね」
C「それはそうと、ここまで道化てみせる必要はなんでしょう」
A「はにかんでいるのか、毒を隠しているのか・・・」
B「単に性格的と考えてみたらどうでしょう。あるいは奉仕としての道化」
A「どうだろうねぇ。なんにしろ、この詩の場合
 裏側の事情がさっぱり分からないから、言葉がただ上滑りしていく感じだ」
BとC「う〜ん」
A「でも、『神様ばかりに任せちゃおけない 愛するのはぼくだってそうなんだ 』
 私はこれがこの詩の山場だと思うわけだが、
 この一行を言うためには、どうしても軽薄なトーンが必要だった、
 そう考えると、作者の人間性が選ばせた語り口なのかもしれないね」

21 :んなこたーない:2005/12/12(月) 16:41:36 ID:SOsYHL6e
>>8:無題:名前はいらない氏
C「これもユーモラスですね」
A「『十字架がつっかえて入れないな』なんてのは笑わせる」
C「しかし『自棄酒をあおっていると』っていう冒頭の状況設定から強引いうか、手抜きというか。
 何に自棄になってるかも分からないし」
A「それは『改宗しようかなあ』というくだりにも当てはまる」
B「しかし、情けない男同士の語らい、これは笑えると同時に
 すこし涙ぐましくもあり、不器用で人間臭い話とは僕たちの好むところじゃないですか」
C「その上、キリストという人物像がとても効果的にはたらいている」
A「まぁ、確かにそうだけど、 そう考えるとなんか卑怯じゃないか?
 その時点で悪い詩になりようがないもんな。
 なんていうか、それはいたずらに抜いちゃいけない刀だよ」
B「うーん、ずいぶんとへたくそな比喩ですね」
C「だって僕たち自身は、ユーモアのセンスないからかね」
AとBとC「・・・(深い溜息)」

22 :んなこたーない:2005/12/12(月) 16:43:11 ID:SOsYHL6e
>>9:『JESUSと呼びたい』:ミミン ◆4fCTWDhugY氏
C「この人は『愛』に対してずいぶんと無垢だね」
A「ちょっと盲目すぎないかな」
B「それはあなたが穢れた心を持っているだけでしょう?」
A「気になるところとしては、『守護』『師』『使徒』
 これらの単語をアクセントと読むか、浮いていると読むか」
B「それはあなたが『お題はキリスト』なんて言ったからでしょう?」
C「ついでに『危うい/我なれど』、21世紀にこの言葉遣いはどうでしょう」
A「言葉遣い自体はなんでもいいんじゃないかな。
 作者は実生活で『我』なんて言わないだろうけど
 作者と詩の語り手はあくまで別物と考えるべきなのだ」
C「内容はどうでしょう」
A「思うに博愛精神というのは、自発的なものなわけだ。
 この詩を真摯な言葉と受け取るか、空虚な言葉と受け取るか
 それはひとえに読み手にかかっていると思う」
C「それでは、あなたはどうお考えで?」
A「どうだろうねぇ・・・」
B「隠したって無駄です。僕は知ってます。
 あなたは穢れた心を持っている、あなたは穢れた心を持っている、
 あなたは穢れた心を持っている!!!!」

23 :名前はいらない:2005/12/12(月) 17:36:44 ID:sRbIzyel
連投規制発動でせうか?

24 :んなこたーない:2005/12/12(月) 19:08:43 ID:SOsYHL6e
>>10:無題:新月てるあき ◆aglqL.ViKQ
B「一見すると散文のようですね」
A「散文として読むと、文章が破綻している。
 しかし、ここではそれはどうでもいいことなのだ」
C「つまり、詩では文章の破綻は許容されると?」
A「『許容される』ではなく『推奨される』だ」
B「う〜ん」
C「僕にはちょっと掴みどころのない文章ですね」
A「重要なのはそれこそ『重要なのかな』の『なのかな』だ。
 これは読み手に問い掛けているのではなく
 作者が自問している姿であり、その姿を読み手に見せつけている、
 そしてそれがどのような効用をもたらすか、そこが肝心なのだ」
B「作者が態度を決めていない以上、僕らも態度を決めかねますよ」
A「いいや、それは決してない。詩あるいは詩行為といったものは
 読み手がその詩を読み、その中へ入っていくことによって完成するものなのだ。
 そして、私たちは積極的に赴いていかなければならない」
C「しかし、僕たちがここから受け取る印象は曖昧で、
 示唆されるものも少ないように思いますが」
A「君は『余は如何にして基督信徒となりし乎』を読んで何とも思わなかった人間だからねぇ」
C「そうやって最後は感受性の問題に収斂させる、これはただの怠慢じゃないでしょうか」
A「怠慢なのかねぇ」
B「どうでしょうかねぇ」

25 :んなこたーない:2005/12/12(月) 19:10:26 ID:SOsYHL6e
>>11:― GALAXY ―:ChiKu≠WAΣ ◆o0rnnbHBHo氏
B「この詩の解読は視覚的に絞るべきでしょうか」
C「いいや、ふりがながふってあるから音韻的にも見る(読む)べきでしょう」
B「何かを言っているようで実は何にも言っていないですね」
A「スピード感という意味じゃ成功している、というかこ慣れている感じだ」
C「その割にスリル感はないですね」
A「イメージ的な発展が乏しいからかな?
 なんていうか、出てくる単語に弱いものが多いね」
B「単語の強弱とはこれまたいかに?」
A「う〜ん、やはり、固有名詞が一番強いんじゃないの。そういう意味での強弱」
B「それは単にあなたの好みの問題では?」
A「やけに強気に出るじゃないか。なんにしろ、『宇宙的言語感覚』というと
 いかがわしく聞こえる、そういった領域まで突き抜けているとは言えないと思う」
C「とりあえず、『限定コスメ』はよく出してきたなと思う」
AとB「『限定コスメ』は凄いねぇ」

26 :んなこたーない:2005/12/12(月) 19:14:08 ID:SOsYHL6e
>>12:無題:カゲ ◆PeRug8WB4k氏
B「全体に対句的な構造を持ってますね」
C「しかし『量産型の免罪符』、『拒絶の代償の絶望』、『信仰と引き換えの免罪符』
 この並置は少しぎこちないね」
A「構造に自覚的なのは悪いことでないが、確かに卓抜とは言いがたいかな」
C「それはそうと日本語の『愛』は『Love』の翻訳語なわけですよね」
A「そうだ。つまりそれ以前に日本には『愛』はなかった!
 いや、『愛』という文字はあったけどね。今とは意味が違う」
C「どうも、この詩にあるような『愛』は日本人には馴染みがなさそうですね」
A「そう思うのは君の勝手だが」
C「そのせいか、僕にはこの詩がどこかよそよそしく感じられるんですよね
 『父よ』というのも何か白々しく見える」
A「そう思うのは君の勝手だが」
B「(声を張り上げ)そう思うなら歌おうじゃないか!」
AとBとC(手を取り合って歌う)
「People get ready there’s a train coming
 Don’t need no ticket you just get on board
 All you need is faith to open the door and board on
 Don’t need no ticket, you just thank the Lord」

27 :んなこたーない:2005/12/12(月) 19:15:55 ID:SOsYHL6e
>>14-15:キリスト日和り:あぶく ◆OPBYKkBBNQ氏
A「気になったところは?」
B「与謝野晶子の旦那(名前失念)の詩をパロった部分がありますね」
A「名前ぐらいは憶えておきなさい」
C「それより、『丘の上』から『街を見下ろす』、この視点と態度はどうでしょうか?
 彼も『神を持たないイエローモンキー』の一人のはずです」
B「つまり、作者の視点が神の視点のようだと?」
A「いや、これは単に作者のボヘミアン志向のあわられだ。
 彼はクリスマスの喧騒にも核兵器の脅威にも徹底して無関心を保っている」
C「しかしボヘミアンにしろ、ヒッピーにしろ、積極的な社会からの解脱が信条なわけです。
 その点、この詩は社会に対していささか投げやりで無責任な印象を受けますが」
A「恋人といれば、その他いっさいは無視出来る。これはある意味で若さの特権と言える」
B「『君』を恋人とするのは早合点じゃないですか?」
A「それ以外には読みようがないと思うけどねぇ」
C「『神だとか愛だとか魂だとか救いだとか/そんな言葉宙にほおって
 美とか理とか真とか己とか/そんな言葉を考えよう』、この対句はよく解せないな」
A「結局、作者にとって重要なのは『僕』と『君』の小世界であり、
 その他の全世界的な仰々しい言葉への訣別を意味しているのだろう」

28 :んなこたーない:2005/12/12(月) 19:21:10 ID:SOsYHL6e
>>16:祈り: アルファ ◆ALPha2B406 氏
C「道徳的な内容ですね」
A「道徳的な内容の場合、一番失敗しやすいのは
 『俺』を無色透明に化かすやり方だ」
C「『俺』がただの傍観者になっているパターンですね」
A「この詩の場合、『俺』は加害者であり
 また自分の『罪』に対してはっきりとした自覚を持っている。
 これによって安い道徳観にならずに済んでいるわけだ」
C「苦悩よりも諦念が滲み出ているのもポイントですね」
B「それにしても、神に対しての心情があまりに素朴すぎないですかね」
A「な〜に、隣人愛なんて日本人には向かないものだよ。
 これはあくまで私の実体験から帰納的に導きだした印象だけどね。 
 まったく、どいつもこいつも卑屈な農民根性があるだけだ」
C「ずいぶん辛口ですね」
B「それこそ、自分を無色透明にした語り口では?
 『生まれを問うことなかれ。行いを問え』ですよ」
A「君、それはブッダの言葉だ。
 まぁ、そもそも私は『世界平和』という言葉を信用したことも一度たりとないからね」
C「・・・実は僕も」
B「実は俺も」
Bの姉「私も」
Bの兄「おいらも」
Bの祖母「あたいも」
Bの祖父「Me,too」
(全員、手を取り合って歌う)
「It's been a long, a long time coming
 But I know a change gonna come, oh yes it will」

29 :名前はいらない:2005/12/12(月) 19:35:34 ID:sRbIzyel
またまた…

30 :んなこたーない:2005/12/12(月) 19:35:57 ID:SOsYHL6e
おお、優勝者を決めるの忘れていた
実は拙文を書き連ねながら
4割>>3-4:原罪:◆zABAZSBt06氏
6割>>8:無題:名前はいらない氏の2つに絞っていた
いま読み返した結果
優勝は、>>3-4:原罪:◆zABAZSBt06氏ですよ
◆zABAZSBt06氏おめでとう、その他の皆さんごめんなさい
というわけで、ドッと疲れが目と腰にきた・・・

31 :アルファ ◆ALPha2B406 :2005/12/12(月) 19:56:52 ID:XlbOb4hx
んなこたない氏、評価乙でした。
実は氏に評価してもらいたくて、どうにか足りない頭をひねった次第です。
あと、実はこのお題を見たとき、>8の作品と似た内容を考えてました。「居酒屋にて」というタイトルで。
結局投稿したものはちょっとお題目過ぎるかなぁと思いましたが、あれで満足しています。

ともあれ、優勝者◆zABAZSBt06氏、おめでとうございます!

32 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/12(月) 20:20:50 ID:Oi/XazUz
(゚д゚)…

Σ(゚Д゚)

Σ(;゚Д゚)マジッスカッ

いやぁ感激だなぁ
ちょっと書いてて背伸びしすぎて苦しかったですが(宗教に疎いもので…)


んなこたーないさん鋭い評価どうもです
たのしく読ませて頂きました

33 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/12(月) 20:27:57 ID:Oi/XazUz
>>31
ありがとー('∀`)

さて…と
今初めて>>1読んだ…

俺が次の評価人ですか…

(´・ω・`)プレッシャーが…

後お題の発表も俺がやるのか
次のお題

【ストーブ】

で一丁よろしくおねがいします

34 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2005/12/12(月) 20:45:20 ID:Zwajg5bb
んなこたーないさん、審査お疲れ&ありがとうございました。まさか鼎談形式とは(驚)…楽しく読ませていただきました。
私が書いたのは《訣別》の言葉を使うなら、宗教への訣別だったのですが、描写不足だったみたいですね(大岩の意味とか)。
クリスチャンじゃないのになぜにメリークリスマス?の思いをぶつけさせてもらいました(笑)。
◆zABAZSBt06さん、優勝おめでとうございます。いろんなところでお名前拝見しております。審査、楽しみにしてますね。

35 :練り物ハンター ◆CNzCJKVCcA :2005/12/12(月) 21:05:09 ID:wXcVKyuZ
  ____∧∧ 
〜' ___( ,,゚Д゚ )<鍋が食いたくてかきました。
  UU    U U   評価してくれてありがとう♪


36 :ChiKu≠WAΣ ◆o0rnnbHBHo :2005/12/12(月) 21:06:07 ID:OchRDA7J
久保:『審査乙』
戸塚:『ウヴァァァァぁぁぁぁぁぁァぁぁぁぁぁぁぃぉヘッブションフぇックション!!!』
竹輪:『言ってるじゃんよ!ギャラクシーはピンサロだって』
久保:『はぁ』
竹輪:『俺はなぁキリストとあったこたねーし抱き合ったこともねーからよ』
久保:『で?何』
竹輪:『街にキリスト探しに出掛けたんだよ』
久保:『はぁ?』
戸塚:『…………』
竹輪:『街のありさまったらチッ背負える十字架ったら横断歩道しかねぇしよ〜』
戸塚:『…………ぅぅ』
久保:『はぁ?きみぃ〜なんか根本からして勘違いしてるよきみぃ』
戸塚:『…………限定コスメねだられただけなんじゃね?』

竹輪:『◆zABAZSBt06さんおめでとう!』

37 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2005/12/12(月) 21:20:32 ID:dRGrPD20
評価,お疲れ様でした(*_ _)ペコリ
実は投稿した後,後悔しきりで(苦笑)
また参加させて下さい(>_<。)
優勝者様,おめでとうございます!

38 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/12(月) 21:55:41 ID:Oi/XazUz
ヽ(*`Д´*)ノウワァァァン皆アリガトー

39 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :2005/12/12(月) 21:56:18 ID:dCZqsJeN
面白い批評ありがとうございます。
思い切って参考になりました

40 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :2005/12/12(月) 21:58:26 ID:dCZqsJeN
>>38
おめでとうございます

41 :カゲ ◆PeRug8WB4k :2005/12/12(月) 22:15:22 ID:180mqu8V
>>26
乙です。
評価ありがとうございます。

>>38
おめでとうございます

42 :8:2005/12/12(月) 22:18:51 ID:+sV2wKxw
んなこたーないさん、評価ありがとうございました。評価楽しかったです。
んなこたーないさんの詩は重いのが多いので、ちょっと意外でしたけど。
私はこれは、のりのりで一気に書きました。◆zABAZSBt06さんは、
セン5でよく拝見してました。言葉をそっと置くような詩ですね。おめでとうございます。

43 :サリドマイド106 ◆xrBNRIUWXY :2005/12/12(月) 22:33:52 ID:4GLo7Zcr
>>34
スレ違いだけども。あなたの決別なるものだけどねぇ。安っぽいんだよな俺に言わせりゃ。
キリストについてどれほどご存知なのかね。
まあ、ほかの方もだけどね。
メシアすなわち「キリスト」は、輝きを得なかった者、また忌み嫌われる者、
下僕として見做されることになっていたんよね(イザヤ書)

ちなみにルキフェルって悪魔の通り名のように使われるけれど、こっちこそが「輝く者」という意味だ。
ルミナリエなんてルシファーにぴったりじゃないか、と、個人的には思う。

まあ、予想通りの投稿をいろいろ読ませてもらって、キリストさんも大変だねって感じだ。

44 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2005/12/12(月) 22:48:33 ID:OchRDA7J
>>43
 
 いわんとしていることはわかります
 が私はキリストを知らない〔読破は基本くらいの知識です〕
 だから知っていない状態を模索して現代の街そのものを表面は明るく実は空虚しくを私なりに書いてみたのです
 知っていないがどんなという今に至る街の状態〔12月〕はこんなふうに感じた
 これを書いてます
 サリドマイドさん


45 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/12/12(月) 22:55:31 ID:GZk4Xdna
・ストーブ

ストーブの火が燃えている
濡れたコートを取って前に置く
すると、くたりと折れた

46 :サリドマイド106 ◆xrBNRIUWXY :2005/12/12(月) 23:11:22 ID:4GLo7Zcr
>>44
気に障ったらごめんなさい。重ねてスレ違い失礼しました。

47 :ねむい ◆yYGM98H44I :2005/12/12(月) 23:15:40 ID:swmrrj2I
「ノスタルジック」

赤いテープは立ち入り禁止
ストーブの上には金色のやかん
掃除のときに使うの
手がかじかんでしまうからね

燃える炎のゴーゴーという音
窓際の席まで届いているのかな
外は冬空灰色の
落ちてきそうな低い雲

冷たいタオルが欲しい
顔が火照って仕方ないから
ストーブのせいだよ
隣にいる君のせいじゃない

ノスタルジック あの頃は
ノスタルジック 宝物

休み時間は人気者
赤いテープはいつも無視して
ああ、こんなふうに自然に
君との距離を縮めてみたいな

ノスタルジック 暖かい
ノスタルジック 今もまだ

ノスタルジック あの頃は
ノスタルジック 宝物

48 :◆/2qAba9tJk :2005/12/12(月) 23:24:10 ID:lJrdJuue
「勝ち組」

あなたは寒いと言う
私は黙ってストーブに灯油を入れる

もう少しもう少し
ほんのちょっとで完成するのに
ふわふわの毛糸
黒と灰色の太目のストライプ
首に何回も巻けるほどの長さ
もう少しもう少し
あと2日位徹夜すれば編みあがるのに

あなたは我慢できないと言う
私は黙ってストーブをつける

負けた
私はストーブに負けた
負けてしまった
機械に
機械に負けてしまった


49 :◆/2qAba9tJk :2005/12/12(月) 23:25:24 ID:lJrdJuue
「勝ち組」2

部屋の隅に座り
静かに続きを編む私
何だか重たい空気まで
一緒に編み込んでしまいそう
そう考えていると
急にピーピーと音が鳴る
換気の音
私はにこにことしながら窓を開ける

勝った
私はストーブに勝った
マフラーに換気は無い
私はあなたの方へ走って行って
編みかけのマフラーでぐるぐる巻きにしてやった

50 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2005/12/12(月) 23:29:25 ID:Zwajg5bb
>>43
ありゃま。やっぱ宗教は危険物だ〜(笑)。
三位一体やらよーわからん、とゆーことで、キリスト教についての書物を読んだ時期もありましたが、岸田秀の著書に《体系的なパラノイア的妄想》の文字を見つけ、私はそれに納得しています。そーゆー立場から書かれた詩ですので、なにとぞご勘弁(笑)。

51 :名前はいらない:2005/12/12(月) 23:37:30 ID:1dAdSwjV
「二度目の冬に」

さわってはいけないよ
とてもあぶないものだから

あたたかいだろう?
でも、近づきすぎてはいけない

君が大きく目をひらいて見入っている
そのかがやくもの

それは、ぼくらだれの手にもあまる
あれくるう力のかけらなんだ

君はいま、おもしろいうごきの炎に近づけなくて
涙をためてじだんだを踏んでいる

でも、それに触れることができる日は
ぼくたちには、ついにやってこないんだ

そのことに気づく日、君がきちんと絶望するように
けれども、絶望しすぎないように祈っているよ

いまは、ねむくなってきたきみのために
ちいさなこえで一曲うたおう

52 :◆FUCKcjokcg :2005/12/12(月) 23:37:58 ID:TzcJ8plt

オゾン層

ストーブの上で寝てるネコの話を聞いて
熱いから火傷するやんとつっこむ老人と子供

ストーブの上で寝てるネコの話を聞いて
それはヒーターやし大丈夫とつっこむ大人

熱いから暖かいに移り変わる家の中
快適な暮らしの外では、南極のペンギンがのぼせてる。


53 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/13(火) 01:23:02 ID:RERDhTRQ
>>45 ストーブ/19氏
>>47 ノスタルジック/ねむい氏
>>48-49 勝ち組/旬氏
>>51 二度目の冬に/名無し氏
>>52 オゾン層/北氏

現在5組(名)のエントリーが済みました
残り5組(名)です


54 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/13(火) 01:30:09 ID:UdFF0SEW
陽炎

寒さが記憶を覆い隠していく
音楽を聴いて逃げ出そうとしている
校門を抜けて 擦れた空気が突き刺さる
五感を殺そうとして逆に研ぎ澄ましてしまう

ガラガラ ドアを開ける音が響き渡る
机の上に置いてある花を
見ないようにして自分の机に鞄を置く

頭の中で血反吐を吐き散らして
必死にあいつの名前と顔を思い出す

教室の中でひっそり
陽炎が揺れている
ストーブが燃えている

(あの牢屋の中で、)

手を擦り合わせて炎に浸る
窓を閉めて窓を閉めて
ストーブにもたれかかる
薄汚れたマフラーに引火した時の
焦げた匂いを嗅ぎたくって仕方ないんだ
おれなんか燃えてしまえば

(あいつは本当に消えてしまった)

燃えてしまえばいいのに
どうにかなっちゃいそうだ

55 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :2005/12/13(火) 16:57:25 ID:gJMLYUw4
「教室に似た空気」

灯油が切れた
今夜はとても冷えるらしい
突然の寒波なので動転してます
ストーブは消えました
正直泣きたいです

窓から隙間風が入って冷たいんです
風で電線が切れたんです
明かりもハロゲンも

暗闇よりも
自分が冷えてしまうのが怖いんです

何も見えない部屋
閉ざされた雨戸
冷え切った空気

すべてが消えた夜
ストーブが恋しくなりました

56 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/14(水) 15:45:54 ID:q63JT/ys
残り3作品(・∀・)

57 :名前はいらない:2005/12/14(水) 19:02:33 ID:N8zgidVf
「ストーブ」 (1/2)

ずいぶんと なつかしいものになったもんだ

玄関先に出しておけば
詰め替えに来た灯油屋も
行儀よく いつも二つ並んでた 赤いタンクも

ずいぶんと なつかしいものになったもんだ

やかんが乗っているのに 遊びまわり
熱湯こぼしちゃ 作った火傷
ヒーヒーするのに我慢して
大きい背中にしがみついたら 半べそかいた

コンロより ストーブの上の方が
旨く小豆が煮えると言ってた かあさん
本当だったね あれから一度も
かあさんのより旨い小豆を 口にしてない



58 :名前はいらない:2005/12/14(水) 19:03:45 ID:N8zgidVf
(2/2)

ずいぶんと なつかしいものになったもんだ

一人暮らしの あの部屋で
年中出しっ放しにしてあった
疲れて帰れば 向き合って
黙ったまま見ていたっけな

冬の日は そのみかん色に焼ける電熱線が
たまらなくキレイで
淋しいも 哀しいも やるせないも
全部こぼして ひとり顔を赤らめたりな

ずいぶんと なつかしいものになったもんだ

灯油の匂い
埃を焦がすよな チリチリいう音
今はもう 影も形も残っちゃないが

押入れみたいな この思い出の中じゃ
お前が 一番あたたかいさ

ずいぶんと なつかしくなったけど、な。


59 :カゲ ◆PeRug8WB4k :2005/12/14(水) 20:42:08 ID:WzF5H8cR
君は来てくれる


ストーブに火をつける 僅かな灯油のにおい
ストーブに火をつける 微かな炎の音色

部屋の温度が 少しずつあがる
狭い部屋は まだ寒い

僕の温度も 少しだけあがる
もうすぐ君が 来る時間

高いワインはないし エアコンもないけど
こんな僕のために 君は来てくれる


部屋のドアが開く 厳しい冬の風が吹く
そこには君がいる 微かなコロンの香り

部屋の温度は 一気に下がり
狭い部屋は 暖まる

僕の温度は 一気にあがる
シングルベッド やっぱり狭い

大きなベッドはないし 布団は固いけど
こんな僕のために 君は来てくれる


今年のクリスマスには 君の好きなワインと
灯油をたっぷり 用意していよう

60 :名前はいらない:2005/12/14(水) 21:24:50 ID:wly9SLrn
途中経過ですよぅ。

>>45 ストーブ/19氏
>>47 ノスタルジック/ねむい氏
>>48-49 勝ち組/旬氏
>>51 二度目の冬に/名無し氏
>>52 オゾン層/北氏
>>54 陽炎/し 氏
>>55 「教室に似た空気」/新月てるあき氏
>>57-58 「ストーブ」/名前はいらない氏
>>59 君は来てくれる/カゲ氏

         _,,..,
       γ´。rー、__
       /  (___,,) 
       /  (´・ω・)  <あと1作!早い者勝ちですよぅ。
      ,i'   ヽ,,) |,,)
 (⌒`ー-i     ,ノ   
  `ー---ヽ...,,,,.),,,.)
        ``````

61 :名前はいらない:2005/12/14(水) 22:14:42 ID:LIDOIvTp
「だって今夜は吹雪だもの(1/2)」

ゴオオ ゴオオオ
帰れそうもない みたいだね

 煙突に吹き返す雪の咆哮
 本体の咽びと煤の匂い

バスは運休 タクシーだって
「今日は勘弁して下さい」って
無理に車を出す人はいない
だって今夜は猛吹雪だもの

頑張って 朝はやって来たけど
ここから50キロの 道のりはスゴイよ
 
 耐熱じゃないカウンターの上は
 赤々と光り熱くなってる

外は暗い いやなお白い
道と 空と 海と 山が 
渦を巻いてて判別できない
だって今朝から猛吹雪だもの

62 :名前はいらない:2005/12/14(水) 22:15:13 ID:LIDOIvTp
「だって今夜は吹雪だもの(2/2」

本当に僕は心配なだけ
玉突きにあったり 山に刺さったり
 
  君は腕を組み外の方を
  頬に照りかえす黄色い炎

どうする?今夜 
課長がうち来いって言ってるけれど
恐い?恐くない?
遠方の連中は 皆泊まるって

 乾いた頬が赤らんでいる
 伏せた睫が長すぎて困る    

可愛い君が心配なだけ
雪にはまって泣いているのを
何度見かけて声かけようか
かけまいかって迷っていたよ

どうする?今夜
僕の アパートはすぐ近くだけど・・・

63 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/14(水) 22:23:24 ID:+am7NGgF
10組揃ったーーーーーーーーーー!!

>>45 ストーブ/19氏
>>47 ノスタルジック/ねむい氏
>>48-49 勝ち組/旬氏
>>51 二度目の冬に/名無し氏
>>52 オゾン層/北氏
>>54 陽炎/し 氏
>>55 「教室に似た空気」/新月てるあき氏
>>57-58 「ストーブ」/名前はいらない氏
>>59 君は来てくれる/カゲ氏
>>61-62 だって今夜は吹雪だもの/名前はいらない氏

それじゃあ、恐れ多いが評価(?)をさせて頂きますビクビク(゚д゚;≡;゚д゚)キョロキョロ

64 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :2005/12/15(木) 06:43:49 ID:qXJdOZLn
>>63
評価よろしくお願いします

65 :カゲ ◆PeRug8WB4k :2005/12/15(木) 17:34:01 ID:+SlxQdeW
>>63
待ってました!! wktk

66 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 22:41:10 ID:+DUDG3oC
ケータイからだと物凄い疲れるね…orz
パソコンがホシィ

後なんか評価と言うか…
俺の感想オンリーになってしまったんだが…
読み間違えや解釈の違いは絶対に有ると思うからもし見付けたら、少し頭の弱い子として優しい目で見てあげて下さい


大体自分より旨い人達の詩なんて皆欠点なんて無いようにみえて仕方ない…
審美眼って物が俺には存在しないって事だな

67 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 22:43:29 ID:+DUDG3oC
>>45 ストーブ/19氏

この詞は短いですな
だけどその短さのお陰でサラリと読むことが出来る
それと感情表現が全く無く情景描写しか無いのもサラリとさせる要因の一つだね
しかし
感情表現が全く無いからといって薄っぺらい訳でも無い
行間で読ませる詩かな?
ストーブに当てると、くたり、と曲がるコートが濡れているのは外界からの攻撃
くたり、と曲がるのは緊張からの緩和、もしくは甘さに誘われて折れた信念を感じさせますな
とするとストーブの火は安らぎを与える物か、はたまた誘惑するものか
判断は読み手に任せているのか

それとも
俺がただおかしく読んでいるだけだったり('∀`)

68 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 22:44:33 ID:+DUDG3oC
>>47 ノスタルジック/ねむい氏
学校での恋思いだしノスタルジックに浸っている詞ですか
うーん…もし作者の体験を元に書いてるとしたら…

(´・ω・`)ウラヤマシス…

こんな事有ったら良かったなぁ…と物凄い切ない気持ちで読まして頂きました

赤いテープやヤカンは確にウチの学校にもありました
誰も守らなくて先生キレてたなぁ…

〉ノスタルジック 暖かい
〉ノスタルジック 今もまだ

暖かいのはストーブか君か
俺には解りませんが
多分両方だろうな……

昔の思い出って奴は思い出になった瞬間から宝物になりますな

69 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 22:46:07 ID:+DUDG3oC
>>48-49 勝ち組/旬氏
ストーブと争う女性…
(´Д`)…
(*´Д`)モエ
てのは嘘だけど、読んででほのぼのしますな
〉首に何回もまけるほどの長さ
二人で一つのマフラーなんて考えてしまう俺は彼女居ない歴=人生な男…
なんてのは置いといて、そのマフラーの長さは「私」が彼を想う気持ちの強さの象徴かな?

それと>>48の最後は負けた…っていう気持ちが良く出ててイイ(・∀・)ね

後〉私は彼を編みかけのマフラーでぐるぐる巻きにしてやった
で勝ち誇りながらも、もう先を越されないように編みかけなのに巻きつけてしまう彼女の独占欲の強さは愛ゆえかな?

70 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 22:47:16 ID:+DUDG3oC
>>51二度目の冬/名前は要らない氏

子供って痛みと共に成長するものだから少し位の怪我や火傷は負った方が痛みの分かる人間になるかもね
まぁそれはそれとして

一見優しく見える炎も、油断すると痛い目に会うって事を幼児に語っている所かな

漢字と平仮名の比率に気を使っているのが良い感じだね

後題名の二度目の冬はこの子供が体験する二度目の冬って事かな


関係無いけどこの詩を読んだら
俺は見よう見まねで親の煙草を吸おうとして親にぶん殴られたのをふと思い出したな

71 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 22:48:43 ID:+DUDG3oC
>>52 オゾン層/北氏
この詩は対比を使って書いているのか
ホノボノとした口調で書いているけど現代社会の環境問題を突いていますね

老人と大人の、猫への返事のギャップが昔と今を表しているのか
子供は未来を表しているのかな?
これからはヒーターでは無くストーブに戻るという暗示か?
それか学校のストーブを思い浮かべたのかな?
そして最後は家の中と家の外とのギャップを描いているという訳か
巧いな

72 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 22:53:16 ID:+DUDG3oC
>>54 陽炎/し氏
おれ好みな暗い詩ですな

一連目から推測すると「おれ」は彼がなぜ死んだのかを実は知っている、もしくは彼の死に少からず関与しているのかな?
そして、後ろめたさが思い出す事を拒否している
だから、花を見ないようにして必死に思い出す(ふり)をしている
後、二つの()の中は繋がっているのかな?
だとすると、彼は牢屋の中でしんでしまったって事になり、この牢屋がポイントになると…
牢屋はなんだろ?社会から隔絶されているって事か。彼はヒッキーか?
じゃあ「おれ」と彼は友達だったのに何もしてやれなかったという
後悔の念が「おれ」自虐的にさせているのかな?

つまり
引き篭りな友が死んで何もしてやれなかっという後ろめたさと後悔の念によって自虐的になっている学生の詩かな?


73 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 22:56:05 ID:+DUDG3oC
>>55 学校と似た空気/新月てるあき氏

作者は学校にあまり良い思い出が無いのかな?
学校と似た空気って
それはおいといて
寒い日にストーブが無いのはとてつもなく辛いね
雪国の俺には良く分かるよ
しかも灯油処か電気なんか切れたらもう絶望しか出来ないね
その点から
この詩は物凄い切なく感じる

石油や電線の切れは孤立を
隙間風や寒さは世間の冷たさなどを表しているのかな
そして体が冷えるのは孤独に蝕まれるって事で
ストーブは夢やら希望やら愛とかを表しているのかな?


74 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 22:57:48 ID:+DUDG3oC
>>57-58 ストーブ/名前は要らない氏
これは哀愁の漂う詩ですね
子供の頃の思い出を回想しているのだが
説明臭さが無いのにその情景がハッキリと思い浮かんでイイ(・∀・)ね

〉コンロよりストーブの方が
の下りでウチの婆さんも似たような事を言っていてデジャビュだ…

2ページ目は一人暮らしを思い出しているのか
なんか一人暮らしの自堕落な部分をリアルに表現されていますね

そして淋しいや哀しいややるせないをストーブに溢す辺りが一人暮らしの孤独さが良く出ていて

一人暮らしが春に控える俺は不安になりますな


75 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 23:01:48 ID:+DUDG3oC
>>59 君がきてくれる/かげ氏
またまた直球な恋の詩ですな
そして温度を大事にして描いてますね
狭い部屋とはなんだろう?
君と居る空間って事かな

〉シングルベッド やっぱり狭い
で妄想したのは俺だけの秘密さ
しかしその前の
〉僕の温度は 一気に上がる
ってのは一体全体どこの温度だよ
と思わず突っ込みを入れてしまいたした


後…私事なんですが

恋の詩はどうもピンと来ない

こんな下らない事しか書けなくてゴメンなさい


76 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 23:04:56 ID:+DUDG3oC
>>61-62 だって今夜は吹雪だもの/名前は要らない氏
自分の語りと情景描写をしっかり分けてあるのが良いね
〉ゴオオ ゴオオオ
擬音が良い味出してますね
でもその少し後の
〉ここから50キロの
ここが少し説明臭いかな

そして…

ラスト一行に下心キタ──(゚∀゚)──ッ!

女の子を心配しているかの様だが
実は自分の家に呼びたい為に女の子を不安にさせようとしているのが、みみっちさが良く出ていてイイ(・∀・)ね

77 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 23:09:51 ID:+DUDG3oC
>>54>>57-58とで迷ったが

>>54の 陽炎/し氏
の優勝です


なんか…本当にちゃんと評価らしい事書けないでスイマセン…
いや、まじで…

78 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/15(木) 23:11:49 ID:+DUDG3oC
>>73
度々すいません…
題名が違ってました

学校に似た空気→教室に似た空気

79 :カゲ ◆PeRug8WB4k :2005/12/15(木) 23:16:56 ID:+SlxQdeW
>>77
本当に乙です。評価ありがとうございます。
狭い部屋とは貧しさの象徴でつよ


>>54
おめでとうございます。

80 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/15(木) 23:45:53 ID:5sJ8j+qE
>>77
ありがとうー
解説はしないよ

優勝、、ね
審査しなきゃいけないってことを考えると
おれは詩を読むのが下手なので(というか考えたり解釈するのが面倒)

「歌詞」を書いてください。
曲はつけなくていいですが、曲がついてることが前提で書いてください。
つまり「字数/字脚」を出来るだけ揃えてください。
テーマは勿論なんでもOK。

ポエ大的にあれなら「歌詞風の詩」でもいいですが、、
おれは歌詞のほうがやりやすいです。
ってことでお願いします。

81 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2005/12/15(木) 23:48:08 ID:O7xuOnVs
>>76
け、ケイタイですか・・・◆zABAZSBt06さんお疲れさまでした。

ほい来た締め切り間際だほいっと。締め切りしないと魔女が来る。

と言うわけで>>61-62を書いたcレールです。いずれも
ところどころの突込みがいい味出してる評ですね、楽しませていただきました。
そうですラスト1行キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!! でしょ、ハハハ。ありがとうございました。


82 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/16(金) 00:22:54 ID:ezEjVoMn
>>79
>>81

ありがとうー

83 :ぐどん:2005/12/16(金) 00:51:16 ID:5mxJBObM
◆zABAZSBt06さん 評価お疲れさまでした!
お題に惹かれて、>>57-58「ストーブ」書きました。頂いた評そのままです(笑)
読んでくれて、アリガトです。迷ってもらえて更に嬉しかったです♪

>>54 しサン、オメデトーです!!!


84 :ねむい ◆yYGM98H44I :2005/12/16(金) 01:14:04 ID:zPI7V/Zp
>>68 ◆zABAZSBt06 さん
携帯からですか…私にはマネできそうにありません…。
「ノスタルジック」を書きました。
私の体験が下地ではありますが、それは片思いで終わりました(苦笑)
初恋は実らないものと言いますし。まあ、その後の恋も実ってませんが…。
それもいい思い出です。いい思い出ですとも。
今回はスラスラと書けて楽しかったです(笑)ちとあっさりしすぎですかね。

評価と感想ありがとうございました。

>>54 し ◆FCXRNaWgHs さん
核心に触れないように匂わせつつ、核心に触れるよりも力強く。
最後の2行が効きますね。優勝、おめでとうございます。

85 :名前はいらない:2005/12/16(金) 01:58:23 ID:gvSLYqZ+
>>80
おまえ考えたり解釈するのが面倒とか書くなよ
ほんとうにそう思っているなら色んな投稿スレにマルチするな
評価人の人たちに失礼な言い方だぞ

86 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/16(金) 02:10:34 ID:ezEjVoMn
>>85
考えの足りない書き込みだったとは思う
ごめんなさい

だがマルチは悪いことじゃない
地下詩人さんも言ってた(2回目)

87 :名前はいらない:2005/12/16(金) 02:14:09 ID:i/nh8kRC
>>80
>考えたり解釈するのが面倒
・・・本気で言ってるのなら、二度と他人に評価を貰おうとするな。失礼極まりない。
自分自身はあちこちで(マルチまでして)評価人に「考えたり解釈」させようとしてるだろ。
それとも「評価人は文句言わずに評価だけしてろ」って事かい?

何にせよ、てるあき並みに他人の痛みに鈍感な奴だな。

88 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/16(金) 02:24:23 ID:ezEjVoMn
>>87
そこまでの悪意のある意味はない
ただ、おれにそういう力が無いってだけ
不快な思いをした人がいるのなら謝る

でも
てるあきの名前を出すのはOKなんですね
勉強になりました

89 :名前はいらない:2005/12/16(金) 13:02:06 ID:jYdjoQwU ?
>>88
てるあきはOK

90 :名前はいらない:2005/12/16(金) 13:15:48 ID:c1PLhp7M
>>88
てるあきは「最低」の代名詞。よっておk。

91 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/16(金) 14:27:58 ID:4dkw6CRy
てるあき(´・ω・`)カワイソス

92 :◆/2qAba9tJk :2005/12/16(金) 14:37:15 ID:35jLqTG8
>>69評価ありがとうございました。
ほのぼのしましたか。嬉しいです。

>>54おめでとうございます。
次のお題ですが、字数字脚を揃えるってのは
リズムがよければOKってことですか?

93 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/16(金) 14:45:03 ID:4dkw6CRy
>>92
歌詞の例を示すとこんな感じ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1130079624/384-385
「字数・字脚」を揃えるってのは「対応する連を同じ文字数(リズム)」にすること

これで解らなかったら「歌詞風の詩」で書いてください
あと、内容は別にJ-POP風とかそういうのは意識しなくていいです
歌詞の形式だけ真似してくれればOK

94 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :2005/12/16(金) 14:54:03 ID:I/DZ59tM
喧嘩売るより株を売ったほうが儲かりますよ

95 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :2005/12/16(金) 15:38:36 ID:I/DZ59tM
>>87
いちおう言うの忘れてましたがお約束として

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       |          |
  ∩_∩  |          |
 (´ー`) < オマエモナー |
 (   )  |          |
  | | |   |          |
 (___)__)  \_____/

96 :VIP STAR:2005/12/16(金) 18:18:50 ID:Oq/3qPc6 ?
I wanna be a VIP STAR 君がずっと夢中なそれなんてエロゲ?
テラワロス VIP STAR 腕を広げブーンをさせてあげよう君だけに

うpに出会えた喜びと クソスレを見た寂しさの 両方を手に入れて ネラーは走り出す
空は飛べるよブーンだから 無職ばかりの板だけど VIPPERに微笑みを 与えられたなら

初めてスレに書き込んだ瞬間に FOX★がすぐに下した規制は僕にだけアク禁

I wanna be a VIP STAR 君がずっと夢中なそれなんてエロゲ?
テラキモス VIP STAR 腕を広げブーンをさせてあげよう
I wanna be a VIP STAR 君をぎゅっと抱きしめてあげるからうぇwwwうぇwww
ギガワロス VIP STAR うはwwwおkwww把握www再うpをしてあげよう君だけに

隠していたクオリティを 君はそっと拾い上げて 大切なスレッドだと 保守をしてくれた

働いたら負けかなと思っている
厨かばうその右手は 再うp希望のために

You're gonna be my VIP STAR 今日も立った妹スレはいはいわろす
キタコレ!のVIP STAR そんなエサに おれは釣られないクマー
You're my only VIP STAR あるあ…ねーよwww釣られたならもう離さない
ハピ☆マテのVIP STAR そのキモさで光る風追い越して今すぐに

スレを立てたら誰もが誰かのVIP STAR
ひろゆきが僕に下した使命は君だけのヒーロー

I wanna be a VIP STAR 君をもっと夢中にさせてあげるからね
キラキラのVIP STAR 腕を広げ魔法をかけてあげよう
I wanna be a VIP STAR 君をぎゅっと抱きしめてあげるからおいで
キラキラのVIP STAR 腕を広げ魔法をかけてあげよう君だけに

97 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/12/16(金) 23:00:03 ID:ZZ3LXzOk
>>67
審査お疲れ様でした
おかしいことないですよ。むしろ嬉しいです
あんまり、「言ってることを聞かせる」感じでなくて
読んでもらうのに任せたいっていう感じで書きました
でも、まだ不親切かもしれないという気がしてきました
ありがとうございます

>>54
おめでとうございます

98 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2005/12/17(土) 00:03:41 ID:xgwxJUhO
『15歳(冬)』
(1/2)
虹色に反射する陽射し
雪面も眩い(まばゆい)
並んでなんか歩けない
いつもの道で



貴方の声が見える
白い形になって
本当は持ち帰りたい
出来る事なら
大切に抱き締めて
離さないから…でも
笑って
黙って頷く


99 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2005/12/17(土) 00:08:37 ID:FLFwry8F
(2/2)
不意に止まる声に驚き
見上げてみれば
遠くを見てる
いつもの道で



貴方の声が見える
白い形になって
宝石箱に仕舞って
あとで眺めるの
きっとキラキラ光る
虹色の声…でも
笑って
黙って頷く
いつか…
そういつの日か
並んで歩けたら…


貴方の声が見える
白い形になって
本当は持ち帰りたい
大切に…大切に
離さないから
でも笑って
黙って頷くだけ
ただ私は…
貴方に頷くだけ


100 :名前はいらない:2005/12/17(土) 03:17:49 ID:8+0KUSls
>935 名前:新月てるあき ◆aglqL.ViKQ [sage] 投稿日:2005/12/11(日) 20:40:04 ID:+ZiXwmcf

>そんなつもりはないんですが不快感を感じられた方がいらっしゃいましたら
>この場を借りてお詫び申し上げます。

>88 名前:し ◆FCXRNaWgHs [sage] 投稿日:2005/12/16(金) 02:24:23 ID:ezEjVoMn

>そこまでの悪意のある意味はない
>ただ、おれにそういう力が無いってだけ
>不快な思いをした人がいるのなら謝る


政治家がよく使う弁明だな。
俺は悪気で言ってるんじゃない、お前が勝手に不快になってるんだ
一応謝っとくが俺に責任は無いからな、って言い草だよね。

あんたら逃げ口上まで良く似てるなw

101 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2005/12/17(土) 04:41:03 ID:DNvrQuSs
『俺の舎弟に手を出すな!』

若い衆の言葉が足りなかっただけで
そこまで怒ることもないだろう
苦い週末迎えるだけの俺にしてみりゃ
ここまでされちゃ黙っていられねぇ

殺れるものなら俺を殺れ
親分気取りの痛いおっさんの首
取れるものなら取ってみろ
正義感出す勘違いおっさんの首

(本当は眠れないだけなんだけど!)

俺のかわいい舎弟たちに何さらすんじゃボケ
遠の昔に謝罪してんだろうが許してやれやボケ
謝り方が悪いってか 土下座でもすりゃいいのかい
だったらまず見本を見せろ 俺が例題出してやる
眠れないのはお前のせいだ
眠れないのはお前のせいだ
そんな俺の不快感 責任取ってもらおうか
まったく酷いね不快感 手本示してもらおうぜ

名も名乗れない雑魚には無理な注文?

(間奏15分43秒)

二番はないのさこの歌に なぜならもう眠いから 
おいおっさん 眠れないんじゃなかったのかい? 

102 :バロス ◆Mjk4PcAe16 :2005/12/17(土) 08:28:28 ID:3jWCcsC1
浪人

俺は浪人生
PCは3ヶ月前に親に没収されたぜ
俺は浪人生
東大
俺は浪人生
キラキラのVIPスター
俺は浪人生
1日13時間勉強
俺は浪人生
夢はガチで脚本家
俺は浪人生
来年合格しないと3浪目突入だぜ
俺は浪人生
ブルーハーツカッコヨス
俺は浪人生
俺は浪人生
俺は浪人生

103 :カゲ ◆PeRug8WB4k :2005/12/17(土) 13:52:37 ID:iDwkCriR
幽体離脱

真夜中過ぎ もう一人の僕が目を覚ます
僕の体を抜け出して 街を彷徨う 午前一時

音もなく開く檻の扉 見張りは居ない
外灯の光だけが おぼろげに道を照らす 僕を誰も見れない

黒の世界に消える足音 果してない闇に光を探した
月夜に当ても無く彷徨う僕は 狼男か夜光虫か


嘘のように静まり返った街 光も消えて
車も人一人も通らず 誰も居ない 午前三時

音をたてて壊れたこの心 癒えぬ傷跡
自動販売機だけが 言うことをちゃんと聞く 僕を誰も知らない

黒の世界に溶ける白い息 あの夜のようにコーヒーを飲んだ
寒さに温もり探して彷徨う僕は 狩する蛇か凍える猫か


明け方過ぎ もう一人の僕は眠くなる
僕の体に戻るべく 家路を辿る 午前五時

音もなく明ける東の空 消える世界
外灯の光達も 巣へと帰っていく 僕ももう消える頃

白の世界に消える夜の闇 眠るべきベッドに身を投げた
朝日に目を閉じ嘆く僕は 夜の闇か亡霊か

黒の世界には僅かな温もり 目覚める見張りが施す施錠

104 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2005/12/18(日) 01:05:32 ID:G7Dl2AFi
『ありがとおおきに勘忍な』

〜ありがとおおきに許してくれて
 女手ひとつで育てた息子
 今日からうちが守ります

ほんまはうちを憎らしいやろ
三々九度の盃を
笑顔で見つめるお義母はん
うちかて女やわかります
当たり前やなしゃあないな
せやかて惚れてしもたんや
この人空のにおいがするわ
青くて大きな空のにおいや
今日からうちもあんたの娘
どうぞよろしゅう頼みます

どえらい苦労してきたんやて
誓いのキスに目頭を
うつむきおさえるお義母はん
うちかて女や聞かせてや
とても真似などできません
せやけどうちも頑張るわ
淋しいなるな勘忍してな
いつでも遊びに来とくんなはれ
初孫すぐに抱かせるさかい
体気ぃつけ待っててや

〜この人を産んでくれはっておおきにな
 ほんまにほんまにおおきにな

105 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/18(日) 02:35:43 ID:oqiKUAFX
盛りagaってまいりましたっ

106 :「通勤時間に」 1/2:2005/12/18(日) 02:39:49 ID:T6kEjnQm

他人のことが気になるなぁ
他人の視線が気になるなぁ
今の自分は幸せそうに見えるかなぁ
キラキラ、輝いているのかなぁ

いつもの駅で階段降りる
すれ違う人 肩擦れ合う人
みんな息を吐いて考えている

昨日の自分と比べられたらなぁ
毎日をそうして生きていられたらなぁ

ねむい頭で考えている
抜け出せない不順な生活
たまの休みは光の速さで過ぎ去って
こうして歳をとっていくんだなぁ
幸せってなんだろうなぁ

107 :「通勤時間に」 2/2:2005/12/18(日) 02:40:26 ID:T6kEjnQm

他人のことが気になるなぁ
他人の心が気になるなぁ
今の自分はどう思われているのかなぁ
みんなに好かれているのかなぁ

すし詰め車内で寄りかかる
咳払いする人 黙っている人
みんな目を伏せ考えている

明日の自分が違ったらなぁ
毎日がそうして過ぎていけばなぁ

錆びた頭で考えている
切り捨てられない煮詰まった日々
一日、一年、あっという間に過ぎ去って
しがらみだけが増えていくなぁ
生きるってなんだろうなぁ

他人のことが気になるなぁ
他人のことが気になるなぁ
みんなはこんなこと、考えているのかなぁ
自分だけだったら嫌だなぁ

あぁ
他人のことが気になるなぁ


108 :名前はいらない:2005/12/18(日) 02:44:49 ID:UdqWI2Qp
芭蕉

http://www3.diary.ne.jp/user/338790/

109 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/18(日) 03:23:32 ID:wWD6UbOr
途中経過。

>>98-99:『15歳(冬)』ミミン ◆4fCTWDhugY
>>101:『俺の舎弟に手を出すな!』にいちぇ ◆UQRl.WeFEk
>>102:浪人 バロス ◆Mjk4PcAe16
>>103:幽体離脱 カゲ ◆PeRug8WB4k
>>104:『ありがとおおきに堪忍な』あぶく ◆OPBYKkBBNQ
>>106-107:「通勤時間に」 ID:T6kEjnQm

残り4作品。お題は「歌詞を書く」です。

110 :名前はいらない:2005/12/18(日) 04:14:48 ID:8r4ZxzsH
「扉を閉めて」

明日への 扉開けて
君は 飛び出した
ふりむきもせずに

だけど 開けたドアは
閉めていって ほしかったよ

ああ まぶしい光 差し込んで
テレビが見づらい
吹き込む 風はつめたく
ぼくを 励ますけど

Winds, Please don't move me now
テコでも 動きたくないのさ
どうせ コタツ生まれ コタツ育ち
誰か ドアを閉めて

そっと ドアを閉めて
ついでに お茶も入れて


く、くだらない…。ケミストリーあたりのバラード調を想定で。

111 :名前はいらない:2005/12/18(日) 10:57:26 ID:f2r6iMT4
しさん、
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1134046622/9688vip star
が抜けてる模様。
今は、あと二作品募集の状態ですね。

112 :名前はいらない:2005/12/18(日) 11:01:07 ID:f2r6iMT4
↑訂正
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1134046622/96VIP STAR

113 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/18(日) 13:56:18 ID:JZkH7V0I
VIP STARは替え歌だから対象外

114 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/18(日) 14:31:10 ID:JZkH7V0I
審査して欲しいならするけどねw

115 :名前はいらない:2005/12/19(月) 15:59:50 ID:KWR32HFd


116 :名前はいらない:2005/12/19(月) 17:11:36 ID:sqBKghT9 ?
参加希望者が10人いないっていう

117 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/20(火) 03:03:13 ID:+vvRzdtJ
>>116
('A`)

残り三作品ですよー

118 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2005/12/20(火) 03:10:22 ID:JUcoDPkK
即興ながら支援を(てか詩板久々に来た)

「別れの日」

語り合おうか 永遠の夜
グラスを遠ざけて 
触れることなく消えればいいさ 
視線は合わせずに  

見知らぬ一室で 流れる無音
銀の秒針は 止まって見える
唇が動き 大気は揺れて 
炎に見立てた 電灯が燃える

裏切ることが決意になった
卑怯と気付くことなく
呆けたように心が逸れて
手のひらは返る 今

愛を閉ざそう こころを砕き
互いに背を向けて
想いを捨てて 最後にひとつ
笑って消えよう じゃあ…

空に浮かんだ 風船ふたつ
記憶を振り捨てて

ひとつは空へ
ひとつは海へ

119 :7市:2005/12/20(火) 16:39:56 ID:h2IrY9xc
どこまでか何の領域?
誰が生まれ 誰が死に
生まれてきた原因を見ずに
死んでいく結果
それでも神は
人間を誕生させた
何を見 何を得
何を感じるかただ
神のみぞ知る。

120 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/21(水) 01:29:13 ID:8dbkT4Ay
あと一つ

121 :名前はいらない:2005/12/21(水) 23:28:02 ID:3XiBLfm+
「朝の雨は・・・」

つうつううと昇れる 冷たい蒸気 月が落ちた朝に
あなたの肩を しとしとと濡らす

夢が探した 白い傘を手渡して逃げた
雨の幻 あの子はどこへ

 間違いとは 言えなくて 本当に好きと 
 思ってたのは ほんとう 流れ落ちた雨と・・・

透ける木々の 言葉聞いて 道に迷った
あなたは今朝も 雨粒に濡れる
 
 間違いとは 知らなくて 落ちる雨のよう
 吸い込まれて 土になり あなたの葉になり・・・

朝の雨音 水の煙 月色のインク
あなたの傘を こっそり開いて 

落書きをした ここにいますよと 


122 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/21(水) 23:41:19 ID:9sy1Lanq
集まりましたね〜
じゃあ審査します

>>98-99:『15歳(冬)』ミミン ◆4fCTWDhugY
字数/字脚:C−
構成:C
リズム:C−
内容:C+
独創性:B−
【感想】
a:声が見える ってのが面白いですね。
 でも白い息は持ち帰れない。そこが切ないな、と思った。
b:単なる帰り道なのか、別れるところなのか。
 状況をはっきりさせてほしかったです。
c:構成がちょっとシンプルすぎる気がします。
d:歌詞の形としては割とベタですね。初めてにしては上手いと思います。
 この人は何書いても上手いもの書けそうだなあ。

>>101:『俺の舎弟に手を出すな!』にいちぇ ◆UQRl.WeFEk
字数/字脚:D+
構成:C−
内容:B
独創性:C
【感想】
a:何ていうかありがとうございました。
b:マジレスすると、私情が入りすぎです。
c:2連が好きです。歌詞っぽい。
d:かなり攻撃的なのでロックですかねえ。もしかしたら演歌かも!?

123 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/21(水) 23:43:13 ID:9sy1Lanq
>>103:幽体離脱 カゲ ◆PeRug8WB4k
字数/字脚:B−
構成:B+
内容:C
独創性:C
【感想】
a:所謂ダーク系とかV系と言われる類の歌詞ですね。
 かなり王道な感じ。言葉の使い方なんかは好みです。
b:物語調な感じで、こういう歌もありだとは思うんです。
c:が、何か印象的なフレーズがないのは残念です。
d:単純に幽体離脱を描くだけでは面白くない、かな。

>>104:『ありがとおおきに堪忍な』あぶく ◆OPBYKkBBNQ
字数/字脚:B+
構成:B
内容:B−
独創性:C+
【感想】
a:これは普通に上手いw 良いですね〜。
b:演歌ですよね。たぶん。結婚式で使えそう。関西限定でw
c:あえて悪い見方をするなら、あざとい。
d:僕が京都在住だからか、歌詞にすんなり入り込めました。

124 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/21(水) 23:43:54 ID:9sy1Lanq
ごめwww抜けたwww

>>102:浪人 バロス ◆Mjk4PcAe16
字数/字脚:D
構成:C
内容:C−
独創性:D+
【感想】
a:かなり単調です。見てて面白くはなかったです。
b:良く言えば味がある。悪く言えば個人的。
c:あんまり必死な感じがしなかった。
 狙ってやってるのかもしれないですが。
d:VIP言葉はちょっと余計かもしれない。ネタとしては好きです。

125 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/21(水) 23:45:58 ID:9sy1Lanq
>>106-107:「通勤時間に」 ID:T6kEjnQm
字数/字脚:A
構成:B
内容:C
独創性:C
【感想】
a:技術的には上手い。すっと入ってきました。
b:ちょっと「なぁ」調がくどいかなあ、と。強調しすぎです。
c:細かいとこだと、読点か空白か、どっちかにしたほうがいいかな。
d:いつかこんなの経験するのか、と思うと気が重いですが、
 おれの好きなタイプの、スタンダードな歌詞だと思います。

>>110「扉を閉めて」ID:8r4ZxzsH
字数/字脚:D (一番構成なので)
構成:C
内容:C+ (ワロタ)
独創性:C
【感想】
a:流れが自然w これで二番もあればね。
 んで、二番で重い腰をあげて、でもやっぱ寒いからコタツに戻るみたいな、、。
b:誰かが考えそうな内容ですねw コタツ生まれコタツ育ち。
c:なぜか明るい内容に思えるのが不思議です。
d:結構好きかも。しゅーるりありずむ? ですね。

126 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/21(水) 23:46:29 ID:9sy1Lanq
>>118「別れの日」b4 ◆2WgbgFgdIs
字数/字脚:C
構成:C−
内容:C+
独創性:C+
【感想】
a:一連だけ妙にキザなのが気になる。
b:二連の比喩は結構好き。以降の流れは上手いな、と思った。
c:最後のまとめ方が良いですね。

>>119
字数/字脚:E
構成:E
内容:D
独創性:D
【感想】
a:歌詞書いてください。のーこめんと。

>>121
字数/字脚:A−
構成:B
内容:B−
独創性:C+
【感想】
a:なんか良いなあ、、これ。うん。上手い。
b:「あの子」と「あなた」は同一人物? 統一したほうがいいと思う。
c:詩的な歌詞。キャッチーさもあって、こういうのも大いにアリですね。

127 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/21(水) 23:53:42 ID:9sy1Lanq
うーん
歌詞としてスタンダードなのは>98と>106
個人的に好きなのは>104、>118、>121
>101を選ぶともの凄いことになるので、残念ながら選外w
>102、>107はネタなので優勝にはそぐわないかな。

結局、
>>106
>>104
>>121
で悩む。。(今考えてます)

128 :◆FCXRNaWgHs :2005/12/22(木) 00:03:24 ID:9sy1Lanq
>104 内容では優勝
>106 技術では優勝
>121 詩的さでは優勝

個人的に新鮮だなあ、と思ったのは>>104
関西(京都)弁が強烈な印象として離れない。

ので>>104のあぶくさん優勝。
他の人ごめんなさい。

(スレ的に)妙なお題でしたが、投稿してくれて嬉しかったです。
ありがとうございました。

129 ::2005/12/22(木) 00:11:21 ID:dhA/Exqj
不遇
お前を救える者などその世にいない お前は険しい道を一人歩いてゆく
お前の心は徐々にボロボロになってゆく それでも何の償いもなされそうにない
闇の国からお前を見ていた お前を救えるのは私だけ
お前はそれ以上耐え抜く必要などない 死にたくなったらいつでも私に言うがいい

お前を横切る幸せそうな者達 お前は見て見ない振りをするしかない
お前の心はいつしか歪められてしまった それでも何の償いもなされてない
お前の不遇をずっと嘆いていた お前を生まれ変わらせてやりたい
お前はそれ以上苦しむ必要などない 死にたくなったらいつでも私がそばにいる

130 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2005/12/22(木) 01:16:10 ID:dIbKw78b
もの凄いことにしてほしかったなぁ(笑)。
しさん、審査、お疲れ&ありがとうございました。まさかの優勝、びっくりしております。あざといですか。そうですか。阿久悠に勝ってますか?(笑)。
えー、歌詞としてはどうなのかわからないけど、『幽体離脱』が丁寧な描写でよいと思いました。《自動販売機だけが言うことをちゃんと聞く》が気にいりました(喜)。
それでは早速、次のお題です。

『やせがまん』

力作お待ちしてま〜す!

131 :ねむい? ◆yYGM98H44I :2005/12/22(木) 01:28:41 ID:WJKy7+fX
あぶくさん優勝おめでとうございます。
そしてしさん、最後まで悩んでくださってありがとうございます。
「通勤時間に」を書きましたねむいです。
やはり“なぁ”がしつこいですよね(苦笑)
ずっと前に書いたんですけど、その短所が気になってなかなか人目に晒せませんでした。
読点と空白で統一性がないのは、読点のある連だけ投稿時に付け加えたから…です(笑)

132 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2005/12/22(木) 02:04:58 ID:0+IaK3uv
>>98-99を書いたミミンです(*_ _)ペコリ
しさん,審査お疲れ様です(>_<。)
あの詩は実は3部作です(笑)設定もあります。一応,告白すら出来ない女の子と照れ屋だけどマイペースな男の子のラブストーリーです。年齢を重ねるごとに恋も大人になる…そんな一番最初の詩を投稿してみました(笑)
ちなみに曲もありますが私の頭の中だけです(笑)ゆず系の曲です♪
あぶくさん,優勝おめでとうございます(^-^)v

133 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2005/12/22(木) 03:34:04 ID:dIbKw78b
投稿の際に要望があります。
題名を必ずつけ、名前の欄に記入してください。
作者の名前は伏せておいてください。
審査員特権とゆーことで、よろしくお願いしますm(__)m
繰り返しになりますが、お題は

『やせがまん』

で〜す!

134 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2005/12/22(木) 11:06:39 ID:sPVGjrbS
あぶくさんおめでトンです
しさんありがトンです
>>121を書きました。駐在スレに落とそうかと思った所あれ・・・
また締め切ってないじゃないですかここ・・・?と言う訳で。

普段から音・リズムが先で書く事が多いのですが、
既存の曲やそのアレンジに合わせて書く事もあったりします。
しかしその場合元歌が何かは頭の中の秘密なので問題ないはず・・・です。ふははは。

135 :カゲ ◆PeRug8WB4k :2005/12/22(木) 12:25:15 ID:oJ9Izi7T
>>103のカゲです。
>>128乙です。評価ありがとうございます。
>>133おめでとうございます

136 :小鳥の夜 1/2:2005/12/22(木) 12:49:40 ID:oTwAEkf1
やわらかく動く唇が、見えていたのは数十秒
笑いさざめきながら、回転して遠ざかる
(不規則に揺れる小さなイヤリング)

降り注ぐ声の花束、その斜め後ろで
目尻を下げたまま、あいまいにたたずむ
(間抜けなガードマンの位置だ)

それだけのこと、さりげなく離れよう
苦い発泡水を、食道に流し込みながら
(惹かれてなどいなかった)

肩にとまる見えない小鳥にむかって
やせがまんを言うこと、これが重要
(顔見知りとさえ、言えないような
もう会う機会もないひとに)

137 :小鳥の夜 2/2:2005/12/22(木) 12:51:47 ID:oTwAEkf1
ローストビーフを二切れ、幾度かの爆笑
ほら、傷はもうどこにもない
(おお、偉大なるかな魔法の水!)

だが耳のそばで、意地悪な小鳥がささやく

(おまえは、あのひとの顔を
すぐに忘れるだろう
しかし、いつか夢に見る)

(遠ざかって消える、鮮やかな唇を)

(そうして、おまえは夜中に
目をさますだろう
理由もわからず
胸かきむしりながら…)

僕は、生意気な小鳥を
おもむろに肩からはたき落とし

いつか来る、苦い夢のために
魔法の水をもう一杯飲み干すのだ

138 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2005/12/22(木) 14:21:42 ID:9Ms8Pnh+
わあ、もう次の投稿が始まっておりますが遅レスで御礼を。
「し」先生、審査お疲れ様でした!
俺の歌詞は一応パンクロックです。間奏でサイケデリックになってプツンと唐突に終わるという、前衛的な曲でした。(笑)
あぶく先生おめでとうごじゃいます。つか、これCD化されたら大ヒットしそうだなあ。マジで。
結婚式で新婦が必ず歌うようなブームになったりして。(笑)

139 :ねえ、君:2005/12/22(木) 15:27:25 ID:Xe6Qdd0E

笑っちゃうよ 笑っちゃうね
笑っちゃいなよ・・・

本当ね、ほんとにそうね
ばかよねぇ

叶わぬと知っていた
あり得ぬほどの純粋が
この世のたった一人だけを想う
そんな、世界でいっとうきれいな恋

この世の果てにしかあることのない
まっさらな想いで まっさらな恋をした
そんな、世界でいっとうきれいな君

だから、どうか泣かないで

笑っちゃうよ 笑っちゃうね
笑っちゃいなよ・・・

本当ね、ほんとにそうね
ばかよねぇ

だから
ねえ、君 泣かないで

笑っちゃうよ 笑っちゃうね
ばかだなぁ


140 :shudder(1/2):2005/12/23(金) 00:38:15 ID:ebA2s+4h
一人の時間は
存在しちゃ駄目!
とにかく潰して
仕事は,ばりばり
バイトたくさんこなして
…遊びでもいいからさ
とにかく雑念しない!



暇になったなら
想いがざぶざぶ溢れて
暴走しちゃいそう
…だから空き時間を
埋め尽くさなきゃ!
一日のscheduleを
真っ黒に埋め尽す
まだまだ足らないぞ
一週間…
どんどんさばいて
…一ヶ月…





141 :shudder(2/2):2005/12/23(金) 00:39:02 ID:ebA2s+4h
一人で泣かないよう
落ち込む暇ないよね?
壊れて刻まない為に
疲れてれば
寝るだけでしょ?
それにこれ以上
愛しても
迷惑だもんね…



うん
貴方にはいつでも
元気で
笑った顔を
浮かべなきゃいけないんだから


142 :カゲ ◆PeRug8WB4k :2005/12/24(土) 00:07:47 ID:z8o1CZA2
愛という 安易な口実が 美化してくれるんです
指先で 君のストイックを とかしていくんです

そんな痩せ我慢は無用
何躊躇ってるんですか?
僕に見せるのが怖いんですか?


汗という 湧き出る体液が 僕らを繋ぐんです
吐息が 僕のリズムを 狂わせるんです

そんな痩せ我慢は不毛
見栄を張ってるんですか?
僕が信用できないんですか?



もう やめにしよう

143 :カゲ ◆PeRug8WB4k :2005/12/24(土) 00:10:00 ID:z8o1CZA2
要望のことを忘れておりました
本当に申し訳ありません
>>142は無視してください

144 :名前はいらない:2005/12/26(月) 00:16:40 ID:wCL9rmSA
はい、途中経過ですよぅ。

>>136-137:小鳥の夜
>>139:ねえ、君
>>140-141:shudder

以上、現在3作品。あと7作品募集中ですよぅ。

             ∫     
.                ∫  ∧∧  
         _(;;゚;;) 旦(´・ω・`)<カゲ ◆PeRug8WB4kさんの作品は…
 ────/ゝ========と,, ヽ── あぶくさんにお任せ。
  、──/ ※ ※ ※ ※ ※ ヽノ〜
  \ ヾ _________ゝヽ、
    \___________ヽ

145 :名前はいらない:2005/12/26(月) 02:09:18 ID:cTRY3Ox5
シントラの古城で 女神にあった
マカオから来た マカオからきた16歳。

ソウルバンドに憧れて 東京まで出てきたけど
ソウルバンドに飽き飽きして 南欧まで逃げてきた

マカオの女神は 俺を見て 
あんたったらあきぽくって だらしないわと 飽きれた顔

そういうなよ そう今日は俺が メシを作る順番だったな

いつのまにか同棲してる マカオの女神と会う前から

ここの月は妙な色で、28日満月が続く

さあ、ロールキャベツだよ
マカオの女神は 機嫌直して 
彼女の昔を 語ってくれた。
どういう話か覚えてないけど
なんだか 足元がほってりするよ

シントラの古城で 女神にあった
マカオから来た 16歳 

このお城に当分住むさ
女神は行ってしまったけれど

146 :名前はいらない:2005/12/26(月) 17:27:05 ID:ppa5RmjE ?
>>145
タイトル必要ですよぅ


↓ルール転載

133 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2005/12/22(木) 03:34:04 ID:dIbKw78b
投稿の際に要望があります。
題名を必ずつけ、名前の欄に記入してください。
作者の名前は伏せておいてください。
審査員特権とゆーことで、よろしくお願いしますm(__)m
繰り返しになりますが、お題は

『やせがまん』

で〜す!


147 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2005/12/26(月) 20:40:11 ID:OTaiQSaD
>>144さん、>>146さん、ありがとうございます。
私が出した要望は
@題名をつけてください
A名前の欄に題名を書いてください
B作者名は伏せてください
の三点でした。
Bはこの大会の基本ルールに明らかに反していますし、作品の創作の後の、作品の提出の仕方に関することですね。三点の要望に忠実に投稿してくださった三名に感謝しつつ、>>142>>145も審査対象にしたいと思います。
ただ、私は題名のない作品って手抜きに感じるんですよね〜(笑)。よければ今からでも題名どーぞ。はい、エラソーで申し訳ありませんm(__)m

148 :カゲ ◆PeRug8WB4k :2005/12/26(月) 21:03:44 ID:3pBp01uu
>>147
すみません、どうも有り難うございます。
>>142の題名は 「白い鎖」 にします。審査よろしくお願いし致します。
お手数おかけして申し訳ありませんでした。
では。

149 : ◆L4LyBSss3w :2005/12/26(月) 23:14:04 ID:XUX/MFNz
途中経過ですよぅ。

>>136-137:小鳥の夜
>>139:ねえ、君
>>140-141:shudder
>>142:「白い鎖」
>>145:(無題)

現在5作品。あと5作品募集中ですよぅ。

            ,ィ⌒
            _ .ィ'亠.-..、
        ,イ::ハノ\ハ!ヽ:ヽ  お題は『やせがまん』
      r={:::ハ!     i:::}   
       〃=ry rュ‘   ‘ rメ  今回のルールとしては
     〃 !}Y_.    ヮ  ノハ  @題名をつけてください
      {i {i ヽ_/ヽェ/i┬=く´ ノ  A名前の欄に題名を書いてください
     /i  i} 」  (__ ._) 、 L   B作者名は伏せてください
     `  ム iヽノ::::::r'  i _/
        |::::::::::/  イ:|


150 :ザ・ガマン:2005/12/27(火) 22:43:41 ID:w8K54KcT
夏が来ましたホットファン
眩しい太陽ホットロッド
海はぴかぴかホットドッグ
だのにおいらはガマン大会

半纏10枚以上着込んだおいらの前で
ストーブにくべられる炭・炭・炭(タンタンタン)
毛糸の帽子から滝のように汗・汗・汗(カンカンカン)
沸騰してきた体液が乱・乱・乱(ランランラン)

見てるだけであっついねー
見てるだけであっついよー

観客は無邪気に歓声浴びせ
おいらは失神寸前血の気引いてスウェット&ティアーズ浴びまくり
早く脱落しろ頼むから誰か!
誰でもいいからギブアッププリーズ!

番組のアナウンサー「大丈夫ですかあ?」
半纏雪だるまのおいら「まだまだ全然平気ですね」

平気なわけねぇだろこらこらこらコーラ飲みてえ
でもねでもね優勝賞金100万円が欲しいのね
死にそうとかホントのこと言ったらライバルを勇気づける
だからとにかく大丈夫まだまだ平気と繰り返す

看護婦さん「大丈夫ですかあ?」
なぜか病院のベッドで寝てるおいら「まだまだ全然平気ですね」

心頭滅却火もまた涼し
熱い砂浜がいつしかクーラーの効いた部屋に!

151 :「え、でもつか俺幸せっすよ?」:2005/12/28(水) 02:38:18 ID:lZ1iHnco
ボルヴィックのペットボトルの中に入れた水道水のまずさ噛みしめつつ
この部屋で一番インパクトのあるインテリアの携帯を手にとってまた投げ捨てる


なんかもう
昨日の夜
頭上に縦線いくつもたらしながら丸めたティッシュの白さとか
中身含めて純潔とっくに通り越してて
俺には天使の残してった羽にしか思えなくて

部屋の中は極上の二酸化炭素しかないもんだから
俺つまりそれに包まれてるわけで

(((((ピンポーーーーーーン)))))

「ピザMサイズ、コーラ1本お届けにあがりました」


「え、でもつか俺幸せっすよ?」

152 :風になる:2005/12/28(水) 16:58:32 ID:cnM6LSIn
見慣れた街を横切って
知らない街まで

走って
走って

もう、
来た道を振り返りはしない

進め
進め


僕は風になる。

153 : ◆L4LyBSss3w :2005/12/28(水) 23:35:18 ID:oNnizrTc
途中経過ですよぅ。

>>136-137:小鳥の夜
>>139:ねえ、君
>>140-141:shudder
>>142:「白い鎖」
>>145:(無題)
>>150:ザ・ガマン
>>151:「え、でもつか俺幸せっすよ?」
>>152:風になる
          _
         ,:': : : : ヽ
        iュ: : : :ィュ:i} あと2作品ですよぅ。
        |:i: : :-:i::i/
         /イニ.ソノi
      // - /:/.}!       i})
        iハ__イ:f. |____、 /
     /    ,r|. |‐┴〆   _,、_ '⌒☆
     !ニニ= -イ__|. |     ∩`ロ´)
      |_ヽ ヽ厂 二i¬、   (_-、 C
    / ハ_i´ト、二_ノ r- }     i_ノノ
     ̄ └'――┴‐'´

154 :自転車:2005/12/29(木) 03:08:48 ID:1GH+kTXl
誰にも会えずに 二十年
涼しい顔をしながら
自転車に乗り続けている

 見知らぬ女性がこちらを見ていたので
 僕は無関心を纏ってその場を走り去った

訳も無く一人で生きたかった僕は
人の言葉をよくは知らない

 親切な青年がパンク修理を手伝ってくれたときも
 目を合わせずに逃げることだけを考えていた
 
障害を避けながら 今日も変わらず
ペダルを漕ぎ続けている
涼しい顔を貼り付けたまま

滅多にブレーキは握らないが
心のどこかで
幸せな事故を期待している

今は それしか出来ない

155 :名前はいらない:2005/12/29(木) 21:38:13 ID:0//stpZU
あと1作品ですね

156 :よしにしようや:2005/12/29(木) 23:00:29 ID:Y4YXoGbS
言いたい事を言った
何も考えず ただ口の動くまま言った

やりたい事をやった
何も考えず ただ体の動くまま行動した

誰かに手で口を塞がれた事はない
誰かに体を抑えつけられた事はない

でも感じたはずだ
見えないマスクは徐々に厚みを増し
見えない鎖は徐々に絡み合った

なぁどうだい
目を瞑ってみようや
マスクも鎖もどうせ見えないんだ
目を瞑ってみようや
俺やお前の瞼が作り出す自由な暗闇は
どんな居心地だい

もうやせがまんはよしにしようや

157 :名前はいらない:2005/12/30(金) 00:55:01 ID:5NJ6X6PW
>136-137:小鳥の夜
>139:ねえ、君
>140-141:shudder
>142:「白い鎖」
>145:(無題)
>150:ザ・ガマン
>151:「え、でもつか俺幸せっすよ?」
>152:風になる
>154:自転車
>156:よしにしようや

10作品揃いました。あぶくさん審査よろしくお願いします。

158 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2005/12/30(金) 10:44:30 ID:Nrxuv/2P
>>157さん、ありがとうございます。
皆さん、しばらくお待ちくださいませm(__)m

159 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2006/01/01(日) 19:13:30 ID:PXEg0v1d
明けましておめでとうございます!
お待たせしました。さっそく審査評です。

>>136->>137
明確にはわからないけど、なにやら華やかな席上での出来事のようですね。《惹かれてなどいなかった》のやせがまんの言葉は、《顔見知りとさえ、いえないような》人への想いに対して。それほどに魅力的だったという事でしょうか。
括弧内は小鳥の声という訳でもなさそうだし、正直、よくわからない構成でした。
けれど、小声でさえずる《小鳥》で、複雑な心というものを表したのはオシャレだし、最後三連はカッコいい!と思いました。

>>139
《あり得ぬほどの純粋》《この世の果て》という言葉を用いるほどの恋を、失恋の一言で片づけてしまってよいものか、とは思うのですが、単に失恋した人を元気づけてるんですよね、きっと。
《笑っちゃうよ》の繰り返しは、最後には言葉を発している本人へと帰っているようです。ただ、『やせがまん』というお題の前提がなければ、そうは思わないかも。
スムースにそこに着地できるように、もう少し言葉を加えてほしかったなぁ。
ストレートな詩だと思いました。

>>140->>141
shudder。辞書ひきましたですよ。怖さ、寒さなどで震えるという意味だそーです。本文にも英字表記が一カ所あるけれど、それの意味するところがshudderということでしょうか。
誰かに向けて言っているのだと思っていたのですが、最終連でいい意味での肩すかし。そこにあったのは佇む切迫感。はい、少しゾクッとしました。

>>142
女口説くんなら、一連目は言ってはいけない(笑)。言葉の選び方はムードあると思いました。

《もう やめにしよう》。どういう意味にもとれるこの言葉が、この作品のポイントですね。女に対して、痩せ我慢をやめようと言っているのか、自分に対して痩せ我慢を強いているのか。
脆く危うい感じでした。

160 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2006/01/01(日) 19:14:50 ID:PXEg0v1d
>>145
アジアからヨーロッパまで横断していますが、言葉のリズムやイメージを楽しめばいいのかな。ソウルバンドとか、遊んでるって感じですね。
古城で所帯じみた会話がされているのが、なにげに面白い。ポップな幻想、といったところでしょうか。
最終連が、やせがまん、といえばやせがまんかな?

>>150
言葉遊びいれての、ガマン大会の始終が語られていますね。もう少し、テンポ・リズムよくした方がいいかも。
題材のイメージが“おバカ”ですから、それを凌ぐハジケ方もほしかったなぁ。シリアスに陰々滅々と語るとか(笑)
《おいら》の一人称がぴったりハマってる作品でした。

>>151
自嘲いっぽんぽーん!
《インテリアの携帯》やら《極上の二酸化炭素》やらイカしてます。チャイムと、その後のデリバリーピザ家さんのセリフで、語り手のいる一室がクッキリと浮かび上がりました。
繊細さのカケラも見受けられないセリフ部分とのコントラストが、すっとぼけてます。

>>152
う〜ん。なってください。てか、やせがまんの心情をこの言葉だけから汲み取るのは、かなり難しいかと。
>>154
自転車男。孤独に生きる人の上辺と、その上辺の奥にある心情を、比喩表現をつかって静かなタッチで描いています。静かではあるが、その心情は重いですね。涼しい顔はしているものの、その下の体はきっと、緊張でガチガチだろうと思います。
六連目《握らないが》の《が》が逆接なら、《幸せな事故》とは、人との邂逅を意味するのでしょうか?
私的には、最後の一行は書かない方がよかったと思います。

>>156
《マスクも鎖もどうせ見えない》のに、《目を瞑ってみようや》。そして、《もうやせがまんはよしにしようや》。はっきり言って、書いてること全体が矛盾しているのでは?と思いました。この矛盾こそが、やせがまんということなのでしょうか。
今までは、有るものを無いとしていたが、それを有ると認め、目を瞑る。《居心地》はけして良いものではないでしょうね。

161 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2006/01/01(日) 19:16:10 ID:PXEg0v1d
なんか、えらく辛口になっちゃいましたがお許しくださいm(__)m
私の浅薄な知識、鈍重な感性のみでの評なので、どこ目ぇつけとんねん!と思われた方、ご指摘くだされば幸いです。

それともひとつ、作者名を伏せての投稿、皆さま、ありがとうございました。
コテさんの過去の詩のイメージなどにふりまわされたくなく、あんな要望を出した次第です。
普段、コテを名乗ってる方がいらっしゃれば、教えていただけると嬉しいです。

それでは審査結果です。
今回はひじょーに悩みましたが…

優勝>>154自転車
準優勝>>「え、でもつか俺幸せっすよ?」

で〜す!

優勝作品は、不器用人間を無理のない比喩表現でうまく描けていたと思います。
準優勝作品は、綺麗事ではない《やせがまん》を描けていたと思います。

それでは、
投稿者の皆さま、大会の進行に力添えしてくださった方々、ありがとうございましたm(__)m

162 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2006/01/01(日) 19:27:58 ID:PXEg0v1d
不手際がありました〜。
こちらをご参考くださいませm(__)m

優勝>>154自転車
準優勝>>151「え、でもつか俺幸せっすよ?」

163 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/01/02(月) 02:41:45 ID:jZjw1XMo
>>154
「自転車」を書きました。
最後の一行はお題と整合性を意識した結果についたもので
蛇足といえば蛇足ですね。
書いたときの気分次第では付けなかったかもわかりません。

ともかく優勝ということで、嬉しい評価ありがとうございます。
空気コテなんで名前隠さずとも評価にそう影響なかったかもw
で次のお題ですが、新年がらみでいろいろ考えましたが

「扉」

でお願いします。
開けましておめでたいですが、閉じても引っ掻いてもぶっ壊しても構いません。
題・名前欄などは自由です。
新年早々で人も少ないとは思いますが、ひとつよろしく。

164 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/01/02(月) 06:00:09 ID:W0dRyQ0H
あぶく先生、いきなりの元旦審査お疲れ様でした♪
「ザ・ガマン」書きました。昔、このタイトルのバラエティ番組があって好きでよく見てました。
賑やかしのつもりで詩じゃなくて小話書いちゃいました。すいません。(笑)

b4さん、おめでとうございます。
「幸せな事故」なら出くわしても大歓迎っすよね!

165 :名前はいらない:2006/01/02(月) 07:01:57 ID:D46FWrs9
http://www.geocities.jp/konkonyuki55/ff.html

VIP STAR テロップバージョン

ジャンプパロディ特集
笑える

166 :名前はいらない:2006/01/02(月) 13:10:10 ID:2tZZbyZf
>>151
「え、でもつか俺幸せっすよ?」かきました。
自分としては珍しいほど推敲をした詩だったので、
ニュアンスが伝わったことがとても嬉しいです。

あぶくさん丁寧な審査お疲れ様です。ありがとうございました。
b4さんおめでとうございます。

167 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/01/02(月) 15:29:15 ID:UmqrAETo
>>140-141 『shudder』を書いたミミンです(笑)
あぶくさん,新年早々の審査…大変お疲れ様でした(*_ _)ペコリ
丁寧な評価もありがとうございます(>_<。)
本当はもうすこし短い詩でしたが,推敲して長くしてみました(^-^)v
b4さん,優勝おめでとうございますo(^o^)o

168 :カゲ ◆PeRug8WB4k :2006/01/02(月) 19:36:34 ID:hBtc66jN
皆様、あけましておめでとうございます。

>>142のカゲです。審査ありがとうございました。
>>163 優勝おめでとうございます。

169 :名前はいらない:2006/01/04(水) 00:42:24 ID:lqmdpGOh
「扉を飾る」

それは間違った選択だ

布で拭い錆を取って油で磨き色を塗って
模様を施し金箔を張り玉や色硝子をあしらい
額縁に入れ本棚に仕舞い
錠を下ろし鍵をかけてついでに赤外線センサーで防備した

長年の苦心の果てにか
得がたい偶然にか
他にはいない人の手からか
とにかく手に入れた大切な大切な
しかしそれは扉だった

何重もの飾り付けの下から吹き付けるすきま風
人形用の宝石のような細かい現実離れしたきらきらの
埋め尽くした底にしかし無視できない空洞
セコム鳴る

所有された扉は開かれた瞬間にその存在意義をなくし失われた境界となる
扉を所有せんと望み欲するのは扉かその先の蛋白石のような不可知か

扉を飾るのは意味のない行動だ
どのような異物でさえぎろうとそこにあるのは
さび付いて歪んだ絶対的なひとつの


風の音が床をすべる
すべってつまさきかかとをかすめ振り返られる事のないさっきの今へ
境界に居る

170 :名前はいらない:2006/01/04(水) 01:42:35 ID:VTt7h8US
「扉」

やばい
鍵かけ忘れてた
大浴場でのんびりしてる場合じゃなかった
急げ 急げ
だたた 走る 走る
きぃ 
扉は あっさり 開いた
あれ 椅子に なぜか
今週のジャンプが
ラッキー!!
さてと
あれ 奥のベッドに
誰かいる 
うつ伏せで クツロイデルぞ
何だこいつ
何してるんだ ここで
くらり ふわり 立ち尽くす
ふりむく男
「なんです?」
あ?
ああ!! すみませんでした!!
やばい やばい
女のひとの部屋じゃなくて よかったなあ

171 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/01/04(水) 21:24:58 ID:1ip4pLbS
『禁忌(taboo)』

命の花園,蹴散らして
縋るは天空(テングリ)
 
決して開かない門(gate)紅き衣を纏いて
穢れた我には
閉ざされた聖地
   
  
 
どんなに神に祈っても
どれほど泣き叫んでも
開かずの扉
 
  
 
そう我は
全てを投げ出した
弱き仔羊
転生も
購いも許されない
罪の申し子なり




172 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/01/07(土) 01:47:21 ID:+dV8aDbA
「ブルー・トレイン」

青い流星が夜の帳の中を駆ける
さっき閉まった小さな扉にあなたのぬくもりが残る
熱に浮かれた時間は終わり
胸のざわめきだけを残す

いつの間にこんなに歳を取ったの
正方形の窓に映った自分の顔を見て思う
早すぎるようで遅すぎたの
この旅のはじまりは

次にこの扉が開くとき 私はどんな私になれる?
朝の風に包まれて 私は違う私になれる?

想いをかき消すようにひとつ 警笛が鳴り響き
冷たくなった扉に手をあてている自分に気付いた

青い流星は夜と朝を繋ぐ架け橋
寝台車の窓からひとり名古屋駅のホームを見ている
胸のざわめきも今は消えて
心は凪いだ海のよう

次にあの扉が開くとき 私はどんな私になれる?
朝の風に包まれて 私は違う私になれる?

想いをかき消すようにひとつ 警笛が鳴り響き
いつの間にかうたた寝をしていた自分に気付いた

窓の外にたくさんの星の輝きを見付け
遠くに来たんだ と思い そしてまた眠った

173 : ◆L4LyBSss3w :2006/01/07(土) 02:03:27 ID:X6N84cRK
はい、途中経過ですよぅ。

テーマは【扉】。

>>169:「扉を飾る」
>>170:「扉」
>>171:『禁忌(taboo)』
>>172:「ブルー・トレイン」


  (ヽ_/)    ∧∧   只今4作品。
  (´・ω・)  (´・ω・`) あと6作品募集中ですよぅ。  
  /,っ日~―o旦o ) ____ 
  (´        ) /__ o、 |、
  [i========i]   | ・ \ノ
              | ・  |
              '''---'''

174 :戯言の果て:2006/01/07(土) 19:50:07 ID:EECHtOcD
無意味な薔薇を並べながら数える
枯れたのはいくつでしょう

溢れ出すたくさんの血液
どれも僕の手には負えません

僕は狂ってるのでしょうか
そんなことはどうでもいいのです

ただ才能が無いのなさに困ってます
ほらまた意図が逃げちゃってる

どれもゴミと名づけられる
完成などありえないから

色々なこと見失ってるね
それでも僕は懲りないみたい

基本的にインクは赤で
時間が経つと酸化します

未熟さと限界を勘違いしていました
でもこれも一つの答えなのです

自分の中の扉が開いた
どこへ繋がっているのかな?



175 :ギムレット:2006/01/07(土) 20:25:28 ID:qafEsGnj
「居心地のいい場所」

何一つ足りないものの無い場所で生まれて ずっとそこで育ったんだ
そこには色んなものがあって それから一枚の扉があった

時々誰かが扉をノックするけど 僕は出てはいかない
外はきっと暗闇で 多分空気も冷えている
ここは暖かい光に満たされてとても居心地がいいんだ

でも僕をだまそうという言葉が ノックの隙間から聞こえてしまって
そして僕の心は揺らぎだすんだ

もしかしたら本当に ここよりももっと居心地のいい世界が扉の向こうにはあって
両手を広げて 僕を迎え入れてくれるのではないかと

そして僕はついに扉を開けて そして外の世界に行ってしまった

後は想像のとおりさ 扉の外は暗くて寒くて 色々とひどい目にあって
そして僕はボロボロに傷ついた夜なんかには
あの居心地の良かった空間へと続く扉を思い出すんだ

だけど僕はその扉を探さないし
見つけても絶対に入らない そう決めているんだ

居心地の良さは僕からほとんど何も奪わなかったけど 唯一時間だけ奪っていった
そんな残酷な場所にどうして戻れるんだい?


176 :ギムレット:2006/01/07(土) 20:27:44 ID:qafEsGnj
(続き)

僕はこの失うばかりの世界で ささやかだけど得たものだってある
そして得たものにも失ったものにも それぞれ確かな意味があったんだ

僕は自分の最も愛する人にも その人との間に出来た子供にも
そんな居心地のいい場所は与えない
たとえ与える事ができたとしても

失う意味も知らないままで 一体何を得れるというんだい


177 :夏の扉:2006/01/08(日) 04:01:47 ID:5YNkHjdy

扉の向こうに入道雲

目が覚めるどころか目が潰れそうな青空の下へ
僕は恐る恐る一歩を印し二歩目からは駆け足で
油蝉と紫外線のシャワーをジリジリと浴びながら
肉体は鮮度を保って深緑の海を掻き分けて行く

ぴょんぴょこ飛び交うグラスホッパーブギウギ
さささと這い廻るメタルカラードリザードジャイブ

転がって転がって草の汁がTシャツに染み渡る頃
巨大なひまわりの根元にバタンと大の字昼寝する

夏の午後 夏の午睡 

気が付けば夕立ゴロゴロ雷のドラム
赤く錆びたドラム缶に出来たばかりの水たまり
水たまりに産卵しようと群がるシオカラトンボ
トンボの複眼に映る少年だった僕が被っていた野球帽
帽子のツバ裏に浮き出た塩の跡は波打ち際
打ち上げられた茶色い藻屑にしがみつく蟹の幼生
幼き日々の幼い時間
時の知恵の輪
輪っかの向こうに開けっ放しの・・・・・・

扉のこっち側に吹き込んでくる寒風

178 :カマドウマ:2006/01/08(日) 18:59:26 ID:O6AU8GOU
『とびらとびら』
最近僕のアパートは
扉が増殖してるんだ
扉、扉

それだけならまだしもさ、
いちいち誰かが
扉にビラ

だから僕、住居人たちの為に
それをはがして回るのだった

はがしはがし手にとって見ればさ、ビラの中で女の子が
花びらびらびら

しまいには 腹黒い情報の蛆湧いて
僕を喰い散らかそうとするもんだから
僕は着込んだ
鎖かたびら

やっとはがし終えたと思えばさ、
どうしたって世の中阿漕なもんだからさ、
またまた誰かが
扉にビラ
だから僕、また最初からはがし回らなけりゃ
増殖し続ける

扉、扉

扉とビラ びらびら


179 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/01/08(日) 19:37:14 ID:sZSbcKB2
『第七の扉』

明くる日も青き錆の一掬い
つつっと指の腹に灯し 開かずの扉の前
突っ伏している男が 開くことのなき扉の壁に 立ちふさがる
闇に溶けていた

明くる日も青き錆の縁取りは
冷たく閉ざされていた

地の扉と
天の扉の鍵は
同じ鍵であったが男は
愛する者に捧げてしまった
右の鍵と
左の鍵は
それぞれ違う鍵であったが男は
鍵を胃袋におさめ空腹をみたしてしまった
前の鍵と
後ろの鍵は
鍵穴がない扉の為男は
人生の過程において作った二つの鍵を捨てた

明くる日も青き錆の扉は閉ざされていた
闇の中で目を固く閉じて 愛する者の身を案じ
凍えそうな我が身を抱き締め

 立 ち ふ さ が る 扉 を 忘 れ た

とたんな目を閉じた視界に光があふれだし 男は光の中に扉を見つけた
我が身を鍵とし
光の中に消えた男が開いた扉

180 :凪ノ助:2006/01/08(日) 19:40:18 ID:rzMGFOc4
部屋に入ったら
鍵を掛けてた
社会のリスクを負って
独りになってた

壁を隔てて
息を吸っていた
向こう側の
空気に耐えきれず
逃げてきた

時間が経った分
誰も居ない
後ろには扉しかなかった
錆びついた鍵が
視界に入る
忘れ去られたように置かれてた
気付かない振りをして
いつでも開けることが出来たのに
僕の近くで存在意義を無くしてる

思わず手を伸ばして掴んでた
身体が勝手に動いてた
未来を掴むように
まだ間に合う?

蝶番の鈍い音が
昨日を消してく
遠くから声が聞こえる
まだ少し慣れない空気に噎せてた

181 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/01/08(日) 19:49:36 ID:sZSbcKB2
>>179『第七の扉』
 訂正願います 失礼しました

×とたんな目を閉じた視界に光があふれだし 男は光の中に扉を見つけた

○とたんに目を閉じた視界に光があふれだし 男は光の中に扉を見つけた


182 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/01/08(日) 19:56:44 ID:55a8gUXf
10作品揃いましたね。

>169:「扉を飾る」
>170:「扉」
>171:『禁忌(taboo)』
>172:「ブルー・トレイン」
>174:戯言の果て
>175-176:「居心地のいい場所」
>177:夏の扉
>178:『とびらとびら』
>179:『第7の扉』
>180:無題

>>173
途中経過まとめ乙です。

>>181
了承しました。

それでは審査はじめます。
今日中には間に合わせるつもりですんで。

183 :カマドウマ:2006/01/08(日) 21:07:20 ID:O6AU8GOU
>>178の訂正、今更ながらお願い致します…
×住居人

○入居者

184 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/01/08(日) 21:58:52 ID:55a8gUXf
審査終わったので発表します。
セン五みたいな批評になってる部分も多いですがご容赦を。
喋りがですます調じゃないのも仕様です。

>>169
>セコム鳴る
この一行はすごく目立った。
リズムが止まるし、流れ上少し突発的で。
ここはどうかと思ってしまった。
五連目が良い(なんというか、俺の好み。簡潔でいて分かり易い)。
良いのだが、全体としては浮いている。
「扉を飾る」という導入かつ主題が放り投げられたままになっている感があった。
アプローチ次第では面白かった、ゆえに非常に惜しい。

>>170
慌てぶりや場面がよく分かるのでさらさらと進めるが
その分もうひとひねり欲しかったなあ。
読み手をいい意味で裏切って欲しかった。
「いたのは女性だった」「男が変なことを口走る」
「自分の部屋だとムキになって主張する」
「男はジャンプの表紙から抜け出たキャラだった」
…全部普通か。何にせよ一番ベタな方向に終わってしまい、ちと残念。


185 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/01/08(日) 22:00:19 ID:55a8gUXf
>>171
この英語必要なんかな?俺はこれには賛成できない。
さあ始まるぞ、と思ったら終わってた感じ。
作者の世界が広がってない。そんな感じの詩。

>>172
歌詞かな。
だとしたら1・2番間に共通するメロの歌詞はもっと変えないと
聴く方が飽きてしまうのでは。
>寝台車の窓からひとり名古屋駅のホームを見ている
これが無かったら「青い流星」や「冷たくなった扉」から幻想的・抽象的方向に展開できるし
逆にここから具体的な物体・時刻・背景を出すことで別れや旅、若しくは出会いなどの
現実に即した写実性の高い詩にもできたと思う。
とにかく、もう一押し。

>>174
これテーマ:赤 とかいわれても納得しそうなぐらい
扉がオプション化してる気が。
戯言の果てに扉が開く。急だなあ。
最終連以外何言ってもいい感じがする。
敢えて流れを散逸させているようにも見えなかった。
俺の読解力不足なら申し訳ない。

186 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/01/08(日) 22:01:54 ID:55a8gUXf
>>175-176
満ち足りているから良いとは限らない。
失うことも重要、とこれ以上言わずとも余すことなく詩の中で指摘しているね。
纏まりもよく完成度は高い…が。
読みづらい。視覚的に。
五連目「そして」の連続。
あと最終連のら抜き(俺自身はそこまでこだわる方じゃないが、さすがに締めの部分なので)。
平仮名の分量(同字の連続も多い)とスペースが多め。
内容が良い分どうも目についてしまった。

>>177
冬だってのに一気に真夏にトリップして恍惚状態に陥ってしまいましたよ。
表現とリズムの相乗効果で鮮やかに魅せてくれる。
後半の一転から疾走するような体言止めのラッシュ。
扉に始まり扉に終わるのも扉らしくて素敵。
ラストは寒風でざあっと引き戻す。
とにかく上手い。

>>178
じっくり見てたら「びら」の字がすっかりゲシュタルト崩壊。
混沌と一抹の狂気を感じた。音読すると効果倍増。
10作の中で一番“面白さ”があった。

187 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/01/08(日) 22:02:32 ID:55a8gUXf
>>179
男は何で立ちふさがっていたのか。
考えると深みにはまってしまうかな。うーん。
>我が身を鍵とし
>光の中に消えた男が開いた扉
この終わりが非常に良く思えた。「本質は自己に内在する」、まさにそれ。
高度な抽象性を備えた詩は多方向に思索が広がるから読み手に嬉しいやね。

>>180
淡々としているけど整合性が高く
最終連が生きている。
絶妙な技巧に走るのもいいが、こういうストレート&シンプルなのも好き。

188 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/01/08(日) 22:20:28 ID:55a8gUXf
で、優勝ですが。
ぶっちゃけダントツです。

>>177:夏の扉 

です。なんかもう細かいとこに文句付けたがるヤな性格の俺でさえ
突っ込みようが無かったです。これがセン五だったらA評価でした。
こういう詩を書いてみたいです、ホント。
次点は
>>178:『とびらとびら』
>>179:『第7の扉』
の2つです。作品の集まり方(組み合わせ)次第では十分優勝できたと思います。

・全体を見て
「惜しい」という作品が多かったです。
>>175-176なんか特に。
自戒もこめて言うと「推敲は大事だよ」と、これに尽きますね。
ポエ大は出たとこ勝負的な側面もあるので、これがすべてにはなりませんが。

最初は10作も評価するのはきついと思ってましたが
やってみると楽しかったしおそろしく有意義でした。
次の回も良作が揃い、読み手書き手双方に有意義な時間になることを期待してます。
ということで>>177さん、次の題よろしく。
コテやトリ持ってるならそれで、無かったら捨てハンでいいんで。って余計なお世話か。


189 :ギムレット:2006/01/08(日) 22:35:01 ID:/NskJpvT
>b4さん

審査ごくろうさまでした。
私も「夏の扉」が抜けていたと思います。

実を言うと「居心地のいい部屋」は
初めて人に見せるために書いた作品で(つまりは初めてこの板に来ました)、
はっきり言って詩というものを分かっていなかったです。
文章自体は割りと好きで、小説的な文章はよく書いていますが。

自分で読み返しても「これはひどいな」と思いますが、
それでも内容的な部分で評価していただけたのは少し自信になりました。
次回も参加させていただこうと思いますが、
次は何度も推敲を重ねてから投稿しようと思います。
どうもありがとうございました。

190 :カマドウマ:2006/01/08(日) 22:37:23 ID:O6AU8GOU
>>188評価お疲れ様でした!
いやぁ、次点という評価ありがとうございます。初参戦なのでかなり嬉しいです。他の詩がレベル高かったので内心ビクビクしてました
しかも初めて言葉遊びに徹した詩だったので、変な自信が付いてしまいました(笑)
夏の扉さん、優勝おめでとうございます!

191 :名前はいらない:2006/01/08(日) 22:49:01 ID:/sXYXUfY
b4さん、ありがとうございました。>>170実話そのまんまなんで、もう少し
フィクション入れればよかったです。もっと面白くしないと。
「夏の扉」いいですねー。おめでとうございます!!

192 :凪ノ助:2006/01/08(日) 22:57:27 ID:rzMGFOc4
評価お疲れさまです。
詩に評価されるのはドキドキしますね。楽しみでもありましたが(笑)
夏の扉さん優勝おめでとうです。
僕は>>179の詩が好きでしたね。
まぁ少しでも自分の詩を誉めてもらい嬉しかったです!次は頑張ります!評価ありがとうございました。

193 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/01/08(日) 23:15:55 ID:GcwDwqyg
>>171 を描いたミミンです(*_ _)ペコリ
b4さん審査,お疲れ様でした(>_<)
この作品は息苦しい時に描いた作品で,かなり昔のものです(笑)
推敲するべきでしたが,あまり手直しをせず載せてしまいました(苦笑)
精進してまた参加したいと思います。
夏の扉さん,優勝おめでとうございます(>_<。)

194 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/01/08(日) 23:46:19 ID:sZSbcKB2
>>187
 b4さん審査お疲れさまです
 読んで下さってありがとう
 陰と陽 イメージとして開いて前進 前へ進む等 未来という
 陽の扉感を持つ方が自然かと思いつつも
 もともとさわやかさに無縁であるのか癖か
 陰的要素が強い扉と鍵をメインに書いてましたわ
 前と後ろの扉を未来と過去の扉にしなかったのがこだわりですた
 ポエ大空き発見! 直ちに即興すべし的に書きましたが明るげなお題に滅法弱い私ではありましたが
 他の参加作品も楽しく読ませていただき刺激になりました
 
 優勝された177さんおめでとう!
 
>>191 センクス(^∀^)

195 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/01/09(月) 00:46:49 ID:euUSyqZD
b4先生!なんか凄い誉められちゃって恐縮です、「夏の扉」書きましたにーちぇです。
俺、この板で長文以外で誉められたことなかったから恥ずかしくてちょっと出るの遅らせてみた。(爆)
いやあ、嬉しいなあ、素直に。俺、即興命の人なんすけどね、今回も扉と聞いてハインラインのSFと松田聖子の歌を思い出して。
そんでタイトル付けてから書き始めたんだけども。やっぱ夏は好きなのかねぇ、スラスラ気持ちよく書けたのよん。
「肉体は鮮度」ってとこが松田聖子です。フレッシュ、フレッシュ、フレッシュ〜♪ってやつ。(爆)
で、ちょっとハインラインのタイムマシーン的なものも盛り込んでみた。
こうやって自作解説するとがっかりしちゃう人いるかもしんないけど、結構いい加減。
でも自分でも書いてて楽しかったし満足感はあったから。そういう時って伝わるんだなあ、と思いました。
他も面白いのいっぱいあったねぇ。ミミンさんとかカマドウマさんとかもちろんメタ竹輪さんとか知ってる人も多くて楽しかった。
知らない人だけどギムレットさんも凪ノ助さんもいいなあ。名無しのオモロイの書いた人も。ぜひ今度辛口スレにもいらしてください。

とか宣伝してる余裕あんのか、俺。優勝するとまた評価しなくちゃならんのだねぇ。(爆)
で、お題をまず出さなくてはならない、と。
うーむ。今回はどうしようかなあ。人物名シリーズはもうみんな飽きたよねぇ。
ではこんなの、どーだ。

お題 「モーニング娘」

・実在のモーニング娘を書く場合は称えること。
・関係ない場合は内容自由。
・審査基準は内容の素晴らしさ、面白さとリズム感重視でいきます。
・タイトルは自由だけど必ず入れてね。

それではよろしくお願い致します。できればじっくり時間かけて書いてね、俺の真似なんかしないで。
10作品集まるのが2月頃なんていう展開が望ましいですね。(笑)
うそ。皆様、都合の良い時に投稿してモーニング娘を詩で読ませてくれい!m(¥¥)m

196 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/01/09(月) 00:51:42 ID:oxACEetH
>>195 やっぱり
 なんとなくにいちぇさんっぽいなと思ってたけど 笑
 おめでとぅ
 次は モー娘。か! 笑


197 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/01/09(月) 00:57:20 ID:euUSyqZD
>>196
ごめんよう。モー娘好きなんだよう。

198 :ギムレット:2006/01/09(月) 01:17:34 ID:DXFDRlTS
>>195
ニーチェさん、おめでとうございます。
私を知らないのも当然で、一昨日初めて来たのですから(笑)。

次も参加しようと思ったのですが、
実在の「モーニング娘」はほとんど知りませんし、
言葉のこじ付けみたいな詩を書くのも気が引けるので
今回は皆さんの作品を勉強させていただく事にします。

♪ポエムの未来は WOWWOWWOWWOW〜(知ってるじゃん)

199 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/01/09(月) 01:37:02 ID:euUSyqZD
>>198
あ、ギムレットさん、今辛口スレで今回の打ち上げやってるから。(笑)
なんか詩でも雑談でも投下してくらはい。すごい新人だなあ。
で、モーニング娘も研究するように。(爆)

200 :厨房蓮華:2006/01/10(火) 18:28:21 ID:VL5NfLKg
爽やかな光と風がそよぐ中
貴方は笑顔で家を出て
パンをくわえ走っていく

青・赤・黄のライトに照らされる中
貴方は笑顔で歌を歌い
男達に奇声を挙げさせる

そして貴方はバスを待つ
偶然にもそこに居た片思いの男の子にほを赤らめ
バスに乗り込み友達とお喋りをしだす

そして貴方は次の曲を歌う
必然にダンサーが飛び出しほを赤らめ踊り狂い
ゴンドラに乗り込み男達に歌を捧げる

貴方は朝娘
笑顔はキュートでおどけなく
どこか寂しい朝娘

そして僕は今日も又
朝娘をマンションの上で
   東京ドームの中で
優しく微笑み見つめ続けるのだ

願うは僕に気づいてくれますようにと・・・

201 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/01/12(木) 00:34:14 ID:7ETqgdk0
大変遅くなりましたが、b4さん評価ありがとうございました。
「ブルー・トレイン」を書いたのですが、
自分都合で書いてしまい、読み手を意識したものではありませんでした。
にいちぇさんおめでとうございました。目が回ってしまうほど上手いですねw
モー娘か…うーん…。

202 :名前はいらない:2006/01/12(木) 18:34:19 ID:E7bDUf1A
モーニング娘。募集age

203 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/01/13(金) 00:21:29 ID:tj0x0Kun
『ぷるぷる…』

ごめんなさいね…モー娘は
昔の頃が好きなのよ
現在なんてわからない…
知ってるメンバーいるかしらん



浅ヤンの頃はすごく好き
デビュー出来るか,かぶりつき
TVの思惑,どっぷりよ
デビュー出来ても,ださださで
お世辞に『かわいい』なんて言えなくて
ちょっと興味も失せ欠けて



そこへ運命,再来よ!
哀愁漂う,懐かしさ
おやじも巻き込む
『Love マシーン』
私が認識してるのは
ごめんなさいね,ここまでよ!




204 :名前はいらない:2006/01/13(金) 23:53:37 ID:s3QJZWbW
「LOVING 娘」

(つまんない)

歌ったって騒がれたって テレビに出たって
グラビアにラジオに バラエティーでボケたって

(つまんない)

プチお直しして キレイになったって
すぐバレの変装で 渋谷歩いたって

地元に帰れば 同級生が
ビミョーな反応で ちやほやするよ
みんなのが よほど 生き生きしてる
・・・・ねぇ あたし 年くったみたい・・・・?

輝いて レッスンして 夜までライトの下で
お子様も 兄貴も ママパパも 見てる
悪いことなんて 絶対できない
・・・・ねぇ あたし 立派なことしてる・・・?

今を生きてる 青春してる
ヘンなことするより すごくいいはず
夢をみんなに お茶の間の君に
ラブ ラブ ラブ ラブ 「娘。」だから

ねえ でも
(つま・・・・・・!んがんぐ!)
言っちゃダメ! あたし「娘。」だから!

205 :長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 :2006/01/14(土) 09:59:25 ID:XSabuoN3

「なぜモームスに頼まなかったのか?」

すえた匂いのする店の奥でニット帽をかぶった髭剃り跡の青い男がこちらを見据え
モーニング娘?といぶかしげな声を挙げ、なおも何か言いつのろうとするのを私は
手を挙げて押し留め、とにかく資料が欲しいんだ、いくらかかってもいいと小声で言った。
妻と息子の運命はそれに、モーニング娘の正体を知ることにかかっているのだと
叫びだしたい衝動を抑えて黙り込む私を眺め回した後、古書店の主人は一冊の
黄ばんだ雑誌を取り出し丸めて私のコートのポケットにねじこんだのだった。

雑誌に挟まれていたメモを頼りに千葉松戸の一軒家を訪れた私を待っていたのは
古いスパンコールのガウンを着た小柄な老人で、それから身動きするたび
ガウンから薄片が飛び散る彼を看護する日々が始まったわけだが、私の焦燥は
並たいていのものではなかった。七年前、家に届けられた一枚の招待葉書、
それを持ったまま妻と息子は行方をくらませ、私に残されたのはモーニング娘という
言葉だけだったのだから。会話さえままならず、鼻歌を歌う時だけ異様な凄みを発揮する
その老人の下の世話をしつつ過ごした三年間。四年目の春に老人は死に、墓標を見て
私ははじめて、老人の名が美川憲一ということを知ったのだった。そして遺言として残された
メモには(またしてもメモだ!)、モーニング娘、またの名をモームス、とだけ記されてあった。

長い長い探索。
モームスとは古代英国の名探偵の従姉妹であるということをつきとめた私は英国に渡り
そこで魔術師マーリンの変名であるという噂を聞いてアイルランドへ旅し
パブで詩人マラルメの印度読みがモームスであると主張する篤学の士と意気投合し
マルセイユであり金をすって漁師として五年を過ごし、宋の英雄徐英九のモンゴル名こそ
モームスであるという証拠を得て中国の奥地へ分け入り

そして、そこで一枚の招待葉書を見た。それこそが私の人生を変えた一枚の厚紙と
同じものであり、風雪にさらされほとんどが消えた印刷のなかで
公開録画、という文字のみがかろうじて読み取れたのだった。

206 :長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 :2006/01/14(土) 10:04:04 ID:XSabuoN3
(つづき)

長い長い探索。
その果てに、私は東京お台場にある廃墟にいた。
球体がビルの中程に取り付いた奇怪なその巨大建造物に人影はなく
あらゆる用途不明な道具類が廊下に転がり、あるいは傾き
床はキラキラする紙吹雪に溢れるかコールタールでじっとりと濡れていた。

かすかな息遣い。私はいきなりその気配の持ち主のほうへ駆け寄り腕をひっつかむ。
ブルブルと震えるその腕の持ち主はかつての古書店の主人であり
髭剃りで青い頬をひきつらせつつ、モーニング娘はいまこの建物にいる、と語った。
第七スタジオ。そこに私を欺いたこの男が守ってきた秘密、モーニング娘という古代の謎がいる。
私は男を引きずりながら、暗くがらんとしたスタジオへ足を踏み入れ…

………そして、照明がついた。

ぎっしりと詰まった、上気した観客たち。彼らはただ、ステージの方を一心に見つめている。
そして、ステージには、舞い踊る何人も何人もの娘たちがいたが、その顔はどうしても見えなかった。
さあ、これが俺たちの秘密、この廃墟の秘密だよ、と古書店主人はささやき、かるくと私の肩を押す。
観客たちはなぜか私の方をいっせいに見て号砲のような歓声を挙げている。
ステージへ歩き出す私の中に、ひとつの答え、最終的な答えが湧き上がってくるのを私は感じていた。

私が、モーニング娘だったのだ。

いや、違うだろ、と古書店が言った気がしたがもうどうでもよかった。
ステージに上がった私の体に、顔の見えない娘たちが熱く柔らかい手で優しく触れてくる。
二十年に渡って着続けた饐えたコートを脱いだ私は、その下がステージ衣装であることに驚いた。
日本の未来ハー!と音楽が鳴り、エイエイエイエイと不思議な合いの手が身体の底から湧き上がる。
踊りながら観客席に妻と息子の姿を認めて私の目はみるみる涙で潤んできたが
それも次々に流れる音楽のうちに乾いていったのだ。

207 :「モーニング娘。」:2006/01/15(日) 02:03:39 ID:xjaQylsR
朝八時
白い無地の羽根ぶとんを抱きしめる
モーニング娘。
薄い色したくちびるは わずかに開いて
軽く寝息をたてている。
シンプルなレースのカーテンから差し込む
白っぽい陽の光が照らすのは
ベットから少しだけはみ出した
彼女のつまさき。
昨日の夜 あんなにも
私の指を喰らっていたくせに。
モーニング娘は健康そのもの。
きっとそれは 朝の光のせい。
彼女はこれから
砂糖をひとつ入れたコーヒーを
笑ってのむだろう。

208 :名前はいらない:2006/01/15(日) 23:28:31 ID:fSR61v3T
『Iconoclasm』

液晶モニターの中で
少女の群れが踊る

夕食代わりのゼリー飲料を飲みながら
苦笑いで振り付けを私は憶える
忘年会で披露するネタの一つとして

あくがれ、と
何処かに神性を帯びた言葉は
もう、擦り切れた
蔓延した聖杯を抱く者はもう居ない。

209 :〔考察モーニング娘。〕:2006/01/16(月) 00:01:14 ID:mkbdbED3
(1/3)
私の記憶が確かなら、ほぼ同時期にデビューした、『浜崎あゆみ』や『鈴木あみ』にも、人気は劣っていたはずである。

実の所、私は、ファンではないし、結成の経緯もあまりよく知らない。
メンバー全員の名前も、何人居るのかさえ、知らない。
よく知らないが、しかし、今の人気の秘密を、グループ名の一点から少し推察してみる。

まず、Good!!を付けて、呼んでみる。
『Good!!モーニング娘。』
まるっきり、パパ気分だ。

略して、呼ぶ。
『モー娘(ムス)。』、美味しそうな感じもする。

とりあえず、日本語に直してみた。
『朝の娘。』
清廉さと気怠さ、二つのイメージが浮かんだ。

では、『モーニングを着た娘。』ならどうだろう。
う〜ん、THE 宝塚?

次に、『モーニング狼。』に変えてみた。
少し、エロチックな感じがしないでもない。

更に、『モーフィング娘。』。
いかにも、マトリックスな語感だ。

思い切って、『ローリング娘。』にしてみよう。
なんか、ヤバイ。
速くて、強そうだ。
ロックな匂いまで、醸し出す。

210 :〔考察モーニング娘。〕:2006/01/16(月) 00:02:28 ID:EllBC0Ui
(2/3)つづき
これらの言葉から見えた、或る一つの真理。
今の成功は必然であり、結成時、既に予期されていた。
『モー娘。』なるグループが、多様な変化を見せる度に、新たな側面を産み、世代、性別を越え、あらゆるファンを獲得していく。
巧みに世間の心理を突く、プロデューサー『つんく♂』の心裏に隠された、グループ名の真意。
そして、最後に付けられた『。』は、丸い地球。
そう、世界は一つであり、国境を越え、尚途切れる事のないファンとの繋がりを示す証。
ひいては、平和の象徴と命の円環を表現しているに、他ならない。
LOVEマシーン&PEACEメイカー
これが、国民的アイドルグループたりえる所以に違いない。

211 :〔考察モーニング娘。〕:2006/01/16(月) 00:03:10 ID:EllBC0Ui
(3/3)つづき
固持付け、そう君は思うだろうか。
だが、世界は、君が思う程単純ではない。
人の意識は、何処かで繋がり、微妙に互いを干渉し合っているのだ。
だが、まだまだ隠された真実は、眠っているだろう。
不快なあざとさを、吹き飛ばしてしまうくらいに、高貴で、日本海溝よりも、深いに違いない。
私の浅はかな理解を、脳内に宿した腐海をも、軽々と飛び越えてしまうくらいに、大器であるに違いないのだ。
決して、某オーディション番組のタイトルから名付けられた、そんな安易なネーミングではない。
そう、確信するに到った。

重ねて言うが、私は、ファンではないし、結成の経緯もよく知らない。

だが、最後に一言だけ…。
『モーニング娘。』の結成に、『平家みち代』の存在は、本当に必要であったのだろうか?

212 :名前はいらない:2006/01/16(月) 00:26:33 ID:A9AvrikO
途中経過ですよぅ。

>>200:無題:厨房蓮華氏
>>203:『ぷるぷる…』:ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>204:「LOVING 娘」:ID:s3QJZWbW氏
>>205-206:「なぜモームスに頼まなかったのか?」:長介ジュニア ◆kuJg2yitX6氏
>>207:「モーニング娘。」:ID:xjaQylsR氏
>>208:『Iconoclasm』:ID:fSR61v3T氏
>>209-211:〔考察モーニング娘。〕:ID:mkbdbED3氏

只今7作品ですよぅ。

┌──────────────────┐
│                              │
│      あと3作品募集中ですよぅ。     │
│                 ノ⌒ヽ          │
│             (( (  ○ ), ))       │
│      (⌒⌒)       ヽ__メ´           │
│       |__|   _____ 彡"         │
│       (・ω・)ノ━ヽ___ノ'''゙ ッパ     │
│       ノ/ :/                     │
│       ノ ̄ゝ                    │
│        Now Waiting・・・            │
└──────────────────┘

213 :プッチモニって無かったですか?:2006/01/16(月) 00:31:42 ID:zrE1ragZ
モーニング娘と聞いて思い浮かんだ言葉

増殖
分裂
ロリータ
中学生
20で引退

そして不思議な現象

もーにんぐむすめ→モーニング娘。
みにもに→ミニモニ。
ぷっちもに→プッチモニ

なぜ「ぷっちもに」には「。」が付かないのだろうか
この逆オーパーツを解く手掛りを未だ私は知らない

214 :213:2006/01/16(月) 00:36:28 ID:zrE1ragZ
>>213
全く称えられて無いのでスルーして下さい…orz

215 :ポエー:2006/01/16(月) 03:25:07 ID:3d+j/RHE
『いいわけ』
口に出せば
広がる苦味
あのひとは気づいているだろうか
その愛が
どんなに偽りで
苦しいのかを



216 :朝風(1/3):2006/01/16(月) 15:42:29 ID:YKxgFHzk

まだ彼女たちが無名だったころは
顔も覚えてなかったし
名前も当然知らなかった

ただグループ名が印象的で
大キライだとか
大スキだとか
どっちだか分からないけど
楽しそうに歌っていたっけ

中学の部活、テニスの練習試合で
バスに乗り他校へと遠征中
偶々ラジオが流したナンバーは
当時絶好調の彼女らが歌う「loveマシーン」
にわかに起こる大合唱
士気も上がって果敢に試合に挑む
結果はたしか負けだったけど
妙にその日は盛り上がって
まるで凱旋するかのように気分良く帰ったっけ

217 :朝風(2/3):2006/01/16(月) 15:43:19 ID:YKxgFHzk

高校に入ってからは
少し人気が落ちたのかもしれないけど
依然あの娘たちは元気だった
ある昼時に友人と歓談中
誰が一番好みかと議題に上がる
辻・加護、矢口、吉澤に石川
メンバーはたくさんいたけれど
なぜか俺たちの答えは
「紺野」で一致して驚いたっけ

それから紺野の写真集が出て
誰か買わないかと相談したけど
結局買わずじまいだった
理由は覚えてない
壊したくないイメージが
俺たちの中にあったのかもしれない

218 :朝風(3/3):2006/01/16(月) 15:44:23 ID:YKxgFHzk

またいくらか時が過ぎて
ふと耳にした曲で
何かはよく分からないが
みなぎる、だとか
ものごっつい、だとか
ちょっとアレなフレーズが飛び交ってた
メンバーもだいぶ入れ替わってたけど
紺野が変わらずそこにいたから
少しだけ安心したっけ

今 まだ彼女達は楽しそうに歌っている
強く存在を意識することはないけど
どこかで俺の人生と
あの娘たちの芸能生活が
螺旋のように絡み合いながら
明るい笑い声のように吹き抜けていくんだろう

そう 朝の薫風のように

219 :名前はいらない:2006/01/17(火) 00:43:44 ID:ExONgRGN
>>200:無題:厨房蓮華氏
>>203:『ぷるぷる…』:ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>204:「LOVING 娘」:ID:s3QJZWbW氏
>>205-206:「なぜモームスに頼まなかったのか?」:長介ジュニア ◆kuJg2yitX6氏
>>207:「モーニング娘。」:ID:xjaQylsR氏
>>208:『Iconoclasm』:ID:fSR61v3T氏
>>209-211:〔考察モーニング娘。〕:ID:mkbdbED3氏
>>213:プッチモニって無かったですか?:ID:zrE1ragZ氏
>>215:『いいわけ』:ID:3d+j/RHE氏
>>216-218:朝風:ID:YKxgFHzk氏
                 / ̄ ヽ
 r,⌒ヽ、          / />"´
  \\ ヽ,        ,' / r'
   `i ', i       ! / ./
    ヽ, ',: ',  ,. -- ─.i i ./
      ', ! |'"     // `'ヽ、
     ,. 'ー'            ヽ
    ,'   ,ヘ λ、 ,-ーi-ヽ ヽ、 ',
    i  i /-ーi  レ,;:;==;、i i、,ヽ |
    レ^ヽ ir;:=!、  ' ヒ,_ン' i |  ` | 
      i.Vi' 'i_'〉    "" .i |    i <はい、審査開始ですよぅ。
      ノ从""  _ ,    i .,'   λ 
     ,' . |ヽ、     _,.イ ,'_,.イ .  ',
    /  .| / ` ー,┐ /i /ゝi、   ヽ
    (\ .|/   r/〈,._イ レ'/ /^ヽ 、  ',
    !>. `y^i /iヽr⌒i/⊃」 ,'  /ヽ  i
    ( _,ゝ  ノ iゝ/^/i = i、 / `ヽ i


220 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/01/17(火) 16:37:40 ID:NCKhg94E
>>219
雨さんかな?集計ありがとうございます。
しかし>>213は>214でスルーしてくれ、との要望が出されており、>>215も俺には誤爆のように読めるのですが。
「いいわけ」は確かにシャ乱Qの曲名ではあるけれども。
まあ、どっちも審査しますけど、現在あと2作品募集中ということでよろ。
単に俺が忙しいだけで、なるべく引き伸ばそうとしているということは秘密にしといてください。

221 :抑揚:2006/01/17(火) 18:21:16 ID:khtV/5N1
「ローリングデスメタル」

オッスオラ、ローリングデスメタル
コーリングエースのカーリングチャンピオンのjrのローリングデスメタル
プリーズコールミー RDMjr!ハッハ RDMjr!

何処まで行こう何処で止まれば正常だと言えるだろう
いや止まる必要は無いのかもしれない
対象はいずれ歳を取り正常な好意と成ってしまうのだから

コールスロー、ローリングミソサラダ
エンタイトルツーベースの申し子イルの息子 ローミングは圏外
トマトソースプリーズ TMT!ハッハ TMT!

人間飽きが来てしまう生き物だから
普段の食器を銀の食器に変えてそれでも駄目なら金にしよう
それと同じことだ見飽きたガールズチームにモザイクを施してみよう

新たな展望 新たな快感 あらかた終えたら 今度は自分が目隠し
頑張ってるのはダンサーよりもファンかもしれない

オッスオラ、ローリングデスメタル 語感が似てるだけのローリングデスメタル

222 :BLUE HAWAII ◆HAWAIAUTLE :2006/01/19(木) 08:34:33 ID:6rziinYc
「モーニング娘。」

五人で始まった
その後三人が加わった
しかし一人が学業に専念するために辞めてしまった
すると金髪のコが入ってきた
しかし一人が服飾デザイナーになるために辞めてしまった
その後四人が加わった
しかし一人がシンガーソングライターになるために辞めてしまった
そしてとうとうリーダーも辞めてしまった
だが四人が加わった
しかし昔金髪だったコが辞めてしまった
するとまた四人が入ってきた
その後あまり可愛くない人が辞め
オリジナルメンバーの中心的人物だった人も辞め
さらに双子のような二人までが揃って辞めてしまった
二代目リーダーとして頑張ってきた人も辞めてしまった
そして男性との交際が発覚した人が突然いなくなった
その後一人が加入し
一人が辞めた
現在十人

このように頻繁にメンバーが入れ替わることによって
いつでも新鮮な表情を見せてくれるところが
モーニング娘。の素晴らしさだと私は思う

223 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/01/20(金) 16:00:49 ID:shLW8hzK
というわけで締め切りでーす。
・・・とだけ書き残して逃げる俺。

224 :練り物ハンター ◆DOGzQ0/97M :2006/01/20(金) 23:06:12 ID:xHANR3n8
  ____∧∧ 
〜' ___( ,,゚Д゚ )<間に合わなかった・・・レジストリぶち壊してやる!
  UU    U U 


225 :名前はいらない:2006/01/21(土) 20:50:12 ID:G9b5EfwY
と、いうことでした。

226 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/01/22(日) 12:33:39 ID:i6R6Kg3Z
ということで時間稼ぎ集計。

>200:「厨房蓮華」 VL5NfLKg氏(特別エントリー)
>203:「ぷるぷる…」 ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>204:「LOVING 娘」 s3QJZWbW氏
>205-206:「なぜモームスに頼まなかったのか?」 長介ジュニア ◆kuJg2yitX6氏
>207:「モーニング娘。」 xjaQylsR氏
>208:「Iconoclasm」 fSR61v3T氏
>209-211:「考察モーニング娘。」 mkbdbED3氏
>213:「プッチモニって無かったですか?」 zrE1ragZ氏(特別エントリー)
>215:「いいわけ」 3d+j/RHE氏(特別エントリー)
>216-218:「朝風」 YKxgFHzk氏
>221:「ローリングデスメタル」 抑揚氏
>222:「モーニング娘。」 BLUE HAWAII ◆HAWAIAUTLE氏
>224:(PC故障中だったようなので現在も受付中) 練り物ハンター ◆DOGzQ0/97M氏

以上特別エントリー含めて12作品揃ってますが。
>200は無題だと失格なので勝手にHNをタイトルにして、と。
だから正式エントリーはまだ9作品ということで。
名乗りを上げてくれた練り物氏に作品依頼中という途中経過。審査員特権。(爆)

227 :名前はいらない:2006/01/22(日) 12:37:02 ID:2TBndkXf
>>226
やりたい放題だな。
一応パートスレでルールもあるんだからあんまり好き勝手なことするのはどうかと思うぞ。

228 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/01/22(日) 12:47:11 ID:i6R6Kg3Z
>>227
ごめんね。でもルールに審査期間の制限とか書いてないぞ。
俺を追い出したかったら議論スレでテンプレ改編の議題でも出すんだな。
むしろここは優勝するとご褒美どころか苦労が待ってるスレだからね、
俺みたいのが悪しき前例作って他の審査員の気持ちを軽くしてやってんだYO!

229 :名前はいらない:2006/01/22(日) 12:51:00 ID:2TBndkXf
>>228
思考垂れ流しだな。
まあ、審査頑張れ


230 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/01/22(日) 12:54:55 ID:i6R6Kg3Z
>>229
「思考垂れ流し」の意味がわからんが、応援ありがとう。
実はまたウケ狙いでびっくりさせるような審査方法を企画中。
乞うご期待。

231 :名前はいらない:2006/01/22(日) 20:31:36 ID:qKUfTrqV
↓ここのポエムも審査
ttp://blogs.yahoo.co.jp/graduater312

232 :練り物ハンター ◆DOGzQ0/97M :2006/01/28(土) 02:13:07 ID:lHmM3ae0
[モーニング娘といふ風潮]
午後1時ソファに寝そべって 焼酎グラスなんぞ傾けて
ダラダラ口に流し込むと同時に ダラダラ情報を耳に流し込む
テレビジョンから漏れる声に「元モーニング娘の〜ちゃんです」と
司会者らしき鼻の開いた 小男が喋っている  禿げ上がってもいた
工藤静香などを紹介する際に 「元おにゃんこの〜」とは紹介しない
それはまあ 工藤静香というものが 個のブランドとして成り立っているからであることも
関係はしているのだろうからして しかもおにゃんこといふ情報そのものが
古く わしのような ナウくおニューな人間には伝わりづらい
なんせ おにゃんこを知らない ゆうやけにゃんにゃんという番組があったことは
ちらと思い出す 幼児だった 覚えるはずもない
しかし だからといって モーニング娘なる存在を知っているかというと

そうでもない

まあ モーニング娘が現存する あるいは近年まで存在していた
そんな所で 司会者もあのような紹介をしたのであろう そうだろう

焼酎グラスの 中で 氷が融けた カラン

まあモーニング娘の存在は一々とは知らぬが 歌を歌う複数人という
そんな事ぐらいは 知ってはいる しかしながら 司会者が元という事は
そのものにまだ ブランド力が残っているからであろうからして
現存するのであろう しかしこの司会者の喋り方は 女形っぽいの

一句浮かんだので 焼酎注ぎなおすついでに 呟いた

電波映像受信器を魚に 芋煽る 正午

233 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/01/28(土) 02:21:51 ID:KvP48M7s
はい、待ってましたで全部揃いました。(笑)

>200:「厨房蓮華」 VL5NfLKg氏(特別エントリー)
>203:「ぷるぷる…」 ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>204:「LOVING 娘」 s3QJZWbW氏
>205-206:「なぜモームスに頼まなかったのか?」 長介ジュニア ◆kuJg2yitX6氏
>207:「モーニング娘。」 xjaQylsR氏
>208:「Iconoclasm」 fSR61v3T氏
>209-211:「考察モーニング娘。」 mkbdbED3氏
>213:「プッチモニって無かったですか?」 zrE1ragZ氏(特別エントリー)
>215:「いいわけ」 3d+j/RHE氏(特別エントリー)
>216-218:「朝風」 YKxgFHzk氏
>221:「ローリングデスメタル」 抑揚氏
>222:「モーニング娘。」 BLUE HAWAII ◆HAWAIAUTLE氏
>232:「モーニング娘といふ風潮」 練り物ハンター ◆DOGzQ0/97M氏

以上13作品。全部読んで面白いの書くから待たせたことは許してくれい!

234 :e ◆rD29MRv6sk :2006/01/29(日) 23:56:27 ID:B20X0iNb ?
張り切り過ぎてないですか

235 :名前はいらない:2006/01/30(月) 01:50:12 ID:Yl0HhANg
待つのアホ草、もう次の人お題出していいよ↓

236 :名前はいらない:2006/02/01(水) 21:35:27 ID:XNOnCUgr
このお題まだ続いてたんだ


237 :練り物ハンター ◆DOGzQ0/97M :2006/02/01(水) 22:02:09 ID:xXrnzuIT
  ____∧∧ 
〜' ___( ,,゚Д゚ )<にぃちぇどんは、手を使わないオナニーでも開発してるのかな?
  UU    U U   わしもチャレンジしてみよ♪


238 :名前はいらない:2006/02/04(土) 01:09:56 ID:0TI0vdBg
審査中

239 :名前はいらない:2006/02/04(土) 04:26:29 ID:3AvIlLpi
審査するのは構わんが、ひと月近く機能不全だな。
待たせて平気ってーのは随分傲慢な話だ。

240 :名前はいらない:2006/02/04(土) 04:43:23 ID:v5GGpRFm
にーちぇは死んだんだよ

241 :名前はいらない:2006/02/04(土) 13:16:43 ID:O7N7H3B9
苛められて引きこもってんだな
にーちぇを選んだのはb4 ◆2WgbgFgdIsだったか?
責任とって代わりに審査しちゃえよ

242 :名前はいらない:2006/02/04(土) 13:17:55 ID:O7N7H3B9
IDなんかイイな

243 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/02/04(土) 19:28:39 ID:gjD5+wD+
>>241
停滞してるのもアレだし簡潔なのでいいならやるけど
(にいちぇ氏の評価も楽しみだったからそれはそれで見たいなあ…)

独断でやるわけにもいかんので
(俺の審査に)賛成か反対か意見ください↓

244 :名前はいらない:2006/02/04(土) 19:44:40 ID:v5GGpRFm
>>243審査しちまえ

つーか、作品出そろってから一週間も放置なんて
権利を放棄したと考えていいだろ。

今回に限らず、円滑な運営をするためならそういう決まりごとも定めといた方がいい。

245 :名前はいらない:2006/02/04(土) 20:00:24 ID:DFG/fBQZ
>>243
もう一ヶ月近いんだぜ?
放棄とみなしておkっしょ。
審査ヨロ。

246 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 20:31:34 ID:wh7Ovris
すまんね。今日は昼間からずっと書き続けていたのだがまだ終わんない。
あと少しだからもう少し待ってくれると嬉しい。

247 :長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 :2006/02/04(土) 20:35:07 ID:LVqJRe/0
おお、にいちぇさん生きてた!
というわけでみなさん、もう少し待ちましょうよ。

248 :名前はいらない:2006/02/04(土) 20:36:44 ID:O7N7H3B9
いたのか。なら待つよ。

ついでだからルール追加きぼう。
「投稿10作そろってから10日以内に審査されない場合、
 前回の審査員が代理で審査をする。」
とかにしといてくれないか。

249 :名前はいらない:2006/02/04(土) 20:41:00 ID:v5GGpRFm
>>246
先に結果だけ発表してオナニー文はあとでのせりゃいいだろが
さっさとやれよクズ


250 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 20:46:49 ID:wh7Ovris
>>243
すいません。俺を選んだばっかりにb4さんにまで迷惑かけました。m(..)m
>>247
あと少しです。ご心配おかけしました。m(..)m
>>248
私もそれ同感です。テンプレに書いてあればもっと必死になってたかもしれないし、
もっと早くあきらめてたかもしれないです。

251 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/02/04(土) 20:57:27 ID:gjD5+wD+
>>250
おおっ、にいちぇさんご無沙汰です。居たようでホッとしました。
あやうく俺の無味乾燥な批評文が載るとこでしたよ。
それじゃ頑張ってください&よろしくお願いします。

252 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:01:50 ID:wh7Ovris
『モーニング娘の想い出』

私が彼女達を初めて見たのは何かの歌番組だっただろうか、今となっては記憶は定かではない。
若い女の子だけのグループというだけで偏見があったし、もとよりアイドルに夢中になるような年齢
はとっくに過ぎていた私にとって、夢中になるために必要なすべての要素を欠いていた。
そんな私が彼女達の本当の意味でのブレイクの瞬間をつぶさに目撃できたことはひとえに偶然の
たまものと言う以外ない。その奇跡の瞬間を見届けながら、これがいつか見たあの魅力に乏しい
同じグループなのか、と不思議な気分を味わったことだけは確かである。
>>200の作品に現れる「青色7、あか組4、黄色5」などというシャッフルユニットまでが馬鹿売れして
いた時にはもはや社会現象といっても過言ではなかったように思う。それにしても「貴方」という特定
の人物の朝の様子とプロ歌手である「娘」を混在させ、ひとつにまとめ上げた完成度はどうだ。最後の
「願うは僕に気づいてくれますようにと・・・」の一行に恋する青年の気持ちとタレントのファンの気持ちの
両方を代弁させているテクニックにはグウの音も出まい。>>201氏にありがとうと感謝を述べ、>>202氏に
礼を述べている間に私の記憶はもはや伝説の「ASAYAN」という番組に移って行く。浅草キッドが
やっていた「浅草橋ヤング洋品店」が「ASAYAN」と改名されいつの間にかオーディション番組となって
いたり司会がナインティナインに変わっていたりしたが、ブルースハープでアポロ劇場に出る小学生の
ドキュメント目当てで見始めたのを思い出す。しかし何週目かに私の目が釘付けになる瞬間が訪れた。
これが先に述べたブレイクの瞬間というやつである。>>203の作品に出てくる「LOVEマシーン」のプロモ
ビデオ初公開、とかいう企画であった。なんだこりゃ、と思いながらも斬新な映像と珍妙なダンス、そして
何よりもポップスの真髄を凝縮した「曲」に一目ぼれならぬ一聞きぼれしたのだった。この作品の作者と
ほぼ同じ衝撃を受けたものと推測されるが、私よりもデビュー当初のゴタゴタを知っている点において
私より古い「ASAYAN」ファンであったことがわかる。それにしてもタイトルの「ぶるぶる」が可笑しい。
別に私が怒るわけないではないか。(つづく)

253 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:02:56 ID:wh7Ovris
(つづき)むしろ「哀愁漂う、懐かしさ」を指摘してくれたことが素直に嬉しい。そう、あの曲はディスコ
だったのだ。クラブではなくユーロビートでもなく70年代ディスコであった。なんたってタイトルが
ミラクルズの「ラブマシーン」ではないか。しかし侮れないのは単なる焼き直しではなくしっかりと
90年代末のトレンドと融合させていた点に尽きる。それは打ち込み音楽のサンプリング的手法の
展開であり、アレンジャーにダンス☆マンを起用したことが吉と出ている。彼は「ザッツザウェイ」という
マイアミ古典ディスコを「ワンボックスのオーナー」などと空耳的に歌っていた才人でもあった。
しかし何よりも作詞作曲者の才能に戦慄したことは言を待たないのだが、これについては後述する。
「私が認識してるのは、ごめんなさいね、ここまでよ!」という最後の独白には多くの先物買いが感じる
はずの「ブレイクしたら興味を失う」というインディーズ魂の法則が吐露されている。これには非常に
共感できるのだが、ことモーニング娘に関しては逆であったようだ。私は「ださださ」の時代をよく知らず
ブレイクの瞬間からまさに虜になってしまったのだから。そんな突然到来したブームに新規参入して
いく私を含めた新たなファン層の急激な増加を当のモーニング娘たちはどんな気持ちで受け止めていた
のだろうか。もちろん歌手になりたい、という野望を秘めてオーディションを受けてきた面々である以上、
芸能界の頂点に立つということは最大の目標のひとつであったはずである。しかし夢が叶ったという
余韻に浸る余裕もなく仕事の量は加速度的に増えていく。>>204の作品が見事な心理描写を展開して
いるように「つまんない」という虚無感に襲われることも度々だったと推察される。私はこれを読んで
かつてピンクレディの二人が当時を振り返りながら「何も覚えていない」と語ったのを聞いたときの衝撃
を思い出していた。あれだけたくさんのテレビに出て他にも様々なメディアへの応対、仕事を分刻みで
こなし、その合間に新曲のレコーディングやらコンサートといった殺人的スケジュールでは自分の出た
番組の想い出すら残っていないと残念そうに語っていたのである。「渋谷歩いたって」「地元に帰れば」
といったエピソードは胸に突き刺さるが(つづく)

254 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:03:34 ID:wh7Ovris
(つづき)実際にはそのような余暇すら与えられることは皆無だったであろう。しかしスターを夢見て
実際にスターになった者のみが感じるであろう戸惑いや「こんなはずでは・・・」といった疑念を上手く
掬い上げている。そして最後の、あたし「娘。」だから!の台詞が痛切だ。10代の女の子であるにも
かかわらず強烈なプロフェッショナル精神を体現するモーニング娘。そう、まさに私は芸能界から
失われて久しかった「プロフェッショナル」な芸人魂にこそ惚れたのであった、と思い出す。お笑い芸人
たちが芸をしなくなりアドリブと偽ったただの雑談でバラエティ番組の司会者に納まる。歌手や演奏家
たちは自分は「アーチストだ」などと意味のわかんないことを口走りはじめ、テレビにも出ず印税生活を
夢見るだけのビジネスマンへと堕落していったそんな時代。小室軍団と沖縄アクターズスクールが
そんな風潮に風穴を開け、真打ちとして「つんく」が己の泥臭い芸人魂のすべてを託して世に放ったのが
モーニング娘なのであった。そんな「プロ」を感じさせてくれる芸能人に私は昔から憧れ尊敬していた。
いや、昔は「プロ」しかいなかった。一部のニューミュージック系の歌手たちがベストテン番組への出演
を拒否したりという事実はあったが、それとてミュージックビジネスにヤクザの臭いが漂っていた古き
良き時代の出来事、プロモーション手段として有効なテレビ出演を断ることには相当な覚悟が必要と
されたはずだ。あの90年代の自称「アーチスト」とは根本的に違う。CDの普及でアルバムセールスが
簡単にミリオンを超える土壌が整備された上でのテレビ番組出演拒否は、むしろ露出を避けてイメージ
という実体のない「大樹」に寄りかかるという意味で「細く長く」仕事を続けたいまさにサラリーマン的発想
であった。そんな似非芸能人たちに嫌悪を抱きつつ、私は自称「アーチスト」と同様のスノッブ臭さを
撒き散らしながらもテレビに出続け、しかも曲を「量産する」という作曲家としての本分を全うした小室哲哉
を影ながら応援し、圧倒的な歌唱力だけでなくダンスパフォーマンスにおいて「見せる」ことに全力を費やして
いた沖縄アクターズスクール勢を私は頼もしく思っていたものだ。そしてなぜ「つんく」が真打ちかという
答えもここにある。(つづく)

255 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:05:26 ID:wh7Ovris
(つづき)つまり「つんく」は小室哲哉の「量産」を引き継ぎつつスノッブ臭を抜き取り、沖縄ASに欠けていた
芸能が持ついかがわしさを復活させると共にパフォーマンス全般における「見せる」要素にはとことん拘り
先行していたふた組の芸能界の主流路線をたった一人で継承しつつ凌駕するという大仕事を成し遂げた
のである。これこそが私の考える「プロ」の職人の真骨頂なのだ。私は芸能界に久方ぶりの「プロ」の季節
が到来したのを敏感に感じ、しばらくは目が離せないと決意を固めていた。そう、「プロの季節」。思えば、
>>205-206の作者名がいみじくも暗示しているようにいかりや長介率いるドリフターズがまさに私の憧憬の
対象である「プロの季節」のトップランナーであった。そしてこの作品もまたプロの仕事である。探偵小説の
出だしを思わせるミステリアスなシーンから「美川憲一」で笑わせ、長い探索の場面に嘘八百をこれでもか
と並べていく手際。そして後半では廃墟となった未来のフジテレビで夢幻のスタジオライブを現出させて
「謎」という闇にまさに照明という幕が切って落とされパッと視界が開ける構成の妙。しかしその明るさは
謎解きではなく最後まで「笑い」に絞ってみせた勇気のようなものが古書店の主人の「いや、違うだろ」の
台詞に最高級の「ツッコミ」芸として結実している。しかしLOVEマシーンを娘たちと乱舞しながら冒頭の
事件も解決させ、バカバカしいのに最後はなぜか読んでるこっちまで少し感動する結末にこのふざけた
物語の多層構造を発見するのである。ここのところを解説すると、まず舞台は近未来の日本。そしてその
我が日本はお台場が廃墟になっていることから明らかなように国家として衰退している。もちろんわざわざ
フジテレビを出してきたことでライブドアと株式交換してしまったがために含み損が326億円にも達したという
最新の経済ニュースとも合致するわけだが、第七スタジオで歌われた楽曲がLOVEマシーンであることを
考えれば、やはりこれはフジテレビだけの没落ではない。日本を襲ったのが武力なのか恐慌なのかはともかく
世紀末の不況真っ盛りの時期に私を含む世の社会人たち、及びこれから社会に出る学生諸君にやけっぱち
ながらも多大なエネルギーを与えてくれた「日本の未来は世界がうらやむ」という(つづく)

256 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:06:44 ID:wh7Ovris
(つづき)「つんく」一世一代の名フレーズがこの作品の中にも通低音として流れているのである。
その意味でラストの「涙」が潤み、そして乾く、という言葉の持つ意味は重い。焦土と化した国または
人の心の再生を願う応援歌として読むことが可能なのだ。だからこそバカバカしくともなぜか感動を
呼ぶ。これは「つんく」の書く楽曲全般に言えることでもあるのだが。さて、ここまで書いて丁度私は
コーヒーを煎れて飲みたくなっている。コーヒーブレイクにうってつけの>>207を読みながら彼女たち
のデビュー曲である「モーニングコーヒー」を聴くとしよう。いつ聴いてもハモリがきれいである。そんな
すがすがしさはこの作品にも存分に込められていて「羽根ぶとん」「レースのカーテン」「朝の光」の
三点セットがキマっている。しかしそれだけで終わってないのがこの作者の筆力の確かさであり、
「昨日の夜」以下の二行でこの「すがすがしさ」の正体を寸止めで書ききっている。絶妙な塩梅とは
このことだ。思えば本家モーニング娘の魅力というのもこの匙加減にあるのではないか。色物として
低俗すれすれの一線は守りつつ耳の肥えたポップスファンのツボも絶対外さないというギリギリの
バランス感覚。そもそも「モーニング娘」という名前自体ふざけているのだが、そのふざけ具合もまた
完璧と言ってよい絶妙さであった。私などはこのネーミングに今時「かしまし娘」かYO!という新鮮な
驚きを覚えたクチである。はっきり言ってダサい名前である。しかし「エブリリトルシング」だとか、
「マイリトルラヴァー」だとか「ラクリマクリスティ」といった「いかにも」な名前の方が実は恥ずかし
かったりするのは衆目の一致するところであろう。私が現在レギュラーとして参加しているバンド名は
「マゾヒスティック○○バンド」というのだが、これなどは「モーニング娘」ほどには過激に走れなかった
中途半端なバンド名であったと今更ながら反省している程である。そもそも「つんく」は芸能界デビュー
の時点ですでにその特異な言語センスを炸裂させていた。「シャ乱Q」というカタカナと漢字、そして
アルファベットという無茶苦茶な並びで意味はまったくわからないがなぜか覚えやすいというバンド名。
しかし「あぶらだこ」だとか「じゃがたら」よりも優れていると私が感じるのは(つづく)

257 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:09:33 ID:wh7Ovris
(つづき)実は意味があると後追いながら知るにつけてのことであり、「シャ乱Q」ならば「爆風スランプ」
同様に三つのバンドが合体した時に一文字ずつ拾っただとか、「モーニング娘」の「モーニング」とは
喫茶店のモーニングセットのことであり、コーヒーとトーストだけでなく卵なんかもついてくるお得な感じ、
というのが語源なのだそうである。と、解説されたところでバカバカしさには変わりがなく、そもそも「つんく」
は朝食を喫茶店で食ってた奴だったのか、俺と同じじゃねーか、普通の人にはよくわかんないだろ、と
失笑してしまうのであるが、覚えやすくてインパクトのあるネーミングには違いなく、改めて氏の言語感覚
に痺れてしまう私なのであった。ともかくアイドルとして売り出すのに「モーニング娘」と名付けるとは心臓
である。「おニャン子クラブ」の「クラブ」と「かしまし娘」の「娘」ではグリニッジ天文台を基準とすれば東に
135度くらいずれている。もちろんそのことに我が国の古き良き「芸能界」のいかがわしくもプロ意識の高い
時代の「伝統」を正式に継承する後継者として名乗りを上げた自信が垣間見れるわけだが。とりあえず話を
戻すとモーニング娘は「アイドル」として売り出された。アイドルとは偶像でありイコンであり>>208のような
偶像破壊の企てもセットとしてもれなくついてくる。「ふりつけ」を覚えてウケを狙おうとしている時点ですでに
偶像は崇められる天上から地上に落とされていると喝破するこの作品の視点は慧眼である。普通はその
「ふりつけ」を下は幼稚園児から上はおじいちゃんまでもが真似したがる一時代を築いたモーニング娘こそ
ピンクレディ以来のアイドルの王道であったと位置づけられている。しかしそのようなブームが到来した時
にはすでに「神聖」はないとの観察は鋭い。初期のファンは例のLOVEマシーン以降離れていったと聞く。
つまり本物のアイドルマニアとはマニアであるが故に常に「神聖」を求めているのであり、大衆化という本来
ならば自分の応援していたグループのブレイキングポイントを先物買いとして自慢でもしてりゃいいところを
逆にがっかりしてしまうような人種なのである。そのことを私はマニアの悪癖と長らく思ってきたのだが、この
作品を読むと目から鱗が何枚か落ちた気分である。(つづく)

258 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:11:19 ID:wh7Ovris
(つづき)つまり大衆に広く受け入れられることを嫌悪する感情というものは単なる天邪鬼ではなく
天上界というかりそめの神殿に自分の好きなものを祀り上げていたいというある意味純な気持ち
なのかもしれないと感じ入った次第なのだ。この詩板でもマニアックな「詩」を至上のものと崇めて
いる人間は多々存在するであろうが、彼らが私の訴えるところの「普遍性」などの単語に噛み付く
心理がわかったような気もするのである。だからといって私が考えを変えることはない。なぜなら
私にはそのような神殿に参拝する人種などオウム真理教の信者とさして変わらないように見える
からである。もちろんサリンさえ撒かなければ私も信教の自由を尊重しよう。翻って私の信仰も尊重
しろなどという相対性も主張しないのが私という人間である。なぜなら私はそもそもがここで言うところ
のマニアではないのであり、「売れた」ということを素直に喜ぶ無神論者なのだ。この辺りの考察を
見事に作品として出してきた>>209には正直唸らされた。前半の命名に関する考察部分はすでに
書いてしまったので後半の「なぜ売れたか?」の考察に的を絞らせてもらう。「ラブ&ピース」という
キーワードはブレイク後のモーニング娘を語る上で避けては通れない重要単語である。もちろん
「LOVEマシーン」と「ザ・ピース」という二つの代表曲が彼女たちのイメージを決定付けている面は
大きいのだが、他の隠れた名曲にもこのキーワードは頻出する。「ラブ&ピース」というそのもの
ズバリの疾走感溢れるロックチューンも去年発表されているほどだ。今時ラブ&ピースなど普通に
考えれば狂気の沙汰である。私もこのフレーズ自体は大嫌いだ。そもそもジョンレノンの亡霊ではないか。
「愛と平和」というどちらも抽象的で意味がよくわからないにもかかわらずそこに反論を許さないような
傲慢さが漂っている点において、最低の言葉である。この言葉を流行らせたジョンレノンと小野洋子の
罪は重い。そしてビートルズを崇拝する「つんく」もまた、この言葉の毒気に中てられていることは
間違いのないところであろう。しかし「つんく」の歌詞にはジョンレノンのようなシリアスなムードは皆無
である。「ラブ」と言いつつ「恋をしようじゃないか」以上のことは言っていないし(つづく)

259 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:12:35 ID:wh7Ovris
(つづき)むしろ「あたしゃほんとナイスバディバデバデ」などの他の部分におけるユーモアセンスが
勝っている。「ピース」にしても「選挙の日ってうちじゃなぜか投票行って外食するんだ」そうである。
つまりつんくの捉えている「ラブ&ピース」とはジョンレノンの誤読かもしれないにしても、その程度の
日常的なラブやらピースだったりするのである。国境を失くせなどという「インターナショナル」のような
共産主義アンセムを歌うのではない。「好きな人が親切だった」ことがピースなのである。不景気だって
「恋はインフレーション」なのである。この日常に潜むちょっとした「幸せ」をラブ&ピースという形骸化
したフレーズに託しているだけだ。そしてそのことはジョンレノンより内容的に小さいわけではない。
むしろ逆なのだ。日常から物事を考える、つまり常に身の丈にあったラブ&ピースを探して無邪気な
娘たちに歌わせることによって、より実現性の高い「秩序」を目論んでいる。もちろん「つんく」という才人
はそこまで計算高くはないように思える。しかし天性の勘でこの作品が述べているような「不快なあざとさ」
を回避し、「日本海溝よりも深い」場所まで照らすことが可能なフレーズを量産できていると私は思う。
ただし一応ジョンレノンに対する弁護も買って出ると、彼は西洋人でありながら「There is no heven.」と
言い切った勇気が凡百のプロテストソングとは一線を画していたのであり、その後の彼の信者たちはこの
必殺フレーズをあえて無視することによって「ラブ&ピース」を無意味なお題目として堕落させた。
つまり「ラブ&ピース」の大合唱の不快さとはジョンレノン本人よりも、彼を利用して政治集会を開こうと
する寄生虫のような連中の仕業であり、もちろん彼ら寄生虫はジョンの晩年がショーンの子育てとヨーコ
への個人的なラブソングで埋め尽くされていたことには目をつむるのである。だから私はジョンレノンは
実は大好きなのだ。時代の波に乗せられて政治的な歌も作ってしまった。しかしそれでも革命などを
志向していたわけではないことは彼の歌詞を注意深く読めば明らかであり、むしろただの夢想家の枠に
留まることで「無」や「空」といった東洋思想の勉学の痕跡を小出しにしたに過ぎない。そして彼の本領は
マザコンを恥じることなく(つづく)

260 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:15:22 ID:wh7Ovris
(つづき)歌い続けた潔い「情けなさ」にあるのであり、それは「つんく」がモテなかった男としての
情念をストレートに出してくる一連の歌詞とも共通するかっこ悪い「かっこよさ」なのである。
しかしジョンレノンより今私が「つんく」を推すのはユーモアのセンスの違いであろう。ジョンレノンは
悲しいかな所詮はリバプールの寒空の下で育った「皮肉屋」止まりのユーモアだ。モンティパイソン
が彼の限界であり、その点においては太古の昔からのお笑い先進国である日本で生まれ、とりわけ
吉本新喜劇を見て育った大阪人の「つんく」には敵うはずがないのである。散々モーニング娘について
は良く知らないと言っておきながら最後に「平家みち代」の名前を出してくる作者の遊び心も我が国の
お笑いレベルの高さを証明していることになるだろう。さらに>>213の「プッチモニ」を私も早速調べてみたが、
確かに「。」は付いていないようだ。単に付け忘れたのかもしれない。そんないい加減さもさることながら
私はプッチモニ命名の時の「ASAYAN」を見ているので記憶はそこまでプレイバックする。あの時、
つんくは色んな名前を候補として紹介していたがどれも爆笑モノの名前であった。その中で「プチモニ」
というのがええんちゃう?などと適当なことを言って一度決まりかけたのだが、ちっちゃい「ッ」入れた方が
なんか語呂がええな、などと言ってこの名前に決まったのであった。まったくもってアホらしい。そして
素晴らしいセンスだと正直に思った。結果は「ちょこっとLOVE」でミリオンセラーである。ついでに
書いておくと「ミニモニ。」にはぶっ飛んだ。これは私は結成の経緯を知らず、夜中のコンビニの有線で
初めて「ミニモニじゃんけんぴょん」という日本歌謡史に残るハードコアスカパンクを耳にしたのだった。
なんだこれは!と買い物の手を休めて呆然と立ちすくんだことが今では懐かしい。後でこれが「つんく」の
送り出した新しいユニットのデビュー曲と知るにつけ私の「つんく」プロデュース作品における信頼度は
さらに高まった。続く「ミニモニテレフォンリンリンリン」で私はミュージシャンを辞めようと思った。小学生の
間でミニモニブームが瞬く間に起こり、小さな女の子が辻ちゃん加護ちゃんの髪型を真似したり踊りの
振り付けを必死になって覚えようと(つづく)

261 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:16:35 ID:wh7Ovris
(つづき)している映像をなんとニュース番組の中で見た記憶がある。あれは立派な社会現象で
あって、こんな名曲たちを聴いて育つ幼稚園児や小学生たちに私はそれこそ「日本の未来」を託せる
と本気で思った。名曲だらけのミニモニなので私はジャズのCDの下に隠すようにして会計に持っていく
という中学生がエロ本を買う時の心境を久々に味わいながらコレクションを開始した。歌詞としては
なんといっても「ペペロンチーノにチーズかけたっていいだろ!」が白眉である。こんな唐突なフレーズで
子供に怒鳴りつけられるとは予想だにしなかった。「つんく」のアナーキーな詩作センスが爆発した瞬間で
ある。>>215はちょっとよくわからなかったのだが、HNの「ポエー」がここで言う唐突アナーキーである。
センスを感じる。モーニング娘一派の魅力とはすなわちセンスなのだ。真面目に突っ走ることを回避して
ギャグを入れる。あるいはその逆にふざけまくった中にハッとする一文を忍び込ませる。詩を書こうとする
人間にはぜひとも「つんく」の作る歌詞を隅々まで読んでみることをオススメする。もちろんリリックを音と
して最大限に活かすことに命を賭けているエキスパートなので音源とセットで鑑賞せねばならない。
そうこうしているうちに時代は移り変わる。>>216-218に描かれた世界がそのままモーニング娘という巨大な
グループの歴史である。「紺野あさ美」を贔屓にしていることから思い出すのは地下詩人先生であるが、
やはりここにも紺野好きがいたようだ。彼女は金魚みたいな顔をしている。私は彼女たちの加入した時の
オーディションを見た記憶があるが、確か紺野さんは補欠のような形で特別に選ばれたはずである。
つまり歌も踊りも合格点には達していなかった。しかし「つんく」が独断で「可能性」とか適当なこと言って
加入させてしまったのである。結果はその判断が正しかったことを証明している。金魚のような顔だが
確かにかわいらしい子だと今になると素直に思える。「つんく」の恐ろしさはデビュー前の素人を選ぶ時に
わざといわゆる「かわいい子」や「美人な子」をことごとく落としているように見えることである。私も今まで
何度も追加メンバーオーディションというのを見てきたような気がするが私の予想など当たった例しがない。
(つづく)

262 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:18:50 ID:wh7Ovris
(つづき)先の加護ちゃん辻ちゃんの時も「ただの小学生じゃねぇか」とまったくノーマークであった。
それはともかく、この作品の完成度は高い。中学、高校というまさに青春時代にモーニング娘がBGM
として流れていた日常をさり気ないエピソードと共に美しく描写している。メンバーを入れ替えるという
ことはグループ全体にとっては新鮮さを保つ手段ではあるものの、ファンからすれば好きだったメンバー
が抜けてしまうことはショックであり、それを機にファンを辞めてしまう者も多いと推測される。私は
モーニング娘とは固定グループではなくアメーバのような変幻自在のユニットと考えているので今のところ
問題はないのだが、それでもちょっと人気メンバーが辞めすぎだとは思う。ところがこの作者のように「紺野」
がいれば安心と感じるように私は「つんく」が入れば安心なので当分、新曲が出れば買うという生活に
変化はないだろう。つまりモーニング娘とは「つんく」なのだ、というのが私の持論である。「つんく」に興味が
ない人には今のモーニング娘はきついかもしれない。だが、これはアメリカンポップスにのめり込んだ経験
のある人ならばわかってもらえるはずの例えだが、「つんく」はフィルスペクターを目指しているはずなのである。
フィルスペクターの名前は知らなくてもロネッツの「ビーマイベイビー」などは聴いたことのある人も多いだろう。
彼はフィレスレーベルというのを立ち上げ、主に黒人の少女歌手を集めて自分のプロデュース作を歌わせ、
一時代を築いたプロデューサーの大御所である。ビートルズのレットイットビーも彼のプロデュースであるし、
何度もリバイバルするライチャスブラザースもフィレス時代に爆発的に売れた。フィルスペクターの理念を
すべて説明する余裕はないが、ここでは徹底的に歌手を「素材」として扱うということに「つんく」との類似を
確認していただければそれでいい。彼のフィレスレーベルに当たるのが「つんく」のハロープロジェクトである。
そしてフィレスのやり方に憧れた人間が日本にはすでに先達として存在した。その名は、かの大滝詠一その人
であった。フィレスレーベルに対抗したナイアガラレーベル。山下達郎や大貫妙子を世に出し、自分の理想とする
音楽の「帝国」を作り上げようとしていた。(つづく)

263 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:21:17 ID:wh7Ovris
(つづき)しかし大滝詠一は悲しいかな「量産」のできない人であった。未だにまともな新譜が20年
以上出ていないのは有名な話であるし、ナイアガラ時代はセールス的にも失敗に終わっている。
実はフィルスペクターも同じようなものだったのだ。結局、「量産」ができない、これに尽きる。どちらも
天才的なプロデューサーであることは間違いない。しかし私の考える本物のプロのプロデューサー、
作曲家としては疑問符が付く。量産体制が築けなかったことがそれぞれのレーベルを短命なものにした。
それに対して後発ではあるが「つんく」の量産ぶりは一時の小室哲哉をも凌駕している。そしてしっかりと
「つんく印」の入った作品群が過去あまたのフィルスペクター信奉者が挑戦こそすれ頓挫してきた
「帝国」を形作っているのである。もちろん肝心な「曲」としてのクオリティの粒が揃っていることは言う
までもない。新たにモーニング娘という深い森に足を踏み入れようとする初心者の方々は以上のような
観点も考慮に入れて、すでに豊富に揃ったカタログという宝の山を掘り返してみて欲しい。しかし
そんなマニアックな視点を導入せずともただ単純にこの作品に書かれた「俺の人生」の応援歌として
鳴らし続けることは可能である。「あの娘たちの芸能生活」と「螺旋のように絡み合いながら」の言葉には
正直グッときてしまった。まさに私の最近の人生はモーニング娘の歌に励まされてきたのだから。
そんな私も普段モーニング娘だけを聴いているわけではない。量とすれば圧倒的に洋楽やジャズの方が
多いくらいだ。>>221に描かれたデスメタルこそあまり聴かなくなったが、そのようなジャンルに通じる
暴力的な疾走感を彼女たちの楽曲に見い出すことは珍しくない。語感が似てるだけ、と作者は謙遜するが
「つんく」の曲作りは語感命であり、実際にスラッシュ系の音に面白い言葉を乗せる技術は卓越している。
この作品も実は「つんく」に通じる言葉遊びと「音」が感じられる点で見事な音楽センスを惜しげもなく
見せ付けてくれている。そしてそれだけでなく四連の「人間飽きが来てしまう生き物だから」以下の文章で
「つんく」のメンバー入れ替えの戦略に理解を示している。ところがさらに次の連では皮肉を交えて
「頑張ってるのはダンサーよりもファンかもしれない」という(つづく)

264 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:22:26 ID:wh7Ovris
(つづき)意味深いアジテーションが読み手の私に突き刺さる。ファンなどというものは確かにその通り
なのだ。私も結局は頑張ってしまっているのである。だから「つんく」から金も貰ってないのにこのような
布教活動の長文を一生懸命書いていたりするのだ。最近ではCDの売り上げが落ちてきた、とか
もうそろそろ解散だろ、などの冷ややかな外野の声がかまびすしいが、そんな時はモーニング娘は
DVDシングルにも力を入れているのでCDと足せばヒットチャートでいつも一位なのだ、などと力説して
しまう始末である。別にヒットチャートで一位が取れなくなっても私にはまったく関係ないにも関わらず、だ。
しかしアイドルという形態で10年間第一線に立ち続けているモーニング娘とはやはり怪物なのではないか、
と私は思う。ピンクレディやキャンディーズや山口百恵も5年やそこらであった。松田聖子も中森明菜も
10年はもっていない。これが細く長く売ろうとする非アイドル路線であれば話は別だがモーニング娘は
あえて「時代を背負う」アイドルとして過去の芸能界の常識に挑み、そして打ち破ってきた。もちろん
時代を背負う勇気を持っていたのは「つんく」である。私はこのことに最大級の賛辞を贈りたい。
なぜなら多くの歌手やグループはブームになることを恐れる。それはつまりブームになると寿命も短く
なるからであってわざとテレビの露出を控えたり、売れた途端に休養宣言したりするのは延命を謀る
ための姑息な戦略なのだ。しかし過去、時代を背負うことを決意できるだけの自信と実力を兼ね備えた
真の大物たちは決して逃げることはなかった。沢田研二しかり小室哲哉しかりである。一時代を築いて
潔く表舞台から去っていく。「もう古い」という容赦ない一般人の罵声を浴びながら去っていく。
その覚悟があるものだけが「時代」を背負えるのだ。そしてモーニング娘=「つんく」は見事に時代を
背負い、まだまだ頑張っている。その意味で>>222に隠されたトリックを見破った私は喝采を上げた
ものである。これはモーニング娘について詳しくない人には単なるメンバーの変遷の説明とちょっとした
感想文のようなものだ、と必ずや誤読するであろう。しかしそれこそが作者の練りに練った構成による
罠なのだ。たった二行を書くためだけにわざとこの無味乾燥(つづく)

265 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:24:25 ID:wh7Ovris
(つづき)文体で貫き通した高等テクニック。ちょっとこれは凄すぎる。私が種明かしをする栄誉に
与れるのはこの上ない喜びだ。現在までのメンバーの入れ替わりは17行目まですべて正しい
記述である。無駄もないのですらすら読ませる。ここが罠なのだ。18行目の「一人が辞めた」だけ
が現実のものではない。つまり続く「現在十人」が萩尾望都の名作「11人いる!」を丁度ひっくり返した
ような衝撃のフレーズで本当は「現在十一人」が現実世界では正解なのだ。上手い。びっくりした。
それはともかくこれを未来予想として読めばまだまだモーニング娘の物語は続くと暗示しているよう
である。私もブームを経験してしまった以上、つまり時代を背負ってしまった以上、いつかこの物語が
終わることは覚悟の上だ。しかし一枚でも多くの楽曲を聴きたいと願うのもまた正直な気持ちなのである。
さて、今回の投稿作品を読んでいて私はモーニング娘が本当に解散してしまう時を否応なしに想像せざる
を得なかった。そのような情景を喚起する作品が多かったということもあるが、実は私もどこかでその
瞬間を待ち望んでいるのかもしれない。王選手のように最後のシーズンで30本ホームランを打ったまま
引退するのか、野村克也のように他球団に移ってボロボロになるまで続けるのか。つまりは引き際の美学
の問題に現在のモーニング娘もそれを受け止める私も直面しているのだと言える。>>232に書かれたような
「元モーニング娘の〜ちゃん」に全員がなってしまう日。それはどのタイミングが相応しいのであろうか。
少なくともこの作品に出てくる「おニャン子クラブ」のような末路だけは避けたい。私は「おニャン子クラブ」が
嫌いだった。作者と違って夕やけニャンニャンは少し見ていたがそれはお笑い番組として見ていただけであり、
そもそもプロフェッショナルの欠片も見せてくれない彼女たちの歌や振り付けなど印象にすら残ってはいない。
「おニャン子」は従来の古き良き芸能界をぶち壊す最終兵器であった。プロ意識の否定。結局残ったのは作者
も書いている工藤静香や数名に過ぎない。実は工藤静香がおニャン子に入る前に活動していたグループ、
セブンティーンクラブの方が好きだったくらいである。完全な素人と売れないアイドルの混合集団であった
おニャン子は結局素人が(つづく)

266 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:26:31 ID:wh7Ovris
(つづき)脱落していく形でいつのまにか消えていったのだろう。秋元康と後藤次利のコンビは量産
こそしたが粗製濫造の言葉が当てはまるプロ意識の欠けたものだった。フィレスなど目標にもして
いなかったはずだ。そのプロ意識の欠如が頂点に達したのは言うまでもない、二人の作家が当の
おニャン子と相次いで結婚してしまった瞬間である。この「事件」を機にあの泡沫アイドル集団は坂を
転げ落ちるように文字通りのうたかたとなって消えた。なぜおニャン子に関心のなかった私がそんな
ことを知っているかというと友達におニャン子好きがたくさんいたからである。秋元と高井なんとかの
結婚のニュースで友人達は怒りまくっていた。後藤と河合なんとかの結婚の時はすでにその友人も
嘲笑するだけだったが。ダウンタウンブギウギバンドの名曲「商品には手を出すな」は真理である。
これは芸能界でも水商売の世界でも変わらない真理である。したがって私が言いたいのはただひとつ、
「つんく」よ、絶対に商品とだけは結婚するなよ、ということだ。それさえ回避してくれたらモーニング娘の
物語のエピローグも美しい輝きを放つだろう。まさに「ブランド」としてのイメージを守り抜いて欲しい。
ブランドに傷が付かなければモーニング娘の時代が終焉を迎えても私は安心できる。なぜなら一時代を
築いたものにはその直後こそ「古い」だの「もう終わった」だのといった無責任な罵声は浴びせられても、
また時代がひと回りすれば必ず再評価されて復活も果たすものだから。カーペンターズが周期的に
売れるように。山口百恵のボックスセットが売れているように。その時私は深い感慨と共にモーニング娘
がBGMだった時代を素直に回顧しながら歌うだろう。「おいしい牛乳飲むのだぴょーん」と。


(完)

267 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/04(土) 22:48:27 ID:wh7Ovris
というわけで審査終了しました。大幅に遅れましたことをまずはお詫びいたします。m(..)m

さて、審査基準であるところの「称える」に絞って考えてみましたが、どれも私のようなファンに
とっては「称えてる」ように読める良作揃いでありました。
したがって迷ったわけですが、ここは一番捻らずに素直に称えていて、読後感も良く、完成度も
申し分ない、という>>216-218の「朝風」をお書きになった方に優勝カップを授与したいと思います。

仕事が忙しいのはわかっていたはずなのについ投稿してしまったご無礼をお許し下さい。
しかし忙しいからこそストレス解消になんか書きたくなるわけで、そうするとたまに優勝して
しまったりするわけで、そうなると悪循環でこのスレもストレスになってしまうという・・・。
そんなわけですので>>248さんのようなテンプレに審査期間明示という案には諸手を挙げて
賛成させていただきます。

ともあれ投稿してくれた皆様、楽しい作品を読ませて頂きましてありがとうございました。
そして「朝風」の作者の方、おめでとうございますです。

268 :名前はいらない:2006/02/04(土) 23:38:45 ID:LVqJRe/0
>>267
お疲れさまでした。「なぜモームスに頼まなかったのか?」を書きました。
バレバレだと思いますが私自身はモーニング娘。についてはほとんど知りませんので
にいちぇ先生の講義、学生になった気持ちで読ませていただきました。

作品については深く読んでいただいて感謝です。笑っていただけて幸いでした。
「朝風」の方、優勝おめでとう!

269 :詩種 ◆IZByFxSDAg :2006/02/05(日) 00:20:16 ID:qopDw9lR
>267
にいちぇさん、ご多忙の中、丹念な評論お疲れさま&ありがとうございました。m(_ _)m
〔考察モーニング娘。〕で、初参加させて頂きました詩種です。
今回投稿した物を、改めて読むにつけ、コイツは詩じゃなかったな・・・、と反省しきりです( ̄∇ ̄;)
更には、にいちぇさんの評文を読む程に、勢いで書いたとは言え、我ながら『妄想暴走空回り感』のあまりの痛さに、目を覆いたくなる思いで、一杯でした。
それでも尚、丁寧に読んで頂いた、にいちぇさんには、感謝しております。
ただ、普段なら、まず選ばないであろうテーマに挑戦することで、楽しく書かせて頂きましたし、また、良い経験もさせて頂いたと思ってます。

今回、「朝風」をお書きになられた方、おめでとうございます!!

270 :BLUE HAWAII ◆HAWAIAUTLE :2006/02/05(日) 05:07:48 ID:uB6UATXx
にいちぇ氏、評価ありがとう。そしておつかれさまでした(^一^)
5箇所くらい声出して笑わせてもらいましたぞ。
これほどの物を読めるならアッシ的には1ヶ月ぐらい待っても平気だな。
モーニング娘。、11人でしたっけ・・・?あう、素で勘違いしてた_| ̄|○ll
狙って数操作してたら、面白かったですね。
しかし結果オ〜ライということで。

>>216-218さん、おめでとうございます。

271 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/02/05(日) 11:10:01 ID:s2xJD8aH
>>267
にいちぇさんボリューム満点の評お疲れさまでした、
毎度楽しませて下さりありがとうございます。
今回>>204「LOVING 娘」で参加しました。私も一応ASAYAN世代なんですが
変遷し続ける「娘。」についてはワタクシも、もー ついていけてません(泣 

デビュー間もない頃(1〜2期くらいかな)、メンバーの一人がバレバレの変装で
街を歩いていたという噂を思い出して、本当に普通っぽかった彼女らは
一体何を考えている(いた)のかなあと思ってちょろりとしたためたフィックションであります。
虚虚実実を織り交ぜた内容なんでファンの方には失礼かなあと思ったのですが
ともあれ怒られなくて胸をなで下ろしましたわ、ああ・・・・・。

>>216-218「朝風」の作者さまおめでとうございます、私も好きな作品でした。
作中の彼と彼女達の関係が爽やかで、春の匂いが香ってきますね。
お次のお題もまたーりお待ちしてますです、でも皆様あんまり気負わんで・・・・ 
気楽に参加できるのがポエ大のいいとこなんですから    ではでは!

272 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/02/05(日) 23:29:34 ID:R+tQEOY0
>>203 『ぷるぷる』を書いたミミンです(*_ _)ペコリ
にぃちぇ先生,多忙の中での審査とにぃちぇ節を炸裂して戴きありがとうございました(笑)
>>252-267疲れてるはずなのに楽しい評文を書いてしまう根っからの物書きです!
また参加させて下さいね!
優勝者さん,おめでとうございます♪

273 :宮坂純:2006/02/06(月) 02:45:29 ID:LQwWRi/H
>>207
「モーニング娘。」を書かせていただきました。
にいちぇ先生、楽しくて中身のある評をどうもありがとうございます。
自分としては、なんとなく質量不足だったかな、という思いでいます。
関係ありませんが、モー娘。はエンドーレスサァマァー!って曲が好きです。ハモりの和音が好みなのです。
えっと、優勝された方、本当におめでとうございます〜!
お題から逃げていなくシンプルかつ面白みがあって好きでした。

274 :名前はいらない:2006/02/08(水) 14:37:17 ID:N31QU4nN
・・・で?次は?

ここも壊死しちまったねぇ。

275 :名前はいらない:2006/02/08(水) 20:55:27 ID:2DU3ZyaG
もうほぼ一ヶ月進展なし

とりあえずルールでは>>2ということになってる

276 :名前はいらない:2006/02/09(木) 01:05:25 ID:46Qeewvs
>>267 2006/02/04

↓一ヶ月

>>275 2006/02/08

月日が経つのは早いなあ…

ってのは置いといて
二日以上経ってるので何か対応しないとあれですが
>>2の@はナシというのはまあ満場一致でOKですよね?

277 :名前はいらない:2006/02/09(木) 02:17:26 ID:lfpWFQGk
>>276
賛成。次の大会がまた一ヵ月後なんてーのは避けたい。
しかし、ここで次点を決めろとか言ったら
まーた来月まで待たされるんだろうしなww
「ルールに明記されてないから待たせても平気」な奴は信用できん。

俺としてはb4 ◆2WgbgFgdIs(前回優勝者)に審査を願いたい所だ。

278 :名前はいらない:2006/02/09(木) 06:22:54 ID:ApjDrv1s
>>277
>俺としてはb4 ◆2WgbgFgdIs(前回優勝者)に審査を願いたい所だ。

b4 ◆2WgbgFgdIs氏は前々回優勝者ですよ。

279 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/09(木) 07:35:38 ID:cZlbDORB
>>268 どうかこれを機に知ってください。(笑)
>>269 こちらこそ長いものを読んでいただき感謝感激です。
>>270 す、すいませんっ!以前BLUE HAWAIIさんのトリックに引っかかった経験者として、
     どこかに仕掛けがあるはずだと決めつけて読んでしまい、私の方が間違ってました!
     調べたら今10人だそうです。去年新しいのが一人入っただけだよなあ、なんて考えて
     てっきり11人だと思ったらこのザマです。_| ̄|○。
     これで実は私がいいかげんなファンだということもバレてしまいました。_| ̄|○。
     そして未だに誰が去年辞めたのかわかってません。(爆)
>>271 わお。デビュー間もない頃はそんな噂もあったのですか。勉強になりました。^^
     それにしても「変遷し続ける娘。」についていけてないのは上記でもおわかりのように、
     私も同じのようです。(爆) 毎度読んでくれてありがとうございました。
>>272 はい、書き出したら止まらなくなってしまいます。(笑) しかし書くまでにモチベーションが
     なかなか上がらないのが物書きとしては失格ですね。_| ̄|○。
     それにしてもいつも本当にありがとうございます。
>>273 中身を読み取ってもらえて嬉しいです。でも決して質量不足ではありませんよ。お題でも
     実在のモー娘と 関係なくてもいいということでしたし、何よりも「夏草マニア」(爆)ならでは
     の「品の良さ」が伝わってくる素晴らしい描写でした。しかし優勝作品とするには一応私も
     インチキファンとして(笑)本物のモー娘を書いてほしかったので、本当ならば優勝しても
     ちっともおかしくない出来栄えだったと思います。

というわけでせっかくの優勝者の方が現れないのですか。残念です。
しかし準優勝者を指名してやってもらう、という案があったのですね。
では審査の時に悩んだ作品から改めて考えますと、>205-206の長介ジュニア氏を指名させて
頂きたいのですが、どうでしょうか。実際次点というよりはほとんど同点といった感じでしたので、
胸を張ってもうひとつの優勝カップを受け取って下さいませませ。
ぜひともよろしくお願い致します。m(¥¥)m

280 :名前はいらない:2006/02/12(日) 16:04:42 ID:y8PMxlec
ageとこw

あー、見事に廃墟だーねw

281 :名前はいらない:2006/02/12(日) 16:55:56 ID:Y3kXTxSl
糞コテが調子にのって好き勝手やるとどうなるかの
見事な見本だ

282 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/12(日) 19:39:18 ID:ZFYY+C5T
お題『モー娘。』

○優勝 >>216-218:「朝風」 YKxgFHzk氏  
○準優勝(次点優勝)>>205-206:「なぜモームスに頼まなかったのか?」 長介ジュニア ◆kuJg2yitX6氏

優勝者 準優勝者が現れない為
以下投稿者の中から再度繰り上げ優勝者を決定するのが得策と思うのです
今回の投稿者ではないので差し出がましいようですが
(出しゃばった真似失礼します)
見てられなくて
何かと忙しい時期や都合も誰にでもあることと思います
投稿者以下十名より再度優勝者を選ぶのが
最もスレの流れを元に戻しやすいと考えました
つきましてにいちぇさんが多忙と察し
前々回優勝者のb4さんに審査していただくのがいいかななどと考えました
勿論 一提案なのですが
いちぇさん 優勝者が今夜にでも登場してくれるのを待ちたい所ですが
多忙と察し書き込みさせて頂きます

このスレ良スレだから
早くお題を提示して貰って
投稿する楽しみを心待ちにしてるのだよね



283 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/12(日) 19:48:04 ID:ZFYY+C5T
>>200:「厨房蓮華」 VL5NfLKg氏(特別エントリー)
>>203:「ぷるぷる…」 ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>204:「LOVING 娘」 s3QJZWbW氏
>>207:「モーニング娘。」 xjaQylsR氏
>>208:「Iconoclasm」 fSR61v3T氏
>>209-211:「考察モーニング娘。」 mkbdbED3氏
>>213:「プッチモニって無かったですか?」 zrE1ragZ氏(特別エントリー)
>>215:「いいわけ」 3d+j/RHE氏(特別エントリー)
>>221:「ローリングデスメタル」 抑揚氏

284 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/12(日) 19:49:05 ID:ZFYY+C5T
>>222:「モーニング娘。」 BLUE HAWAII ◆HAWAIAUTLE氏
>>232:[モーニング娘といふ風潮] 練り物ハンター◆DOGzQ0/97M氏

優勝の権利は
以上の投稿者にあるので再優勝者を決定したらいいと思います
意見お願いします

285 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/12(日) 20:24:26 ID:ZFYY+C5T
 とは書いたけれど
 三日しかたってない
 二つ目の優勝カップを授与された長介ジュニアさんの登場をもう少し待ってみませんか


286 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/12(日) 20:26:49 ID:hxfblLd6
こんばんにゃ。糞コテです。
竹輪茶碗、ありがとー。
長介茶碗も消えちゃったか。ま、普通は消えるわな。

でもスッキリ進めるために>>2のルール案の@で俺が責任取りますよ。
10作揃ったら一日か二日で審査すると約束する。
面白くなくていいんなら15分でもできることだしね。

では次のお題です。

「未成年の喫煙」

先着10名様、はりきって投稿どーぞ。

287 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/12(日) 20:30:44 ID:ZFYY+C5T
>>286 心配してたぜ!!!
 俺もアホだなっ 
 にいちぇ かんがれ

288 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/12(日) 20:37:26 ID:hxfblLd6
>>287
心よりさんくすさんくすぅ〜♪

というわけでしつこいけど現在のテーマ「未成年の喫煙」でよろ。

俺は現在ハーフパイプに夢中です。

289 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :2006/02/12(日) 20:49:52 ID:yU8WsYOm
「強がり」

自分は何もない人間だから
高みにある雲を取ろうとしたのさ
虚像なのにね

安心がほしかった
自分は空高く飛べる存在だって
そんなどうでもよさそうなことが本当にほしかったんだ
そして空は笑った
「無茶しやがって」

抗えば抗うほど滑稽だって
自分は知らなかったのさ

290 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/02/12(日) 21:41:08 ID:Bge4lrv5
『本物の自由』
別にいいじゃない?
吸いたいヤツは
吸えばさ
聞く耳は持ってないだろうし
メンソール,吸えば
勃たなくて
身長も伸びない…
まあ,いろいろ
言われてるけどさ


 
うん
吸いたいヤツは
吸えばいい
後悔するのは
本人だけだからさ
大人になってから吸おうが
未成年で吸おうが
毒には変わらないんだから

291 :名前はいらない:2006/02/12(日) 22:04:11 ID:CdL7M7z3

おとなびて

からっぽにみえた


高校の制服は紺色のブレザー。
後ろからいきなり抱き付かれたときに
甘苦い香りが
襟元から漂って
ひどく、ひどく心が冷えた。


おとなびて

からっぽにみえた


今でも
からっぽのまま、なんだろうか。

292 :ロストン ◆1wA.hCni0A :2006/02/12(日) 23:03:41 ID:y1FUqhUC
『純真』

君より少し先にさ

僕は大人になるよ

罪と罰?

なんだいそんなコトにこだわってちゃ

汚い大人にすらなれないぜ



293 :ピストル:2006/02/13(月) 00:59:04 ID:Mi7xOLTq
いつものようにベランダでタバコを吸う夕暮れだ

マンション一階ベランダの向こうはまばらな芝とシロツメ草
パンダのような雑種の子猫がころころと転がっている
僕がぷうーとタバコをふかすと煙を追いかけて子猫は消えていった

僕は未成年で18歳だけど自動車の免許とパチンコとタバコは
18歳からという馬鹿ママの勘違いで僕は実にシンプルにタバコを吸えた
ママの「タバコの臭いが嫌い」という理由のみで僕はベランダに立っている
分厚い擦りガラス越しに黄色いエプロン姿のぼやけたママのシルエット
ママは鼻歌まで音痴なままクリームシチューを作っているんだ

呑気なもんだぜ 僕はこのままベランダから出て行くつもりなんだぜ

子猫が戻ってきた
もう一回とせがむように僕のタバコケースを見る
タバコケースからタバコを一本取り出しピストル型のライターで着火する
僕がぷうーっとタバコをふかしたら煙を追いかけて子猫は消えていくんだ 再び

僕はピストル型のライターで子猫を撃った ぱ・きゅーん

さぁ僕はベランダをひょーいと飛び越えるぜ ママ 
足裏に何か刺さったけど抜かないつもりだぜ ママ

294 :名前はいらない:2006/02/13(月) 01:02:41 ID:Mi7xOLTq
↑題名が「ピストル」です。

295 :やさしいあくま:2006/02/13(月) 01:29:01 ID:Bx6VbjVY
「ケムリ」

晴天の屋上から
白いケムリ ひとつ吐いた

校庭に植えられたさくらは
卒業生を見送らずに
新一年生をあたたかく迎えた

高校生活に何を期待してるんだろう

話を合わせるだけの友達や
我儘な自己主張で力を誇示したい奴や
それに巻かれる奴

今のところ 彼らに敵はいない
合わせるか
従うか
流されるかで
そのうち 生徒も教師も排他的になる

俺は愚痴をこぼす変わりに
またひとつ黒いケムリを吐き出す

「あれ、皆もうカラオケ行ったよ?」

                (つづく)


296 :やさしいあくま:2006/02/13(月) 01:41:41 ID:x2EtIygp
             (つづき)
このケムリには使い道がある
ひとりを気取ったり
まわりと距離を置いたり
面倒な会話に口をふさいだり

「お前も吸う?」

距離を保つようでいて
小さな罪を共有して
さりげなくかかわるのに使ってる

なんだ
俺も皆と一緒か

俺はケムリを吐いた
白いモヤは広がって
雲となり 空にとけてった




297 :やさしいあくま:2006/02/13(月) 01:54:31 ID:Bx6VbjVY
こんばんは。ポエム大会初投稿ですがよろしくお願いします。
なんか楽しみですね。


298 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/02/13(月) 02:10:17 ID:HYNFAH0q
「ベランダ」

飲みかけの缶コーヒーが窓の外で冷めていく
吸いかけの煙草が灰皿の上で減っていく
賑やかな一団はそれだけを残して行った
開けっ放しの窓 風に揺れるカーテン

校庭から笑い声が聞こえる
テニスの音 サッカーの音 野球の音 聞こえる
ベランダの手すりに腰をかけた奴らの後ろ 教室で僕は一人
どちらでもない僕は一人

誰もいないベランダに出て夕焼けを見ている
銀色の灰皿の上 燻っている煙草に手を伸ばす
決して好きではないアイツの口紅が着いた煙草
小さく笑って 吸わずに消した
手すりに足をかけて 怖くてやめた

299 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/02/13(月) 02:14:19 ID:HYNFAH0q
下から3行目 着いた→付いた に訂正させてください。
誤字ハズカシス…。

300 :『硝子の桜』:2006/02/13(月) 13:25:56 ID:f+WpRDav
嫌いだなんて
桜の木の下で言うなよ

反応が楽しかった本当は楽しかった初めてが眩しかった時間だけ過ぎていくの
背伸びして入れない砂糖
喉の奥
会った数だけ染みていたの

さよならなんて
桜の木の下でいうなよ

笑顔が眩しかった本当は苦しかった初めてが楽しかった思い出が増えていくの
強がって吸った煙草
胸の奥
触れた数だけふかしていたの

好きだなんて
桜の木の下でいうなよ

目に染みるけむり桜のけむり空
雲のけむり青い発光に流れるけむり
粉々になって瞬きする桜

好きだったなんて
桜の木の下でいうなよ

301 :◆7KR.e180t. :2006/02/13(月) 14:01:13 ID:wWscRix6
米倉涼子は

鼻から煙を出す

貴重な人種

302 :名前はいらない:2006/02/13(月) 15:36:15 ID:oW+M8pYG
俺タバコ吸っちゃうもんね〜
ヤンチャな自分アピールだもんね〜
肺に入れるのなんかためらわな
ゴホッ、ゴホゴホ
死ぬぅ〜

そして今僕の身長は163cm
肺は真っ黒
歯は真っ黄っ黄
血液ドロドロ
ついでといっちゃあなんだけど
置いて来た青春の種火と
ヤリキレナイ無数の夢の残滓は
まだ俺の中でツクツクホーシ、ツクツクホーシと
醜い音を立てているんです

でもま、えーんやけどな
今俺プランクトン並でも 生きてるし



303 :名前はいらない:2006/02/13(月) 15:37:46 ID:oW+M8pYG
↑すいません名前は「お尻ぷりぷりケツ差別」で題名は「ホームラン喫煙」です(汗)

304 :名前はいらない:2006/02/13(月) 16:04:37 ID:TeaH5VMI

10作品揃いました〜。

>>289:「強がり」:新月てるあき◆aglqL.ViKQ氏
>>290:『本物の自由』:ミミン◆4fCTWDhugY氏
>>291: 無題:ID:CdL7M7z3氏
>>292:『純真』:ロストン◆1wA.hCni0A氏
>>293:ピストル:ID:Mi7xOLTq氏
>>295-296:「ケムリ」:やさしいあくま氏
>>298-299:「ベランダ」:ねむい◆yYGM98H44I氏
>>300:『硝子の桜』:ID:f+WpRDav氏
>>301:無題:煌◆7KR.e180t.氏
>>302:「ホームラン喫煙」:お尻ぷりぷりケツ差別氏



305 :c:2006/02/13(月) 18:57:02 ID:PWJrFJqI
は、早っ!集まるの早くない?いやいいことですけど・・・。

306 :名前はいらない:2006/02/13(月) 21:22:52 ID:BZpuIjfy
みんながいかに待っていたかが分かるな         …乗り遅れたよorz

307 :名前はいらない:2006/02/14(火) 02:53:45 ID:yQEznUMH
えー、審査期間に関するルール決めをしたいんで
ポエム大会 雑談議論スレッド
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1126351659/
こっち読んでみて下さい。
あんまりグダグダなんは今回限りにしましょ。

308 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/14(火) 07:25:58 ID:aOf/54Av
はい、審査開始。

>>289
未成年の喫煙といえば「強がり」なのだろう。たしかに不良っぽさが人物の価値を高める錯覚を
体感できる唯一の年代が未成年ではある。しかしこの詩ではその「強がり」を批判しているのか
自嘲しているのかはっきりしない。つまりは語り手の「自分」の存在が希薄である。空と雲の比喩
だけで語り尽くそうという試みにも無理があるかもしれない。細かく見れば二連の「安心」と「空高く」
と「どうでもよさそうなこと」と「無茶」がそれぞれ等式で結ばれなくてはおかしい。等式を成り立たせる
ためのロジックや描写が決定的に欠けている。抽象に逃げるのは簡単なことであり無責任である
とも言える。しかしお題を出してから20分でUPしてきた心意気と反射神経は買う。
>>290
未成年の喫煙といえば「自由」なのだろう。たしかに勝手にしろという感じではある。しかしこの詩
では「自由」を奨励しているのではないようだ。煙草のネガティブキャンペーンの広告に使えそう
である。それにしてもメンソール吸うとインポというのは私の高校時代から言われていたことだが
一種の都市伝説のようなものか?身長が伸びないというのも嘘のような気がする。もっと言えば
病気の原因なんていうのも嘘である。排気ガスの方がよっぽど体に悪そうなのに追跡調査もして
いないという世界規模の策略に引っかかるのはいかがなものか、と。絶対に自動車産業とかを
保護するために煙草会社がスケープゴートになっているのだと思う。
>>291
未成年の喫煙といえば「からっぽ」なのだろう。たしかに自分を振り返っても頭はからっぽである。
しかしこの詩では肝心の「からっぽ」に思えた理由が書かれていない。もちろん生理的なもので
あったり感覚的なものなのだろう。ただしこれだけでは「私は煙草を吸う人が嫌いです」と言ってる
だけで奥行きが出ない。「嫌い」と「からっぽ」は違うはずなのでもう少し男の良い面も書くなどして
それとの対比で語り手の戸惑いのようなものを伝えられれば良い作品になり得たと思う。

309 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/14(火) 07:28:01 ID:aOf/54Av
>>292
未成年の喫煙といえば「純真」なのだろう。たしかに法を破る若者にはただの優等生よりも純粋な
気持ちの持ち主が多いような気もする。もちろんバカと紙一重というかバカそのものの純真さだが。
しかしこの詩の「僕」に純真さは感じられない。なぜなら「汚い大人にすらなれないぜ」と自分で言って
しまっているからである。この台詞を大人に言ってもらったのならまだわかるのだが。頭の二行が
かっこいいだけに残念であるが、全体的に短詩ならではの力強さは感じる。
>>293
未成年の喫煙といえば「家出」なのだろう。たしかに煙草と家出はよく似合う。マンションとシロツメ草
くらいによく似合う。しかしこの詩では主人公の幼さに古典的な家出よりも静かな狂気を感じてしまう。
無論、それはマイナスには働いていない。現代社会のリアリティを鋭く切り取ったワンシーンのように
さえ読める。18にもなって「ママ」とか言ってるところが幼い。「ば・きゅーん」の擬音が幼い。最後の
場面で裸足という準備不足なところも幼い。いや、幼いというよりこれは家出ではなくて自殺ではない
のかと想像させるくらい怖い。その意味でタイトルや小道具に使われた「ピストル型ライター」の存在は
重要であり秀逸である。たったこれだけの分量で見事な物語世界を作り上げてしまった作者に脱帽する。

310 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/14(火) 07:29:28 ID:aOf/54Av
>>295-296
未成年の喫煙といえば「社交術」なのだろう。たしかに煙草を吸うだけで友達を増やせた記憶が私にも
ある。そしてそれだけでなくこの作品につぶさに書かれているように力関係や距離感をも演出するのが
煙草の面白いところであり、それは成人になってからでも同じなのだが、人間関係を学ぶ基本のひとつ
という意味で特にこの年代での喫煙を私はオススメする。しかしこの詩はそんなことを書いているのでは
ない。むしろそんな小さな秩序に嫌悪する者の歌として読める点において、未成年の枠を超えた普遍性
を勝ち取っているのだ。しかも「俺も皆と一緒か」の独白で自分を蚊帳の外にも置いていない。かといって
懺悔の詩というわけでもない。「ケムリ」を吐き出すことで気味の悪い村社会のようなものにはっきりNOの
意思表示は果たしている。惜しむらくは学校の「屋上」で「空にとけてった」と冒頭と最後を結ばれては、
嫌でもRCサクセションの「トランジスタラジオ」を思い出してしまうところか。
>>297
ハンドルネームがキャンディーズみたいで素敵です。
>>298
未成年の喫煙といえば「ベランダ」なのだろう。たしかに部屋や教室で堂々と吸っては逆にせっかくの
ときめき感が失われる気がする。しかしこの詩が描いているのは吸わない生徒の視点なのであった。
「賑やかな一団」とも「校庭から笑い声」とも無縁なひとりの生徒。いじめられている描写がない所に
救いがある。むしろこの生徒の芯の強さが伝わってくる作品。三連の夕焼けがとてもきれいだ。そして
夕日を浴びる主人公の佇む「ベランダ」の様子が何よりも美しい。なんか、これぞ青春なのである。
学校で見る夕焼けとアイツの残した口紅の対比。青春とはそんないびつなコントラストで輝いてしまう
のだ、と断言したくなる風景である。ラストの「怖くてやめた」がまた青春特有の情けなさだが、暗さは
ない。ユーモラスである。この生徒を応援してあげたくなってくる。

311 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/14(火) 07:30:29 ID:aOf/54Av
>>299
了解っす。
>>300
未成年の喫煙といえば「恋愛」なのだろう。たしかに恋のシーンの小道具として煙草は欠かせないような
気もする。しかしこの詩で吸われている煙草のけむりは恋を終わらせ桜の景観も粉々にしてしまう。
男の台詞と女の気持ちが交互に現れる構成は絶妙だ。書かれていない女の台詞を想像で補うことを可能
にしている。いや、もちろん「嫌い」とか「好きだった」というキーとなる台詞は男が代弁してくれているが、
その前後の会話も含めて様々に解釈できそうな行間が面白い。あるいは男と女のダイアローグではなく
すべて女のモノローグと読むのもまた一興なのだが、そうするとまったく逆の別れのシーンになってしまう。
もっと丹念に読むとそれぞれ違う年の「桜の木の下」のように思えてくる。この辺りの「あやふや」な所を
良しとするかどうかで評価も変わってくるように思うが、私としてはこの作品に限って言えばOKである。
なぜならポイントはどう読んだところで「粉々になって瞬きする桜」なのだから。どちらにしても煙草の青い
煙が桜の木にたなびく別れの風景。コーヒーと煙草という鉄壁のペアに桜を加えた意外性も評価できるの
だが、桜そのものが一種の反則技的小道具であることもまた確かだったりする。
>>301
未成年の喫煙といえば「米倉涼子」なのだろう、ってそんなわけはない。
なんとなく適当なこと書いて10作品埋めて俺を困らせよう、みたいな悪意がプンプン匂う。
>>302
未成年の喫煙といえば「お尻ぷりぷりケツ差別」で「ホームラン喫煙」なのだろう、ってもうどうでも
いい。なんとなく適当なこと書いて10作品埋めて俺を困らせよう、みたいな悪意がプンプン匂う。
>>303
知らんがな。
>>304
集計ありがとうございます。
>>305
速すぎます。
>>306
絶対投稿する気なんかないだろお前。
何が「乗り遅れた」だ、わざとらしい。
>>307
ルール決めるのは大賛成。

312 :にいちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/14(火) 07:34:10 ID:aOf/54Av
はい、結果発表。

優勝 >>293 「ピストル」

準優勝 >>298-299 「ベランダ」



ではさいなら。

313 :名前はいらない:2006/02/14(火) 09:55:18 ID:OB/hsciC
なんかなげやり、、、

314 :◆7KR.e180t. :2006/02/14(火) 12:16:21 ID:iNz4p4aq
>>311
別に困らせようとは思ってないです(あなたの存在自体知らないし
ただ書き連ねただけ

以上

315 :名前はいらない:2006/02/14(火) 16:01:49 ID:yK7HY7mb
>>314 10枠しかないんだからただ書き連ねるのはどうかと思う 空気嫁

316 :名前はいらない:2006/02/14(火) 17:33:14 ID:qqFH90eE
とりあえずuzeeeeeeeeeee

317 :ロストン ◆1wA.hCni0A :2006/02/14(火) 18:14:05 ID:tV96EfLV
>>309
>>292の『純真』を書きました。
お忙しいところ、評価ありがとうございました。

318 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/02/14(火) 19:57:47 ID:ubVRcOyH
『本物の自由』を書きましたミミンです(笑)
にぃちぇさん,多忙にもかかわらず審査お疲れ様でした・゜・(ノД`;)・゜・
相変わらず,深読みしていただきありがとうございます(笑)
優勝者さん,おめでとうございます!

319 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/02/14(火) 23:18:38 ID:mtaZWOa/
にいちぇさん評価ありがとうございました。
「ベランダ」を書いたねむいです。準優勝嬉しいです(*´д`*)
優勝者の方おめでとうございます。
個人的にはやさしいあくまさんの「ケムリ」も好きです。

320 :心霊写真:2006/02/15(水) 00:45:15 ID:d8PlbgQS
ピストル書きました。ありがとうございます。
一回評してもらいたかったので、
間に合って嬉しかった。。。
にいちぇさんお疲れ様です。
次の題なんですが、少し悩んで、
にいちぇさんのハンドルネイムから
ニーチェを思いだし(単純だろう)、そういえば……
ニーチェのプロフィールの終わりには
「発狂、のち死亡」とあったりして、
私はねずみ花火の様な終結をイメージしました。

次のお題は「発狂」でお願いいたします。

心∀霊)>>318>>319おめでとうをありがと♪

321 :ギムレット:2006/02/15(水) 08:17:38 ID:aw52+8WF
「発狂したように」

沸点に達した林檎のように 僕の頭はどろどろに煮立っている
何とか冷静になろうと 理論とか理性とか常識とか損得勘定とか色々持ち出したけど
やっぱり焼け石に水って言葉はあるよな
僕が人生で今まで培ってきたものなんてこんなもんだ
ノイズみたいに意識にちらりとは映し出されるけど
すぐに赤いマグマに塗りつぶされてしまう

僕は本当に怒り狂っている
もう自分が元の自分に戻れないのではと思うけど
それすらもどうでもいいくらい怒っている

本当にひどい裏切りなんだ
苦労して取った舞台のチケット
彼女と一緒に行こうと言って 何度も時間と場所の念を押して
待ち合わせたのにいくら待っても来なくて
それでもう半分以上過ぎてしまってから
やっと来た彼女の服から煙草の匂い

何が喫茶店でついただ
そんな喫茶店 昭和の地下にでも潜らないとあるものか
僕の怒りに怯えた彼女は
シンバルを叩くおもちゃの猿みたいに手を合わせて
本当はパチンコの連チャンが終わらなかった事を白状した
そのお金で豪華なお食事をおごるという言葉を最後まで言わせずに
チケットをびりびりと引き裂くと彼女をぶん殴る

322 :ギムレット:2006/02/15(水) 08:18:50 ID:aw52+8WF
胸ぐらをつかみ力任せに
何度も何度も 顔を 顔ばかりを 何度も何度も
彼女は発狂したように泣き叫びながら 必死に許しを請う
僕は全ての怒りを吐き出すために 彼女を殴り続ける

鼻から血を流し 目元は腫れ上がり 唇なんて口紅よりドス赤く染まっちまってる
それでも彼女は もう聞き取れないほどぐだぐだな発音で
「ごめんなさい」を連呼して 涙ながらに僕の足元にすがる

そんな彼女を見下ろしながら僕は 怒りで発狂しそうになる

どんなに見たかった舞台だろうと
どんなに彼女が無思慮でちゃらんぽらんだったろうと
ここまで必死に謝って 化粧も溶け落ちるほど涙を流した女を
怒りのままに 殴り続けてしまった自分の姿に
今までに無いほどの 激しい怒りを 覚えて



323 :ギムレット:2006/02/15(水) 08:20:29 ID:aw52+8WF
本当にこのまま 狂っちまえればいいのにとも思ったけれど
発狂する権利は僕には もう無い

2人の関係は突然 発狂したように無惨になってしまった
だけど僕と きっと彼女ももう 発狂の時間は終わった
狂気の時間が去った後に 残された二人

僕は彼女を体ごとコートで包む
彼女の体はミイラみたいに固かったけど
次第にほぐれて体温と鼓動が戻る
やがて手も動き出し 安全ベルトみたいに僕の腰に回される

僕も彼女もきっと まだ当分 相手も自分も許せないだろう
それでいい
破られたチケットと 雑巾みたいになった彼女の顔が
無駄にならなければ
それでいい


324 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/02/15(水) 20:19:42 ID:5fVMSVZw
『狂おしい』(1/2)

そうあれはうららかな
小春日和からだった
いつも伏せ眼がちな
照れ屋の君が
睨め付ける視線を
私にしたのが始まり



最初は気付かなかった
茹るような夏が過ぎ
凍える帳が辺りを
封じ込めた頃には
知らない君だった



周囲に気遣いせず
自分を主張する君
視線は常に強く
相手の眼を見るようになった


325 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/02/15(水) 20:23:05 ID:5fVMSVZw
『狂おしい』(2/2)

幼い頃からいつも
私の後ろにへばり付いていた君が
私は意思が弱い
そんな君が良かったのに…
私をそんな眼で
み・る・な!



…何処へ
いったんだ?
君を探さなきゃ
慕って縋ってくれた君を
君が私を“神”と言ったんだから



そう私は神だからね!
すぐ分かるんだ
今度こそ
崇めて讃えてくれる君を
見つけて食べてしまおう
裏切る前に…


326 :名前はいらない:2006/02/15(水) 22:02:52 ID:nwJiV5Gx
《破片》

憎いだけじゃ表せない
淋しいだけじゃ表せない
悲しいだけじゃ表せない

あなたはズルイ
わたしの心の色を変え
あっという間にガラスを割った

私が何かしたのでしょうか?
私が何かしたのでしょうか?
私が何かしたのでしょうか?

夜を向かえる空に誰か黒い絵の具を撒き散らした
赤紫
青紫






割れた心に残ったのはただただ悲しい
トゲ
だった

327 :名前はいらない:2006/02/15(水) 23:31:37 ID:S9bZe/Is
「不可視」





火山灰の平原にカラスが一羽
足跡も残さず

電車から見た山間には雪が残り
緑の川をどこまでも下っていく

緑のベトナム
苔のような運河を赤いドレスの女が渡る

黒い人形を捜している

何処までも追い掛けるので
墓穴には死体すらない

錆びたスコップで切り落とす


328 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/02/16(木) 02:13:40 ID:9+H3t7xY
「プラットホーム」

冷たい夜の風に吹かれ
ホームでひとり終電を待つ
今日も朝から晩まで仕事
明日も仕事で明後日も仕事

電車の音が聞こえてきたから
僕の身体をホームの端から
電車の音が聞こえてきたから
想いの丈をホームの端から

誰かの言葉はどこかに消された
正しい意見も黙殺されたよ
何でもいいから大声で叫べば
ホームの端から端までくらいは

本当のところ分かりはしない
何が正しいか分かりはしない
理不尽なことも許されているし
卑怯な男はここにもいるし

何でもいいから大声で歌えば
ここからホームの端までくらいは
死ぬ前に一度だけヘンなことをしてみたい
ホームの端から端までくらいは

トゥ ティラ ヒドゥヒドゥ ドドッツ パッパッパッパ
ティラ ツッツツッ ティラ トゥトゥトゥトゥ
トゥル トゥル ティティ ティラ トゥトゥトゥトゥ
ティラ ツゥリ ティラ ティラ テッツッテッテ・・・

329 :名前はいらない:2006/02/16(木) 03:06:08 ID:x7kBOcJE
「花」

以前はほんの小さかったつぼみは
こんなに大きくなってしまった
ハイビスカスか
あるいは外国の大きな蝶のような
もう開こうとしている
この花は

映るものを優しく照らして
見えなかった色彩や
折りたたまれていたものを教えてくれる
世界はいくつかの新しい方向に延びるだろう
何重かにかさなるかもしれない
僕は戻ってこれるだろうか
いや、きっと無理だろう


震えが止まらない

怖いんだ
じきにその花がみごとに咲くのが
楽しみで仕方ないことが

僕は
それが楽しみなんだ


330 :『ゐ』:2006/02/16(木) 11:30:30 ID:Ni2cTovR
天候不一致の法則
により
太陽の輪郭がぼんやりしていくのと
同じくらい
のうずいがみそしる
のようにあたたまっていくのは
どうやら今日でおしまいのようです
ロジック の瞬きに
ゐ というおと
をからみつかせながら
聴診器の届かない胎盤の中に眠って
果てしない
自慰 を重ねよう
じぶんの性器

消えてゆく輪郭の光によって
肉を焦がし
温度をなくしてしまうのを
さめざめ泣いては
確かめたいのだ
ビジョンの全く見えない向こう岸にむかって
バカ貝のように口を開けた人の群れが
ゆっくり
またゆっくりと
歩をそろえて呑みこまれ
ねとつく大地の息にまじって
へんな産声をあげる様は
見ていてとっても
美しい な

331 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/16(木) 16:32:26 ID:SfVqsgLa
『柘榴』

果実を頬張る姿 露の光をも見逃せず
生暖かい唇の端より零れる果実の汁
嫉ましく尖らせた視線で縛る
そっぽ向いたままの横顔
唇の膨らみの裾
きめ細やかな肌に滲む赤い汁見逃せず嫉ましく
女の温もりに属している汁
私の影を縫って侵入した自然光と結ばれ
結び目の薄赤と反射の刺は私の右目を侵す

無表情の横顔 無心に果実の汁を吸い味わう姿嫉ましく
横槍の私は平静を装い 身をずらし遮っていた窓辺の光を女に当てる
目眩ましを食らわせ怯み歪んだ口元に噛み付く

女の手からぱっかーっと割れた膿の輪郭を残す柘榴の実が床に転げ落ち
スローモーションで床に身を投げる果肉
芯に白い固まり孕んだ赤い涙よ散れ蹴り散らす

絞め殺す腕力を持って有り余る筋肉の収縮でくるまれた女
胸をシャツ引き裂く程に掻き毟る私の肌を抉り裂く

血と柘榴の甘酸っぱさが
作り上げた二人だけの空間ぬくもって溶ける
口腔連結内で声を振動に無理矢理細く突き貫く舌で
女の薄い舌上下に散乱している種を奪い取る
果肉が完全にはぎ取られた柘榴の種
唾液とともに吸い取り
探り肉の襞を掘り返すように種一粒たりとも残さず絡め取る
強ばった体からの震えに臆せず二十余りの種を奪う二十余りの種を奪う

332 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/16(木) 16:39:35 ID:SfVqsgLa
二十余りの種を奪う二十余りの種を奪う二十二十
余りの種を奪う二十余りの種を
奪う二十余りの種を奪う二十余りのののの
種を奪う二十余りの種を奪う二十余り余りの種を奪う
二十余りの種種種種を奪う二十余りの種を奪う二十余りの
種を奪う二十余りの種を奪う二十余りの種を奪う二十余りの種を奪う奪う奪う奪う
二十余りの種を奪う二十余りの種を奪う二十余りの種を奪う二十余りの種を奪う二十余りの種を奪う二十余りの種を奪う

日差しに邪をされぬよう固く閉じた真っ赤な脳裏
唇強く密着させ柘榴の果実に侵された舌容赦無く噛み
弱く洩れ伝う悲鳴の喘ぎに思い切り身体を突き放し弛緩する
横を向き 床に種を吐き出す血が付着している種
拒否しないままの女に舌を視線に変えて絡め
際限無く張り手加減なく
柘榴を食った手で目で唇で張り手の摩擦を与える女
甘んじて頬を投げ出す私は私は私は

妬むがいい柘榴悲しくない柘榴
どんなに女が美しかろうが私のもんだ柘榴
一時独占出来たからといって柘榴いい気になるな柘榴
美しい女は気紛れ一器官を一瞬柘榴に貸しただけ柘榴
全器官機能をも独占するだけの猶予もない摘み食い腐りやがれ
私のだけで十分種は十二分腐りやがれ柘榴たかが三十分食べ終わりな柘榴めが

333 :やさしいあくま:2006/02/16(木) 17:19:46 ID:SRTQvzlB
>>310
にいちぇさん、審査ありがとうございました!
じっくり読んでいただけて感動しました。うれしかったッス。

優勝者さんおめでとう!

>>319
ねむいさん、ありがとう!準優勝おめ!

スレの進行はやいですね。


334 :やさしいあくま:2006/02/16(木) 18:08:23 ID:pam+rGFd
「穴」

毎日毎日スコップで 穴掘ってく作業少しづつ
たんたんと汗もかかない
なんとなく嫌だなぁってコトさせられてる
(誰に?)

会話と会話で保つ距離は
昨日会ったって事実よりも
離れているという距離
その分だけ穴を掘り起こしてる

「いつも知っていた」という
日常から離れる現状

癖や合図を忘れる
入り込む隙に気を使う
つながらない電話回線
切ろうかどうかに いつも戸惑う空気

               (つづく)


335 :やさしいあくま:2006/02/16(木) 18:14:13 ID:SRTQvzlB
               (「穴」つづき)
自分で掘ってたのに
いつのまにかこんなに深く
深くて深くて 見上げる先には小さな穴
出られるかな

 今のうち

 今のうちなら
 まだ君に会えそう

君に会いたいのに反対ばかりに穴が開く
会いたい会いたい

会って困らせるんだ
別れるか結婚するか別れるか

僕の 僕のものに
君は
僕の穴に埋めるんだ




336 :BLUE HAWAII ◆HAWAIAUTLE :2006/02/16(木) 19:26:30 ID:qtcM2Tkk
途中経過です(^一^)

>>321-322-323 「発狂したように」 ギムレット氏
>>324-325 『狂おしい』 ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>326 《破片》 ID:nwJiV5Gx氏
>>327 「不可視」 ID:S9bZe/Is氏
>>328 「プラットホーム」 ねむい ◆yYGM98H44I 氏
>>329 「花」 ID:x7kBOcJE氏
>>330 『ゐ』 ID:Ni2cTovR氏
>>331-332 『柘榴』 メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo氏
>>334-335 「穴」 やさしいあくま氏

お題は「発狂」
 
あと一作品ですよお
    ∨
   / ̄\
  | ^o^ |
   \_/
   _| |_
  |     |
  | |   | |
  U |   |U
    | | |
    ○○


337 :名前はいらない:2006/02/16(木) 23:03:10 ID:gv4K5/+r
「闇」

誰にもわかるはずがない
悲しく黒い涙を流す君から逃げることはできない

受け取ることのできない思い
愛しいを通り越して感じるその視線は
僕を締め付ける

繊細で華奢で抱き締めればトゲだらけ
僕は痛みで声もだせない

踏み込んだ闇
どこまでも君を抱き締めよう
誰も愛と呼ばないかもしれない
それでもいい
君に堕ちてく
明けない夜に堕ちていく

338 :BLUE HAWAII ◆HAWAIAUTLE :2006/02/16(木) 23:32:37 ID:qtcM2Tkk
>>321-322-323 「発狂したように」 ギムレット氏
>>324-325 『狂おしい』 ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>326 《破片》 ID:nwJiV5Gx氏
>>327 「不可視」 ID:S9bZe/Is氏
>>328 「プラットホーム」 ねむい ◆yYGM98H44I 氏
>>329 「花」 ID:x7kBOcJE氏
>>330 『ゐ』 ID:Ni2cTovR氏
>>331-332 『柘榴』 メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo氏
>>334-335 「穴」 やさしいあくま氏
>>337「闇」ID:gv4K5/+r氏

 
10作品出揃いました!心霊さん審査おねがいします^^
    ∨
   / ̄\
  | ^o^ |
   \_/
   _| |_
  |     |
  | |   | |
  U |   |U
    | | |
    ○○


339 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/02/17(金) 03:41:02 ID:HHecgpME
集まってるね。。。参加者さん、これから読みます。
近日中に優勝者さんを決めますので、しばし、お待ちくださいませ。

>>338ハワイ君、おまとめサンキューだよ♪



   '⌒`⌒ヽ     ∨
  i ((`')从ノ   / ̄\
  ,,ゝ心∀霊)  | ^o^ |  
 //\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  
// ♪\________\
\\  ♪  ♪ ♪ ♪  ♪ ♪  ヽ
  \ヽ-―――――――――― ヽ  
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      

340 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/02/18(土) 03:06:04 ID:lyB/rs57
読んでみて「お、重いタイプの詩が多いな・・・」と思いました。
思い返せば、重いか軽いかで言えば重くなるに間違い無い、
「発狂」を題としたのも、他でも無い私でした。でも、重いの好きだ。 

では、審査開始します。。。私は間違いなく読み間違います。
・・・妙に長くなっちゃったので、ボチボチアップしていきます。
ランダムに読んでる結果、言葉通りに順不同。今夜中は無理かも。

>>328 「プラットホーム」 ねむい ◆yYGM98H44I 氏

面白いです。さっくり読めて、じわじわ来ます。

 何でもいいから大声で歌えば
 ここからホームの端までくらいは
 死ぬ前に一度だけヘンなことをしてみたい
 ホームの端から端までくらいは

 トゥ ティラ ヒドゥヒドゥ ドドッツ パッパッパッパ
 ティラ ツッツツッ ティラ トゥトゥトゥトゥ
 トゥル トゥル ティティ ティラ トゥトゥトゥトゥ
 ティラ ツゥリ ティラ ティラ テッツッテッテ・・・

最後、永遠に繰り返す感じがします。
フェイドアウトしたかと思えば向こうから声が・・・
良いなぁ。なんだかとてもリアルだ。普通のリーマンが地下鉄のホームで
なまぬるい電車風に七三なびかせて、ぼそぼそ歌いながらタップ踏んでる様が見えます。
こんな人いると思う。オフィス街の駅の夜の10時位に。見かけたら、
「それでも大声で歌ってるのかい?ヘンなことは一度したらやめられないんじゃ・・・」
とか後ろから言いたくなるけど、やっぱり関わらないでおこう。と思います。
地味に怖いです。日々ゆっくりユーモラスに確実に発狂していく様でしょうか。

341 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/02/18(土) 03:11:01 ID:lyB/rs57
>>330 『ゐ』 ID:Ni2cTovR氏

む。気になって何回も読みました。

 ロジック の瞬きに
 ゐ というおと
 をからみつかせながら
 聴診器の届かない胎盤の中に眠って
 果てしない
 自慰 を重ねよう

ここがとても好きです。静かで柔らかで優しい。
自らにおさまり収束、のち生まれる君の発狂かい。

 ビジョンの見えない向こう岸 だの
 バカ貝のように口を開けた人の群れが
 ゆっくり歩をそろえて呑みこまれ
 ねとつく大地の息にまじって
 へんな産声をあげる様 だの

なんて素敵な表現する人なの。。。

惜しゐと思ったのは、最後の「な」がゐらなくなゐかしら。
自分への復唱なのだろうけれど、求める同意に見えなくもなゐ。
振り返って誰かに(きっと誰もいないのよ)「ニヤリ」しながら
「な」って、、、何故か怖ゐ力が弱まりました。なんでだろう。

でもこれは・・・この詩は・・・かなり気に入ってしまいました。
物悲しいあっさり発狂観?良いですね。この世界。

342 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/02/18(土) 03:18:51 ID:lyB/rs57
>>329 「花」 ID:x7kBOcJE氏

読んでてマグノリアって映画を思い出しました。
エイミー・マンが歌う主題歌の「セイヴ・ミー」が好きなのです。
歌声に合わせて春の花のマグノリア(モクレン科の植物)が
ぶあっと花開く映像、を思い出しました。怪しく綺麗なんですよ。

でもハイビスカスのような花だから、関係が無かったです。作者さん、申し訳無い。
花のようなものに囚われる虫のようなもの?女に囚われの恋に落ちる男の心だろうか。
のめりこむのが怖い、でも、我を失うほどに未知の世界にのめりこんでみたいワクワク・・・でしょうか。
未知の世界が恋に限らないのはわかってるんですが、すぐ恋情に変換する煩悩をお許し下さい。
私はこの詩を読んで恋に憧れる純情を感じてしまいました。
君は発狂寸前の純情さんかい?

>>327 「不可視」 ID:S9bZe/Is氏

これは・・・フレームに小さく収まる地獄絵図のような・・・
いやいや、絶景です。原色のコントラストが綺麗です。

 緑のベトナム
 苔のような運河を赤いドレスの女が渡る

一句ごとにポーズをばしっと決めますね。
狙い済ました発狂スタイルが格好良く。しかし、、、
書き手の作者さんは何を表現したかったのか、恐怖は伝わりますが、
断片的すぎて、どうしてさっぱり理解できず、結果私が発狂しました。

343 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/02/18(土) 03:31:12 ID:lyB/rs57
>>331-332 『柘榴』 メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo氏

女が柘榴食べてる間の時間も惜しいほどに女を愛す男の歌でしょうか。
恋情狂いめ、幸せな発狂とも言えるのではあるまいか。
お兄ちゃんは柘榴を憎みつつ、心底愛してしまってるんじゃないか。
憎むほどに愛してしまったとかなんとか、かしら。。。

 私の影を縫って侵入した自然光と結ばれ
 結び目の薄赤と反射の刺は私の右目を侵す

 無表情の横顔 無心に果実の汁を吸い味わう姿嫉ましく
 横槍の私は平静を装い 身をずらし遮っていた窓辺の光を女に当てる
 目眩ましを食らわせ怯み歪んだ口元に噛み付く

きゃー…この辺がうなる程よろしいですね。流れるような言葉の運び。そして効果的な光の使い方。
もとより、選ぶ言葉や行間に、作者さん独自のセンスを感じ、白い画面に踊るような文字が面白い。
同じフォントなのにちょっと不思議です。男が女を女が柘榴を、三位一体となって貪りあう発狂の情景か。
「かっしゃかっしゃ」と何かを食べる音が聞こえそう。ふむ、くだものって
グロテスクなものが多くあるかも。中でも柘榴は気持ち悪く題材に選んだのは正解で、
探して難を言うなら「狂」のイメージに柘榴はベタって所でしょうか。正解、ゆえにありがち過ぎ、
な所でしょうか。血の色は赤紫。勝手な印象ながら、柘榴は孕んだ女のイメージ。
しかし、縦横みっちり満ち蒸した発狂詩で、語録無い私には眩しいです。

344 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/02/18(土) 03:42:04 ID:lyB/rs57
続きは明日にします。。。申し訳ありませぬ。
まとめて発表も、明日のこの位に出来ると思います。
ひっぱってるわけでは無いが、まぁ見た目にはひっぱってますね。。。
今夜はこれにて失礼いたします。

345 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/02/19(日) 02:07:02 ID:UnjmImC8
失礼します。続きだよー。

>>321-323 「発狂したように」 ギムレット氏

怖いです。長いので覚悟して読みましたが、読みやすかったです。
そうですね。怒りのポイントは、個人で大分と違います。しかし、
こんな些細な事で殴り飛ばす時点で、男はすでに狂っているし、
女も女で謝ったりするところがおかしいし、狂う資格無しと言いながら
このカップルは見事に発狂してるじゃない、、、
と読み手に突っ込ませる所が、この詩の醍醐味かしら、と思いました。

 僕は彼女を体ごとコートで包む
 彼女の体はミイラみたいに固かったけど
 次第にほぐれて体温と鼓動が戻る
 やがて手も動き出し 安全ベルトみたいに僕の腰に回される

彼女は死んでしまったのか、、、と思ったけれど生きてたんだね。。。
安全ベルトみたいにって表現がうまし。そしてなんだか怖さ増し。
破られたチケットと雑巾みたいになった彼女の顔が
無駄にならなければそれでいい・・・って、こういうカップルは、
もう付き合ってる事自体が無駄だと思いますが、
発狂している二人には大事な事なのでしょう。
共依存ならぬ狂依存に、ご愁傷様と私は手を合わせた。
シンバルを叩くおもちゃの猿みたいに。・・・って表現もまた良いです。

346 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/02/19(日) 02:09:55 ID:UnjmImC8
>>324-325 『狂おしい』 ミミン ◆4fCTWDhugY氏

これまた怖いですね。
慕ってくれていた人、支配下にいた人が変わってしまった事。

人は突然変わる。今まで知っている人と違う人になってしまう。
変化とは未知の物で、もしかすると、それは怖い事かもしれない。
でもそれよりも、変化も認めようとしない人の方が怖い。
・・・と、分かりやすく教えてくれるような詩でしょうか。
もーちょっと背景があると、より良くなると思います。
それか内面だけで訴えるには、あえてもっと言葉を絞ると効果的じゃないかしら。
発狂感は充分伝わりました、許して神様・・・というより女王様・・・って感じでございますね。

>>326 《破片》 ID:nwJiV5Gx氏

何か大変な事があってひどく傷付いてしまったのでしょうか。
うーむ。 ただただ悲しい と言うわりに悲しみの原因が分からず。申し訳無い。
ただただ と 言うからにはもっと教えてくださいな。説明とまでなっては興ざめですが
ある程度の描写は必要では無いでしょうか。行間や空白にセンスは感じます。
しかし、それがごまかしに見えてしまったのも事実であり。
絵の具。色を全部混ぜると黒になります。やってみるとなぜか悲しいものです。
この詩は狂うよりも悲しく、悲しいよりも切ないような印象を受けました。
もっととち狂ってみましょうか。発狂ファイトとまいりましょう。

347 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/02/19(日) 02:15:48 ID:UnjmImC8
>>337「闇」ID:gv4K5/+r氏

書き慣れている方でしょうか。上手くまとまってますね。
発狂に繋がる世界を垣間見たような気持ちとなりました。
しかし、これは発狂にはいたらず序章に過ぎず、
というか辛く言えば「彼女に狂っちゃうかも俺、テヘっ」
・・・と照れ笑いする可愛い男の子としか見えないのでありました。。。
どうぞ彼女と手を取り合って、二人の世界に堕ちていってください。
堕ちて底についた所でもう一度、発狂ポエムを書いてみてほしいです。

>>334-335 「穴」 やさしいあくま氏

退屈な毎日を連想させるような独白が続きます。
穴を掘りつつ、自問自答。自問自答するうちに
深く掘り進み、己に埋まってしまう、まるで思春期のような。

と、思えばいきなり現実的な言葉とともに、
なだれ込むように狂われました。

 会って困らせるんだ
 別れるか結婚するか別れるか

 僕の 僕のものに
 君は
 僕の穴に埋めるんだ

独占欲をうまく表現できていると思います。でもちょっと強引に思いました。
と思いつつ、恋しさと憎さが表裏一体の、可愛さ感じるファンシーな発狂でした。

348 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/02/19(日) 02:48:09 ID:UnjmImC8
う・・・・・・気になってるのは「ゐ」と「柘榴」と「プラットホーム」で
もう一回づつ読み直してみる。読む程にどれも素敵だと思う。
もう一回づつ読み直してみる。やっぱりどれも素敵だと思う。
ようするにわからなくなっている。混乱している。
(ゐとぬとみとゑは似てるな・・・)とか別のことを考えたい。
他のスレを見てみる。(あ、鬼津月さんの時間だ・・・)とか思う。
決める事はどうにも苦手だ。三つとも選びたいがそうもいかないね。

「ゐ」の 淡々発狂ワールドにはまった。

「柘榴」の レトロ色した激しい恋情発狂物語に憧れた。

「プラットホーム」のポップで切ないリーマン発狂日記の続きを見たい。

う・・・・・・悩みましたが、

優勝は>>331-332 『柘榴』 メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo氏です。

面白いものが多くて楽しかったです。
ありがとうございました。

   '⌒`⌒ヽ     ∨
  i ((`')从ノ   / ̄\
  ,,ゝ心∀霊)  | ^o^ |  ホクホク
 //\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  
// ♪\________\
\\  ♪  ♪ ♪ ♪  ♪ ♪  ヽ
  \ヽ-―――――――――― ヽ  

349 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/19(日) 08:05:22 ID:WerSuT92
審査お疲れさまでした&ありがとうございます
心霊写真さんの作品はちらちらとロムし読ませて頂いておりました
文章のやわらかさと擬音がお洒落な印象があって
一度評を頂けたら嬉しいなと思っていたので
「発狂」のお題に飛び付いた次第です 笑
全評なるほどと 作品と合わせて楽しませて頂きましたどうもありがとう
嬉しかったですm(_”_)m

それでは早速お題ですが発狂の余韻を残しつつ
狂ったイメージを持つ花のお題なら何にしようかと考えました

 「 青い薔薇 」

あなたならではの表現で
青い薔薇を魅せて欲しいです
○審査のポイントは
表現の仕方と内容に重点を置きたいと思います
審査は十作品が揃いましたら速やかに行ないます

それでは宜しくお願いしますm(_”_)m

350 :名前はいらない:2006/02/19(日) 12:02:41 ID:tVbquB/O
ただ今主に審査期間の辺りでルールを決めようとしております。
ご意見お待ちしております。

ポエム大会 雑談議論スレッド
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1126351659/

351 :やさしいあくま:2006/02/19(日) 13:48:26 ID:lbmPJfrD
心霊写真さん審査お疲れ様でした。
わくわくしながら見てましたがやっぱり僕の落ちましたね;がっくり。
「柘榴」みてすごいと思いました。プラットホームも日常的にありそうで面白かったです。
メタリック竹輪さんおめでとう!


352 :名前はいらない:2006/02/19(日) 22:02:07 ID:ldi77jbJ
「闇」と「破片」を書いたものです。
写真さん、こんな下手っぴな詩に(読み返すときつい詩で)
丁寧で親切な講評ありがとうございました。
この一週間、無性に詩みたいのが書きたくなって駄作ながら書きました
本当まだまだですが読んでもらいたいです

353 :名前はいらない:2006/02/19(日) 22:30:32 ID:3FcdZEnA
「青い薔薇」 

青い薔薇よ
あなたは ニンゲンに何をどこを
いじくり回されたのですか
怖くはないですか
怖いのですよね

青い薔薇よ
あなたは 真っ青にはならずに
白い花びらがほんのり紫になるだけでした
それはあなたの
抵抗なのですね
生き物の意地なのですね

青い薔薇よ
あなたは 美しい
自然が生み出したカタチを
必死に守って戦っています
ニンゲンの勝手に変えられないで
バケモノに ならないで
負けないで 負けないで

(浜名湖花博にて)

354 :名前はいらない:2006/02/20(月) 15:52:34 ID:TO68ZUHV
「おちる」

 はらり はらり 薔薇は落ちる
 咲いて 熟しきれない君は
 はらり はらり 空気に抵抗しながら
 重力に グシャと 握り潰されるのを待っていたのだ

君は強かった 一本芯の入った茎に
トゲを持ちながら
芽吹いたときは 誰も教えてないのに
優しさをもって 細い指先を太陽に向けていた

誰もが君を奪いにきた
微笑む変わりに何も答えない
その口からこぼれる 濃密な吐息に
乾いた唇を潤した者は
恍惚の表情を浮かべたときに
入れられた舌が毒だと気付く

嫉み ひがみ 嘘 彼女のまわりは棘だらけ
彼女もまた濡れた唇から
毒をとろかして舐めさせる
 あなたには毒だったのね
杯をかたむけて はらり 涙の代わり

  私の吐息を奪いにきてよ
 吐露したものは苦悩?愛?
 地面に頬よせて 散っていった花びらは
 はらり
 涙と命
 赤くなれなかった 青


355 :御伽話・1:2006/02/20(月) 20:29:07 ID:AasbNZUJ

「忘れ物をとりに参りました」
小鳥は小さくほほえんだ
かつてこの地に落としていった
一粒の種を取りに参りましたと

けれどそこには種はなく
小さな若木が揺れていた

「それならば」
小鳥は優しくほほえんだ
この木がここで花を付け
種を落とした時にまた
取りに参りましょうと


356 :御伽話・2:2006/02/20(月) 20:29:41 ID:AasbNZUJ

やがて
日々が流れ
季節は移り

青葉を広げた若木の枝に
可憐な花が咲き零れた

それは
夏空よりも鮮やかな
深海よりも秘めやかな
それは見事な幻のような
青い薔薇の花だった

人々はその花を愛で

人々はその花を欲し

人々はその花を手折った

青い薔薇は
人々の部屋を飾り
人々の心を癒した


357 :御伽話・3:2006/02/20(月) 20:30:14 ID:AasbNZUJ

やがて
日々が流れ
季節は移り

「忘れ物をとりに参りました」
小鳥が再び訪れた時

けれどそこには種はなく
寂しげな茨だけが揺れていた

「それならば」
小鳥は悲しくほほえんだ
「私はここで死にましょう」

小鳥は茨の陰に
ひそやかな眠りについた

やがて
日々が流れ
季節は移り

茨は息を吹き返し
再び若葉を茂らせて
再び青い薔薇を咲かせた
かつて手折られた枝先からも
青々とした枝葉が芽吹き
青々とした薔薇が咲いた
家々は薔薇に包まれ
人々は心を満たされた


358 :御伽話・4:2006/02/20(月) 20:31:53 ID:AasbNZUJ

やがて
日々が流れ
季節は移り

青い薔薇の実がぱらぱらと
大地に散らばる頃

青い小鳥が一羽
茨の陰を訪れた

小鳥は静かにほほえんで
青い薔薇の実を一粒ついばみ
青い空の彼方へ飛んで行った


青い薔薇は
今もそこに咲いている


             − おわり −

359 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/20(月) 20:46:54 ID:hy4tTQq1
 いいねぇ〜
 長文上等 笑
 折角だからage進行で

>>350 ご苦労さまです
    時間があるとき見てみますね

>>351 ありがと



360 :大木人:2006/02/20(月) 21:14:25 ID:SXXmuQtR
「庭で」

魂の形をした小さな庭で
私はジョウロで水をまく
優しく霧のような水をまく
コビトたちが虹を渡り緑を輝かせる

私は靴を脱いで温い地面を踏み締め歩き
庭の隅々まで柔らかな雨を降らせる
土の匂いに蘇る母の匂い
スコップも三輪車も昔のままそこにあり
形ある思い出を留めている

私は猫のお墓に咲く薔薇の花を切った
娘はクレヨンで空の色を吸い込んだように青い薔薇を描いた

眠る母の胸元にそれらを置くと
お伽話は静かに閉じられた

361 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/02/20(月) 22:13:04 ID:a27MfyXO
『にっこり』(1/3)
そっと埋めたの
小さいモノを…



根が貪りながらソコに食い込む
だからたっぷり栄養を吸って芽が出た
そう…まだ薄っすらと光が差し込む頃
上には無数の手が
ぶら下がって手招き



茎は困惑する如く四方に伸びまくり
触れたら突き抜けるほど尖った棘をびっしり背負って
清も濁も判らなくなり
友達が一人もいないと泣き喚いて





362 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/02/20(月) 22:13:57 ID:a27MfyXO
『にっこり』(2/3)
蕾はたくさんつけてるし花も咲いた
でもアレは私が望んだヤツじゃあない



足掻いて…もがいて…
神に縋り酒に溺れ医者に通う日々
ようやく私の蕾が結んだ頃には薬漬けで
黒いのがうっそりと棲み憑き





363 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/02/20(月) 22:14:58 ID:a27MfyXO
『にっこり』(3/3)
『助けて!』
おお!無常の歓び!
待っていたよ,その一言
手垢がべたべたついている瞳から涙を流し
燐光を放つ膚
手を拡げて抱きつかれた時は
震えが走るほど至福を味わった
むかし私が同じことを言った時
貴女は笑って逃げたくせに…
私は傍にいるからね!
おお!見渡す限りの青き波
私の青い蒼い薔薇が埋め尽くす
    
   
  
一緒に丸くなって眠る
硝子窓はめ殺し
窓から見える世界を拒絶しながら


364 :ギムレット:2006/02/21(火) 00:13:44 ID:j9iVIOko
心霊写真さん、審査お疲れ様でした。
言い訳がましくて申し訳ありませんが、今回の作品について簡単に述べさせていただきます。
最近推敲しすぎて作品を殺してしまう傾向があったので、
今回はほとんど手直しをせずに投稿したのですが、限度がありました。
出勤前に書き上げて投稿し、帰宅してから作品を読み直して、自分が発狂しそうになりました。
最終選考(?)に残った三作品を見るとどれも素晴らしく、
今の私の実力ではどうあがいても勝負にならなかったでしょうが、
それにしても人に審査してもらうという自覚無く投稿してしまった自分に腹が立ちます。
今後は作品の出来不出来はともかくとして、全力は尽くしたと胸を張れるまで煮詰めてから投稿したいと思います。
丁寧な批評、どうもありがとうございました。

最後になりましたが、メタリック竹輪さん 優勝おめでとうございます。
あと「ゐ」も個人的に感銘を受けた作品でした。



365 :アンジェラ1/5:2006/02/21(火) 01:17:18 ID:P2yg1QAR

「酸素は大事」とアンジェラは言った


私の母は病気である
一年持つか持たないか
自分が死ぬのは平気だけど
母が死ぬのは我慢ならない
母が死ぬなんて許せない
私を愛するために私を産んだんだろう
私を愛するために母は産まれたんだろう
命の責任を取れよ
何怒ってんのって
30年経ってまだ分からないのか
そもそも私の怒りは20年前から始まっている
妹や弟を産むなんて計算外だ
裏切りだ許せない
柔らかな膝は私だけのものだ
強く頷いて赤子の鼻と口をつまんだ
赤子はなるほど赤くなり
ぶるぶるぶるぶると震えていた

妹は身体が弱い
弟は頭が弱い

酸素は大事


366 :アンジェラ2/5:2006/02/21(火) 01:18:24 ID:P2yg1QAR

「お母さんがいっぱい」とアンジェラが歌った


私が不幸な事には原因が無い
青い薔薇の花弁が青い理由みたいに

だども幸せになってはいげね
呑気に眠りはやってぐるが
やすやすと眠りについてはいげね
考えはじめっと眠らずにすむんだ


アンジェラは興奮すると訛りが出る
落ち着いてアンジェラ
歌わなくていいから
青い薔薇が似合わない
息を整えてアンジェラ
薔薇の匂いを嗅ごうか
そう落ち着いてアンジェラ

さあ続きを 


「お母さんがいっぱい」とアンジェラが言った

367 :アンジェラ3/5:2006/02/21(火) 01:19:19 ID:P2yg1QAR

私が不幸な事には原因が無い
青い薔薇の花弁が青い理由みたいに

だけど幸せになってはいけない
呑気に眠りはやってくるけれど
やすやすと眠りについてはいけない
考えはじめると眠らずにすむ

私は30を超えているが
病的なマザーコンプレックスである
母に似た女の人がいると
仲良くなりたくてしょうがない

友達は大体が年上のおば様で
彼女達は私を非常に可愛がってくれた
子供がこんなに素直で優しい子ならねと皆言った
私は安心した 

お母さんがいっぱい


368 :  ◆UnderDv67M :2006/02/21(火) 01:19:34 ID:WQGkCUbD
妨害age

369 :アンジェラ4/5:2006/02/21(火) 01:20:46 ID:P2yg1QAR

アンジェラは「二日丸々起きていたらしい」

私の母は欠落した人だ
他者に愛情を持てない
それが嬉しかった
愛してくれなくても
私だけが母を愛してあげる
私だけはわかってあげる
ね、お母さん

私の小さな頃は今よりずっと頑固な不眠症だった
眠れない夜は母が死ぬとどうしよう、という妄想にふけった
お母さんが死んでしまったら私はどうすれば良いの
涙がぼろぼろと溢れ、すうすうと眠りにつけた
「お母さん死んだらどうしよう安眠法」である

それでも眠れない時は眠れないと泣いた
ぐずぐずと泣く私をうるさがって
眠れない夜は寝ないで良いと父が叱った

二日丸々起きていた私らしい


370 :  ◆UnderDv67M :2006/02/21(火) 01:21:16 ID:WQGkCUbD
忍法アンカー崩しの術

371 :アンジェラ5/5:2006/02/21(火) 01:22:31 ID:P2yg1QAR

そうなのね アンジェラ 
今日は眠ろう アンジェラ

アンジェラは身体を横にして
白く大きなベッドに身を沈めた
目は瞑らないのアンジェラ
目は瞑ろうねアンジェラ

アンジェラの昔話はとても退屈
アンジェラの瞳は大きく手足は長くとても綺麗

青い薔薇がよく似合う


372 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/21(火) 01:23:28 ID:qBJ3yC8i
>>370 参加してくれ まっとるよ

373 :BLUE HAWAII ◆HAWAIAUTLE :2006/02/21(火) 04:22:46 ID:S77yCeU3
途中経過です(^一^)

>>353「青い薔薇」ID:3FcdZEnA氏
>>354 「おちる」 ID:TO68ZUHV氏
>>355-356-357-358「御伽話」ID:AasbNZUJ氏
>>360「庭で」 大木人氏
>>361-362-363『にっこり』ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>365-366-367-369-371「アンジェラ」ID:P2yg1QAR氏

お題は「青い薔薇」
 
あと四作品ですよお
    ∨
   / ̄\
  | ^o^ |
   \_/
   _| |_
  |     |
  | |   | |
  U |   |U
    | | |
    ○○


374 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/21(火) 06:08:30 ID:/3+cVOZ6
お纏めありがとうハワイさん >>373 (^ー^)
 評はまた別に書きますが ちょっとづつアップしていく

「青い影の薔薇」 T 

嗚呼、嘆いてみた所で何もかも終わらないし始まらない。
悲しいか?
そう、語りかける空っていっても空っぽの空で、私の皮膚に触れてくるだけ。痛くも気持ち良
くもしてくれないね、ああ、見ず知らずの他人なんだもの当然か。私の皮膚に触れてくるもの
は私じゃない異物だ何時だって。
陰鬱な空間を埋め尽くしている酸素たる、空の色はBecome blue>>354パーマネントライト
バイオレット。
なんて空だ。とうとう私は悲しみなんてものを覚えてしまったのだろうか。
終わりなくそこに存在してるものを巻きこんで色を成してくれるだけだ。存在。なんてあやふ
やなんだろう。ベイビー。 青。空。
空。気持ちが良くなるよう努力しなくちゃならないのなら、いっそ触れるなと言い聞かせてみ
ても、駄目だ、全くいう事を聞かないこの手。在る物に視界に侵入してきたものに触れたがる、
そして勝手に悲しくなる性分。何故だ、目と手は直結している。脳と口も。
心なんて在り処がわからない、手は目を裏切り、口は手と共謀し私を嘘吐きに変える。
悲しいか?
青くなっちまえ。何がって全てだよ。他人の足音、誘う睡魔、地下二階の駐車場から聞こえて
くるエンジンの響きも、圏外表示で見えなくなったアンテナ、そしてこの手も全部青く染まっ
てしまえ。
アクリル絵の具の、Become blue>>365>>366>>367>>369<<371フタロシアニンブルーレッ
ドシェードを指先に取り、悲しみに似た象牙の白に落とす。雨音が叩く、窓の外がある限り。
私は弾けもしない「あなた」って名前のピアノに向かって絵の具を塗りたくるだけの存在にな
れるのだ。


375 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/21(火) 06:13:30 ID:/3+cVOZ6
   ;;(⌒⌒);;⌒⌒)                
;;(⌒〜                     
  ;;(⌒ 〜                  
  (⌒⌒;;(⌒〜                
  (⌒;; (⌒⌒;;(⌒〜             
悲しいか?  (⌒;; (⌒⌒;;(⌒        
悲しいか?       (⌒⌒;;(⌒     
悲しいか?             (⌒;; 
そう、問われれば問われるほど、嘘吐きになってしまえるって話を誰もしないから、二月だと
いうのに開きっぱなしのクローゼットから見える、この景色の有り様を刻み付けておかなけれ
ばいけないんだよ。眠れ、眠れと。そして、また、空が追いかけてくる。
ド、ミ、ラ、の和音に。
Become blue>>353 ブリリアントパープルの不協和音。目で潰した記憶のミ重ねて。連打。
雨音は次第にこの部屋の天井にも侵入してきたようだ。抵抗を繰り返すあなたは黒鍵をも私
から取り上げ、変わりに行き場の無くなった指は拳になり、フウと明かりが消えた部屋の中
浮き上がる波の鍵盤を叩く。
叩くしかない。音を出し続けていなければ呼吸さえできないんだから。真っ青も音に変えば
っと開く、手に汗も滲み、手首をつけて目前で開いた薔薇は枯れることなく動きつづけるこ
とだろう。青い指の狂い咲き。        (⌒;; (⌒⌒;;(⌒ 
ミ、の音。避けて叩けば永遠。              (⌒⌒;;(⌒⌒);;
壊れちまえ、記憶なんてのは自分勝手なセルロイドに針で描いた影なんだから。
悲しみなんて覚えたくない旋律だし、描きたくも無い具象だ。  〜⌒);;
                               〜⌒);;⌒⌒)
                             〜⌒);;⌒⌒) ;;⌒)
                       ⌒);;⌒⌒) ;;⌒)
                    ⌒);;⌒⌒)
                ;;⌒) )

376 :にぃちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/21(火) 06:54:22 ID:IuQWYo2j
「Show Me Your Real Love」

汚いバラにも棘があることは知った上で言うが
青いバラの棘はきっと細くて長くて密度も濃い
きっときっとそれはサボテンみたいにツンツンしてて
たぶんたぶんそれは栗みたいにイガイガしてて
要するにそれはウニのガンガゼみたいにビキビキしてて
蛾の毛虫みたいにそれはウジャウジャしてて
ついでに言えばそれはハリネズミとかヤマアラシみたいな
棘がいっぱいある生き物なのですが
海にも陸にもたくさんいますけれども
動物にも植物にもいっぱいいますけれども
そのすべての頂点に立つのが青いバラです
想像してみてください
青いバラの茎に密集した棘棘の鋭利なきらめきを
触ってみてください
青いバラの棘先のひとつひとつに宿る情欲の執念を
ああ棘が多すぎて多すぎて
しかも尖って尖ってチクチクチクチク
男心の足裏に剣山
バラバラになったピースオブマイハート
そんなジグソーパズルのバラバラを繋ぎとめる無数の針
刺してくれよハニーサックルローズ
とどめを刺してくれよ笑ってローズマリーちゃん
青いバラはきれいです
バラの仲間の中で一番きれいです
それは儚くて脆くて危なげで
だからこそ裸身に棘のガウンをすっぽり纏って
今日も震えながらあなたをわたしを誘惑します
小刻みにまばたきする長いまつ毛のガトリングガン連射
ダダダダダっと撃ち殺されたい射抜かれたい
毎日ブルースを口ずさむ全身穴だらけ蜂の巣男

377 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/21(火) 08:48:43 ID:/3+cVOZ6
「青い影の薔薇」 U

どの位時間が過ぎ去れば今に生きられるんだろう。
クローゼットの中には墓石があって、私はその景色の中に一歩たりともはいれやしない。Become blue>>355>>356>>357>>358セルリ
アンブルーの濃淡に夏の日差しが燦燦と降り注ぐだけ。窓の外が晴れてもいないのに天気予
報が雷雨を告げている時、蝉の鳴き声なんかも響いてくるけれど本当に音声なのかなんて怪
しくて、絵に描いたような地響きがするんだ。そう小刻みに震えているだけの景色。
薔薇の花が好きだと誰かさんが言った。誰だっけ。
何故入れないのかと、天気予報の雨マークに触れながら、伝えてみたり語りかけてみたりした。
何故入れないのかと、画面にいる天気予報士になら平気で言えた。
何故入れない景色がクローゼットの中に広がっているのか、赤の他人には平気で言える。
耳の無いスピーカーに頬を付け、ゆっくりと囁く。Become blue>>376プルシャンブルーのノ
イズが流れる時間。
薔薇の花が好きな人に薔薇の花を供える。ありったけの持ち得ているだけの力でどんなに薔薇
の花を買い求め、捧げようとしても、薔薇を刈り取る墓石の番人が私のクローゼットの扉を閉
ざし、そっと開けてみるともうそこには何も無い空っぽの収納スペースがあるだけなんだ。
棘のある花を供えるな!
棘のある花を供えるな!
棘のある花を供えるな!


378 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/21(火) 08:49:44 ID:/3+cVOZ6
そう、私の部屋。数千本の薔薇が枯れて床を埋め尽くす。Become blue >>360マンガニーズ
ブルーヒューは墓石の番人の鎌の色。静かに色をフローリングに溶かして枯れていく棘を踏
みしめてベッドまで歩む。ただそれだけ。

棘が朽ちてしまう頃にまた、クローゼットに広かる景色に出会える。
学習した私は、薔薇を番人に見つからないよう、地下二階の駐車場にばら撒いてずっとクロ
ーゼットの中に広がる空を見ている。
空。空はただ得体の知れないものを巻きこんで色を成すだけ。
ただひたすらに。

空は感付いて、形状を反転させる。海の底へと。空が地に落ち、波が溢れ出る。
悲しみなんての見えない。何にも。Become blue >>361>>362>>363フレンチウルトラマリン
ブルーに染まり果てる海。沈んでも死にきれない、塩気を好む魚のように私を。連れて。当
たり前に、結晶に遮られても前に進むしかないと声を無くした魚に。
白いクローゼットの扉の中はそれでも相変わらず私の入れない未来の住所を持って揺らめい
ている。駐車場に横たわる棘かふらふらと泡になるだけ。
薔薇の花が好きだと誰かさんが言った。誰だっけ。言った通りに供えようとしても嘘吐きだ、
全く「あなた」に届かないというのに。そこにあるのは、私の入れない景色。


379 :  ◆UnderDv67M :2006/02/21(火) 18:06:56 ID:WQGkCUbD
(・∀・) あ、青い薔薇がある 綺麗だなぁ 素敵!!キャー!!
<`∀´> そっかぁ?お前らはみんなそー見えるの?マジでぇ?

スラム街に黒人同士の夫婦から
何故か青髪の白人が産まれたよ

アラブ系の人間が僕を見て笑ったよ
東洋達が嬉しそうに僕を見ている

今はまさにまさにこんな気分

赤かったもんを青くしちまってみんな驚いて喜んでる
黒人同士が色の落ちた子を産み落としたみたいだね

それで僕のパパはどこにいるの?そんな目で見るなよ
どうせなら流れ続ける血もそのまま青ければよかった

赤かったモンを青く変えられて世界が驚いてる? 
ありえない姿に俺は嘆く お願い本来の俺は誰?

僕のパパは一体どこにいる?僕のママは誰なのさ?
こんなの僕じゃない青く染まった水をくれ僕の名前は何?

(・∀・) いーから薔薇が青いんだから素直に感激してろよ
<`∀´> ありのままをわがままに 人間ってなんて偉いんだろう 

380 :  ◆UnderDv67M :2006/02/21(火) 18:09:53 ID:WQGkCUbD
大変です!何故かお題と全く関係のないポエムが出来ました!!!


薔薇は赤くて綺麗で花で棘がある 

薔薇のイメージはこんな感じだろう

家の庭に生えてる草木も棘がある

青虫達が葉っぱを食いまくってた

薔薇よりもこっちの方が美しいじゃないか!!

それはわかるがアレは必要ない殺せ と家族が言う

アレは俺のペットなんだ殺さないでくれ と俺は言う

3000円取られた

381 :少年間:2006/02/21(火) 18:23:51 ID:YAVpbdHR
バイオハザードを買ってみた

7年前

友達の家のプレステでやっていたのが懐かしかったからだ

あの時は友達のおじさんから

「小さいから」

といって

やらせてはもらえなかったのだが

今はじめてバイオハザードをやる

みなさんにとっては実にくだらないことであろうが

いまスゴクドキドキして

いまスゴイ期待を込めて

プレステ2を起動させる






・・・なんかすみません


382 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/21(火) 22:19:20 ID:qBJ3yC8i

 ☆☆あと2作品募集しますょぅ☆☆

>>353 「青い薔薇」ID:3FcdZEnA氏
>>354  「おちる」 ID:TO68ZUHV氏
>>355-358 「御伽話」ID:AasbNZUJ氏
>>360 「庭で」 大木人氏
>>361-363 『にっこり』ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>365-371 「アンジェラ」ID:P2yg1QAR氏
>>376 「Show Me Your Real Love」にぃちぇ◆UQRl.WeFEk氏(スペシャルサンクス)
>>379-380 (ノンタイトル?) _◆UnderDv67M氏
>>381 少年間 ID:YAVpbdHR氏



383 :名前はいらない:2006/02/22(水) 09:35:29 ID:7E3nhqZU
言葉はこれだけでたくさんだ
何を見ても何かを思い出す

たいてい小学校から中学校にかけて(高校もちょっと混じる)
へんな別れ方をした元友人のやつ等について思い出す
自分が悪くて失ったやつ等のことばかり思い出す

思い出すのは対象視認後、5秒間ほどのことで
わりとあっというまのことなので
すぐに忘れるし、今だって数々ある内容をすべて忘れてる







384 :love.less:2006/02/22(水) 10:19:05 ID:+/4x/jE7
☆友達☆

友達だょね 今でも友達なんだょね
胸がきゅんとなる 
ホントゎ・・・
言ぃかけた言葉が言えなぃ
ぁなたの事すきになった事が・・・ツラィ
私に何でも話してくれるぁなたが・・・スキ
でも・・・言えなぃょ・・・
電話から聞こえるぁなたの声に 溜め息でちゃぅ
そんなに彼女の事 言わなぃでょ・・・
別れた彼女に未練ぁるなんて・・聞きたくなぃ
それでも 話せるだけでィィ・・・ 
複雑にココロゎ 揺れ動く
ホントゎ 別れた事喜んでる自分
でもぁなたにゎ 優しく慰める自分
どっちが ホントの自分なの・・・?
教ぇて欲しぃ・・・
今日もぁなたが話すのゎ 彼女の事?
それとも・・・
ココロが悪魔になる前に 忘れさせてょ


385 :「半月光(1/2)」:2006/02/22(水) 10:22:44 ID:plw7P1fv
お母様、お目目を閉じて。
えくぼの浮かんだ小さな両手が、
私の瞼を閉じさせる。

そう あれは冷たい光
窓辺に向かい立ち尽くす母
帰らない父 幾つもの月と過ぎ行く歳月
ベルベットのローブは長く
母の解かれた艶やかな髪と
床に青い影を落とした

白い頬をした母の顔は美しく
憂うでもなく沈むでもなく
ただ硬質に輝いていた
ビューローの上 封を開けた手紙の中
血の気を失くしたような色の 
薔薇一輪の押し花があった

386 :「半月光(2/2)」:2006/02/22(水) 10:25:54 ID:plw7P1fv
愛らしかった紅色は青い
月の輝きに染められて
父にまつわる何かの言葉と
共に母の胸に届いた
悲しくないわ 大丈夫よ
頭を撫ぜる手は冷たく
私を決して抱き上げなかった
夜半の梢で若いフクロウが
月を横切る影となり
どこか遠くへ飛び去って行った

もういいわよ、目を開けて。
陽光にそっと目をしばたかせ、
小さな手が差し出した物を見る。
覚えたての字と青いクレヨンで
小さく描かれた薔薇の図柄。

『お誕生日おめでとう 大好き お母様へ』

スカートの裾を直してやると、
かかえ上げると、しばし抱く。
庭の薔薇の香りがうつった
柔らかい髪の匂いを嗅ぐと
そっと口付けをしてやった。

387 :名前はいらない:2006/02/22(水) 21:38:44 ID:8fZqhFAn
10作品?

388 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/22(水) 21:41:27 ID:Kp2QWWIO
 
 あと1作品募集!だよ!


389 :ジジ:2006/02/22(水) 21:49:55 ID:O/4J7f1W
祈 り

お前の旋毛にほお寄せながら ただ思っていた
何気ないことや些細なこと 明日には忘れてしまいそうな小さなことの数々を

お前の旋毛にそっと息を吹きかけながら そんなことをただ静かに思っていた


390 :棺おけ:2006/02/22(水) 21:53:48 ID:saTVFux6
あなたがもし死んじゃったら青い薔薇を棺おけに入れてあげる
絶対に入れてあげる
わたしは約束を破らないよ
絶対に守るから
絶対に守りたいから
それまでは必ず死なないで
それまでは必ず死なせない
あなたがもし死んじゃったら青い薔薇を棺おけに入れてあげる

391 :390:2006/02/22(水) 21:55:12 ID:saTVFux6
ちょっと遅かったですね;
更新しないで投稿しちゃったので…すいません;

392 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/22(水) 21:56:41 ID:Kp2QWWIO
 
 ありがとう
 ここまで審査対象にします
 
 しかし今私詩板PCでなぜか開けなく携帯です
 PCでしか評アップできないと思うので少々お待ちください

393 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/22(水) 21:58:47 ID:Kp2QWWIO
>>391 いえ 素敵なので審査対象にいれさせていただきますよ
 参加ありがとう

394 :ジジ:2006/02/22(水) 22:31:07 ID:O/4J7f1W
389を書いた者です。

初めての投稿でした。このスレのルールをよく読まずに投稿してしまいました。
お題に沿ってません。審査対象から外してください。
お恥ずかしい限りです。
以後 気をつけます。ごめんなさい。

395 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/22(水) 22:39:39 ID:Kp2QWWIO
>>394 いえ 
 作品がおもしろいので評文は書かせて下さい
 気持ちはわかりました(笑)
 お題からそれていますが投稿作品と私の作の「青い影の薔薇」コミット作品に登場場面がありますので
 投稿したついでに楽しんで下さい
 


396 :名前はいらない:2006/02/22(水) 23:42:54 ID:+iBMH8l0
朝起きたら業者が俺の家の下からジィーっと見てて
母親が台所で血だらけでたおれていたから「今日、弁当いらない」って言って
学校行ったら先生刺されてて友達とかみんな大爆笑してるから俺もみんなに合わせて適当に笑って
昼に早退したら胎児とかいっぱい落ちてて踏んじゃって靴がすげー汚れた
家についたら母親がスゲー冷たくなってるから暖房つけてやって
冷凍のピザ食べようと思ったら父親が冷凍庫に入ってて、たまらずに笑った。友達にメールで教えたら凄いうけた
隣の家に忍び込んでやっと歩けるようになったくらいのガキ盗んできてマンションの屋上から落として何秒で落ちるか計って理科の宿題終わり
そろそろ寝ようとおもったらガキの家族が騒いでるからガキの死体放り込んで大爆笑
眠れないから妹でカツラとか骨で武器とか作って遊んでた、そしたら朝になって
ちょっと臭い母親に「弁当いらない」って言ってから学校に行った
業者はその日死んだマンションの住人を精肉所へ運んで行った


397 :名前はいらない:2006/02/22(水) 23:50:27 ID:e17V5J7D
ここは誤爆地帯ですか?
気をつけましょう。

398 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/23(木) 02:39:54 ID:nL4m28PQ
それでは審査を開始しますね お題『青い薔薇』

>>353 「青い薔薇」ID:3FcdZEnA氏
>>354  「おちる」 ID:TO68ZUHV氏
>>355-358 「御伽話」ID:AasbNZUJ氏
>>360 「庭で」 大木人氏
>>361-363 『にっこり』ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>365-371 「アンジェラ」ID:P2yg1QAR氏
>>376 「Show Me Your Real Love」にぃちぇ◆UQRl.WeFEk氏


399 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/23(木) 02:41:18 ID:nL4m28PQ
>>379-380 (ノンタイトル?) _◆UnderDv67M氏
>>381 少年間 ID:YAVpbdHR氏
>>383 無題 ID:7E3nhqZU氏
>>384 ☆友達☆ love.less氏
>>385-386 「半月光」 ID:plw7P1fv氏
>>389 祈 り ジジ氏
>>390 棺おけ  ID:saTVFux6氏

〔誤爆エントリー作品も含みますがご愛嬌ということで混ぜています〕


400 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/23(木) 02:45:29 ID:nL4m28PQ
>>353 「青い薔薇」 ID:3FcdZEnAさん
 人工的に人間の手によって生み出された薔薇を見て素直な言葉で語りかけるスタイル。
 今存在している青い薔薇(科学技術ってすごいわ〜色を出す為の交配とか)
について少し書物をあさってみたところ 薄紫で青みが少ないものが現存しているんだね。
 その青い薔薇を見て危機感を持った情感が伝わってきました。
 作者さんは植物が好きなんだと思うんだ。
 改良されて生み出された青い薔薇は抵抗し行く末一世紀後とか、どのように変貌するのか
なと考えさせられました。
 自然界にありえない色素を持つ花は美しく、そして脆い。
 常識的な目線で、薔薇本来の魅力を失わないでと、ありのままでも十分きれいな薔薇に対
する気持ちを表現したんですね。
 心の澄み渡り具合が、薔薇よりも限りなく青に近い純粋さです。

>>354 「おちる」 ID:TO68ZUHVさん
 魅惑の美に触れる自堕落感。と破滅的な青い薔薇。
 美しきものは常に無残な没し方が似合うという感性で、散る花びらを最終連で赤に成れな
かった青としたところに意志を感じます。
 この発想は結果として、花びらの散る色として青い薔薇が存在するので、ありえないもの
という意味合いをも持つ、青い薔薇のイメージにぴったりです。
 話に出てくる女性を破滅的で綺麗な人としてイメージしました。
 「君」「彼女」を同一視して読みとく方法と、別として読む味があるのですがビルの屋上
等(高み)から飛び降りた薔薇の身投げのような、絶妙な解釈の出来る描写のふしがあって
一層青さが悲しく散りゆくようだ。
 隠喩として読みとくとね、魅力あるものの命は短く必然的に毒を持ちえて生きなければ生
きていけず、最後は一際醜く散る。それが美しきものの定め。
 だから美しいのだという花びらの青に心を反映させている表現と。結果的に青さを持った
花が散る、こういった視点が良かった。
 未熟の青さで咲き散る薔薇は、刹那で残酷そうだね。


401 :名前はいらない:2006/02/23(木) 02:58:55 ID:x4AuuPH/
連投助けage

402 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/23(木) 03:10:39 ID:nL4m28PQ
>>401 ありがとう

>>355-358 御伽話 ID:AasbNZUJさん
そのタイトルのまま、御伽話として完成度も高く、読みやすい作品で非常に筆力を感じます。
物語の組み立て、流れとも無駄なく破綻なく奥深い。唸ります、う〜。
鳥と、薔薇の種の関係が余韻を残す。忘れ物、種を地に落としていった鳥。
この鳥が実際は幸せを運んだ鳥であって、他に幸せと潤いをもたらしながらも種を最後まで
得られなかった鳥なんだね。
青く美しい薔薇が咲く光景と、茨のつたのみ残る景色に忘れ物を取りに舞い降りる、情景の
対比も鮮やかでイメージしやすい。
鳥の視点から読みとくと、忘れ物をしたその地に身を埋める種を蒔いた鳥がまさしく
「幸せの青い鳥」なのだけど、種を得られず、茨の景色にいる。
得てして、幸せを運ぶ、もたらすものは、人知れず幸せというものからは縁遠く、目立たずひ
っそりとそれが役目のように生涯を閉じる。
この作品は子供、大人でも楽しめる作品だ。
解釈の仕方はもう一方「青い鳥」の登場でさらに奥深い。
青い世界が広がっている中、それらは幸せを形づくるものであってその発端となった「鳥の忘
れ物」、そして青い薔薇、レトリックについてはここからはそれぞれの感性で読み取って楽し
める部分なので、私はあえて自分の2つの解釈は書かないでおきます。
                                     (⌒⌒;;(⌒〜( ⌒;; (⌒⌒;;(⌒〜
                                      ;;(⌒〜
                     (⌒〜( ⌒;; (⌒⌒;;(⌒〜
           (⌒;; (⌒⌒;;(⌒ 
                (⌒⌒;;(⌒⌒);;
                     〜⌒);;
                 〜⌒);;
            〜⌒);;⌒⌒)
             〜⌒);;⌒⌒) ;;⌒)
        ⌒);;⌒⌒) ;;⌒)
     ⌒);;⌒⌒)
 ;;⌒)


403 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/23(木) 04:54:08 ID:nL4m28PQ
眠ってしまいました。この続きは今夜アップします。

>>360 「庭で」 大木人さん
心情描写と青い薔薇の表現法に技ありです。
何よりも心がこもっている、愛情と描いてはいない残影が響いてくる。曇りのない心の中に
大切な人が住んでいて、余韻とともに心が洗われる感じです。
作者さんの誠実さが漂ってくるのも一行、一行、地に足がついた気持ちで綴ったからなのでし
ょう。思い出と、青い薔薇を描く娘さんの純真な愛情の性質が説明もなく際立っています。
理屈抜きの愛情とは「与えるもの」、青い薔薇を描いた娘さん、その青い空という薔薇を眠る
母に見せてあげたかったのでしょう。好きな人に美しいと思うものを見せたい、その心は生
を受けた人間の共通意識だと思います。語句一つ一つに血が通っていて、青い薔薇を「庭」と
いうスペースを越えた天空に鮮やかに咲かせている。
勿論、空を写し取りクレヨンで描いた薔薇に含まれる、悲しみと哀憐も、愛情と共に寄り添
ってそこに咲き、地の温みと眠り、そして記憶という思い出の中で静かにページを閉じるの
でしょう。

―――――― 今回の審査、非常に優勝者を決めるのが難題です。
筆力、表現力ともある方の参加目白押しって感じで。 ――――――――

>>361-363 『にっこり』ミミン ◆4fCTWDhugYさん
語感と言い回しのいかれ具合が発狂というか発芽しています。発狂の種まきとも取れる状態。
作者さんの慎ましやかな作風と、時折見せる一途な物思いが加速していて面白い。
青い薔薇が増殖むやみやたら広がりまくる、何かが増殖している状態というのは常に狂気と
鉢合わせしているようなものと、言わんばかりの語録があちこちに散りばめられていてこれ
も発狂詩認定。まっすぐ突き進むまんま読んでやや私がこの世界観に絡み取られて発狂しそ
うになってるわけですが、それらも具体的には独断と偏見で突き進む「スパークフレーズ」の
位置のせいなのですが良い感じです。ランダムに極めつけな配列で抜き出すと。
>根が貪りながらソコに食い込む
>硝子窓はめ殺し
薔薇狂、まさしく精神的青薔薇状態。精神的暴走族。もうイマジネーション豊かな読者であれば、笑い発狂〔笑う物語では実際ないのですが〕素直に読んでもひねって読んでも、その通りな表現でよい感じです。


404 :DJ Xem:2006/02/23(木) 11:20:46 ID:+mOPeSCb
http://literature.bbs.thebbs.jp/1136167830/41-  

Dj Xem's illogical CUBE

405 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/23(木) 21:19:19 ID:nL4m28PQ
>>365-371 「アンジェラ」 ID:P2yg1QARさん
挟撃。ストーリーある形の丁度良い長さで、描き方、焦点の合わせ方が独特ですね。
価値観に自ら息を吹き込み語り尽くしてこれでもか状態。すっぱり書いてくれているので、読んでいて
気持ちがいいし二面性漂うというより、必然に分裂した愛情の矛先の仕業かとも思う。
す・べ・て・の・お・も・さ。書き切るとは見事と思う。で、私は魅惑の世界に迷い込んでしまったー。(笑) 
色の白い、見るからに繊細で目の大きな人形のような女が読後、私の中に現れてきてしまっている……。
「Angela」はいつもそこにいる。アンジェラという名の響きは病的で繊細な女性にぴったり。
私(俺)も話し掛けてみる。
精神構造に回廊を持つような、純粋さを不思議と感じてしまったんだ、思うまま書いてみる。
空中にいるような少女のままの主人公―――――――
この世界観脳裏に染み入ります。優美さがどことなくただよってくるのは、マザーコンプレックスとい
う精神に価値を自ら見出し、こういった眼差しを否定しないでよりよく自分の思いに向き合った過程
があるからこそ表現出来るものだと思う。
自分がいて、それを俯瞰の瞳でとらえたまたもう一人の自分がいて。
ある価値観の希少部分を余さず描いている、読んでいてじわ、じわ、ぐさ、ぐさ、と胸に刺さる欲求
に素直すぎる故の繊細な心が薔薇の棘のように伝わってくる。針のように細く鋭い棘。快楽の位
置にある痛みの感覚ではなく、動物が生まれたままの姿でそうだ、哺乳類の性質の極めの部分。
母胎から離れ、まず、母の保護下にないと肉体の自立成長は無に等しい。えさの採取する術も適
切な栄養を摂取することも出来ない。そう考えれば、哺乳類たる究極が、母の独占願望と欲求であり、
それが人道外れた気持ちではないとわかる。母を独占出来た者が、沢山の栄養、母の持ちえてい
る愛情によって肉体、精神的両面から満たされる、無償の愛情を獲得出来るのだから。
青い薔薇がトリガーのようで、揺り篭のようで、全ての感情が咲いている、青さ。母に対する気持ちは、
描写の端々に息づいて。家族という外的関わりの中、内部にしっかりとらえている性(さが)と身の外側
に浮き出ている自分とを「魅せる」文体で、内容に合致していると思う。
(続く)

406 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/23(木) 21:21:24 ID:nL4m28PQ
(続き)
>私が不幸な事には原因が無い
>青い薔薇の花弁が青い理由みたいに
最終連とこのフレーズの関わりが揺らめいて残る。薔薇の危うさと硝子細工のような青さ。見事。
感じ取ったことを思いつくまま推敲無しの、修正なしで書いてみました。

>>376 「Show Me Your Real Love」にぃちぇ◆UQRl.WeFEkさん
本音一本槍。そのさまがあからさまだという作品で、青い薔薇との色の対比も抜群です。
本音がちらほらと散りばめられていそうだと思わせといて(敏感君とおよび下さって結構です)
なーんーだーかー熱いです。よって全部本音で成り立っている制御無しの薔薇情感と思います。
リズムに乗って棘のイメージが繰り広げられているチルドレンテクスチャー。オシャマな一面を
まるで青い薔薇を売り込むかのごとく宣伝キャッチフレーズ化、それによって本音が際立ってし
まっているのは作者さん自身もしっかりわかっている上での計算ずく。何気なく語感の語呂をも
巻き込んで、タイトルを上回る。
何気なく May you show me real love? もしくは Real love is shown me. 状態。そして、ありまと。


407 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/23(木) 21:25:05 ID:nL4m28PQ
>>379-380 _◆UnderDv67Mさん
>>379>>380は全く性質の違う作品なので、二作品として別に考えた上「組み作品」とい
う表現法にぴったりなので二つで一対、干渉しあわないポエジーとして扱おうと内容から
思った作品。
反対色でもある赤と青。偶然に二つ産み落としたわけではないと思う。
お題は確かに「青い薔薇」であっても、反転した要素もイメージにめぐって来るのも真剣に
青さを想像すればいやでも脳裏にめぐることでもあると思う。反対要素。幸せの絶頂にいな
がら、暗黙奈落どん底の夢を見るかのように。その分素直ならなおさらその産物をも迷わず
投稿した、それは自然だと思うよ。

>>379
自分のこととしてありえない青い薔薇をとらえている。まさに自分を青い薔薇の立場に置い
てものを語る、受容器としての感覚。発生起源のない、喪失感が生き物であれば感ずるはず
なのに、植物であるが故、美しいと見つめられるだけの薔薇。
青い薔薇になって言葉を持たないことを考えた上で、人間としてその青さに表面上だけの美
しさのみを賛美する愚かさを示している。アイロニカルで、ちょっとある、薔薇の気持ちを
考えてしまったという照れが感じ取れるのですが、作者さんは薔薇の気持ちで青を見ている。
素直な一品。

>>380
一連目がこのように順を追って読み解くと、素直で必然だと思えた。
今度は視点が思い切り切り替わり、薔薇から、薔薇本体に生息しうる青虫の気持ちをキャッ
チし始めた様子がうかがえる。
この二つの作品にある推移、作った感情のない(どこか照れ屋なんだと思う)そのままな表現
を読み取って、自分のことのように考えることの大切さを大人になる過程で失いうすれる
「物心」について考えるのもすばらしくいいことと思う。



408 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/23(木) 21:34:16 ID:nL4m28PQ

>>381 少年間 ID:YAVpbdHRさん
単にバイオハザードの雰囲気が好きなんだ。
この世界観のどこかに生き血を吸って青い薔薇が生息しているようでもあったんで。
プレステからプレステUに移行しても今もシリーズは続いて、ますますおどろおどろしさに
美しさの迫力が加速している。( カ プ コ ン のまわしもんみたいな宣伝文書いてみた
いものだけど趣旨がゲーヲタじゃないので自粛)
ああ最近ゲーヲタから脱しつつあったけど、やりたくなってしまってしまった。
>・・・なんかすみません
この最終連が何気なく、良いなと思う私は今子守唄を欲しています。意味なんて理由なんてわ
かりませんが、ゲームにのめり込み著しい不眠の夜なべ、不健康の記憶がほうふつとしてるか
らのような気がします。何を書いているのかもわからなくなってきています。なんかすみません。

>>383 無題 ID:7E3nhqZUさん
>言葉はこれだけでたくさんだ
>何を見ても何かを思い出す
何気なく葛藤とリアルな滅裂が2連でかもし出させていて感覚器の回線が全て
「過去行き」に繋がっている事を、一見さらっと読み流してしまいそうになったが、
「何を見ても何かを思い出す」この状態はすごい。心のうつろい、振り子の振れる角度
がおおき事! 5秒間のオンオフ機能で。
>すぐに忘れるし、今だって数々ある内容をすべて忘れてる
正負に振れ動くエネルギーの度合い、絶対値からして、「何を見なくても何かを忘れる」
なんて。一挙に私の問答心がこういう瞬間と紙一重だろうと思って、青い薔薇を忘れそ
うになった。で青い薔薇を知っているから忘れたり思い出したりするんだろうなと、
ものおもふ。本当に知っているのかと問えば怪しい限りだ。だって私は「青い薔薇では
ありえないから」あ、青い薔薇ではありえないと言い切るなら私は青い薔薇を知ってい
ないといけなくなる。終わりのない思考の渦に落ちていきそうだ。
油断していた。お題にそったと言い切れないようで、何やら罠にかかってしまったような
意図がわからないが妙な魅力があるね。


409 :名前はいらない:2006/02/23(木) 21:42:57 ID:yShL51n5
連投回避いるかな?

410 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/23(木) 21:50:41 ID:nL4m28PQ
>>409 ありがとう!
    一寸だけ寝てみてからまた起き出して評続行します すんません
    
>>384 ☆友達☆ love.lessさん
>ココロが悪魔になる前に 忘れさせてょ
はい嫌です。きっぱり(OR はい了解しました。きっぱり)。多分、忘れさせてやろうな
どといわれても、悪魔、どっちにしろ悪魔になりたくなることと予想しておきましょう。
あやふやな関係が長続きの秘訣(それを知ってる私はとっくに穢れちまってます)だと覚え
てしまっていない上での、友達という意味合いだと思うので、可愛らしいです。
友達というか、わざわざやっきーもっきーさせて様子をうかがってる(青少年の青き恋の手立て、
青いバラバラ心とカラダ)可能性も考えられるし、しぐさなど癖の描写がないとなんともわから
ないけど、彼(友達とは思ってみても)に甘えまくっているとしか思えない調子の文。
十分へそ曲がりなんで私、こんなフレーズを思いつきました。
ココロが天使になった後に 忘れちゃうょ☆ 鬼に金棒、天使に青い薔薇。

というか、今発見した。私はその作品という自分以外の世界観に入り込み、そこでのめり
込んで楽しむ習性があるということ。最近よりいっそうのめり込み癖に拍車がかかってい
ると思うのは気のせいということにしとこ。


411 :名前はいらない:2006/02/24(金) 19:06:21 ID:RoLivIbb
起きたかな?

412 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/24(金) 22:11:08 ID:oFFzhQ5w
>>411 寝すぎなほど寝ました!
    評ワードで書いてるんですが昨夜操作ミスで消してしまい落ち込んで
    発狂していました
    時間かかってわるいなあと思っています
    ここからもワード文章消えてしまって書き直ししてるんで時間かかる
    かもですが優勝者発表するまで寝ません 笑
    2/25 明け方までにはしますんで!

>>385-386 「半月光」 ID:plw7P1fvさん
子供の小さな手からはじまる、空気がキーンと静まり返って青い濃淡、映画をみているような感覚に
とらわれた。
作者さんの持ち味なのでしょう、文章に独特の切れがある。情景描写が美しく影を見る作品でもある。
時間の経過も影の動きの様に静かに進む。表現しているのは情景、母、父の背景。この部分に子供の
温もりか実に上手く反響していて、漂う憂いと夢の中のような雰囲気にリアリティーをもたらしてい
る。夜の持つ闇の黒さを影に変えて、月光、窓辺にきり取った青い風景と人物画が並ぶ美術館のよう
でもある。でも、動いている、子供の存在がこのカットという絵画達を動かすように。
内容について。解釈は描いているものの絶妙な対比があるので私はあえて書かないでおく。
優れた感性だとおもう。何気ない一行一行のカット。想像しながら読み進めると、母の表情と子供の
感情が空に炙り出されてくる。これを私は「青い薔薇の肖像」と名づけたい。唸った。う〜。




413 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/24(金) 22:16:57 ID:oFFzhQ5w

>>389 祈 り ジジ氏さん
お題から外れているけど、気に入ってしまった作品。
旋毛に頬を寄せているという状態、親密さでも安心感のある関係がうかがえる。
こういった気持ちに説明などできるわけがないけれど、旋毛を見て物思うという身に思えがあるから
かもわからない。守るべき、愛する存在という黙過。
くるくる頭皮に生えた旋毛を見ている。姿勢、いろいろ想像できる。旋毛の持ち主は(女性)きっと
ささやかで平凡な今日であっても、旋毛を見ている人の温もりは忘れないし、その旋毛の奥にある頭
の中で何かもの思っているはずで。
好きでもない人、共有している時間のない人の旋毛を見たって何も思わないよ、この詩良い詩だ。
祈りとは日常的でささやかなものだ。
ちなみに私は二つ旋毛がある。(笑)

>>390 棺おけ  ID:saTVFux6さん
棺おけに入れてあげる花は好きな花にしてあげたいものだよね。
棘のある花を一本たりとも入れるな、人でなしと言われたとしても、やっぱり似合う花を添えたい
ものだよね。常識っていうのは個人の感情よりしきたりで、重んじる事柄が時代によって違うんだ。
この作品は、2つの読み方があるね。
相手(恋人、友人、夫婦、仲間)、親密さが深まっていく中で、「私が死んでしまったら○○の花以外飾
らないで、供えないで」とか会話したりする。青い薔薇がいいといった人が死に直面する状況なのか、
ストレートにそのまま感情を書いている。棺おけに足突っ込んでいる人への叫びにも近い。
もうひとつ。素直な作者さん。好きな人がいるのかな。これはラブレター。
気持ちをそのまま書けるうち書いておく過程ていうのも大切なんだと教わった。


414 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/25(土) 00:00:31 ID:oFFzhQ5w

「青い影の薔薇」 V

クローゼットの中の世界は、今日も晴天らしき静けさ。青い日差しにつつまれている。
墓石の脇には花が咲いていて、青白い花が雑草のように生い茂り、またここぞといわ
んばかりに咲き乱れて。天気予報は霙。雪が降るなんて、予報なんぞ誰の為なんだわ
からない、二月だというのに。蝉が鳴いている、クローゼットの中の世界。

よく見ると、扉の下に落ちている影は黒い三角で、影が黒いのは何故かを考えている。
この私や人、生物、植物、形あるものが存在出来るこの「私が物思う世界」は最初っか
ら暗黒の真っ暗な場所だったのか。太陽という燃え盛るエネルギーに依存して生き栄
えるのみ。全くもって、一固体の存在なんてちっぽけだ。自立などと唱えても、所詮
は太陽に依存している色彩Deeply involved>>389の一粒でしかない。
青い影を持ち、青い日差しがクローゼットの中にある。
本当は何色をした景色なんだろうと、いくら思い巡らせてみても、ならないピアノが
こっちを見て笑うGrow light>>384。誰かが触れないと音を奏でない、黙ったままのピ
アノが。
       ........,,,,,..           ...  .. ..              
       ...,,,;;;;;;,,.....      ... 、/⌒`⌒'^\;;;~ヽ           
      ......,,,,,;;;;;;; ,,,.... _;;/'⌒´ヽ        ..ノ⌒\....          
  .......,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;; /  ⌒ノ::.....   ヽ;;;;:::....'   ''''⌒ヽ ,,,/''ヽ....,,,,,,      
    ......,,,,,;;;;;;;; ;;/   /     ::::、

415 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/25(土) 00:01:45 ID:oFFzhQ5w
/    ......     ′`..~),,,,ノ         
         ⌒ヽ;;;;  ..ゝ   ,,,/'',,、.../⌒'''\,,ノ, :::::.  ..'^/⌒         
       (''ヽ ヽ....    ,,..:::⌒ゝ ヽ丿     く.....:::)ノヽ人,,,          
    /⌒`'ヽ;;; \(´丶,,, ^\      ...,,,,,丿`へ'丿\.... 7,,ノ⌒)        
   (  ,_  .::  丶) '''^ゝ;;, ^~),,,,/`⌒V`l........  ⌒ヽ、へ/'''⌒~\.....      
   ('  (⌒^':...  .:;;;ヽ,    '''' 7丶^Vノ)  ,,,,/^⌒⌒`^...)´ ''~..ノ⌒     
    \  `'::(    ..:::;;;:ヽ,   (^\  ./` /⌒丶ノ⌒   /'ゝ/,,,../''''⌒`ヽ,,,...,...        
   (     ..:::'  ,,,,,,  ::''\ (::.... \... ノ ^^`⌒^)`     ..)ノ....,,/,,,,,,/⌒/⌒  

「青い影の薔薇」 W

駒の動かし方だけ覚えていて、追い詰め方を忘れて絶句するのはゲームの話。
クリスタルのチェスセット、それだけがベルベットに包まれて横たわっていた。ビシ
ョップを起こすと朝日を含んで私に眠りなさいと言う。そして、ジャグジーまで斜め
に突き当たりまで動いていくんだ。水面に溶けていなくなった光を追いかけていると
天気予報通り窓の外は雪になれない雨が降り始めてくる。


416 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/25(土) 00:05:31 ID:oFFzhQ5w
Become blue>>379コバルトブルーに揺れ惑うまあるい影が天井に三つ。目で追っ
ている。
1歩、2歩。ルークの歩みで。指先で触れたら消えてどこかに行ってしまった、まあ
るい玉の影。鏡のマス目に映っているのは、割れれば壊れる表情だというのに笑って
みる。
パタンとオートロックが響くまで、真っ赤という色は忘れていようと思う。
クイーンを何処に割って捨てたらいいのだろう。チェスなんて二度としないと誓って
も無いのに、何故かゲームを避けて呼吸を整えてきた。顔。クリスタルのチェスセッ
ト、ボードの市松模様に映し込んで見る。鏡できたボードに私が映る。
パズルのように、白いマス目と鏡に私が映る。
ピアノにちょこんと乗った光に振り返ればBecome blue>>381プリズムバイオレッ
トの細い光線がクローゼットの中から射していた。

綺麗ね、キング。チェックメイト。墓石から光の針が蠢く食指のように突き出してい
る。空っぽなはずの夏から声がする。あははは、クローゼットの奥から「あなた」の
笑い声が。
「貴方こそ大嘘つきだわ」
クローゼットの中から墓石の番人の鎌を持った「あなた」が歩み寄ってくる。一
緒に行きましょう、と付け加えたのはつけっ放しのテレビ。天気予報士も繰り返
し淡々とした調子で今日の天気を告げる。
貴方が薔薇になってくれれば一本だけで済むのよ。
貴方が薔薇になってくれれば一本だけで済むのよ。
貴方が薔薇になってくれれば一本だけで済むのよ。
本日は晴れ、晴れ晴れ晴れ、ピアノにこびり付いた青は遠くに、私はやっとクロ
ーゼットの中の世界に消えていくんだ。
私の首に当てられた鎌の曲線、目の奥一瞬でBecome NO blue>>380トランスペ
アレントバーントアンバー。


417 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/25(土) 00:06:57 ID:oFFzhQ5w

悲しい夢を見せる鏡なら割っておいたほうがいい。
青くなっちまえ。何がって全てだよ。あなたの足音、睡魔に誘われることも忘れ
させ、地下二階の駐車場。エンジンの響きもBecome blue>>390クリスタルブルー、
圏外表示で見えなくなったアンテナ、全部青く染まってしまうんだよ。メイビー。青。
空。
薔薇の花が好きだと言うはずの「あなた」は今から出会うのだから。
出会った時から知っていて、その棘に身を粉にすることを知っていながら。
未来を見ていることもあるって知ってるかい?
避けたくないはない出会いの影はBecome blue>>385-386 Cool blue。



END

 では優勝者発表します

418 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/25(土) 00:10:26 ID:bBm7qnRB
       ...,,,;;;;;;,,.....      ... 、/⌒`⌒'^\;;;~ヽ 
      ......,,,,,;;;;;;; ,,,.... _;;/'⌒´ヽ        ..ノ⌒\.... 
  .......,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;; /  ⌒ノ::.....   ヽ;;;;:::....'   ''''⌒ヽ ,,,/''ヽ....,,,,,,
    ......,,,,,;;;;;;;; ;;/   /     ::::、/    ......     ′`..~),,,,ノ
         ⌒ヽ;;;;  ..ゝ   ,,,/'',,、.../⌒'''\,,ノ, :::::.  ..'^/⌒
       (''ヽ ヽ....    ,,..:::⌒ゝ ヽ丿     く.....:::)ノヽ人,,, 選ぶのが難しかったそれぞれ違った持ち味だから
    /⌒`'ヽ;;; \(´丶,,, ^\      ...,,,,,丿`へ'丿\.... 7,,ノ⌒)ここに連ねることの出来なかった作品の中にも
   (  ,_  .::  丶) '''^ゝ;;, ^~),,,,/`⌒V`l........  ⌒ヽ、へ/'''⌒~\.....            良作はあったよ
   ('  (⌒^':...  .:;;;ヽ,    '''' 7丶^Vノ)  ,,,,/^⌒⌒`^...)´ ''~..ノ⌒
    \  `'::(    ..:::;;;:ヽ,   (^\  ./` /⌒丶ノ⌒   /'ゝ/,,,../''''⌒`ヽ,,,...,...
   (     ..:::'  ,,,,,,  ::''\ (::.... \... ノ ^^`⌒^)`     ..)ノ....,,/,,,,,,/⌒/⌒
    '''(,,,,,....r'''⌒`  \ ::: ) /^\::./⌒   )丶、⌒^) /^/⌒ , ̄丶 ̄ヽ ̄ノ
        ヽ,,,    .:::::\ ;;;⌒丶::'丶  へ::.ノ丶,,,/ ⌒./;;;;`''''''―――`'''''....


419 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/25(土) 00:11:19 ID:bBm7qnRB
_.....,,,ノ´ ̄''''(...;;;;;;     .::::~~) ノ´       ノ⌒´/^/;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,...... 絞って大概2作品まで絞れるんだけど
ヽ 、_ヽ \,,,,,''''\;;;ヽ ノ     '´ ̄^\ノ⌒    ,,,,,,、/´\;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,..........      今回はほんと集中してて
  \ ノ ̄彡 ̄'''ノ ̄ゝ,,,,_   ;;;;..⌒'''''      .....   `);;;;;;;;;;,,,,,,,......,,,../''''⌒`ヽ,,,.....,,,,,,..... 優勝にふさわしい作品が
   `―――''''''  ( ̄` ........ ノ^⌒`::::  く.....  ,,,,,,, ....::::./⌒,,,,,........  ノ....,,/′ /,,,,,, /       複数あった 
           ,,,ノ⌒`          ....ノヽ⌒^⌒''\..ノ,,,../'''' ̄`ヽ,,,.....ノ)丶 ̄ヽ ̄ノ
            ⌒^''''''''~'ヽ−、...... ......ノ⌒;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,........ノ....,,/ /,,,,,, /`'''―`'''''
以下5作品は10回は読んでる^'''''''''''~^⌒;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,...........,,, ̄丶 ̄ヽ ̄/
優勝しておかしくない作品と思いました.......,,,,,,;;;;,,,,,..........    `''''''―――`
評を書いた後でも読み直して発見した部分も多かった
私では読み取れなかった部分もあることと思います。
得るものが多かった。

420 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/02/25(土) 00:20:40 ID:bBm7qnRB
お題『青い薔薇』

『優勝』 青い薔薇しか咲けない世界観
>>365-371 「アンジェラ」ID:P2yg1QAR氏


『準優勝』 優勝レベルです今回の準優勝は
>>355-358 「御伽話」ID:AasbNZUJ氏
>>360 「庭で」 大木人氏
心を反映させる表現の見事さがありました

『佳作』
>>379-380 (ノンタイトル組み作品) _◆UnderDv67M氏
>>385-386 「半月光」 ID:plw7P1fv氏
この二作品の視点に価値あり

長らくお付き合いくださってありがとう。楽しかった。
                         竹輪


421 :名前はいらない:2006/02/25(土) 00:23:10 ID:5uh8Rqb/
通りすがり
コンクールじゃ、一位がなくて三位ふたりとかもあるから
無理すんな
また、のぞかせてもらうさ

422 :やさしいあくま:2006/02/25(土) 09:55:21 ID:dR+tp1Mq
>>354の「おちる」書きましたやさしいあくまです。名前の記入を忘れてました。
メタリック竹輪さん、評価ありがとうございます。
批評全部読みましたが、ここまで作品のなかに入っていけるのもスゲェ!!と思いました。みんなうまかったですね。お疲れ様です!


423 :シオン ◆poetsyov/2 :2006/02/25(土) 10:14:56 ID:iJiTZntV
「御伽話」を書きました。思わぬ高評価をありがとうございます。
元々は童話として書いていたものの、妙に長く説教臭くなったので、
お蔵入りにしていたものだったのですが、
今回、御題を見て思い出し、ポエムとして再構成して出しました。
内容をこそぎ落とす作業は大事だなと、書き終わってから思いました。
ただ、落としすぎた気もするので、もう一度書き直したい作品でもあります。

読み応えのある批評、お疲れ様でした。
優勝の「アンジェラ」ID:P2yg1QAR氏、おめでとうございます。

424 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/02/25(土) 23:31:05 ID:9JOql69u
竹輪さん審査,お疲れ様でしたm(_ _)m
『にっこり』を書いたミミンです(笑)
評はうれしくコミット詩も楽しく読まさせて戴きました♪
優勝者さん,おめでとうございます!

425 : ◆notePDkbPQ :2006/02/25(土) 23:46:56 ID:Z3qufaVH
「青い薔薇」書きました。竹輪さん、調べものまでしていただいて、ありがとう
ございました。私のは題も含めてミもフタもなくストレートで、皆さんのにくらべると
深くないですねー。アンジェラさん、おめでとうございます。
あと、「祈り」私も気にいっちゃいました。

426 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/02/26(日) 01:49:37 ID:RbXShRBZ
失礼します。>>365-371アンジェラを書きました。竹輪さん、ありがとうございます。
竹輪さんの詩が素敵。AAもかっこよし。。。実際の青薔薇を見てみたいと思いました。
色で評されたのが嬉しく、でも「フタロシアニンブルーレッドシェード」は
知らない色で、これも実物見たいですね。単体で買おうかなぁ・・・と思いました。
評もみっちりで、お疲れ様でした。参加された方もお疲れ様でした。
おめでとうをありがとうございます。


次のお題は「ブルース」で、お願いいたします。
それぞれのブルースをお聞かせくださいませ。。。

    〜♪

   '⌒`⌒ヽ
  i ((`')从ノ
  ,,ゝ青∀江)  ドドゥビドゥビドゥビドゥビドゥバ…アーン
 _(__つ⊂__)_    

427 :にぃちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/02/26(日) 02:54:12 ID:pXU9c5I8
金属竹輪さん、読んでいただきまことにありがとうごじゃいました。
おどけてはいるものの本音が所々混じっているというのは本当でありまして、嬉しい評文でありました。
ちなみにタイトルは中森明菜の「ブルーローズ」の一節です。^^
それにしても「青い影の薔薇T〜W」凄すぎ。ノリに乗ったときの竹輪パワーを存分に魅せてもらいやした。
心霊写真さん、またもや素晴らしかったです。作風がいつも全部ツボです。
しかも次のお題「ブルース」いいっすねぇ。
というわけでまたもやコンペと関係なく露払いさせてくらはい。↓

『伊勢佐木町ハードコアブルース』

若い姉ちゃんの茶髪や付けまつ毛見たって驚かないのは
姐さんの金髪や化粧が幼稚園の頃の頭に刷り込まれているからさ
若い姉ちゃんの喘ぎ声聞いたって本物のエロス感じないのは
姐さんの紅白でのスキャットが今でも耳にこびりついてるからさ

エルマーバーンスタインの黄金の腕みたいないかがわしいトランペット
辺見マリの経験よりアダルトでキャバレーの照明に映える吐息
ロッドスチュワートや八代亜紀よりずっとずっとえげつないハスキーヴォイス
背中の大きく開いたドレスにはミラーボールのようなスパンコール

姐さんもう一度歌っておくれよ ミシシッピデルタに負けないあの泥臭いブルース
姐さんもう一度拝ませてくれよ シカゴに負けないあの猥雑でパワフルなブルース

俺も今では半ズボンの子供じゃない 
やっと姐さんの色気がわかる歳になったんだ
俺のレモンを絞ってくれよ
紅茶の中なんてネンネは御免だぜ
淫靡に輝くブランデーの中に
伊勢佐木町で一番の店のブランデーの中に


お粗末さまでした♪

428 :名前はいらない:2006/02/26(日) 05:15:24 ID:3hQ9ua0D
妄語ブルース
「パメリオ オ ノ マサッリカー」

ある日師匠に聞きました
どうして才能をホシイママにするやつらがいるの?
そんなの許されていいの?

人間は生まれる前に神様から持分をもぎ取ってきた
恵まれた人間は生まれる前に強欲を発揮したやつだからだめ
悪人

と薄笑いしながら教えてくれる師匠の顔を見て
それが真理と直感したよ

パメリオ ノ リア マサッリカー
(そんな毎日切なくて)
シャメラリア リム テニンダク
(脱却図り 失敗す)

意味のない言葉を毎日吐き散らしながら何とか生きる毎日
毎日 と今二回言った。
ボケたか?

429 :ジジ:2006/02/26(日) 15:43:59 ID:uAYcuO1g

スマトラ沖の大地震による大津波で 妻子の行方が知れないという男がテレビに映っていた。
彼は異国から来て 日本人の妻と結婚し娘を一人もうけていた。 
そして年の瀬の旅行先でこの津波に遭い 妻子とはぐれたままだという。
(今朝の新聞では被災者が三十万人にものぼると伝えている。)
・・・・・・・・・・・・・・・・神様 ブルースはもうたくさんだよ。
彼は以来 幾度も現地の救助団体や支援施設を訪ね 自ら二人の消息を探し続けていた。
どんなことがあろうともずっとそしてかならず 二人を探し出すのだと彼は言う。
もう幾日も眠れないのだろう。食欲もないのだろうに
すっかりやつれきった顔を上げながら「もう僕の人生全部使ってもいいよ」と。

彼の言葉は激しく僕の心を撃った。そしてとめどなく涙が流れた。
それは彼の身の上を見舞った悲劇を思い量ったが故なのだが
一方そんな哀しい人生の使い方があるのかという思いでもあった。
(津波は彼の妻子のみならず 彼の人生をもまた押し流してしまったのだ)
そしてまた彼の内に「父」として「夫」としての覚悟を見たせいなのかもしれなかった。
知らず 僕はこう願っていた。(神様 ブルースはもうたくさんなんだ。) 
「二人はどこかに無事にいますように。彼の願いが叶いますように。」と

安穏とした暮らしの中 ブラウン管の前
小さな僕は娘の小さな手を握りながら ただひたすらにそう祈っていたのだ。


430 :ブルーノートを染め直せ!・1:2006/02/26(日) 17:24:23 ID:peKHzogi

青い色が好きだった
青い色というものが好きだった
薄汚い町並みを
世知辛い人込みを
見下してある空の青
ひんやりとした静けさに
ひたりこんでしまえたら
安らぎをもらえると思っていた

ボクの中の青すぎる空

叫ぶことは苦手だった
叫ぶ言葉を持たなかった
歌うことは得意だった
歌う思いは持たなくとも
歌詞はそこにあったから
こだます歌詞の言霊に
震える心はなかったけれど
誰かを震わすことはできた
たぶん できたと言われてる

ボクの中の青すぎる空


431 :ブルーノートを染め直せ!・2:2006/02/26(日) 17:25:23 ID:peKHzogi

青い色が好きだった
足元の花も見えないほどに
歌うことは得意だった
自分の声が枯れるほどに

ボクの中の青すぎる空

ブルーノートは青の塊
爪が割れるほど弾き続けても
今もあの頃と変われないつたなさで
今もかたくなにあの頃の青さを求めていたりする

                       − おわり −

432 :名前はいらない:2006/02/26(日) 23:39:34 ID:vL+peYMZ
悪魔の視線が飛び交う!!!!!!!!!!!!


433 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/02/27(月) 00:08:43 ID:8O5RT6sK
『bad loser』

欲しい…欲しい
そればかりね
そんなに大切?
陽が昇れば仕事に追われ
陽が沈めば酒場にもぐり込む
それでいいじゃない



欲しい…欲しい
そればかりね
そんなに必要?
昔の話を大事に抱え
浸る場所がある
それでいいじゃない



これ以上,望んでどうなるの?
どうにもならないのに…

434 :ギムレット:2006/02/27(月) 03:26:10 ID:JBAP3iv+
「タガタメ」

地下室の扉の向こうはまさに狂乱の王国
とろけるピザはまるで時間軸へのオマージュ
実験室の薬品みたいに無秩序に並ぶカラフルなカクテル
古い映画のような質感の木製家具に 雑誌のコラージュみたいな衣服
陽気に騒ぎながら大音量で流すブルース
奴隷時代の黒人の叫びをBGMに愛を語り合う若者達
誰が何を叫ぼうと彼らの耳に届きはしない
彼らはとにかく忙しく きっと今は人の死にすら無関心だ

何人にも振られ傷心の寂しい男が
ギムレットを片手に孤独を味わいふと耳に意識を向ける
黒人の野太いビートが暴力的に体温を奪っていく
高濃度の黒蜜に漬けられたみたいにゆったりとブルースに溺れ沈んでゆく
途切れた演奏に気付けば一人で万雷の拍手
しらけた視線が何本も刺さり句読点のような溜め息

ブルースは続き誰も聴いていない 一人を除いては
男はかじりつくような衝動を抑えて 音響を暖炉のように見守り続ける
男と女は会話から対話へと移り 世界から2人以外を排除してゆく
一人はブルースの海に沈みきり 温かい孤独に酔いつぶれる
夜が緩い傾斜を滑り落ちてゆきつまらない朝に変わるまで
各々がその国境の中から一歩も動かない

冷たい明け方まで生き残ったブルースは
誰が聴こうと聴くまいと たがために その存在を誇らしげに響かせ続ける
眠りについた21世紀の若き異国の者達がどうしようと無関係に
その古き叫びを 平和への祈りのような叫びを 
魂だけが古い時代から一歩も動かずに
ただ太陽のような一点の光だけを見据えて 力強く確かなる希望を込めて

435 :名前はいらない:2006/02/28(火) 10:08:17 ID:ieydZbPs
「ブルースってなですか」

ひとがひとり
それは、ブルースだ
波止場に汽笛が鳴らずとも
酒場のグラスが散らずとも
修羅場にナイフが飛ばずとも

行き場がないのを知っている
満たされないのを知っている


ひとがひとり
それだけで、ブルースだ
呻き声さえあげずとも
めだつ傷あと負わずとも
孤独な暮らしを知らずとも

抜け出せないのを知っている
夢の最後を知っている


ひとがひとり
それでもう、ブルースだ
めちゃめちゃかっこいいではないか
考えようによっては

436 :written:2006/03/01(水) 22:26:49 ID:rwAvG3ny
〜某日〜

メロディは横 ビートは縦
ブルースを少々滲ませておけ

その座標軸の一点に 僕

437 :やさしいあくま:2006/03/02(木) 20:05:37 ID:3YW4gTLp
おっまだ10作品揃ってないみたいなので協力。


438 :やさしいあくま:2006/03/02(木) 20:22:30 ID:3YW4gTLp
「胸にブルース」

ジョッキがぶつかり合う
これぞ仕事の醍醐味と
ビールをガブリ テーブルにドカリ
罵声と唾が飛ぶ
無作法こそ酒場をエンジョイするコツだ

だが彼女があらわれると違う

口説く男も口説かれる女も
酒の力で陽気なヤツらも

一瞬落とされる証明の演出に
野次を飛ばす者はいない
一様にどこからあらわれるかわからない
彼女を探す

最初に見付けるのは決まってスポットライト
そしてブルースは始まる
ささやく低音に飲み込まれる
ピアノはいつのまにかリズムを合わせていて
離脱した意識を俺等に戻してくれる

細いヒールを爪先で弧を描く
黒いドレスの美女
彼女は黒以外を身につけない
マイクに口付けするように
愛なんてと言いながら愛を唄ってる
気紛れに手を付けては あっちいってと突放す
胸に抱くのは黒猫と花束     (つづく)


439 :やさしいあくま:2006/03/02(木) 20:32:09 ID:Djrk0/DC
       (胸にブルース/つづき)
前に彼女はバレリーナだったと
誰かが言っていた
こんな時代でなきゃ続けられただろうに

大勢が夢や仕事を失った
家族や恋人を失った
国のために家族のために未来のために
奔走し気付けば生き残ってる
終戦の記憶だけ残して

残されたものたちは細々と
新たな時代をしたたかに生きた

彼女もまた残されたひとり
胸に抱くのは愛と悲しみ
いつも誰かのために唄ってる
追悼のブルース

この時代に流れた ブルース


440 :やさしいあくま:2006/03/02(木) 20:36:08 ID:4HyMBoLN
あと1作品!!!お題はブルースです。


441 :名前はいらない:2006/03/02(木) 21:56:59 ID:nkqKO9G1
よう、ひさしぶり あんま変わってないなぁ
いやぁ、俺ふけたやろ?そう?うれしいわ
なんや、おせじか、うるさいあほ
なぁ、なんか、うん、え、どこ行くん?
あ、ほんまぁ、懐かしいなぁ
よぉ行ったなぁ、ほんま、よぉ行ったなぁ
俺やずっと行ってない ふーん、今でもよぉ行くん?

不思議や
あん頃みたいにドキドキせんなぁ イライラもせんなぁ
おだやかに、ずっとおだやかに 話ができるなぁ

雨、降りそうやな
雨なんて怖くなかったのにな むしろはしゃいでたよな
そのまま車に乗り込んで そのまま、うっひゃっひゃっひゃ
今や雨が降ったら、エレベータに閉じこもりたくなるわ

不思議や

もう、口で確認せな分からんようになってるな
元気か?俺も元気やで
ずっと元気でな、え?それは無理?ひゃっひゃっひゃ
まぁ、んじゃ、またな、また、な、また

442 :名前はいらない:2006/03/02(木) 22:05:05 ID:nkqKO9G1
お題:ブルース 審査:心霊写真 ◆Mummy.hmy6

>>427 『伊勢佐木町ハードコアブルース』  にぃちぇ ◆UQRl.WeFEk
>>428 無題 ID:3hQ9ua0D
>>429 無題 ジジ
>>430-431  ブルーノートを染め直せ!
>>433 『bad loser』 ミミン ◆4fCTWDhugY
>>434 「タガタメ」 ギムレット
>>435 「ブルースってなですか」  ID:ieydZbPs
>>436 〜某日〜 written
>>438-439 「胸にブルース」 やさしいあくま
>>441 無題 ID:nkqKO9G1

10作品集まりました。

443 :名前はいらない:2006/03/04(土) 00:23:16 ID:zRBqpDR/
降霊まち

444 :携帯心霊写真:2006/03/04(土) 02:15:57 ID:uZxLr1Zg
>>442さん、おまとめ、どうもですー(・O・)/
それでは審査を開始します、が。
申し訳無いですが、しばらくかかります。
今は携帯でトライを試みるも読みにくく断念。
自宅に帰ったら、速かにパソから評を書きます。

>>443霊と言えば真夜中より、
朝方に出る幽霊の方が怖いって聞きました。
あと霊には関係無いけど
寝言を言う人に話かけちゃ駄目なんだって。
話が成立するとさらに何かが駄目らしいよ。
何が駄目なんだろうね。
あと、お風呂でシャンプーとかしてる時に
なぜか突然怖くなって
早く目を開けなくちゃっ…てなる時は
確実に真後ろに幽霊がいるんだって。
いやーん、だね。
では、アナウンスまでm(_ _)m

445 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/03/04(土) 04:01:24 ID:G3+LoaoR
 (賑やかしとして書いてみました勿論審査からはおもいっきり除外品)審査ガンガって下さい
『黒珊瑚ブルース』

ヒールの踵が削げたと泣き喚く女
丸い影を愛で 歌うように泣いている
後れ毛を気にしながら

 I want to become an ash       I am a black coral
    The lie is an unskilled woman
 It reaches the shore of you at last
  I want to become an ash       In your hand

通りすがった俺
手を握り締めた女
屈んでみたものの
牛革捲れ 真っ赤な小さな舌
ぺろり皺寄せて笑ってら

排気溝の四角 鉄格子の横
瞼に沈んだ一筋銀色のラメ
グロス塗り立ての歌声

「灰になってしまいたいわ」
 燃えつきて 海色の灰になりたいと歌い
 凍えている

 自動販売機二本目の缶が落ちる音
 振り向くと消えていた女
笑って港区1.7Km走る
 波間の丸い影海に走る
 俺

446 :ゼッケン ◆ZKKEnLZjOY :2006/03/04(土) 14:08:35 ID:mB++fymm
私も賑やかしたい。

「再会」

桜はまだ咲いていなくてさ
まだかたい蕾がきみのに似てると思った

思い出の花が裸の枝に咲き始め 花吹雪 舞い始め、

思い出が散っていく公園をふたりで歩いた 積もっていくね

きみはうんと答えてばしゃんと水に戻った それは本当は椅子が倒れる音で

ぼくはようやくぶらぶらと揺れて 桜の花びらが舞っていて

447 :審査ガンガレ:2006/03/05(日) 01:05:01 ID:qRxh5irW
「悲しい色やね」 歌:上田正樹

滲む街の灯を ふたり見ていた
桟橋に止めた クルマにもたれて
泣いたらあかん泣いたら 切なくなるだけ

Hold me tight  大阪ベイ・ブルース
俺のこと好きか あんた聞くけど
Hold me tight そんなことさえ わからんようになったんか

大阪の海は 悲しい色やね
悲しみをみんな ここに捨てに来るから


夢しかないよな 男やけれど
一度だってあんた 憎めなかった
逃げたらあかん逃げたら くちびる噛んだけど

Hold me tight 大阪ベイ・ブルース
河はいくつも この街流れ
恋や 夢のかけら みんな海に流してく

Hold me tight 大阪ベイ・ブルース
きょうでふたりは 終わりやけれど
Hold me tight あんたあたしの
たったひとつの 青春やった

Hold me tight ……



448 :審査ガンガレ:2006/03/05(日) 01:06:11 ID:qRxh5irW
↑審査までの単なる賑やかしでした 失礼

449 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/03/06(月) 02:39:16 ID:GUhTksJ4
審査開始します。遅くなり申し訳無いです。

>>427 『伊勢佐木町ハードコアブルース』  にぃちぇ ◆UQRl.WeFEk

これは・・・このポエムの後には、おそらく、
デルタブルースが始まるんですね。(この場合のデルタは別の意)
姐さんとは青江の姐さんでしょうか。
幼稚園の頃にブルースをわかっていたとは、、、
おませな人が成長すると、渋い趣味になるものですね。

俺のレモンを絞ってくれよ

良いですね。セクシー。そんな事言ったらば、
ハスキーボイスをもっとかすれさせて、絞りつつ、
何か歌ってくれんじゃないでしょうか。耳元で。
息遣いまでブルースに。とか、ね。

>心霊写真さん、またもや素晴らしかったです。作風がいつも全部ツボで(ry
心にメモしました。愛の告白とみなしますので、以後夜道にお気をつけくださ(ry

ひとまず素敵な露払いをありがとうございます。

450 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/03/06(月) 02:47:50 ID:GUhTksJ4
>>428 妄語ブルース ID:3hQ9ua0D

面白いね。シニカルな感じ。妄語とは造語みたいなものでしょうか?
湿っぽい内容ながら、語り口調が硬質で惨めで空虚な雰囲気のブルース。
才能あるものに強い憧れを抱きながらも、憧れに勝る嫉妬心でしょうか。
短い文ながら伝わりやすく、構成がとてもお上手。

パメリオ ノ リア マサッリカー (そんな毎日切なくて)
シャメラリア リム テニンダク (脱却図り 失敗す)

毎日 毎日 と今二回言った ボケたか?

妄語のリズムと最後の言い回しが良いです。寂しいなぁ。
なんかプスって笑いたくなるし、悲しくもなるし。
素直に嫉妬できることは良いと思うんですが。向上心に繋がらないかな。
確かに才能ある人間は、何事も平均以上にこなされる場合が多い気がします。
逆もあるけれど。才能を発揮できるもの以外はてんで駄目な場合もあり。
詩の主人公は自己の無力さを嘆き、見えないものにすがり、
一人妄語を呟き、いじいじとした日常を送り、諦めを内々で自己完結。
それはそれで立派な才能になり変わるエネルギーなんじゃないかしら。
と読んでる私が思ったところで、主人公はそんな日常が嫌で切なくて
何とか才能を身につけたいがやっぱり無理・・・なのか。そうなのか。
妄語が面白いですね。挑戦してみます。

モンテルハ・・・ポサパ ルコナンデ  (大丈夫・・・だと思うんだけど)
ピルトレ アモン サルナリヤ  (失敗したと思っているだけ)

って造語は駄目だし、評にもならずに語って野暮だったですね。
諦めのブルースに聞こえて、ついつい諭すような言葉を言いたくなるんだね。

451 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/03/06(月) 02:56:21 ID:GUhTksJ4
>>429 無題 ジジ

悲しいなぁ。。。

食欲もないのだろうに
すっかりやつれきった顔を上げながら「もう僕の人生全部使ってもいいよ」と。

ほんとうにね。悲しい。悲惨な災害であったと思います。
本当にあった事だし、この詩も実際のニュースを見てだろう。
しかしジジさんとやら、えらい大きな題材持ってきましたね。
なんか評と言うより、その災害に対しての私の感想になりそうで、ちと難しいです。。。

一方そんな哀しい人生の使い方があるのかという思いでもあった。
(津波は彼の妻子のみならず 彼の人生をもまた押し流してしまったのだ)

もう、ほんとうにね。なんて波なんだ。自然は恐ろしく。
日本では津波ってサザンの歌が流行ったけれど、もしリリースした日が
その災害直後とかだったら、取りやめになってただろうとか、不謹慎にも思いました。
しかし自然にかかわらず、時空のひずみみたいなものはそこらにある。
はまり込みませんように。はまった時は抜け出すのを楽しめる余裕を。
余裕はまったく素晴らしい・・・ってのも気軽に言いにくい位、重い題材です。。。
可哀相だ。詩中の彼が可哀相だ。って感じさせるって事は作者さんが非常にうまいって事だ。

「二人はどこかに無事にいますように。彼の願いが叶いますように。」と
安穏とした暮らしの中 ブラウン管の前 小さな僕は娘の小さな手を握りながら 
ただひたすらにそう祈っていたのだ。

詩の主人公が父である、ゆえに、彼の願いが余計に人事に思えない事が
切々と伝わります。伝わりますが、もう祈るしか無い事なのでしょうか。
その小さな娘の手を握って祈るだけなのでしょうか。
重いブルースはもうたくさん、です。。。

452 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/03/06(月) 03:17:21 ID:GUhTksJ4
>>430-431  ブルーノートを染め直せ!

もしや書いた人はバンドマンさんかい?
あるいは今、音楽に夢中になっている人かい?
歌を愛する気持ちを感じたんだね。

ブルーノートは青の塊
爪が割れるほど弾き続けても
今もあの頃と変われないつたなさで
今もかたくなにあの頃の青さを求めていたりする

難しい言葉は何一つなく、音楽に対する熱さを感じました。
題は!マーク付きで、とっても勢いがあるんだけど
中身は淡々としていて、音楽を愛する青年の言葉に聞こえました。
青臭い人間の大袈裟じゃない青い言葉。素敵だね。
あの時の初心を忘れず、青いままでいたい。
青年の切ないブルースかな。切なさが清清しいね。

>>432 大丈夫かい?何があったんだ?

>>433 『bad loser』 ミミン ◆4fCTWDhugY

昔の話を大事に抱え
浸る場所がある
それでいいじゃない

それで良いよね。ってそれで良くないのが、男のブルース魂でしょうか。
いや黙って男の愚痴を聞きつつ、実際は男を手の平で転がしつつ、
自分はワインの入ったグラスを転がしつつ、みたいな感じでしょうか。
酒場で女は一人呟く。人生はポエム。酸いも甘いも知り尽くして
一周して刻んだ皺がセクシーな、バーのママのトーキングブルース。でしょうか。
うむ。。。し、渋いですね、ミミンちゃん。可愛いお名前なのに。。。

453 :心霊写真 ◆Mummy.hmy6 :2006/03/06(月) 03:46:44 ID:GUhTksJ4
駄目だ。このペースじゃ間に合わない。。。
明日の夜から旅行に行くんだね。まったく私的な理由で悪いんですが。
帰ってくるのは3月9日で、書き込めるのは多分10日の夜なんだ。
まどろっこしいだろうから、先に優勝者さんだけ書きます。
もう決まってるので、後の方の評は帰ってからという事で。。。
(上記の評も走り書きで、読み直すうちに、
 さすがに、もうちとまとめたいと思ったのですが、時間無く)、

後に議論スレとやらに(こないだ発見)書きます。
ごめんなさい。申し訳無いづくしです。

優勝 >>441 無題(うっひゃっひゃ)ID:nkqKO9G1  
関西弁にて呟きブルース。まぁ、ひたすら共感しました。ちゅー事で。

まぁ、んじゃ、またな、また、な、また ←この辺の切なさがとてもブルース。

準優勝 >>430-431  ブルーノートを染め直せ!
青さがよろしいな!

賑やかしありがとうございました。また後ほど。
では失礼いたします。。。

454 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/03/06(月) 21:46:03 ID:8ODP36ox
>>441「うっひゃっひゃっひゃ(仮)」を書きました。
ブルージーに歌ってください。

では、次のお題は

「手」

10作品お待ちしてます(快∀楽)

455 ::2006/03/07(火) 02:23:46 ID:kh8tFJLo
凍えた季節に
握り締めた淡雪
掌でいつの間にか
溶けてしまっていた

無知な僕は
期待して
繰り返して
気付いても
知らない振りをしていた

そうやって
また君を傷付けて


暖か過ぎた手を
君の華奢な指先に
赤い糸も
銀の誓いも 何も無い

冷たい雪の指先を
知らずに溶けて 消した
ただ
君に触れたかった

時間は流れ春は来る
君と過ごした時は
雪の儚さ
白く染まる言葉も
夜に混ざっていった



456 :名前はいらない:2006/03/07(火) 03:12:22 ID:XPcm3Mru
愛だけで人は生きるのだろうか

例えば
http://c-docomo.2ch.net/test/-/jsdf/1132732020/579-

457 :名前はいらない:2006/03/07(火) 04:54:49 ID:B6Z8JQTq
指先が震えてる 凍えそうな夜は 僕のそばに来て 淋しそうな手のひらに 素敵なものをのせてあげる でも一つだけ約束してほしいんだ 口臭がひどすぎる。いますぐ歯医者さんへいきなさい

458 :1/2:2006/03/07(火) 05:21:53 ID:5b5pM5k9
気が付けば
僕の手は君の顔に触れている

君が少し気にしてる広い額
華奢な鼻
少女の様な薄い頬
僕はそっとそれらをなぞる
彼女の呼吸を感じる

君はいつもわたしの顔を触ってるね
そう言って彼女は微笑む

僕は
確かめたいんだ
刻み付けたいんだ
君がここにいる事を


459 :2/2:2006/03/07(火) 05:22:32 ID:5b5pM5k9
そうしていないと
君がどこかに行ってしまいそうで
僕の知らないどこかへ

僕達の出会いはきっと運命で
二人が絶対離れられないなんて事
これっぽっちも疑ってないけど

だけど僕は不安なんだ
何かが君を攫って行ってしまいそうで
ある日突然君がいなくなってしまいそうで
とても不安なんだ

ねえだから
もう少しだけ触れていていいかな
見つめていていいかな
ありきたりな台詞だけど
君の事がとてもとても大切だから


460 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/03/07(火) 14:04:07 ID:QCmpuxrE
『仕草』

しゃぶる…
握る…
擦る…
そんな仕草に酔い



繋ぐ行為に躯をあずけ
私に縋る君へ共に逝きん


461 :名前はいらない:2006/03/07(火) 14:20:57 ID:IlAzSSzL

どっしとおとうさん いちばん力持ちさん
ときどき不器用でパソコンなんかは触れない
大変なとき握りこぶしで 皆を守ろうとするのは おとうさん

すらっとおかあさん いちばん働き者さん
せっせせっせと一日中休みもなく動きまわってる
お父さんと寄りそって小さな幸せ掴んでは 顔を皺くちゃにして喜ぶ おかあさん

ひょうひょうとおにいさん いちばん背伸びさん
オレの後に続いて来いと一生懸命頑張って今はいちばん遠くにいるよ
悪いことしちゃったら デコピンで叱ってくれた おにいさん

りんりんとおねえさん いちばんしっかりさん
ふだんは目立たないようにとそっと後ろをあるいてる
つかずはなれず優しいタッチで 支えてくれてるのは おねえさん

ぴよぴよなぼく いちばん甘えんぼさん
特技はコレといってないしいつまでたっても子供みたい
失敗ばかりくりかえして 頭かくのが日課の ぼく

いずれみんなハナレバナレになったとしても
根っこはちゃんと繋がってるし
5人ちからをあわせれば なんだって出来るよ ぼくたちは


462 :名前はいらない:2006/03/07(火) 18:53:40 ID:8uc4sAFQ
【隠喩はだめ】

こんなに密度の薄い日々が
真の人生であるものか
という恨みを抱きながら生きる
そんな奴はごまんと居る
ごまん?
なぜさんまんでは駄目か?

悩むことが許されない日々
許可が出ていない
何者かによる許可が必要なはず

悩もうとして問題に手を伸ばすと
手の先が駄目になる 気がする
多分 赤黒くなったりしている 恐れがある
手袋つけてるから直接確認できないが
手袋外すと見えるか?
観てどうするとも思う

隠喩ではなく 隠喩はだめ
そこに気取りが見て取れる
気取った人間が得意げに使うのが隠喩
私は気取らないから使わないという宣言を

463 :パトルイユ ◆hRJ9Ya./t. :2006/03/07(火) 23:29:26 ID:vP2Mxm8+
さかむけささくれ

グーチョキパーでビンタしてたあの頃
結った黒髪を人指し指に絡ませちゃって
気になってたのは隣のあの娘のほっそい手首
昨日の午後には掌かえして握手の政治家
黄色い爪が真っ赤な皮膚に食い込んでいるよ
痛々しさに両目を覆ったこの両手
この手は一体どんな手だ
世界の何処かじゃ右手は神で左は汚れた悪魔の手
可哀想な左利きに石を投げるのどちらの手
さあどちらの手

さかむけささくれ
さかむけささくれ
この手にあるのは
さかむけささくれ長い爪

464 :名前はいらない:2006/03/07(火) 23:42:28 ID:bEmW1cfr
「手」

エスカレーターをのぼる
俺のゆびを
ちいさな 暖かな手が握っている
足もとをみれば
赤い服をきた 可愛らしい
けれど 見知らぬ女の子
思わず言った
「俺じゃない」
彼女は エスカレーターを逆に降り
父を探して走っていった
ふん まだ嫁さんもいねえけど
俺、いい親父になれるかな

465 :名前はいらない:2006/03/07(火) 23:54:33 ID:px9IYsXT
途中経過ですよぅ。

>>455:掌:ID:kh8tFJLo氏
>>457:無題:ID:B6Z8JQTq氏
>>458-459:無題:ID:5b5pM5k9氏
>>460:『仕草』:ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>461:無題:ID:IlAzSSzL氏
>>462:【隠喩はだめ】:ID:8uc4sAFQ氏
>>463:さかむけささくれ:パトルイユ ◆hRJ9Ya./t氏
>>464:「手」:ID:bEmW1cfr氏

            // |
    ト、     / /  |  
     `、ヽ、   / ト'\  |   ,ヘ.
     ` 、\, へ.| iヾl / _/ 」 ヽ
      __V___  | i | / /     `゙ -、, - ァ  只今8作品。
      /   ノ\i、l ヽ{  ●i     </
     /  /  ノ~  人.   |_>'●   i'   あと2作品募集中ですよぅ。
     /     ,イ__  " ヽ       ノ  
    /  , -'"   `゙'ー'' ン    ー-ィ'"/\
     レ'"         (      、 ヽ ̄|.  >
              ト、     トーイ____|/
              |  >、___,イヽ=='

466 :名前はいらない:2006/03/08(水) 01:30:49 ID:pKRcq11+
【世界へ】

一日の終わりに
真っ直ぐに、両手を上に伸ばす。
華奢で弱々しく
天井にさえ届かないけど

受け入れるばかりの
柔らかな存在では在りたくないから
世界を蹂躙する為に突き入れる


二本の
男根であれ、と願う。

467 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/08(水) 02:50:40 ID:tE2hWfQH
「5 in 1」

みんなに包まれて親指は泣いた
薬指にキスをして
私はただそれを見て思う
中指の憂鬱を

みんなが揃っているうちはいいけど
いつか必ず離れていくんだ

人差し指が誰かを指差して
親指の足元がふらついたなら
私たちはきっと少しだけ遠くなるだろう
手の平にかいた汗を風に馴染ませて

中指はいつまでも忘れないだろう
もちろん私も忘れはしない
人差し指は薄情な奴なんかじゃないし
薬指もそこまで弱くはないよ
みんな親指が大好きだった

いつつはひとつ ひとつはいつつ

親指はみんなが大好きだった

468 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/08(水) 02:54:50 ID:tE2hWfQH
お題「手」 審査員:快楽童子 ◆plhXCa4.HYさん

>>455:掌:ID:kh8tFJLo氏
>>457:無題:ID:B6Z8JQTq氏
>>458-459:無題:ID:5b5pM5k9氏
>>460:『仕草』:ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>461:無題:ID:IlAzSSzL氏
>>462:【隠喩はだめ】:ID:8uc4sAFQ氏
>>463:さかむけささくれ:パトルイユ ◆hRJ9Ya./t氏
>>464:「手」:ID:bEmW1cfr氏
>>466:【世界へ】:ID:pKRcq11+氏
>>467:「5 in 1」:ねむい ◆yYGM98H44I

以上10作品。審査よろしくお願いいたします。

469 :やさしいあくま:2006/03/08(水) 10:18:01 ID:rI0ICz3E
あ…誤爆している間に10作品集まってる;ガクリ


470 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/03/09(木) 04:00:14 ID:Ej1VPSQR
>>455:掌:ID:kh8tFJLo氏
導入部がいい感じですね。
雪が溶けるという描写が時間の変化をうまく表していて
それが三連目まで背景のように流れていきます。
ただ、「無知な僕」というのがその後にくる「知らない振りをしていた」と重なって
少しくどいような感じがするのでどちらかの表現だけでもよかったかと思います。

四連目と5連目はややごちゃごちゃしたように見えます。
「赤い糸」や「銀の誓い」といった抽象的な表現がまじることでぼやけてしまい、
最終的に「君に触れたかった」という一文が浮いた印象になってしまいます。
ここは消えてしまった雪(手)を表現する部分ですから
あまり説明調になると興醒めします。淡い感じが欲しいです。
最終連も含めると全体的に冒頭部を説明している感がありますので
ここはシュっとすませたい所です。

>>457:無題:ID:B6Z8JQTq氏
手の平に素敵なものを見せてあげる寸前に
「口臭がひどすぎる」とはなかなかのやり手ですね。
いますぐ歯医者に行くことを約束させるなんて、
これは命令と言ってもいいんじゃないでしょうか。素敵ですね。
ちょっと校舎裏にこいや。

471 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/03/09(木) 04:00:43 ID:Ej1VPSQR
>>458-459:無題:ID:5b5pM5k9氏
僕、君、彼女といった代名詞が多用されていますが
作者の方ははきちんと分かりやすく表現しようとしたと思います。
ただ読んでみると「僕」やらが出てくるたびに
「ああ、『僕』ね。この台詞は『彼女』か。え?『君』?えーと、、、」
といった風にちょっとこんがらがります。
一番いいのはそういったものを書かずとも読んで誰の台詞か
誰の行動か心理か、といったものが分かるという感じです。

ためしにこの作品の代名詞を一切なくしてみてください。
そこでどうしても分かりずらい、または強調したい所に挿入してみてください。
ガラっと印象が変わると思います。
そこからまた文章を練り直したりしてみるのもいいと思います。
また、全体的に言うと手の印象がかなり薄いです。

472 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/03/09(木) 04:01:26 ID:Ej1VPSQR
>>460:『仕草』:ミミン ◆4fCTWDhugY氏
(;´Д`)ハァハァな導入にボクはまいっちんぐです。

さて、こういった短い詩は好みでもあります。
短い詩はどれだけ言葉を詰められるか。そこが勝負と勝手に思ってます。
あとは切れ味、後味といった味的なものです。
導入はいいと思います。ただ、後連は一転して硬い表現をもってきています。
これが味となるとどうも消化不良というか
あと一段あると思っていた階段がなかった感がします。

「仕草」という色っぽい主題ですのでそこをもう少し突き詰めてもよかったのでは。
あと、最終行はもう少し詰めると語呂的にもいいような気がします。
「私に」をはぶくとか。

473 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/03/09(木) 04:01:43 ID:Ej1VPSQR
>>461:無題:ID:IlAzSSzL氏
ひらがなを効果的に使ってどこか頼りない、または幼い視点をうまく表現しています。
「ぼく」は末っ子のようで、そこから語る家族の絆というものは
幼い感情がよりそれを増幅させ、いろいろな手に支えられている、
そういった感じが見えてきます。
よみやすくてとても好感をもてますがひっかかるような所がなく、
また全体の構成がやや単調なので一つ一つのエピソードを縮めて
ぎゅっと凝縮してもよいかもしれません。

また最終連以外各連の最初に擬音を持ってきてるんですよね。
それはかまわないと思いますが家族一人一人計5人にあてているので、
最後のほうはやや無理矢理感がなきにしもあらずです。
いっそ父母だけのエピソードにして手の暖かみ、つながりといったものを
強調させてもよかったかもしません。

474 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/03/09(木) 04:02:06 ID:Ej1VPSQR
>>462:【隠喩はだめ】:ID:8uc4sAFQ氏
二、三連目を読むとどうやら「悩むには許可が必要」であり、自ら悩もうとすると
「手の先が駄目になる 気が」して、でもそれは手袋をつけているから確認はできない。
そこでは「悩む」ということを管理されているような状況であり、その悩みの一例は
一連目の「なぜさんまんでは駄目か?」に表れていると思います。
その悩みを生むにあたった事象は「気取った人間が得意げに使うのが隠喩」
という表現であると思います。「ごまんといる」という表現は「気取った人間」が
悩む権利を放棄して使う言葉であり、手袋のまま肉をさばいているような、
「手の先」が「赤黒く」変色する様から目をそむけ、安楽として使ってるんじゃないかと。

悩みたい、でも赤黒く変色する自らの手を見るのは少し恐い。
しかし、それを「観てどうすると思う」という醒めた目線も持っている。
ここにきて本文中の「手」というのは己の恐れを示す試験紙であり
震えに近い本能的な反射を表している気がしてきました。
最終連では隠喩を放棄する、「気取らないから使わない宣言」をしています。
しかしそれは結局手袋をはずす勇気すら放棄してるんじゃないかと思います。

「隠喩は駄目」あるいは「気取った人間が使うのが隠喩」という気取った物言いで
結局管理されたままそれを受け入れているような印象を受けます。
肉を切るのに包丁を使うか手づかみかといった部分だけで、
結局手袋はしてるんじゃないかと。「気取り」と言った部分ではなく
「隠喩を使う性」みたいなのをを追求したものも読んでみたいですね。

あとひっかかったのは「ごまんと」って「五万と」だっけかなぁ、、、と。
調べたら「語源は巨万か?」となってるけど、まいっか。

475 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/03/09(木) 04:02:27 ID:Ej1VPSQR
>>463:さかむけささくれ:パトルイユ ◆hRJ9Ya./t氏
いきなりですが「グーチョキパーでビンタ」するって
ジャンケンだと思うんですが、すさまじいゲームですね。
ジャンケンブルドックなんかを思い出して懐かしい気持ちです。
前連は「あの娘」との思い出を様々な手の事例を書き出すことによって
時間・感情の変化などをうまく表してると思います。
ただ、少しその変化がスムーズにでてきていないような感じで
後連へのつながりが弱いような気がします。
特に「この手は一体〜」から三行が流れを阻害しています。
繰り返しを使って対象をうまく強調させている後連につなぐためには
すこしゴツい文章ですね。ズームアップさせるような文章が欲しいところです。

>>464:「手」:ID:bEmW1cfr氏
日常をスリラー風に書いてあっていい作品だと思います。
もう少し代名詞(俺など)を減らすと恐さアップかもしれません。
二行目なんか「ゆびを」だけにするとすごい印象的になると思います。
台詞のあとの「彼女」も「背中」とか別の表現にすればぐっときます。
こういう短い文章は説明調をできるだけ減らすとよりいい感じです。
最終行はエスカレーターの頂上に光が差すような
希望のもてる終わり方で、いいと思います。救いようのないのも好きですが。

476 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/03/09(木) 04:02:43 ID:Ej1VPSQR
>>466:【世界へ】:ID:pKRcq11+氏
「華奢」で「弱弱し」い二本の腕が「男根であれ」という表現は
静かだけれども強い意思を感じます。
また伸ばした両腕も「受け入れる」だけではなく「突き入れる」、
探し求めるんだという思いが伝わってきて
ストレートで青さもありますが、よい作品だと思います。

また全体の作風、また最後の「願う」という言葉から
もう少し漢字を開いて(ひらがなにして)もよかったのでは。
「真っ直ぐ」「為」「願う」はひらがなの方が効果的ではなかったかと思います。

>>467:「5 in 1」:ねむい ◆yYGM98H44I
指を効果的に使って家族でしょうか、それを例えてます。
ベタといえばベタですが、一つ一つの連が短めで雨滴が広がるように
しみじみとした情景を浮かび上がらせてます。上手いですね。
ただ、上手すぎるのか「手」の印象よりもそれによって表されるものの方が
強く感じられて、うまく手を使ったけれど少し弱弱しいところがあります。
一つ一つの文章もよく全体の流れもいいんですが、パンチが足りない。
あと一つ難を言うならば、指が主語になる部分があっちこっちいってるので
視点をどこかに定めればよかったかと思います。

477 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/03/09(木) 04:03:16 ID:Ej1VPSQR
【総評】
みなさん手をうまく使ってはいるんですが、小道具になってしまっている感がありました。
手という小道具で別の何かを表現している、と。
手以外のなんでもいいのでそれらを使ってもう少し「手」を表してほしかったです。

で、その中で自分が一番「手」の印象が残ったのは>>460です。
「仕草」という所に目をつけたのがよかったと思います。
そこをもう少し突き詰めていった作品もまた読んでみたいです。

それでは>>460の「仕草」を書いたミミンさんが優勝です!
おめでとうございます!

まとめてくださった方々アリガd
みなさんおつかれさまでした(快∀楽)

478 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2006/03/09(木) 07:22:48 ID:uXX5F7+B
快楽さん、審査ありがとうございます&おつかれさまでした。
>>461:無題:ID:iiAzikuso氏を書きました。いま嘘をつきました。
手をあれこれ動かして指を擬人化してみようと必死こきました。
が、おっしゃる通りはやくもお兄さん指あたりからむちゃくちゃで止めたくなりました。
もしかしたらモニターの向こうで動きを再現してくれるかなーとか思ったけど
それどころじゃなかったですねw すごくお勉強になりました!!
ミミンさんおめでとうございま〜す♪

479 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/03/09(木) 10:23:36 ID:asbI+Ln7
>>460 『仕草』を書いたミミンです(*_ _)ペコリ
快楽童子さん,はじめまして♪審査,お疲れ様でした(>_<。)
なんだか信じられないんですが,感想等はポエ大の別スレへ夜にカキコします(笑)
お題は春も近いですし,【はな】にします。頭か末にイメージしたものを書いて頂けたらうれしいです(笑)
それでは10作品,お待ちしています(*_ _)ペコリ

480 :パトルイユ ◆hRJ9Ya./t. :2006/03/09(木) 13:54:41 ID:1ML6abJR
>>463『さかむけささくれ』を書きましたパトルイユです。
もしかして自分はお題を出された方が書き易いんじゃないか?と思って参加してみたものの、結果そうでは無いことに気付き…orz
お題から連想した言葉を無理矢理に詰めたような詩になってしまいました。
精進します。
快楽さんお疲れ様でした!

481 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/03/09(木) 19:24:16 ID:Ej1VPSQR
>>478
そっかそっか。そのまんま指だったんか。
変に深読みしちゃったな(快∀楽)スマン

482 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/10(金) 01:22:06 ID:aCZc1bIz
快楽童子さん審査お疲れ様でした。ミミンさんおめでとうございますm(_ _"m)
すべり込みで(笑)「5 in 1」書きましたねむいです。
確かにこれは『手』である必要性はあまりないですね…。
家族というよりは仲の良い男女グループという感じですかね。
あと、私=小指 のつもりで書きました。ではまた〜

483 : ◆notePDkbPQ :2006/03/10(金) 01:40:45 ID:kvVVawMa
快楽童子さんおつかれさまでした。ミミンさんおめでとうございます。
確かにミミンさんの詩は、「手」にクローズアップしていってますね。
「手」書きました。言葉練りこみ足りなかったですね。評価とアドバイス
ありがとうございます。参考にして、改良いたします。これ、そんなに怖いもの
書くつもりはなかったのです。快楽童子さんは、怖いのがお好きなようですね。
快楽童子さんの「馬頭観音」は怖かったです。

484 :名前はいらない:2006/03/10(金) 01:46:25 ID:4cmg77Kk
http://gakuin.tonosama.jp/
新しいポエムの人

485 :名前はいらない:2006/03/10(金) 01:48:46 ID:lXVI0EXk
【葵の花】

「花は人格者。花びらをむしられても怒らないから」

という薄甘い人生訓めいた発言を行うことにより
弱い人生を肯定的に見る風潮の片棒を担ぐ人間が
思考を善導しようとする毎日

しかし大量の種を付けた向日葵の花を見るだけでも
植物は単に生殖を専らとする下種な存在ではないかという疑念が
拭い切れない、
と嘯けば軽蔑の視線が降り注ぐ
失言だったのかその把握すら不可能な思考力

把握力の低い人間には毎日が苦役
こんな苦役は何のために?
一人はみんなのためにみんなは一人のためにというけれど
「そんなお題目に騙されるほど青くないぜ」
という人間はとても青い
青い あおい 葵
葵の花 という駄洒落が大好き

486 :やさしいあくま:2006/03/10(金) 11:10:20 ID:aaB/MyOQ
「春かぁ」

街ゆく人々は寒そうに
小さくなって隙間風
街路樹だって凍えてる

寒さと孤独が身に染みる
暖め合う恋人たち なんて
ホカホカしたミージック
僕には関係ありません
言ってるだけ虚しい

スタバ入らずテイクアウト
ドア開けたらビュウッ
やっぱ中入ろ って座ったはいいが
一人客はホントに独りに見えます

しかたなくヒューマンウォッチング
2階からのぞく人間模様
冬のコート黒率50%
まだ寒いのにスプリングセール

今年の流行は何色だろうな
去年あいつが着てたピンクコート
誕生日にネクタイ欲しいっていったら
ピンクにされた

街にもピンクがちらほら
春のコート花率まだ30%
春かぁ ちょっとメールしてみるかな
シャツが合わねーよって文句


487 :やさしいあくま:2006/03/10(金) 11:12:10 ID:Monw5m0N
とりあえず書けた。出来はいいとして。


488 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/10(金) 13:10:23 ID:hCgVTATD
「はなうた」 1/2

この季節はYOU鬱 外に出るのが怖い
窓を開けるのも怖い 布団なんか干せない そう KA・FU・Nの季節!!
(ところでKAFUNNのFUってみんなFUって打ってる?私はHUなんだけど)
老若男女 選ばれし者たち
戦いの予感 感じている 黄色に染まった空を見上げて

今年の飛散量は少ないと予想され…って馬鹿!
多いとか少ないとかの問題じゃねえ
あるのかないのか
持っているのか持っていないのか
あるのはその違いだけだぜ BABY
(DEAD or ALIVE)

SO HAPPY そんなわけない (嘘!)
総 HAPPY そんなわけないって言ってるだろう!(はーい)
緑茶 ヨーグルト 飴 ガム しそにハーブティ
片っ端から試したよ(どうだった?)ダメだった

だけど閉じ篭ってばかりもいられない(仕事もあるから)
完全武装をして街に繰り出すのさ(気休めだけど)
早速鼻が過敏に反応はじめたよ
何て馬鹿な身体 それが僕の身体

489 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/10(金) 13:11:08 ID:hCgVTATD
「はなうた」 2/2

この季節は憂鬱 マスクの中が蒸れる
鼻水とくしゃみで疲労 もう何も考えられない SO! KA・FU・Nの季節!
(ティッシュの減りが早いのは花粉のせいだよね?何かイカ臭いんだけど)
黙れよ! 俺の身体!!
選ばれし者たち!!
隣の芝は青く見えるが 逃げることは出来ないし したくないんだ

SO HAPPY そんなわけない
総 HAPPY できるわけないけど
目指してもいい 諦めるよりはいい

無駄な抵抗 マスクに眼鏡
してもいい しないよりはいい
帽子にコート(表面はスベスベ)
家に入るときは花粉落しを忘れずに!!(小さなことが一番大事)

ああ 鼻水がとまらない
数年前はただの鼻風邪だと思っていたのに
(そういえば私も今年は鼻がちょっと…)

490 :名前はいらない:2006/03/10(金) 14:33:05 ID:Dx2R1B7c
[憐華想]

君 『華』散りぬるを嘆くなかれ・・・

儚さを偲び 想いを重ぬれど
其処に人の感傷の入る余地は無く
誰が為でも無く
其は ただ在るが儘に咲き
はらり はらり
其の身を散らし 種を零し
生命(イノチ)を紡ぎゆくだけ
咲くことも 散ることも 芽吹くことも
また 廻(メグ)る因果の一輪也と・・・

されど 蓮、煉、憐、と
春の陽射しの中に
不釣り合いな言溜りと
不毛な自問自答を並べ連ねてみては
言葉を以て 必死に表現せんとする
己の矛盾と哀れさに
ただ 笑わずにはいられないのです

491 :名前はいらない:2006/03/11(土) 22:53:41 ID:Haf8kjkp
はい、途中経過ですよぅ。

>>485:【葵の花】:ID:lXVI0EXk氏
>>486:「春かぁ」:やさしいあくま氏
>>488-489:「はなうた」:ねむい ◆yYGM98H44I 氏
>>490:[憐華想]:ID:Dx2R1B7c氏

今回のテーマは【はな】。
あと5作品募集中ですよぅ。

      _______   
==|===i´ i´######i´ i´======∀==∀=====|=
 . Yl | |#######| |:::|    ./ ・ω・ヽ    Y
 . ||l . | |#######| |:::|    l      l    ||
 . ||l . | |#######| |:::|    `'ー---‐´    ||
 . ||l . | `―――'.. |:::|       °:       ||
 . ||   ゙"'''''''''''''''''''''"゙'"゙       。 :     .||
 . ||      :                  ||

492 :カマドウマ ◆a76ZcoQAMM :2006/03/12(日) 00:35:38 ID:O0Q3HApi
『四月五日』
ここ何年かずっと 僕の毎日はひどくカラカラで
過ぎ去った日々は思い出せないくらい モノクロに朽ち始める
学校に続く桜並木の道の先 眼を凝らせば 果てしなく続く砂漠色
また1年 変わり映えのしないカサついた日々が始まる
変わりゆくのは季節だけで…

小学生の頃 夏休みの宿題の観察日記
鉢植え 水やりさぼって毎年枯らしてたっけ…
去年の誕生日 あの子からもらったサボテン枯らすのも悪いし
惰性で水をやってたけれど
結局 花は咲かないままで腐ったんだった…
そんな僕への罰なのかもしれない きっとそうなのかもしれない

水が欲しい 水を下さい どうかこの乾ききった日々に
このままじゃ僕の身体も声も黄ばんで朽ち枯れてしまいそうで…

眩し過ぎる春の日差しと桜並木の間で
そんなこと ぼんやり考えていた

色褪せた桜の花びら ぬるい風に舞って
僕の目の前を横切り
汚らしくアスファルトにこびりついていく

滅びの美学 だなんて誰が言い出したんだろう…
朽ちた朝顔とサボテンのイメージの中で
そんなこと ぼんやり考えていた

不意に吐いてしまった溜息は どこか乾いているような気がした

493 :カマドウマ ◆a76ZcoQAMM :2006/03/12(日) 01:09:26 ID:O0Q3HApi
あ、ちなみにメール欄の「水やり」っていうのはテーマから連想したことです

494 :名前はいらない:2006/03/13(月) 02:05:47 ID:G9q9rkRD



495 :にぃちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/03/13(月) 02:28:30 ID:di6+TOKu
『華々しく春』

クリスマスローズのワインレッドが
今年も釣り鐘垂らして満開だ

ワイングラスを逆さにした花びら
本当はガクの部分が肥大化してるらしいけど
美しさに変わりはなく
郷愁にも変わりはなく
咲き誇る私の懐かしき思い出 そして決別
咲き誇る私の当てのない未来 そして決意

縁日で掬った金魚を埋めた土
ちっとも不吉ではない むしろ考え得る最高の供養
栄養が行き届いた黒土・腐葉土・赤玉土
だから今年も咲き乱れ五月までは楽しめる

五月は母親の命日

それは毎年音もなくやってきて
母の日が永遠に続く

496 :名前はいらない:2006/03/13(月) 16:59:26 ID:G9q9rkRD



497 :名前はいらない:2006/03/14(火) 00:29:58 ID:rrALvZwD
…今気付いたけど
前の途中経過の時、4作品しか無いですねぇ。

>>485:【葵の花】:ID:lXVI0EXk氏
>>486:「春かぁ」:やさしいあくま氏
>>488-489:「はなうた」:ねむい ◆yYGM98H44I 氏
>>490:[憐華想]:ID:Dx2R1B7c氏
>>492:『四月五日』:カマドウマ ◆a76ZcoQAMM氏
>>495:『華々しく春』:にぃちぇ ◆UQRl.WeFEk氏

お題は【はな】。あと4作品募集でした…。


      _______  、ヾ、ゞヾ'""''ソ;μ,
==|===i´ i´######i´ i´======∀==∀=====|=
 . Yl | |#######| |:::|  ヾ  - ω -  彡Y <乾いた…
 . ||l . | |#######| |:::|:  ミ        ミ ||
 . ||l . | |#######| |:::|::. 彡        ミ ||
 . ||l . | `―――'.. |:::|  /ソ,, , ,; ,;;:、ヾ` ||
 . ||   ゙"'''''''''''''''''''''"゙'"゙             ||
 . ||      :                  ||

498 :名前はいらない:2006/03/14(火) 11:37:26 ID:I19C4cZc
「 は な 」

まだ冷たい 
風は香りを運んで来てる

土の匂い
冬の毛布をどこかにしまって

もんやりと
広がってゆくよ

暖かに
揺れる命がふくらんでゆくよ

くすくす笑う ほころんでいる
ここよ ここよ と 咲きこぼれている

お日の力をいっぱい吸って
わたしもいっしょに
はる、揺れてみよう

499 :名前はいらない:2006/03/15(水) 00:46:06 ID:TWmwN9qB
「名のままに」

ぴしりりと
空に亀裂

溜め込んだ
一音の弾

風呼んで
夏に蒔き餌

季の終わり
笑みは撓う

秘めゆくは
純の滴

白襟は
黄筒に沿う


吹いて咲け
鉄砲の百合

500 :名前はいらない:2006/03/15(水) 01:11:57 ID:Jvngtj07
テーマは『はな』ですよ〜

501 :名前はいらない:2006/03/15(水) 20:54:21 ID:Jvngtj07
保守

502 :やさしいあくま:2006/03/16(木) 00:05:28 ID:VsCI8TFZ
あと2作品ですあげ。テーマ花です。


503 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo :2006/03/16(木) 07:00:37 ID:DBe7JI0B
※賑やかし希望
『はながたみ私かに掌(たなごころ)琴音 春雨 光掬いて』

  ならんでさきとうのみずばしょう
  花冠卒塔婆 波紋ゆれるる端(はな)にひとりそう
  あしもと しろきはな徒然に
  雨裂下りて眺める水芭蕉
  染め斑は春雨 更々更々と
あまごいなんざ
したくねーんだ
したかねーなぁ
なぁ蛙の卵よぉ 祈雨に早いはるひそかにたなごころ横糸掬いて
  頼まなくとも祈らなくとも降りまくれるは雨あめああ余のよう
  降られ小石伝う琴曲 近々近々と
  雨 糸操りおれいけにそい 背向みゆる
  浮かべる筈もありゃしねー笑かげもなし
溶けちゃった
ゆきながるる
つめたさ嗚呼 ひそかにたなごころ縦糸掬いて
  我空 琴瑟相和すよな こときき 我がでに沈み
  その葉と成ろう事とも思へらく
  仏炎苞ともにあおじろく
  琴音が止んだならこの身燃して
  肉穂つまみたやつまみたや朝日
すでそのきいろく
きいろにまみれて
しまいたや仕舞い
燃してしまえ白く
白く仄か白くとう せせらぎ雪の匂いたきあげてたきあげて四六時中

春雨や
音(ね)の雨矢 身を包み並んで咲き塔の水芭蕉

504 :桜花:2006/03/16(木) 08:18:45 ID:yyyzz+eA



甘い蜜を探す蝶のよう

あたしはひたすら

夢中になる

あなたは漆黒の花

甘い危険な蜜で

あたしを惑わす

きっとコレカラ一生

あなたの虜…

甘い蜜の味を覚えた

愚かな蝶は

漆黒の花に溺れてゆく


【花と蝶】


・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆・:
読んでもらえただけで
光栄です。゚(゚ノд`●゚)゚。スレの雰囲気壊してたらすいません(>_<)

505 :名前はいらない:2006/03/16(木) 20:58:17 ID:qsGTssQ0
もしかして10作品集まった?

506 :名前はいらない:2006/03/16(木) 23:16:58 ID:LccDr/Re
『Honey』

改札を出る白いムクゲ
使い古された言葉飛び交う
引き延ばされた過去を渡り
巣立ちから骸まで夢を見てるようです
渡り廊下に置き忘れた花束

日だまりにだけ咲くのではない
嘆くことなどない
知らない町でオレンジを食べる
みたことのない夜に出会う
あなたの手をとって
あるがままの今を抱えて


507 :名前はいらない:2006/03/16(木) 23:28:26 ID:UYlcLYzx
はい、集計ですよぅ。

>485:【葵の花】:ID:lXVI0EXk氏
>486:「春かぁ」:やさしいあくま氏
>488-489:「はなうた」:ねむい ◆yYGM98H44I 氏
>490:[憐華想]:ID:Dx2R1B7c氏
>492:『四月五日』:カマドウマ ◆a76ZcoQAMM氏
>495:『華々しく春』:にぃちぇ ◆UQRl.WeFEk氏
>498:「 は な 」:ID:I19C4cZc氏
>499:「名のままに」:ID:TWmwN9qB氏
>503:『はながたみ私かに掌(たなごころ)琴音 春雨 光掬いて』:メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo氏
>504:桜花:ID:yyyzz+eA氏(無題:桜花氏?)
>506:『Honey』:ID:LccDr/Re氏

…あれ?11作品ですねぇ。
      ヾ;   ヾゞ:  ヾヾ゛ .
     ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ  ゛ゞ.ヾ 
  ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:  ヾ
 ,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ  ゞヾ
 ゞヾ ,,.ゞヾ: :ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ
 ゞヾゞ;ゞゞヾ  iiゞゞ;ゞゞ:::: イ.ヾゞ, .,;
 ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::ゞゞ/ヽ,.ゞ:,,ヾゞ `
   ゞヾゞ;ゞゞゞiiii;;;;::ゞゞゞゞ ヾゞヾ
  `  ヾ;ゞゞ |iiiiii((,,,):: |:/ ヾゞ
        |iiiii;;;;(,,゚Д゚)  <春は花見の季節〜〜     
   `     |iiiiiiii(ノ;;;;:: |)
     `  |iiii;iiii;;;;:;_ _: |
   `    、iiiii;;;;;;::.:::::ノ    `   `
          U"U



508 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/03/17(金) 20:22:12 ID:D1xHEPfX
まとめてくださってありがとうございます(*_ _)ペコリ
携帯からのカキコなので読みずらいかもしれませんが許してくださいm(_ _)m
対象作品はにいちぇさんと竹輪さんは不参加を希望されていますから,外した9作品を審査させていただきます(笑)
実は私,この2ちゃ以外の所で花を題材にかなり詩を書かせてもらっています(笑)
なので楽しみにしていたのですが…
多少,辛口になるかもしれませんが一読者・書く側の両面からの意見として耳を傾けて戴けたら幸いです(*_ _)ペコリ
それから感想はランダムに載せていきますのでよろしくお願いします(>_<。)

509 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/03/17(金) 20:32:06 ID:D1xHEPfX
>>485>>490は両方とも主張したい部分と花の繋がりがないと私は感じました。“葵”なり“レンゲ”を使い切れていないのでは?無理に特定の花を入れずただ“花”でもいいと思いました。
>>498 こちらは逆に花がない詩です。が,これは絞ればインパクトが出た作品になるはずです。
例えば,たんぽぽなら力強く…桜なら儚げに…
もったいないと思いました。
>>504 こちらは花を好きな人に見たてた詩ですが,出来たらどんな悪の花なのかもっと肉付けをすべき。そして蝶であるあなたの対比を明瞭にしたならいいと思います。刹那さがより伝わるようにね(笑)
>>506 こちらもむくげを入れてあっても添え物でしかありません。拡大解釈をすれば過去である夏の思い出の象徴なのでしょうか?
でも次の連ではその存在を否定してしまうのでもったいないです。
後者を主張したいと思うのでもう少しうまく活用して欲しかった。

510 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/03/17(金) 21:14:23 ID:D1xHEPfX
>>486 こちらは花をコートに見立てているのを上手に使い切れていないと思いました。これをもう一押し使ってデートに巧く誘う1行が書けた気がします…照れくささは伝わりましたが(笑)
>>499 こちらの詩は私も好きなタイプです。
よく花の特徴を捉えてますし,個性も出ていると思います。ただ,簡潔にしたのならもっと短くても良かった気がします。または肉付けして言葉遊びをしても楽しかったかも…
読んでいて気持ち良かった詩でした。
>>492 こちらはタイトルを『水やり』にすべきかな(苦笑)
内容も自分の生活が枯れてしまっている情景の詩ですし…
朝顔の事とサボテンの事,このどちらかに焦点を絞った方が良かった気がします。
着地点は刹那くて良いのでそれに向けて書けたら良かったですね。
>>488-489 もう読んでる途中は吹出しっぱなし!(笑)私も花粉症なので憂鬱です…
本当に生きるか死ぬかです(笑)
楽しいし,頷きながら読んでしまいました!
はな→花粉の着眼も良かったですね(笑)

511 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/03/17(金) 21:18:29 ID:D1xHEPfX
【総評】
お題を出す時に『はな』をひらがなにしたのは縛られないようにしたかったからでした。
花でも華でも…実は鼻でも良かったんですよ(笑)
みなさんにはもっと上手く花の特性や花言葉などを使って欲しかった(苦笑)
身近な題材なのでこれを機会に目に映った花の詩を書いてみてはいかがでしょうか(笑)
優勝者は>>花粉症という『はな』をフルに活かした詩で楽しく書いてくれた488-489 のねむいさんです!
おめでとうございます・゜・(ノД`;)・゜・
あとにいちぇさんと竹輪さん,賑やかしに書いて頂きありがとうございました(>_<。)!ただお二人のイメージからは想像出来ない花だったので読んでいて楽しかったです(ノ_・。)。
最後につたない詩を載せて…
皆様お疲れ様でした
(*_ _)ペコリ ミミン

512 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/03/17(金) 21:21:43 ID:D1xHEPfX
『早春賦』(椿に捧ぐ)

まだ肌寒く足掻いた蒼窮に
凜とかんばせをたて
愛する季節(とき)を待たん



故に君,手折るなかれ
風よ,吹くなかれ
この想い運び
願わくば叶え賜え
懸命に春を誘う(いざなう)故に


513 :詩種 ◆IZByFxSDAg :2006/03/17(金) 21:48:40 ID:/UqyNCdK
ミミンさん、評価ご苦労さま&ありがとうございました。
今回、[憐華想]を書きました詩種です。
蓮×恋×煉(煉獄・煉情)×連(連環・輪廻・連綿)×憐(憐憫・哀れ)の掛詞による遊びだったんで、今回あえて花の文字を使わず、華やかさの「華」を使ってみました。
が、我ながらあっさりまとめ過ぎ、遊び過ぎ、内容が浅くなってしまったかなと、反省してますです。はい。

ねむいさん、今回の優勝おめでとうございました。
では、<(_ _)>

514 :カマドウマ ◆a76ZcoQAMM :2006/03/17(金) 23:58:52 ID:mQBJN1C3
『四月五日』を書きましたカマドウマです(^ω^)
ミミンさん、審査お疲れ様でした。
そしてねむいさん、優勝おめでとうございます!
次回こそは、どうにか頑張ります(`ω´)!

515 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/18(土) 00:49:16 ID:oFe1cLgg
お疲れ様です。「なはうた」を書いたねむいです。
ミミンさん審査ありがとうございました。
私も去年あたりから花粉症になってしまい、最近辛いです(涙)
優勝できるとは思いませんでしたが、とてもうれしいです。

次回審査ガンバリマス。とても久々なので今から緊張してますが(笑)

それでは、お題は「再会」でお願いします。

516 :やさしいあくま:2006/03/18(土) 11:35:40 ID:9vGJRNTX
審査お疲れ様でした。批評・アドバイス参考になりました。ありがとうございます。
ねむいさん、優勝おめでとう!


517 :やさしいあくま:2006/03/18(土) 11:54:44 ID:utFUqkTi
「偶然」

 バッタリ会った

人込みで最初に気付いたのは 君
          そして 僕

昔付き合ってた 僕たち
声掛けようか迷った
一瞬が ゆっくり通り過ぎる

何か言えば良かった
昔のことなんか 気にしてないよ
普通に話がしたかった
今 何してる?
少し変わったね 僕も変わったかな

 隣の人  彼氏?

 なんて 気にしたりして あほか

だけど
惹かれてしまう 振り返ってしまう
未練がましく思われるかな
でも
君も振り返るってわかったから


            「久しぶり。元気してた?」




518 :やさしいあくま:2006/03/18(土) 11:58:31 ID:utFUqkTi
実は詩を書き始めた2、3年前に書いたものです。よろしくお願いします。


519 :名前はいらない:2006/03/18(土) 16:02:57 ID:y8zKa0mR
: :   私には、彼氏がいます。彼とわたしは、デートの時、どちらかの家に行き、だれもいないとき
、部屋で横になって裸でだきあいます。それがだんだんエスカレートしていって、学校の体育倉庫で
服をぬがされ、まだ3年生ですが学年で1番大きいおっぱいを、つかむように触られたり、しゃぶった
りされます。最初は、苦手だったんだけどだんだん気持ちよくなりサイコーです。しかも、わたしは
、学年1美人でもてます。彼も同じで、美男美女でよくみんなにうらやましく、思われます。
: : このカキコ見たあなたは4日後に不幸がおとづれ44日後に死にます。それがイヤならコレをコピ
ペして5ケ所にカキコして下さい。私の友達はこれを信じず4日後に親が死にました。44日後友達は
行方不明・・・・。いまだに手がかりもなく私はこのコピペを5ケ所に貼り付けました。すると7日後
に彼氏ができ10日後に大嫌いな人が事故で入院しました。
: :     信じる信じないは勝ってです


520 :大木人:2006/03/18(土) 16:18:53 ID:RCutNYcC
『ところがエウリディケは毒蛇に噛まれて死んでしまいました』

幌に覆われた天蓋から丸くはみ出る星々
星と星とをつなぐ電線が宇宙家族の窓々を輝かせ、象形図画となる
隅に型番が押された便宜的宇宙

アンドロメダ星雲に深くもたれ掛かり形而上的な夜気を吸い込む
暗闇に薄く重ねられた揮発油の匂い
昼休みの電話ボックス工場的宇宙

「…オルフェウスは死んだ妻エウリディケの魂を取り戻すために死の国に向かいました
 その道中、彼の竪琴はケルベロスをおとなしくさせ、神々に罰せられた罪人たちの苦しみを癒しました…」

−赤ん坊の泣き声
係員が母親に近づいてペンライトを円く描く

「…オルフェウスの竪琴の響きに心を許した冥王プルートンは、彼に条件を出したのです」
 『地上に戻るまでは後ろを振り返ってはならない』、と」

階段を遠ざかる鳴き声
布張りの扉は音もなく開かれ、飲み込む


  地 上 に 戻 る ま で は 後 ろ を 振 り 返 っ て は な ら な い


目を閉じる
洗濯機に残された小さな靴下
誰もいない町の電話ボックスが鳴っている

泣くなオルフェウス
我々は皆故郷を失った帰還兵なのだ

521 :名前はいらない:2006/03/18(土) 17:10:14 ID:gqnzo4PA
「再会」

お久しぶりです
見違えましたよ
どこのべっぴんさんかと
そう・・・
これから彼氏に会いにいくのですか
羨ましくなんか無いですよ
僕は
作業着のあなたを
働くあなたを知っている

522 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/03/18(土) 23:15:08 ID:DwnlrQG5
『subsistent』

辿り着いたのは必然
めぐり逢えたのは必然



あの時は存在を知る為だけ…
もしもあの時,付き合い始めたら
壊れてしまった気がする
お互いに別の人を求め
疵を負ったけど
その経験があるから
今の二人がある訳で…



再びの,出逢いは
それだけ縁が深いという事
それをかみ締め
歩んで生きましょう
自然体でいつも笑えるように
貴方と…


523 :再会はいらない:2006/03/19(日) 04:04:57 ID:Z7amaElI

楽園で
名前をひとつ買えたなら
別れるために出会いにいこう

楽園で
別れた人に出会うには
名前をひとつ売りにいこう

そこは名もなき夢の園
目覚めてなくすものだから
名前はいらない


真実と出会うまでは

524 :兄と ・1:2006/03/19(日) 10:55:53 ID:f1SbklQK

重たげな川津桜に誘われて
兄と二人参道を歩く
春風に乱れる後ろ髪が
少し涼しくなりましたか

くたびれた墓石に
おざなりに水を掛けて
玉石に落ちた枯葉を集めて
あなたはいつかのように
さっさと花を差していく

「タワシを持ってきてないの?」
「花瓶を洗っていないでしょう?」

私は線香を分けながら
父の面影を見つけたりする


525 :兄と ・2:2006/03/19(日) 10:56:43 ID:f1SbklQK

例えば気忙しい振る舞いに
例えば長い黙祷に
手酌酒でラジヲを聞いていた
父の横顔を見つけたりする

 クサヤを焼いては罵倒され
 しきりとボクらに酒を勧め
 グータラ親父と呼ばれては
 すねて背中を丸めていた

あの頃のあなたは頼もしく
歳の離れた私の目には
父を叱るあなたのほうが
父親のようにも見えていたけれど

また二人で歩きましょう
たまにでいいから
父に会わせてくれませんか
私は父にはなれませんが


526 :名前はいらない:2006/03/20(月) 22:48:07 ID:wm7Oj4fu
はい、途中経過ですよぅ。

>>517:「偶然」:やさしいあくま氏
>>520:『ところがエウリディケは毒蛇に噛まれて死んでしまいました』:大木人氏
>>521:「再会」:ID:gqnzo4PA氏
>>522:『subsistent』:ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>523:再会はいらない:ID:Z7amaElI氏
>>524-525:兄と:ID:f1SbklQK氏

お題は【再会】、あと4作品募集中ですよぅ。

         彡    ミ
          ´∧∧      ミ
        / (´・ω・(  ∧∧
       // ノ つと⌒`(´・ω・)  ヾヽ
       〜(  ノ  ``ヽ)∩ヽ)ノ
         し'J ノノ   ( ∧∧  ))) 
      ((( /)∧∧    / (´・ω・)
  ⌒)`   | l´・ω・)   し''(ノ  //
   '.⌒))、 ヽ  ( ∧∧_/)^)
  ' ⌒; `)`ヾ `ヽ_つと⌒ ノノ ノノ
       ⌒);:) '    ̄

527 :http://ameblo.jp/jukinzoku/:2006/03/20(月) 22:55:11 ID:Lk6qD0rP
呪いの言霊

とらえどころのない現象に名をつける。とらえどころのない現象は実体化する。

ニート。
各人千差の原因があるだろう、けれども。個人万別の理由があるだろう、けれども。
家庭環境も、思想哲学も、精神疾患も、人間関係も。一切加味なく、全てを人括りでニートと呼ぶ。

それを表す言葉が存在すると、人は安堵する。それの実体など知らなくても、知っている気がする。
それを表す言葉の存在を知ると、人は安心する。それの本質など省みずに、とりあえず捌いてしまう。

一つの新しい言葉の概念に、いったいどれほどの現象が的確に含まれているだろうか。
曖昧な現象に名がつけられ、その名に依存して事を進める路傍には。
言霊に呪われた現象の骸。

528 :コギツネ ◆2LEFd5iAoc :2006/03/20(月) 22:56:03 ID:LWx68nKs
またあの憎い輩に会っち待った

糞っ今日はなんて嫌な日なんだ

雨はザアザア降ってるし
風は容赦なく俺の髪の毛を乱してくる……

まぁ良い
お前に丁度良い死に場所だ…
俺の多くの人の血で錆び付いた剣でお前の首をはね飛ばしてやる…!!

さぁ決闘再開だぁ!!!!

529 :コギツネ ◆2LEFd5iAoc :2006/03/20(月) 22:58:22 ID:LWx68nKs
あスイマセン>>528の題名は『腐れ縁』です

530 :『いつものこと』:2006/03/20(月) 23:35:15 ID:ILnPyoJy
深夜2時
俺は体から乖離しかけていた
いつものことだ
こうやってパソコンの前に座って、垂れ流しているのも
いつものことだ

ふいに、体がすっぽりと何かにはまった
この空間に、予め俺の型が存在していたかのように
すっぽりとはまった
そうとしか言いようがない感覚だ

そしてデジャビュ
胸が勝手に騒ぎ始める
なに戸惑ってやがる、俺は悪態を付く
デジャビュでも何でもないじゃないか
これはいつもの俺たちじゃないか
ここ数年、ここ以外の場所にいたかい?

よう、
泣き出したいのか?
悶えているのか?
喚けないのか?
すまないな、俺も力にはなれないんだ
それよりも、手を離してほしいんだ

531 :名前はいらない:2006/03/22(水) 23:31:03 ID:IFcsVFbF
     /⌒⌒ヽ、
   /:::::::::::∧:::::::ヽ
    |::::L⊥l l⊥」::}   募集age〜
    |:ぃ{ ひ}^{ひ}/,.ヘ
    |::::|:|、 ヮ ノ, ヘノ …あと2作品かな?
    |::::/´ヽlwl/ /  (>>527は…何だか只の宣伝っぽいし)
   ∨ l ):))'

532 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/03/23(木) 01:29:01 ID:o13Z9D63
・再会

時間の玩具みたいな手足や心臓をふらつかせて
時間の玩具が嫌だから頭を他所に跳ね飛ばして
街行く人見て全然羨ましくないよとか
ライトな煙草みたいな行きがかり構えてたら
水槽の端に突っ立つぼうふらみたいな咽喉の奥のしこり、陳腐な伝聞
そうやって俺はいつもいつも愚痴に挑戦すんのね
愚痴に挑戦していけば何とかなるとひたすらそう思いつめてんのね
したら、そうすることで当たり前に滅んだドライブ感とか、さあ
肩凝りとか目の凝りとかイライラとかそういうものがあって
俺の言葉に首があったら太いだろうね、とか思っていつも思って
って、自分のことばっかりじゃん?じゃん?とか言ってまた言い訳してんだけどさあ
そっからくり貫いたくちばししかないような暗い穴が胸に開いてんの
飛び込め飛び込めってみんなで俺の背を押したりするんだけど
俺はそういうの嫌だって思ってるから頑張ってきたよ
そしたら流れこんできた

533 :名前はいらない:2006/03/23(木) 01:36:57 ID:5AArbcPD ?
あなたを見ているだけで胸がときめく。
あなたの側にいるだけで胸がおどる。
ずっとあなたと一緒にいたい。
あなたと一緒にいる事が私のたった一つの幸せだった。
http://www.geocities.jp/avenir_sya/


534 :BLUE HAWAII ◆HAWAIAUTLE :2006/03/23(木) 03:23:52 ID:E9sOFJW/
「明後日もう一度会おう」

明日会う予定だった君に
昨日会ってしまった

私はなんということをしたのだろう
明日君に会うことだけを楽しみに生きてきたのに
これからどうすればいいんだ?

今日なんて来なければよかった
そうすればこんな思いしないで済んだのに

悔やんでいても仕方がない
明後日もう一度会おう
そして明日を過去のことにするしかない

そう考えていた一昨日の私

535 :RAIN:2006/03/23(木) 03:45:24 ID:dTgB7KhI
ブログを書いている方がいましたら
芸術と人文=詩に ご登録お願いします
下のソースをコピペして下さい
ttp://www.blog-station69.com/

536 :名前はいらない:2006/03/23(木) 19:51:22 ID:KU/2FfHz
〆切〜

>>517:「偶然」:やさしいあくま氏
>>520:『ところがエウリディケは毒蛇に噛まれて死んでしまいました』:大木人氏
>>521:「再会」:ID:gqnzo4PA氏
>>522:『subsistent』:ミミン ◆4fCTWDhugY氏
>>523:再会はいらない:ID:Z7amaElI氏
>>524-525:兄と:ID:f1SbklQK氏
>>528-529:「腐れ縁」:コギツネ ◆2LEFd5iAoc氏
>>530:『いつものこと』:ID:ILnPyoJy氏
>>532:再会:19 ◆gwnULb/9mw氏
>>534:「明後日もう一度会おう」:BLUE HAWAII ◆HAWAIAUTLE氏

審査お願いします

537 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/23(木) 23:05:41 ID:Dy/HCkBd
了解しましたー。1〜2日ほど時間を下さい。

538 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/26(日) 01:28:39 ID:WsXOQ86p
>>517 「偶然」
簡潔な文体ながらも主人公の感情とその場の雰囲気がよく表現されています。
主人公にはきっとまだ新しい恋人ができていないのでしょう。そんなときに
元恋人と街中でバッタリ会ったら(しかも男連れ!)やっぱりこんな感じですよね。
すれ違う一瞬が上手く表現できていると思います。
清清しい詩なのですが、その分喚起されるイメージは薄いです。
引っかかりなく読めてしまうというか。
例えば天気。雨なのか晴れなのか。
例えば服装。季節、時間帯など。
ここまで来たらとことん描写しても面白いかも知れませんね。
もちろんただ描写するだけでなく、表現力を駆使して、ですが。
場面を限定するのは悪ではないと思います。
書き始めの頃の詩って読み返すとちょっと恥ずかしいけど、
(良い意味で)「二度と書けないな」とも感じるんですよね。

539 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/26(日) 01:30:02 ID:WsXOQ86p
>>520 『ところがエウリディケは毒蛇に噛まれて死んでしまいました』
ギリシア神話ですね。舞台はプラネタリウム。そういえば最近行ってないなぁ…。
最初の2連で惹きこまれ、最後の2連で突き離される。離れるのが惜しい。
退廃的な描写が作品の方向性を決定付けています。
オルフェウスとエウリディケの物語を知らなくても、
大いに世界観を楽しむことができ、読めば読むほど引き込まれます。
文章力と語彙の豊富さが伺えて、羨ましい限りですw(ぉ

>>521 「再会」
>そう・・・
この一行がいい味出してますねー。非常に上手い場面変換です。
>作業着のあなたを
>働くあなたを知っている
と何故
>羨ましくなんか無い
のか。
“あなた”の“彼氏”が知らない(であろう)“あなた”を“僕”が知っているからでしょうか。
これも面白いですね。

540 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/26(日) 01:30:36 ID:WsXOQ86p
>>522 『subsistent』
主人公の静かな決意と、願いが、伝わってきます。
再びの出会いが、再びの別れにつながらないよう、私も祈りたいと思います。
繰り返すばかりではないと信じて。

「螺旋」

随分遠くまで来た
君が見えなくなるくらい遠く
なのに何故声が聞こえる
何故僕の涙は君に届く

いつだって変わらない
今だって変わりはしない
君は本当にそこにいるのか
何度だって確かめるんだ

随分長い時間が経った
思い出も色あせるくらい長く
それでも自分はここにいる
忘れられないからではないんだ

いつだって変わらない
これから先も変わりはしない
だけど決して同じではない
繰り返すばかりではないんだ

541 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/26(日) 01:31:27 ID:WsXOQ86p
>>523 再会はいらない
なるほどそんな世界なら、再会はいらないですね。
短い中に主人公の世界観を表現できていて素晴らしいと思います。
“真実”って重い言葉ですよね。
つい多用するのを躊躇ってしまうほど。
だからこそ効果的に使えると印象に残るんですよね。
この詩も心に引っかかってくる感じがしました。

>>524-525 兄と
父と兄。ふたりの人間との再会。
心が洗われたようです。
とにもかくにもバランス感覚に優れた作り方とでも言うのでしょうか、
風景、動き、そして名詞の選び方などこれ以上ないというくらい完璧に、
そこにあるのが必然であるかの如く納まっています。
女性視点かとはじめは思いましたが、
“ボクら”という言葉には男性的なものも感じるので、設定としては兄弟ですかね。
美しいですね。涙が出ます。

542 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/26(日) 01:32:34 ID:WsXOQ86p
>>528 「腐れ縁」
憎むべき相手との再会。
しかし伝わってくるのは「敵と出会えた嬉しさ」でしょうか。
殴り書き風。それが気持ちよくもあり、ネックでもありますね。
細かいことですが、
>俺の多くの人の血で錆び付いた剣で…
この文は勢い良く長すぎます(笑)
主人公が可愛いです。

>>530 『いつものこと』
ええ、いつものことです。こうしてパソコンにひとり向かって垂れ流しているのは(笑)
自分ひとりで完結する“再会”ですか。それもまたいいですね。
悲壮感が尋常ではないですね。心の病気になりそう…。
そういうものは感じますが、それ以上のものは感じませんでした。
壊れそうで壊れきっていない、もどかしい…じゃなかった薄氷の上を渡るような、
悪く言えば中途半端な、これはこれでひとつの詩として完成しているとは思いますが…。

543 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/26(日) 01:38:12 ID:WsXOQ86p
>>532 ・再会
口語調の文体で、流れるように読めます。
どこか斜に構えた主人公に好感。
行き当たりばったりではなく、それとも自然になのかな、
計算されているような印象を持ちました。
不思議と読み難さはないですね。
こうして多くの方の作品・世界観に触れていると、
自分の語彙の少なさ、見ている世界の狭さに思い当たり、辟易してしまいます…。

>>534 「明後日もう一度会おう」
たまに私もこんな、後から
“何故あの時あんなふうに考えたのだろう”
と思うようなことを考えることがあります。
こんな頻繁に会えるというのは素直に羨ましいですが(笑)
あまりに簡潔すぎて、率直過ぎて、
無難で、目いっぱいではない。そんな作品に見えます。

544 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/03/26(日) 01:40:47 ID:WsXOQ86p
大変お待たせした挙句、主観的なコメントばかりで申し訳ございません…。
再び、会う。その喜び、悲しみ。感じる奇妙な縁。どっちつかずな微妙な気持ち。醒めた感情etc
楽しく読ませていただきました。

優勝には

>>524-525 兄と

を書いていただいたID:f1SbklQKさんを選ばせていただきます。
完成度で頭ひとつ抜けていたと思います。何度読んでもいいです。

次点は>>520>>523でかなり迷いましたが、
>>520 『ところがエウリディケは毒蛇に噛まれて死んでしまいました』
を書いていただいた大木人さんです。

それでは、兄と の作者様、次のお題をよろしくお願いいたしますm(_ _"m)

545 :最強ラッパー:2006/03/26(日) 03:28:47 ID:r2+Jtkkw
「1時間後の同窓会」

憂鬱な時が流れる 時計の針が1秒ごとに胸に刺さる 
煙草はいつもより濃く感じる 
アルバムをめくれば過去が途中を跳んで
今日に繋がる 春の気配を煙に感じる
その思い出は僕の目にしみ
そして天井へと消えていった
灰皿に残った灰は僕のよう
携帯電話の電源はOFFのまま
ただひたすら時計の針は胸を刺す
1時間後の同窓会が終わるまで




546 :最強ラッパー:2006/03/26(日) 04:17:09 ID:r2+Jtkkw
「チーズケイク」

心地よいノックがドアを鳴らす
チーズケイクの香りは良い音色
初恋の瞬間は
クシャっと僕の心を締め付ける
悲しいほどに締め付ける



547 :名前はいらない:2006/03/26(日) 04:24:58 ID:ybxiLwRJ
>>545-546さん。

済みませんが、此処は「コンテスト」の為のスレッドです。
今は、次回のお題待ちなんです。

>>1にルールが明記して有りますので、
次からはお題に沿ってご参加下さいね。

548 :シオン ◆poetsyov/2 :2006/03/26(日) 09:08:30 ID:doOLxY8G
ねむいさん、審査お疲れ様です&ありがとうございます。
>>524-525 兄と を書きました。優勝できてメッチャ嬉しいです。o(^-^)o
兄弟なのか兄妹なのか分かり難いのは、推敲不足の成せるわざです。
気にしないで下さい。orz

では、次回のお題は「卒業」でお願いします。

*ちなみに、分かりやすい詩が好きです。
*読解力がアヤシイので審査文は期待しないで下さい。


549 : ◆notePDkbPQ :2006/03/26(日) 10:04:58 ID:g7ao1wpG
>>521「再会」書きました。で、投稿してからすぐ上をみたら、>>517の「偶然」が
あるじゃありませんか。被ってます。しかも、あくまさんのは詩情があるのに、
自分のはアッサリしすぎでした。 
ねむいさん、評価ありがとうございました。
シオンさん、あめでとうございます。白黒の映画のような感じのする、いい詩ですね。、
兄妹の詩だと思います。一段後ろに下げているのは、兄の独り言だと思いました。

550 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/03/26(日) 19:43:58 ID:6iIWkQZH
>>543
講評ありがとうございます
できるだけスムーズに言葉が出るように、読み手を意識せずに書いてました
読み難くはないと言っていただいて、首の皮繋がったような心地です
この詩、描かれてる感じ方がどう見ても誇大妄想で、今読み返して赤面してます
お疲れ様でした

>>524-525
おめでとうございます
読んでて、景色や言葉が滑るように転がってく感じがしました
うらやましいです

551 :大木人:2006/03/26(日) 23:07:59 ID:CiDRA3UT
ねむいさんありがとうございました。
丁寧な講評をいただきとても嬉しいです。
随分前に「泣くなオルフェウス」という言葉だけが唐突に頭に浮かんだので
そのワードを基に詩を作ろうと考えていたのですが、肝心のイメージが湧いてきませんでした。
それが今回「再会」というお題を目にして、言葉と情景がぱぱっと繋がった次第です。
詩の安産といったところでしょうか、出来はともかく形になったことが嬉しいです。

あと「青い薔薇」の回のお題提出者のメタリック竹輪さんにも、遅ればせながらこの場を借りて感謝申し上げます。
ありがとうございました。

552 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/03/27(月) 00:45:19 ID:scO5mrLj
>>522 を書いたミミンです(ノ_・。)
ねむいさん,審査お疲れ様でしたm(_ _)m
心情が伝わったようで安心しました(笑)
シオンさん優勝おめでとうございます♪


553 :BLUE HAWAII ◆HAWAIAUTLE :2006/03/27(月) 18:40:02 ID:kFKr1Ncf
>>543
ねむいさん、ありがとうございました。
シオンさん、おめでとうございます。

554 :名前はいらない:2006/03/28(火) 20:33:37 ID:OKJXO+gl
「桜並木」

「今日この日を忘れはしない」と誓う
ここは帰るべき場所ではないが
何かあるたび思い出すのだろう
記念にもらったボールペンの金文字が消えてしまっても

桜並木の下で僕達は出会い
桜並木の下で僕達は別れる

いつでも満開だったわけではないが
いつかの粉雪のように舞い散る花びらを
その愛しさを今は踏み締めているんだ
気のおけない友人たちと過ごした時間を振り返りながら

笑い声が追いかけてきて
そして追い抜いていった

「置いていかないでくれよ」

花びらを蹴飛ばして走り出す

今日この日を忘れはしない

桜並木の下で僕達は笑った

555 :名前はいらない:2006/03/29(水) 02:07:14 ID:zeu9aijD
「底抜け脱線、ネズミたちは今羽ばたきます」

次から次へと抜けてゆく
あれよあれよと崩れてく
一人、また一人この場所を卒業し
新天地と言う名の他の似たような施設に勤務してゆく

いい子から順番に順番に
そう考えたら卒業と言えなくもないけれど
みんながみんなネズミに見えてしょうがない
さらば さらば
じきに俺もネズミになろう

沈みかかった船だもの
むしろレミングだろうけど 

556 :名前はいらない:2006/03/29(水) 17:39:35 ID:PBLg4q5x
ひとつ輪っかを描(えが)いたね
できるだけ真っ直ぐにしようと 
だけどいびつにいびつに そいつは出来あがった

あの日飾ったくちづけは
色褪せてもかわいちゃいないさ

だから ねえ!
同じ縁(えん)で過ごした 違う日々をそのまま
そのまま 君に還すから
あふれるように人が出ていっても 僕ら隠れていて
1番最後に出よう この門を

「それでも、この門は出るのかい?」


557 :名前はいらない:2006/03/29(水) 17:40:09 ID:PBLg4q5x
↑タイトルは「キラーストリート」です
ごめんなさい

558 :やさしいあくま:2006/03/30(木) 00:43:45 ID:Y8LEFi6B
ねむいさん評価ありがとうございました
みんなサラっとこなしてるけど、10作評価は大変だと思う。審査お疲れ様です。
優勝者さん、おめ!

うんこさん>まったく同じにはならないから気にしない気にしない。だけど、僕の次の作品があまりにうまかったから少々恥ずかしくなりました。
やんわりした評価をもらえてホッとしてますw


559 :名前はいらない:2006/03/31(金) 21:15:36 ID:H7vGG6i8
卒業証書
をくしゃくしゃに丸めて
くずかごに投げ入れたい

卒業は別れの意
それは出会いをはらんでいるといっても
今は別れしか感じない

涙なんていくらでもくれてやろう

卒業記念に撮った写真が
最期のあの人達にならないように

笑顔振りまいて
同窓会の話をしている

そんな自分が いる

切り刻んでしまいたい
卒業
いつまでもとっておきたい
思い出

いま 二つに挟まれて

560 :見送り:2006/03/31(金) 22:10:07 ID:erUok+wD
何から旅立つのか
柵(しがらみ)か…
縁(えにし)か



夢も願いも
重荷にはならないだろう
現在は前だけを見つめて歩いていきなさい
間違いでもいいから
突き進みなさい
きっと全て
血となり肉となるから



いつもここで貴方を
見守ってるから…
いってらっしゃい!




561 :じゃみら ◆jAjRyNcjb6 :2006/03/32(土) 07:33:22 ID:bPWdNwUE
「決意表明」

空に向かって手を伸ばす
雲は遥か彼方
大空はそのさらに向こう
ああ、あの場所にたどり着くには
あとどれだけの時が必要になるのだろう

「目指す道は、遠く、険しく」

背中に生えそろった羽
まだ器用に飛ぶことは出来ないけど
もう時間は戻らない

「生き残れないかもしれないけど」

それぞれの世界
それぞれの物語
一人一人が組み上げたその地図を
大切に大切に胸にしまいこんで

「「そして僕らは、旅に出る」」

562 :名前はいらない:2006/04/02(日) 00:37:02 ID:zvnWnWht
「ある静かな別れ」

今日 最後の生活を迎え
菌類には好かれていたであろう
陽光に嫌われた角部屋の柱を見つめていた

 人を上げることは少なかった
 上等な家電製品も価値ある骨董品も無い
 薄汚れた暗い部屋に歓迎の気配は作れないから
 何より社交性が足りず陽気な友人も居なかった
 染み入るような静寂は まあ嫌いじゃなかった――けど

 夕刻 僕は講義から帰る
 木机にノートを広げ予習と復習の葛藤劇
 日々重くなってゆく精神を あるいは負担を
 寒気も凌げないうすっぺらな布団で誤魔化していた

 雨の降る日は苦痛だった
 這いよるような湿気が孤独より苦手だった
 地元の商工会からもらったウチワで総身を扇いでいた
 それには花火の写真が貼ってあった ああいやだな 思い出す
 あの頃の夏 焦がれた少女がいた もうそんな熱気とは縁遠い
 何かに気付いて 自制も無く瞳の周りが緩んだ

563 :名前はいらない:2006/04/02(日) 00:38:10 ID:zvnWnWht

この部屋に助けられた明確な記憶は無かった
ただ やるせない時 木目を見つめたのだ
柱を天井を そうして孤独に克ったわけではない
けど落ち着いた 何故だろう 部屋という何かに
六畳の確かな存在に護られていたのか

次の入居者が何者かは知らない
どう思うかも全く分からない
けど僕には確かに好かれていた
見てくれの悪い角部屋

僕は刻んだ
柱に小さな傷跡を
記憶に静かな温もりを

もう重くは無い身体で角部屋を後にした
肩は組んで歌い合えたわけでもないが
静かな一人きりを和らげてくれた
時間を共有した親友との決別に
また顔を歪ませ 涙を零した

564 :名前はいらない:2006/04/02(日) 00:44:40 ID:zvnWnWht
>>563 訂正

×肩は組んで歌い合えたわけでもないが
○肩を組んで歌い合えたような友でもないが

565 :名前はいらない:2006/04/02(日) 01:03:30 ID:6wVC+Of6
「桜の花のうずのしたで」

下を向いて過ごした 
視界は狭くて灰色がかっていた
部活も勉強も結構がんばってはいたが
登校も下校も足を引き摺って歩いていた
いじめられたりも、した
早く通りすぎたかった 

毎年、4月になると
校門の前に桜の花のうずができる
つむじ風がやって来て 
ぐるぐる ぐるぐると
目の前にいっぱいの桜が舞うのである
その頃の私が唯ひとつ
素直に綺麗と思えるものだった

学校に未練は無かったが
卒業だからといって
泣きたくもなかったが
だれもいなくなったあと 
最後の桜のうずのしたで
私はずっと、ずっと立っていた

あの桜がまだ残っていたら
私はまたこよう
そのときは・・・ 

566 :名前はいらない:2006/04/02(日) 01:15:12 ID:OhVcJszP
途中経過ですよぅ。

>>554:「桜並木」:ID:OKJXO+gl氏
>>555:「底抜け脱線、ネズミたちは今羽ばたきます」:ID:zeu9aijD氏
>>556:「キラーストリート」:ID:PBLg4q5x氏
>>559:無題:ID:H7vGG6i8氏
>>560:見送り:ID:erUok+wD氏
>>561:「決意表明」:じゃみら ◆jAjRyNcjb6氏::氏
>>562-563:「ある静かな別れ」:ID:zvnWnWht氏(>564で修正)
   _,,; -、
   ヽ-''-`ヽ、   /)
     ,-、   \(
   ( (ヽc==( )`)i iヽお題は【卒業】、あと3作品募集中ですよぅ。
   (::彡`(    ̄`ヽ ヽ)
    ヽ( ヽ     \|i
       ̄     ,,--、`ヽ、
            `ー' ̄`\ ,、     /_)
               , -、,、 ( )     〉ノ
            /⌒'i  _)-、\    /
            >  ::))),'   ) iヽ|)/
            (___、ノ;' '-'"ヽ '\Vヽl)
          ,-、,-、ノ (  ,ノ===;;ヘヽ*)) ∧∧
       ,-'~`ヽ....  )"~) ヽ~   /``\\ ( ,,゚Д゚)
       ヽ,  ノ(,,゚Д゚)⌒`,ー'ヽ)⌒,,,^-, ,ー` ヽ,,と   )o
         ニ= ''''iヽ_ノ!!!ヽ_)ー;;;;;ヽ__)``ー-、,, "'し´───
       (   ノ  )               "''ー───
        '-''' `ー'


567 :名前はいらない:2006/04/02(日) 01:19:02 ID:OhVcJszP
…ありゃ、行き違いですねぇ。
も一回途中経過〜。

>>554:「桜並木」:ID:OKJXO+gl氏
>>555:「底抜け脱線、ネズミたちは今羽ばたきます」:ID:zeu9aijD氏
>>556:「キラーストリート」:ID:PBLg4q5x氏
>>559:無題:ID:H7vGG6i8氏
>>560:見送り:ID:erUok+wD氏
>>561:「決意表明」:じゃみら ◆jAjRyNcjb6氏::氏
>>562-563:「ある静かな別れ」:ID:zvnWnWht氏(>564で修正)
>>565:「桜の花のうずのしたで」:ID:6wVC+Of6氏

   _,,; -、
   ヽ-''-`ヽ、   /)
     ,-、   \(
   ( (ヽc==( )`)i iヽお題は【卒業】、あと2作品募集中ですよぅ。
   (::彡`(    ̄`ヽ ヽ)
    ヽ( ヽ     \|i
       ̄     ,,--、`ヽ、
            `ー' ̄`\ ,、     /_)
               , -、,、 ( )     〉ノ
            /⌒'i  _)-、\    /
            >  ::))),'   ) iヽ|)/
            (___、ノ;' '-'"ヽ '\Vヽl)
          ,-、,-、ノ (  ,ノ===;;ヘヽ*)) ∧∧
       ,-'~`ヽ....  )"~) ヽ~   /``\\ ( ゚Д゚ )<さくら〜〜
       ヽ,  ノ(,,゚Д゚)⌒`,ー'ヽ)⌒,,,^-, ,ー` ヽ,,と   )o
         ニ= ''''iヽ_ノ!!!ヽ_)ー;;;;;ヽ__)``ー-、,, "'し´───
       (   ノ  )               "''ー───
        '-''' `ー'

568 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/04/02(日) 02:39:55 ID:+SVX41Wy
【お節介】

手が悴んで 見る間に真っ白な世界が現出されて 
街には人が溢れて とっても暖かそうに腕組んで
子供の眼はキラキラと輝いていて 僕の眼は眩しさに耐えられなくて
全てのチャンネルは特番を組んでいて 鐘の音が聞こえてきて
友達と計り合って 狂喜して それでも時は流れ過ぎて
義務が背中を押し始める日がやって来て 人に揉まれて揉まれて くたくたになって
気付けば斜光角度も変わって トリノが侘しくて だからWBCに期待して
でも右手は鉛筆を握って 紙に書き殴って へろへろになって
邪魔をして 邪魔されて 気付けば方角を見失って そしたら腹が減って
眼が痒くて 花粉が飛んで 季節が春になって 桜を見て
騙して 騙されて 告白して 振られて 面食らって 泡吹いて
過去を思い出して 卒業証書片手に騒ぐ子を見て 思った

卒業おめでとう 君たちの前途に幸運と興奮あれ 
君たちに未来はある けれど未来はない
時の流れの怒涛に興奮することはないかも知れない
齢を重ね 時の流れが惜しいと感じるだけかも知れない
だからこそ今しかない だから未来はあるし未来はない
卒業証書なんて破って捨てた方がいい
そして遠くへ 遙か遠くへ飛んで行ってお終い

569 :名前はいらない:2006/04/05(水) 17:29:41 ID:R4N04OOw


高校を卒業して
童貞を卒業して
モーニング娘。を卒業して
すぽると!を卒業して
それでも卒業したりないオレたち

卒業したい卒業したい卒業させてください
そんな若さゆえの渇きにも似た想い


いつかミジンコを卒業してハリガネムシを卒業してメルルーサを卒業して七面鳥を卒業してサーベルタイガーを卒業してホモサピエンスを卒業して死体を卒業してバクテリアを卒業すれば、夢が叶うと信じていた
でも現実はそうじゃない
今度はケンミジンコからやり直しだ、いやそれならまだ良い方だ
アオミドロやミドリムシのやつもいる
葉緑体が無いだけマシかもしれない

<セリフ>
「でもな、こうして卒業を続けていれば、
いつか卒業からも卒業できるんじゃないかなって、
オレ、そう思うんだよ」


ああ、この春で何度目の卒業だろう
56億7千万年後まであと何年だろう
センパイ!早く来てください!
太陽が赤色巨星になってしまいます!


570 :名前はいらない:2006/04/05(水) 19:40:21 ID:tMg6V4Ro
あげ

571 :シオン ◆poetsyov/2 :2006/04/05(水) 23:19:52 ID:rDD6OrrZ
みなさま、お疲れ様です。10作品そろいましたね。

>>554:「桜並木」:ID:OKJXO+gl氏
>>555:「底抜け脱線、ネズミたちは今羽ばたきます」:ID:zeu9aijD氏
>>556:「キラーストリート」:ID:PBLg4q5x氏
>>559:無題:ID:H7vGG6i8氏
>>560:見送り:ID:erUok+wD氏
>>561:「決意表明」:じゃみら ◆jAjRyNcjb6氏::氏
>>562-563:「ある静かな別れ」:ID:zvnWnWht氏(>564で修正)
>>565:「桜の花のうずのしたで」:ID:6wVC+Of6氏
>>568:【お節介】:穢土 ◆KJXrENozYs氏
>>569:無題:ID:R4N04OOw氏

え〜と。いわゆる批評などは苦手なので、一言感想で失礼させていただきます。

572 :シオン ◆poetsyov/2 :2006/04/05(水) 23:22:12 ID:rDD6OrrZ
>>554:「桜並木」:ID:OKJXO+gl氏
キレイだな。こういう詩は癒されるから好きだ。
こういう形で卒業できたらいいだろうなぁと思う。

>>555:「底抜け脱線、ネズミたちは今羽ばたきます」:ID:zeu9aijD氏
おちゃらけた題名と、最後の二行を書くための詩に見えてしまった。
他の部分が、その表現のための説明になっているような。違和感が残った。

>>556:「キラーストリート」:ID:PBLg4q5x氏
あ〜、ごめん。なんとなく頭に入ってこなかった。

>>559:無題:ID:H7vGG6i8氏
悲観的だなあ。でも、分かる。
認めたくなくても、生活環境が変わると疎遠になることはよくあるよね。
でもそれはお互い様で、新しい環境で新しい友達ができたりすると、
いつの間にかその不安も、思い出になっていたりするんだよね。
だから、こういう思いは色褪せないうちに、
苦くてもしっかり味わっておきたいなぁと思う。
んで、とっとと頭を切り替えなくちゃとも思う。

>>560:見送り:ID:erUok+wD氏
背水の陣とかいう言葉があるけど、私は、
間違えた時にやり直せる人、戻れる場所のある人は、強くなれると思う。
こんな風に見送るのは難しいのかもしれないけど。
こんな風に見送って欲しいなぁと思った。

573 :シオン ◆poetsyov/2 :2006/04/05(水) 23:24:51 ID:rDD6OrrZ
>>561:「決意表明」:じゃみら ◆jAjRyNcjb6氏
不安に打ち勝とうとする、決意表明。
けれど、それでどこへ行こうとしているのだろう?と、少し不安に思えた。
一人一人がそれぞれの道を進もうとする今、「僕ら」ではなく、
決意表明はそれぞれがしなければいけないのでは?と。

>>562-563:「ある静かな別れ」:ID:zvnWnWht氏(>564で修正)
あぁなんか分かるなあ。その部屋の様子、そこで過ごした日々が目に浮かぶようだ。
>時間を共有した親友
この言葉がすんなり受け容れられる。

>>565:「桜の花のうずのしたで」:ID:6wVC+Of6氏
これは、卒業できなかった人の詩だね。桜はたぶんずっと残ると思う。
「そのとき」が来たあとにも、咲き誇る花と、花のうずと。
両方の美しさを知って、大切におもう人が、私は好きだ。

>>568:【お節介】:穢土 ◆KJXrENozYs氏
ほんとにお節介だね。今騒いでいる卒業生には小五月蝿い小言に聞こえるだろう。
けれど、この詩の前半を読んだ人には、お節介を焼きたくなる気持ちが、分かると思う。
>だからこそ今しかない だから未来はあるし未来はない
これはそのまま、作中人物に返したい言葉だなあ。

>>569:無題:ID:R4N04OOw氏
あ〜、なんだろう。言いたい事は分かるんだけど、何かこう、惜しい感じがする。
3連目の順番/選択に違和感が残るというか、
対象が個人なのか人類全体なのか、視点が分からないって言うか。
なんかこう、まとまりない感じがする。

574 :シオン ◆poetsyov/2 :2006/04/05(水) 23:26:02 ID:rDD6OrrZ
以上、一言感想でした。手抜きっぽいけど、本人はそれなりにマジメです。
誤読・曲解・偏見などありましても、温かい目でお許しいだたければ幸いです。
んでは、今回の優勝者ですが。


>>562-563:「ある静かな別れ」:ID:zvnWnWht氏(>564で修正)

に決定いたします。
選考理由は、読んでいて情景が目に浮かんだから。
その部屋で過ごした日々、そこからの自分なりの区切りのつけ方など、
分かりやすい表現で、等身大な感じがしていいなぁと、思えたから。

んでは、ID:zvnWnWht氏、次回のお題と審査をよろしくお願いします。

575 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/04/07(金) 00:45:30 ID:w77+0Gh+
ええと、まず先にさかのぼって評への感謝を。
お題「はな」の時に「名のままに」という詩を書いたのですが、
いささかタイミングが悪くレス出来ずじまいでした。
ミミンさん、その際はありがとうございました。遅ればせながら。

で、今回「ある静かな別れ」書きました。
シオンさん、審査お疲れ様です。まさか優勝とは。ありがとうございます。

ということで次のお題ですが、「ゲーム」でお願いします。
言うまでもなく、どんなゲームでも構いません。
題・名前欄などは自由です。
では気軽にどぞ。

576 :「白色レグホン遊技場」:2006/04/08(土) 01:05:05 ID:xRD/qD1D
白色レグホン 雄雌それぞれの鶏冠を集め
目をつぶって手に取れ
「おす!」と宣言して
雄の鶏冠を手に取ればゲームに勝ち
「めす!」と宣言して雄なら負ける
ルールを決めたのは誰でしょう
別に「おす!」と言って
触れたのが雌の鶏冠でも
悲しくも悔しくもない
けれどとりあえず
白色レグホン遊技場には
沢山人が来てしまった
参加者のひとりならば
「おす!」「めす!」 宣言しなければね

それなら勝敗がかかっているのに
なんの執着もなしに呟きます
「おす」とか「めす」とかね

白色レグホンの鶏冠を集め 目をつぶって手に取れ

577 : ◆notePDkbPQ :2006/04/08(土) 11:01:19 ID:uESoKkvi
>>565 シオンさん、審査おつかれさまでした。いや、ほんとやりがいあるけど大変ですね。
「そのとき」はまだなので、これは未完成です。ありがとうございました。

578 :【 ゴッコの背景 】:2006/04/09(日) 01:15:42 ID:jqQFhnuo
おはようございます、とベリースマイル
挙措動作申し分なく、相手を尊敬するかのように、怯えた表情を創作し
身を殺し身を捨ててこそ浮く瀬あれ

金を貰い 散財し 畜生のなれの果てが路上の宴
悪夢を振り払うように
良妻賢母のメスを抱き、子にメシを喰らわせ
サービス残業とサービスサンデーにへらへら笑いを捧げる

いつ滅ぶとも知れぬ俺の空を見上げて、煙草を燻らせば
想いは空へ

暇潰しに夜の街を徘徊し、暇潰しの人生の為に情熱を追う
もはや徘徊は五重塔の老人のものでなくなり
晩餐会は破滅への機銃掃射をおっ始め
なれの果てに待つ厳かな静寂と血の叫びに慟哭し

そんな悪夢を胸に隠して、電車で眠りに着く
もはや何も言うまい 

餓鬼ん猪の頃に見上げた光に、大河の美しさを感じた
ジャガーを走らせ、南の島でトロピカルジュース
そんな日々が待っていると想っていた

今日も明日も未来永劫続くであろう、保身と出世の獣道を彷徨い
湧き出た聖水に辿り着くのは、いつであろうか
森は深く、道はなく、頼りは月の灯と気紛れな太陽

人の心理に入り込む眼をもって、この身をゴッコに捧げる
桜散り 頭ちりちり 目くそ鼻くそを笑う

579 :ボトルネック(ノ∀`) ◆P350za861k :2006/04/09(日) 19:15:36 ID:XDs+zWqE
審査乙っす
今回は名無しで「底抜け脱線〜」書きました




名無しで書くスレと間違えただけでごめん

580 : ◆nl6X9BUkXs :2006/04/10(月) 12:07:30 ID:J6Hkapvm
「君は……」

君は小悪魔?
カードの向こうに隠したものは何?
バカな男と人を見下す心?
それともこんな夜には不似合いな思い?
どちらでもいいさ
僕はただカードを開いた君の艶やかな笑みに心奪われるだけ

君は天使?
浮かべた微笑みの美しさは何故?
人を心から愛しているという証拠?
それともただの仮面の聖者?
どうでもいいさ
僕はただ君の隣でずっと影のように従っているだけ

君は一体何?
問いかけた言葉

――捕まえてご覧なさい できるものなら

宴の始まり 罠をかけられるのは始めてかい?
少しずつ君を追いつめて……追いつめて……
網にかかった君を捕らえて――露わにしていく 心の芯まで

ゲームの終わりは退屈で
ただの女でしかなかった君

――次の獲物を探そう
楽しいシナリオを持った ソフトを探そう

581 :「だってこれはゲームだから」1/3:2006/04/11(火) 00:24:06 ID:O5jrJfZn

このゲームはとてもリアルで

人やものを殴ったりすると

自分の手も痛くなる

ぼくはもっぱら殴られる方だけどときどきは

ネコやウサギや子どもを

殴ったり蹴ったり刺したりして

心を保たせる

リアルな感触や無力な抵抗が

小さく震えながら冷たくなる様が

僕を静かにさせる

渇きを満たす

別に悪いことじゃない

傷つけるのも傷つけられるのも

悪いことじゃない

だってこれはゲームだから


582 :2/3:2006/04/11(火) 00:25:32 ID:O5jrJfZn

「だってこれはゲームだから」

この言葉を

言っては駄目なんだ

それがこのゲームのルールなんだ

もしもこの言葉を言ってしまったら

それでゲームオーバーなんだ

画面が真っ白になって

それでおしまいなんだ

そうでなくても逆ボーナスゾーンに送られて

床も壁も天井も真っ白な部屋に入れられて

真っ白な椅子にすわらされて

おそろしい呪文を聞かされて

おいしくないご飯を食べなきゃいけないんだ

それが何日も続くんだ


583 :3/3:2006/04/11(火) 00:26:24 ID:O5jrJfZn

だからぼくは

「だってこれはゲームだから」

そう思っても

決して口には出さないんだ

心の中でつぶやくんだ

だってこれはゲームだから

殴られても

だってこれはゲームだから

殺しても

だってこれはゲームだから

だってこれはゲームだから


584 :名前はいらない:2006/04/12(水) 01:50:02 ID:GTnMewI8
今回のお題は「ゲーム」

現在のところ4作品がエントリーです。

>>576 「白色レグホン遊技場」
>>578 【 ゴッコの背景 】
>>580 「君は……」
>>581-583 「だってこれはゲームだから」



585 :「テープを回すと音が消える」:2006/04/13(木) 04:42:24 ID:tePg9Vdh
わたしの脳は溶けるであります
ゆっくりゆっくりフラスコの中でとろけ始めるであります
画面の素子からとび出したたくさんの光のたばが
わたしの眼窩奥につぶやくようにあらわれて
わたしの脳髄をとかしてしまうのであります

嘘だと思うなら嘘なのでしょう
だってわたし自身にも信じられない現実なのだから

アーアーウー とか ウーイーアアー とか
言葉にならない
キモチイイ
情感をびんかんに察知して
わたしの脳がとけ  て ゆく

本当だと思っても嘘なのでしょうか
だってわたし自身に見えない世界がわたしを動かしているのだから

ドットの細かい粒子から現れる世界に対立し、
ありえない出来事の数々を呑みこんで、胃液を発露し
わたしはわたしの「ゲーム」の中に埋もれていこう
やがて山羊の乳のあたたかさや
みかんのすっぱい舌ざわり
朝のうつくしい光の交接さえも忘れて
ただ情動的な金属の塊に
なってしまうようなこの世界なのだから
そんな自分なのだから

586 :名前はいらない:2006/04/16(日) 19:33:07 ID:xzdW20/V
募集あげ

587 :ボトルネック(ノ∀`) ◆P350za861k :2006/04/16(日) 20:08:18 ID:oG5cLUlr
「サイコロを手に〜リーマン編」
けたたましく目覚ましが鳴る/手をのばして目覚ましを止める
寝起き度で1レベルの判定をせよ/失敗すれば遅刻する
出目が幸いなんとか起きて/八時過ぎには出勤できた
さてさて渋滞度で判定
余裕と思ってサイコロ振れば/なんとファンブル/渋滞につかまり結局遅刻
上司にどやされまたまた判定/サイコロ一個を振るがよい
出た目の五倍の説教食らう
忍耐度で3レベルの判定/もちろん失敗?
ならば戦闘
上司の体力42/攻撃16防御は12

倒した君はルンルン気分で/営業こなしてさあ昼休み
そうさ、胃袋度で判定さ/失敗すれば腹こわす
そんなこんなで退社時間さ/ちょいと一杯引っかけてくか
ワンダリングの判定すれば/ヤクザと遭遇、はい袋叩き
ああ、この世には
神も仏も良いゲームマスターもいないのか
サイコロを手に君は叫んで/また始めからキャラメイク

588 :名前はいらない:2006/04/16(日) 22:45:35 ID:WLsamqYZ
途中経過ですよぅ。

>>576 「白色レグホン遊技場」
>>578 【 ゴッコの背景 】
>>580 「君は……」
>>581-583 「だってこれはゲームだから」
>>585 「テープを回すと音が消える」
>>587 「サイコロを手に〜リーマン編」

|│ /
| ̄\    お題は【ゲーム】、あと4作品ですよぅ。
|∀ ゚ )─
|_/
| ∧ \
|∀゚)
|∧∧
| ゚∀゚)<ボシューチュ〜
|⊂ /
|レ

589 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/04/16(日) 23:02:15 ID:Y0RNax1P
・減点法

が絵を描いた
何の絵を描いたでしょう
リービックキューブの絵を描いた
ルービックキューブの絵を描いた
初心の筆に升目がきつい

590 :WORGAME:2006/04/17(月) 01:09:20 ID:ajjwkdUQ
戦争はゲームですか?
人生はゲームですか?
人間は血塗れですが?
戦場はゲームですか?

リセットボタンをお探しですか?
リセットボタンはありませんが?

私は貴方のゲーム機ですか?
彼は貴方のロボットですか?
彼女達は貴方の人形ですか?
世界は貴方の玩具箱ですか?

貴方の中の人々は感情を持っていますか?
貴方の中の人々は大地に立っていますか?
細胞の中が抉られているのに?
心臓の中が咽られているのに?

591 :WORGAME:2006/04/17(月) 01:11:01 ID:ajjwkdUQ
それで貴方は幸福ですか?
それも貴方の幸福ですか?
それが貴方の幸福ですか?
それが貴方の人生ですか?

貴方は爆音が届かない場所で
泣き声が届かない場所で
悲しみが届かない場所で
祈りが届かない場所で
愛が届かない場所で
怒りが届かない場所で
一人ゲームをしているつもり

私の人生や
彼らの
彼女らの人生は
全て貴方のゲーム・シナリオの中ですか?
世界は貴方のゲーム機ですか?
人間は貴方のゲーム機ですか?
リセット出来ないのを知っているのに

592 :名前はいらない:2006/04/17(月) 01:12:17 ID:ajjwkdUQ
貴方は
街を
林を
海を
山を
島を
民を
幸せを
笑顔を
感情を
祈り唄を
焼き尽くし暗黒に沈め
操り人間にほくそえむ

ゲーム?
快楽に私らは死ぬのですね。
ゲーム?
彼らの洗脳の外の忠誠は何だったのですか。
全てはゲームのような簡単さ

ゲーム ゲーム 戦争ゲーム
私達は地獄貴方は天国
私達は人間貴方は悪魔

593 :名前はいらない:2006/04/17(月) 01:12:57 ID:ajjwkdUQ
>>592も「WORGAME」です;
ミススマン;;

594 :名前はいらない:2006/04/17(月) 01:23:09 ID:uuQgbdst
戦争はWARだった気が。

595 :名前はいらない:2006/04/17(月) 01:27:22 ID:ajjwkdUQ
>>594
あ、そうか。
ゲームの方と勘違いしてた・・・
「WARGAME」で・・
って訂正多すぎ;;
すみませんスミマセンスミマセン....orz

596 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/04/17(月) 03:34:41 ID:TeF6nntd
「しりとり」 1/2

ねえ しりとり…しようか
彼女は重い口をひらいてそういった
多分この空気に耐えられなかったんだ
だってもうぼくらに話すことなど何も無いから

ライオンとかうどんとかそうやって
適当に終わらせて帰ることもできるけど
どうせこれが最後だし
しりとりに最後まで付き合うことにした

例えばこのしりとりが長く長く続いたら
ラスト・オーダーが済んだこのレストランじゃ
やっぱり出るしかないよね
ねえ そしたらぼくらはどこへいこうか

597 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/04/17(月) 03:35:12 ID:TeF6nntd
「しりとり」2/2

海岸を目指してぼくらは歩いた
ただ 黙々としりとりだけは続けて
手はつながなかった
楽しくはなかった
ただ 言葉が途切れるのは少し怖かった

タラタラと誰もいない砂浜を
終わりが来るその瞬間までぼくらは歩いた
楽しくはないけれど
どこまでもふたりで行ける気がした

例えばこのしりとりが永遠に続いたら
ライトも何もない砂浜の闇へと
溶け込んでいけるはずだよね
ねえ まだしりとりは終わらないよね

ねえ 次は君の番だよ

598 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/04/18(火) 21:21:58 ID:hQgKqXCb
途中経過ですよぅ。

>>576 「白色レグホン遊技場」   ID:xRD/qD1D氏
>>578 【 ゴッコの背景 】   ID:jqQFhnuo氏
>>580 「君は……」  ID:J6Hkapvm氏
>>581-583 「だってこれはゲームだから」   ID:O5jrJfZn氏
>>585 「テープを回すと音が消える」   ID:tePg9Vdh氏
>>587 「サイコロを手に〜リーマン編」   ID:oG5cLUlr氏
>>589 ・減点法   19 ◆gwnULb/9mw氏
>>590-592 WORGAME※正しい題名:WARGAME  ID:ajjwkdUQ氏
>>596-597 「しりとり」       ねむい ◆yYGM98H44I氏


        - ー -
                     /: :ノ ハ ',: ` 、
                     ,'::_/ (○) \_: ヽ
                 /: : : : : : : : : : : : : : |
             ,  - ー┴========= ‐┴ ‐ - 、
              (:::::::::::::::::;;;;;;=== ヾr===ミ;;;;;;::::::::::::::)
            `゙ ー- r l ((◎_) i|;;(◎))≡l -ー ' "
                 l(|/ ̄ ,r'、_|L;;i ̄ミ |ノ!  お題【 ゲーム 】
          /⌒\    i_|  /  _ii_ ', ヽ l,/  後 1 作品なのだ
        / ⌒\ノ     ! ! l"---`l.!! i .!
       /   ⌒ヽノ . ノ: ヽ  ヾ===;ノ|ノ ./──--- 、
     /ヽ ,. ⌒ヽ/ー": :/: :| \  -‐   /l: :\: : : : : :l
   /: : : :`ヽノ`= ': : : : : /: : ヽ/i` - - "l\|: : : :ヽ: : : ::|


599 :名前はいらない:2006/04/18(火) 21:44:17 ID:GBuVotgK
なきたいくらい
まどう
ような

600 :名前はいらない:2006/04/18(火) 21:50:47 ID:o/4tp1+/
「王手かなしや」

(1/2)
「会うて悲しや、別れのつらさ、とな」
パチン また”王手”両取り 
ちょっとずつ駒が剥がされてゆく
「くそ爺い、底意地わりいだろ」
父は、祖父と喧嘩して家をでてきた 
今はもう仲直りしているようだ
「まあ我慢して付き合ってやれ」
でもちっとも勝てないばかりか 
めちゃめちゃにやられるので面白くもない
「おうい、将棋やるま」
仕方ねえなあ

祖父はその昔 ものすごい乱暴ものだったという
祖母がいつも殴られていたとか 
上から二番目の叔父さんは角材で頭割られたとか
昔の人らしい話だとは思う
「会うて悲しや、別れのつらさ、とな」
俺には全然怖くはないけど 
親父はどう思っているのかな

601 :名前はいらない:2006/04/18(火) 21:53:53 ID:o/4tp1+/
(2/2)
祖父は89歳?で死んだ よくわからない
徴兵が嫌で坊主になった なまぐさだった
好きなように生きた 大往生だった
泣くものは誰も居なかった 
「お前、いい孝行したな」
なにかしたか親父
「将棋、喜んでたろ」
あんなのがか、ふうん

いま俺はいろいろあって父と喧嘩中
孝行なんざ したくもない
祖父のことを思い出した
親父、孫ができるまで待ってろ
せいぜい元気でな

602 :名前はいらない:2006/04/19(水) 01:55:39 ID:ui82xAqB
そろったよー

603 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/04/19(水) 23:16:45 ID:k1LALNQ7
>>576 「白色レグホン遊技場」
>>578 【 ゴッコの背景 】
>>580 「君は……」
>>581-583 「だってこれはゲームだから」
>>585 「テープを回すと音が消える」
>>587 「サイコロを手に〜リーマン編」
>>589 ・減点法
>>590-592 WARGAME
>>596-597 「しりとり」
>>600-601 「王手かなしや」

かなり長期戦になりましたが
なんとか10作揃い、評も書き終わりました。
皆さん参加ありがとうございます。では稚拙ながら評をば。

604 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/04/19(水) 23:17:39 ID:k1LALNQ7
>>576 「白色レグホン遊技場」
のっけから不思議なゲームですね。
レグホンという単語から闘鶏を連想しましたがそうは展開しない。
しかし複雑なルールでもない、とある遊戯の話です。
不思議な世界を構築するのは見た目より難しい。
第二連・最終連へと運ばれていくうち、この謎のゲームが
さもメジャーな競技であるかのように思えてしまう。
作品からにじみ出る独特な魔力を感じました。ふにゃけた鶏冠のごとし。


>>578 【 ゴッコの背景 】
「ごっこ」。生きるうえで誰もが参加を要求されるゲームでもあります。
絶望渦巻く生活への見限り、嘲笑、自嘲。
その中に浮かび上がる、生きてゆく意志。
重奏される喩法がそれを際立たせ、
詩全体に深みと安定感をもたらしております。
洗練された語の選び方にも、魅力と実力を感じました。

605 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/04/19(水) 23:18:20 ID:k1LALNQ7
>>580  「君は……」
すべてのゲームに共通する面白さというのは、たとえばこの詩の
五連目から六連目にかけて。そういった“変遷”にあるのでは。
要するに過程と結果の境界線ギリギリのところですね。
もちろん四連目まで、準備時間にも言いようのない緊張と期待があるわけですが。
ラブゲーム…といっちゃ古いですが、恋愛も言ってみればゲームの類。
しかし遊戯性を持ち込みすぎないところに、この詩の美しさがあります。
気障になり過ぎないのも良い。作者の力量をうかがわせます。

>>581-583  「だってこれはゲームだから」
虚構と現実が区別できなくなり、やがて反転する。
確かにこの世界はゲームの様なものかもしれません。
油断していると各所に設けられた逆ボーナスゾーンに落ちてしまいますね。
ゲームにも得意不得意がありますが、作中の主人公は不得意なほう。
免罪符となる言葉を抱いて、苦しくとも耐えて生きてゆくしかない。
澄んだ狂気と悲哀に満ちた詩です。

606 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/04/19(水) 23:19:02 ID:k1LALNQ7
>>585 「テープを回すと音が消える」
言葉、語句の一つ一つが鮮烈で
読んでるうちにとろけそうになってきます。
その表現力の豊かさ、まさに手練れ。
驚くほどの効果を放つ素晴らしい遊戯に埋もれてゆく。
自身にとって最高のゲームがそこにあります。
漂う神秘性にいつしか包み込まれてしまう、そんな詩です。

>>587 「サイコロを手に〜リーマン編」
この表現法は愉快のひとこと。
生活というのは計画通りにいかないもので、まさに運頼みでもあります。
たまたま不運が続くと「やってられるか」という気分にもなってしまう。
人生を面白く感じられるか、それもまた巡り合わせ次第。
はたして次は良い能力を持ってスタートできるんでしょうか。
今までの振る舞いで能力値ボーナスが上下しそうで怖いですが。
読み手を楽しませる軽快さを持った楽しい詩です。

607 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/04/19(水) 23:20:55 ID:k1LALNQ7
>>589 ・減点法
ルービックキューブ。このゲームを“終了”させるのは困難です。
根気と思考力の要る、小さくも厄介な遊戯素材。
大抵の人は“中断”せざるをえないものですが、絵のモデルにはある意味相応しい。
なにしろ色彩の欠かせないゲームですから。
そしてそれ自体がゲームの全てであるという、意味の内包体。芸術。
短くも発想力に満ちた密度のある詩です。

>>590-592 WARGAME
間断なく続くリフレインと投じられる疑問符。
溢れ出る迫力に言葉を失ってしまいます。
すべてを蹂躙する戦争はまさに悪い冗談、
誰かの好き勝手なシナリオで進むゲームのようです。
心を欠いた戦いには破壊と虐殺しか残りません。
理不尽に前面から戦いを挑むような潔さ。力強い詩です。

608 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/04/19(水) 23:23:56 ID:k1LALNQ7
>>596-597 「しりとり」
誰でも知っているけどひどく退屈なゲーム、しりとり。
それが今、不穏な雰囲気のカップルを繋ぎ止めています。
やめようと思えばいつでも終われる、続けようと思えばいくらでも続く。
続けてゆくという互いの意思を確認し合う。
つながりが途切れないよう願う、その心情の危うさを見事に表現しています。

>>600-601 「王手かなしや」
将棋というのは性格が良く出るゲームです。
それゆえに親交が深まることもあり、逆も然り。
ともすれば感情や主張のぶつけ合いにもなる。
だからこそ愛好者も多いわけですが。
将棋を交えて口語調でゆったりと展開する家族話。
しんみりと、静かな味わいのある詩です。

609 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/04/19(水) 23:36:50 ID:k1LALNQ7
ケガの功名というべきか、長引いたことが幸いしてか
深く味のある作品が多かったと思います。
いずれも題へのアプローチが多様で、読んでて非常に楽しかったですね。

>>578>>585>>596-597
この3作で迷いましたが優勝は

>>596-597 「しりとり」( ねむい ◆yYGM98H44I 氏)

に決めました。
平易さの中に漂う情感、そして危うさがなにより素晴らしい。

今回は良作が多かったと思います。
優勝も選者次第ではどの作品になってもおかしくなかったかと。
それだけに評にも時間がかかりましたが、同時に良い経験になりました。
皆さんご参加ありがとうございました。では、またの機会に。

610 :名前はいらない:2006/04/19(水) 23:40:33 ID:PHJdBNcr
610get!

611 : ◆notePDkbPQ :2006/04/20(木) 19:01:46 ID:kmKZmCDX
b4さん、ありがとうございました。>>600-601「王手かなしや」 書きました。閃いたらもう
あと一つだったので急いで書きました。粗くてスミマセン。
ねむいさん、おめでとうございます。感情移入するのが辛い、切ない、良い作品ですね。

612 :穢土小豆 ◆KJXrENozYs :2006/04/20(木) 20:26:38 ID:jMPieXzZ
b4さん! 審査お疲れ様です。ありがとーございました。
【ゴッコの背景】書きました。
優勝者のねむいさん!おめでとう御座います。
太陽がいつ出てくるのかと、先を期待させる作品でしたね。
その他にWARGAME良かったです。じゃじゃ


613 :宮坂純:2006/04/20(木) 23:46:38 ID:1NdO7c8z
b4さん、審査お疲れ様でした!
>>576 「白色レグホン遊技場」書きました。
お題を見た瞬間、一気に書きました。
そのせいか、力量不足か(まぁ両方で。)ちょっと雑だったかな、と反省しています。
優勝されたねむいさん、おめでとうございます!
こういう作品を陳腐にしない力……尊敬です。
話を合わせるわけではないですが
私の気に入った作品もb4さんの迷った3作でした。
それではまた。

614 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/04/21(金) 01:22:40 ID:N0ThCZWv
b4さん審査お疲れ様です。そしてありがとうございました。
「しりとり」を書かせていただきました。
優勝作品に選んでいただきありがとうございます。

これは2年半くらい前に書いた詩で、自分でも気になるところはあるのですが、
ほとんど書き直さずにそのまま投稿してみました。
本当にどうでもいいことなのですが、
この作品は一行一行が“しりとり”になっています(笑)

あー…本当にどうでもいいですね。失礼しました。
b4さんもおっしゃっていましたが、面白い作品が多かったですね。
【ゴッコの背景】に見え隠れする、どっしりとしたバックボーンが個人的に気に入りました。

615 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/04/21(金) 01:29:16 ID:N0ThCZWv
次のお題ですが、

「海」

でお願いします。

616 :名前は無い。:2006/04/21(金) 02:50:08 ID:aKjR05iO
深海で 静かに眠る  空飛ぶ魚

波の
 ベッドに包まれて


ほろり  一粒 小さな涙



は桃色の 夢 を見る

ほろり  ほろり   ほろり


  銀の涙   闇が悲しみを 消す 前に
海の青が そっと 掠う



あぁ… どうして こんなにも
     海
      の底から 見上げる 月 は
虚ろで 何処か刹那的


空飛ぶ魚   波の 揺り篭  に 抱かれて
 零した 涙 は 泡 となり
朧な 月 へと 昇っていく

617 :龍一:2006/04/21(金) 04:54:08 ID:mQ6xCxwI

青の深くから
襲い来る 優しさと
恐ろしさに 目を閉じる


ふと浮かぶ死への恐怖
浮かぶ自分の肉体に
安堵と恐怖


此れこそが生なのだと
ああ 教え来る波 母


遠くでは 父と 母の笑い声
不思議と 恥ずかし気も無く
あふれる涙

波に身を任せつつ
思う 命の おお あっけなさよ


そして
その 素晴らしさを


その儚さを





618 :名前はいらない:2006/04/21(金) 13:40:44 ID:WT2bVx5H
>>617
2/100

619 :ボ(略)ク ◆P350za861k :2006/04/21(金) 22:08:44 ID:q+HKeP0t
「夜は柑橘、さすれば朝は」
ゆらゆら 真夜中の柑橘 爪立て 皮剥き 蜜柑を食らう
ゆらゆら 忙し 宿直の夜 眠気を抑えて がくがく揺れる

柑橘 夜には 静かに過ぎて

ゆらゆら 静寂 宿直の夜 眠気がピークに達しだすので
ゆらゆら 腕立て 気合を入れる 三十回ほどがくがく伏せる

柑橘 香りて 酸っぱくなって

ゆらゆら 睡眠 仮の熱帯 月夜が僕らにウィンクしてる
ゆらゆら 波の 中心に立ち 仮初めまでの がくがくジョーク

柑橘 柑橘 八朔 柑橘

ゆらゆら 夜明けが しらじら 来たる 朝日が出来損なってさしてる
ゆらゆら 鈍磨に帰宅した後 布団の波で がくがく 意識

620 :いかゆみ:2006/04/21(金) 22:47:27 ID:kXlBLsHL
私は海を送りたい

広さと深さを兼ねた言葉

私の言葉は水溜りでしかないから

海の存在だけをここに記したい

621 :いかゆみ:2006/04/21(金) 22:59:02 ID:kXlBLsHL
ついでにもう一つですが・・・



私達は海の真ん中に立っているのだろうか?

この海に島はないのだろうか?

そんな疑問を持ちながら

私は海をゆらゆら泳いでいる。

622 :名前はいらない:2006/04/22(土) 21:28:14 ID:0CQM4ZWW
『海巡り』

青と白のコントラストを
逆さに吊るした水の中

オーロラのような
揺らめく光の曲線画

幻を想わせる
リアルの色

しかしいつしか青は黒ずみ
描かれた世界は消え失せる

命は眠り全ては
静寂の中に埋もれる


浮かべられた小さな光を
逆さに吊るした水の中

多くの命がそこで
生まれて消えてゆく

623 ::2006/04/23(日) 12:48:09 ID:Zbb7EHjw
○    海へ延びる  
o    精霊の 行列  
°  
 ○   神はなく
  o   神はなく
  °  留守でなく  ○
    初めから。なく o
            °  
   その妄想はついに現実へ
           な び  く
    
勝手な人間らの
優しい視線が堕ちて行く

   その先に

プリズムを帯びた
○   記憶が
o      あ
°○     る...
 o
  °.
   .   A...n..........
   .
  .
*

624 :レディグレイ:2006/04/23(日) 13:24:05 ID:8eKFC7Ih
「君と海へ行こう」

電車にゆられて 僕らは小さな旅に出た
初めて見る景色 知らない景色 でもどこか懐かしいような
その日はとても暖かで 君は電車の中で気持ちよさそうに眠っていた
僕はそんな君の寝顔を見ながら 
こうして二人でいられることの喜びをかみしめていた

電車は目的の駅に到着し
僕らは潮の匂いがするほうへと歩く
そうして僕ら 白い砂浜へとたどりついた

白い砂の上 シートを広げて二人 寝転がる
君の隣で ただこうして海と空を眺めていよう 
目の前に広がる景色と 君の事だけ考えていよう

遠く青くどこまでも抜けるような青空
静かにただ穏やかに僕らの目の前に広がる海


625 :レディグレイ:2006/04/23(日) 13:25:40 ID:8eKFC7Ih
  <<↓つづき>>


そう たとえばこの目が見えなくなっても
空を翔る鳥たちの声 波が打寄せる音 
君と僕 二人の歌うメロディがここにあるよ

たとえばこの耳が聞こえなくなっても
僕の大好きな青色の海と空 輝く太陽
そして君の笑顔がここにあるよ

たとえ この目と耳が僕から奪われても
潮を運ぶ風 太陽の暖かい光
そして君の手 君のぬくもりが
優しく僕を抱きしめてくれるよ



夕刻になり 空が赤く染まる
太陽が水面を照らす キラキラ光って僕らは笑う
僕はその景色 その音色を 心に焼きつける


いつまでもずっと 消えないように
この先もずっと 続くように


626 :名前はいらない:2006/04/25(火) 21:33:35 ID:GE6CfWt+
「わたしは海に産まれ棲んでる」

3月に
磯から上がれば脚は自然と
つや つやと水を弾いて
白い砂を踏む

真砂の名の
その通りなので
わたしはこの前海で産まれた

流された子の霊とも言われ
わたしはつや つやと黒髪を振る
滴る水は潮の匂い・・・・

愛した人を知らずに喰らう
そんな海町の伝説に哂う
この町はひどい化け物ばかり

赤子のような童顔であって
本当の歳はよく分からないから
なるほどわたしも異の物のようだ

「君は良い 香りがするね」

白いワンピースはかぶるだけの
袖もついてない簡単なもの
背中から抱かれ波に委ねる

ぽちょん ぴちょん 
浜辺に向いたバスルームだけ
わたしも心もいない場所にして

627 :名前はいらない:2006/04/25(火) 22:58:19 ID:Ix/wVc4x
はい、途中経過ですよぅ。

>>616:「ソラトブサカナ」
>>617:2/100
>>619:「夜は柑橘、さすれば朝は」
>>620-621:無題
>>622:『海巡り』
>>623:〜
>>624-625:「君と海へ行こう」
>>626:「わたしは海に産まれ棲んでる」

          __   __
         /// ヽ_// \\
        ///  |7`l  |  ))ヽ ) 
        vVヽノ   |三 |⌒レレノ 
                  |三 |    
                  |三 |∧∧
                  |三(´・ω・`)<あと2作品ですよぅ。
                  |三⊂  )
                  |三⊂_ノ〜  旦
                  |三 |    ./ ̄ ̄ヽ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜|三 |〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   〜〜〜〜〜〜〜

628 :長楽:2006/04/26(水) 06:55:06 ID:qSdZoX+T
「海鳴り」

豪雨、強風吹き荒れる砂浜
沖から身体を揺さぶる海鳴り
叫べど叫べど
振り返ることのない裸の少女へ
それでも言葉をぶつけ続ける

遠雷のような唸りに掻き消されて
聞こえていないのかも知れない
それとも今更の弁明なんて
聞く耳を持たないという意思だろうか

それでも僕は叫んだ

何一つやましさは無かったと
もしもあの瞬間何かしらの罪が生まれたとしたら
それは僕を駆り立てた
君の身体の美しさ以外何物でもないと

声が届いたかどうかは定かではないが
少女は振り返って笑った
笑ったように見えたけど頬を伝うのは涙か雨か分からなかった

先程まで暖を取っていた焚き火が消えた
夜と闇に消えた少女の表情と、海鳴り

僕が初めて恐怖という、その事を覚えた日

629 :名前はいらない:2006/04/27(木) 22:55:47 ID:ICD49699
【うみ】

きりひらいたおなか
あふれるいのち
あたたかな、あたたかなうみ

なみだ
おしっこ
はなみず

あせ
しおあじがひろがる

ゆっくりと
ひかりがおち
ふかく
つめたく
しずむ

しずむ

630 :名前はいらない:2006/04/27(木) 22:58:46 ID:ICD49699
10作品揃いましたよぅ。

>>616:「ソラトブサカナ」
>>617:2/100
>>619:「夜は柑橘、さすれば朝は」
>>620-621:無題
>>622:『海巡り』
>>623:〜
>>624-625:「君と海へ行こう」
>>626:「わたしは海に産まれ棲んでる」
>>628:「海鳴り」
>>629:【うみ】

          ∧∧  /⌒ヽ
         (´・ω・`)/   |゚:: ゚;゚ ゚ 
        ⊂    / ゚.;゚ /; :;;  
          \  / 。゚ /.;.;:::        
          ( //⌒ ̄⌒`´ ̄`〜ヽ'ー--、
         _/      ιυっ ̄~つyへつ
        /   /つつ。o/ / / /  ^つっへυっつ
      _/     〉o°o。   。 / /  /°>つっっっつっっ
     /      \γ、。 o 。 /o。/ /つっっつっつ
__/           `⌒ヽっ/ 。/  / っつ) っつっつ
=/     っっ       τ-っつつっ、。|    つ  っつつつ

631 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/04/28(金) 01:35:44 ID:F+f/yeVa
了解ですー。
読ませていただきますので少々お待ちくださいm(_ _"m)

632 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/05/04(木) 01:45:55 ID:WRn7qFho
こんばんは。本当にお待たせしてしまい申し訳ございません。
遅くなった言い訳はいたしません…。

>>616
文体と構成で、漂うような、儚げな雰囲気をよく表せています。
空飛ぶ魚は海の底で、どんな夢を見てその瞳から涙を流しているのでしょうか。
せつないですね…。

>>617
感動詞のせいでしょうか、力強い印象を持ちました。
母なる海と、子なる命。その対比が美しいです。
自分の命と向き合うことは大切ですね。

>>619
一定のリズムを守り、言葉をよく選んでいます。
ゆらゆら がくがくという波のように揺れる言葉に反して作品自体は骨太で筋の通ったもの。
淡々と進行する気があるので、後は、おっ と思わせる何かが欲しかったような。

>>620
621もそうですが、どちらも何らかの作品の書き出しのような感じ。
これからはじまる壮大な(?)物語を予感させてくれます。文体も良いです。
けれどもその予感・雰囲気だけで楽しむのは限界があるので、ひとつの作品としてはどうでしょうか…。

>>622
『海巡り』かぁ…。一度してみたいですね。
タイトルに反して、内容はミクロをあまり感じさせない、おおらかな視点で描かれています。即興詩でしょうか。
(言い方は悪いですが)内容的には一般的なので、もう少し遊び(?)を持たせることで魅力が増すと思います。
その力はあると確信しています。


633 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/05/04(木) 01:46:28 ID:WRn7qFho
>>623
視覚効果(?)(笑)が良いですね。
これがただ左揃えでピッチリと書かれていたら、そんなに魅力を感じなかったと思います。
作品の魅せ方も技術ですよね。化粧のようなものです。自分はいつもスッピンですが(ぉぃ

>勝手な人間らの
>優しい視線

これが素晴らしいですね。

>>624-625
作者の方が男性か女性かはわかりませんが、語感に女性的なものを感じます。
幸せな時間を過ごしている2人ですが、そこに至るまでには、そしてこの先も、
どうやらたくさんの障害が存在するようです。
だからこそ瞬間の幸せが、こんなにも美しく輝くのでしょうね。

>>626
日本的な海というか、古典的な雰囲気を持った作品。
擬音などもそうですが、日本語の美しさを実感することができます。
バランスがいいです。とても書きなれているのがわかります。

>>628
他の作品が皆、静かな海や幻想的な海を描いているのに対して、この作品では海が持つ厳しさという一面を感じます。
言葉の選択もそれに沿っていて、一貫した詩世界が展開されています。

>>629
よく、人体は小さな宇宙だと言います。そして海も、宇宙と並ぶ未知の空間。
言葉に新味はないですが、その神秘が巧く表現されていると思います。
平仮名にしたことも、この内容なら、これ以上ない選択かと思います。
選択ではなく、自然にそう落ち着いたのかもしれませんが。

634 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/05/04(木) 01:57:37 ID:WRn7qFho
重ね重ね、結果を出すのが遅れてしまったことをお詫び申し上げます。
今回は、他と比べて抜きん出ているような作品が(私の感覚では)ありませんでした。

>616
>624-625
>626

の3作が特に印象に残りました。

それでも優勝は1作品なので…優勝は >>616の名前は無い。さん です。
想像力をかきたてる詩でした。

ではでは、名前は無い。さん、次のお題と審査をよろしくお願いします。

635 :名前はいらない:2006/05/07(日) 09:06:06 ID:xy/AuMAS
上げますね。

636 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/05/07(日) 12:03:01 ID:PRUeOnZr
>>633
ねむいさん評をありがとうございました〜。

これは一場面ですが、密かな裏設定として、内容はアメリカを舞台にした
人魚伝説のフィクションだったりします。で、作中の女性も人喰い人魚です。
横文字を入れると「どこやねん」という突込みが入るので日本語にしたのですが、
そこで日本的と言われるとは おー ちょっと発見でした。

ねむいさんの好みを除いても、書きなれてると言っていただけて嬉しかったです。
素直に受け取りたい反面、投稿を重ねるうちに、
こんなレベルなりに慣れてきてしまったと言うことですね。ふーむむむむ。

>>616 の作者さまおめでとうございました!視覚的で素敵な作品でしたね。
ではまた〜。

637 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/05/07(日) 12:04:10 ID:PRUeOnZr
ああ、>>626「わたしは海に産まれ棲んでる」を書きました。
ごめんなさいごめんなさいもうだめら・・・。 

638 :名前はいらない:2006/05/08(月) 14:40:13 ID:tTIO9NjJ
艶な目蓋

低空に黄色い三日月
帰りを待っていてくれたのね
もうオヤスミ 虫の音を子守歌に…よい夢を

639 :名前はいらない:2006/05/09(火) 00:29:25 ID:dMLbuOUH
↑短い語句の中に一つの世界を構築するのは短歌・俳句の手法ですね。
それが陳腐でないのは非常に絵画的な世界を喚起させる作者の感性によると思われる。
難解ではあるが読み手の想像力をかき立てるポイズンを隠し味にしてる点が深い趣を与えています。

640 :  ◆UnderDv67M :2006/05/09(火) 20:58:58 ID:Ou0fZr4w
ぼーくはかーわいいー あおーむしー♪
おいしーいはっぱーは どーこにあるー

ぼーくはかーわいいー あおーむしー♪
じゃーまするやーつには つーのだすぞー
      _
    /ヾ;. `ヽ
   ゝ  ● ノノ⌒//⌒//⌒ヽ
   (・ヽ.___/_ヽ. // .. // ..  )
      〃〃〃~~u^u^u^u^^'∪  モソモソ

641 :名前はいらない:2006/05/12(金) 20:25:58 ID:syh4Plol
上げますね

642 :名前は無い。 ◆n8ARXVtXbQ :2006/05/15(月) 00:41:39 ID:uDWCAmMe
遅れてすみません。力不足ながら審査をやらせて頂くことにします。
ではお題から。お題は「ハイ」でお願いします。どう変換するかは書き手の皆さんにお任せします。

643 :名前はいらない:2006/05/15(月) 00:53:12 ID:JqygyTvw
あげ

644 :『灰の様に廃の如く敗』:2006/05/16(火) 01:12:15 ID:g2drofjZ
はい あなたはとっても綺麗です
はい あなたはとっても美しいです
はい あなたはとっても賢いです
はい あなたはとってもスレンダーです
はい あなたはとってもチャーミングです
はい あなたはとっても魅力的です
はい あなたはとっても妖艶です
はい あなたはとってもセクシーです
はい あなたはとってもバイオレンスです
はい あなたはとっても容姿端麗です
はい あなたはとってもブギウギです
はい あなたはとってもクレイジーです
はい あなたはとってもパーフェクトです

おれが夕暮れ時に想うこと それも多大な欲と願望に苛まされる時 虎落笛に吹かれる
赤頭巾ちゃんに登場する狡猾な狼のように おれは白い頭巾を被り獲物を求める
それとなく嫌になるとき 腐臭の匂いに鼻腔をくすぐられ 狭い通路を彷徨う
発射されるダイナミズムはもののけとなり 顕微鏡で見つけれるくらいの微細な意志だ

もはや汝すべからく死すべきだと 青春は終わりの鐘を鳴らし 棺桶に片足突っ込むのを背水と思い定め
濡れた足の裏はギリギリに踏み止まる 苔に美を見出すのは終わりと知り悟るからだ

オマエはおれのポリシーと汗を嗅ぎ取ったのか 臭いはすべからく葫臭く 
オマエもおれも同類 誉め契られ幸福を与えられ歓喜するのがオマエの求めなら
おれは素直にオマエにそれを与えてやろう くれてやろう

おれは煙草を燻らせ おまえの横顔を眺めながら 微笑し眠りにつく
これが最大公約数の約束事であり、この世の儚さならば
いつだっておまえにこの身をくれてやる 敗と言い敗と叫べ


645 :ねむい ◆yYGM98H44I :2006/05/21(日) 00:09:08 ID:s/cDx6lf
「飛べばわかるさ」

私に翼があったなら たとえそれが蝋で出来た翼でも
太陽に焼かれるまで飛んでみせよう
私に翼があったなら たとえ空が私を拒絶したとしても
地に叩きつけられるまで空にいよう

なんてちっぽけな地上
道路はどこまでもつながっているわけではないし
ひとのこころは無限だなんて言うけれど
似たような人ならいくらでもいるし

飛べばわかるさ
豆粒のように見える人が営む生活
豆粒と豆粒が偶然にぶつかり生まれる恋
それは決して大きな意思に支配されてはいないし
それは空の青さと同じくらい愛おしいってことが

それでも私は空にいよう
涙を流しながらそれを見ていよう
本当に無限なのは人でも空でもなく
私の心だと気付いたから

646 :大木人:2006/05/21(日) 03:37:57 ID:HIevX5dO
「Cocaine」

きっとここからの道なら君と歩いていけるから九日はハリウッド的演出の予定幸福になるコンビニへ買いに行くホテルに泊まるマニュアル一生懸命一年で読み切る来月末の予定変更ネクタイ姿の金曜日起床二時間おはよう今日何食べる

647 :毀れた糸:2006/05/21(日) 07:44:52 ID:0++QOj+n
灰皿をひっくり返した灰色猫の手
ぐんんと挙手され 高く高く昇る

廃屋を眺めている配達者の眼
風景は 燃えてしまうのだ!

灰雲の生命線は如何?
ハワイから眺める空は・・・私のものではないのだ

648 :名前はいらない:2006/05/21(日) 13:09:02 ID:nBLE/wuT
「ウマレル」

あなたは男ですか
あなたは女ですか

僕はどちらも「はい」と答えた

僕はどちらでもあって
    どちらでもないのだ

身体の性を聞かれれば
僕は○○ですと答えなければならないけど
でも僕はそれだけではないのだ

ねぇ かかさま
あなたはそんな僕を壊れた人のように扱うね

でもね かかさま
僕はまだ生まれていないのですよ
だから 自分がどちらかわからないのですよ

僕はまだあなたという胚の中で生きているのですよ
だから どうか どうか


解放して下さい 僕を ここから
異常な人だからと 隠しておかないで

649 :「いもむし」 :2006/05/21(日) 17:16:47 ID:01/u4D6L
わたしは
こうやって
うつぶせに
はっています
ぴくぴくと
うごめいて

なえた
てあし
まがった
せなか
できるのは
はうことしか

まっています
だれかが
つまんでくれるのを

650 :名前はいらない:2006/05/22(月) 02:28:12 ID:ifQ+XS0O
やがて来る闇 全てをつつみこむ。 怖い。
・・・・いつになれば照らされる、 いいや、このまま永遠の闇が訪れるかも知れない。
人はやがて死ぬ。永遠の闇が訪れる。
それまで行きる、ひたすらに。
死のうとは考えない。
なぜなら・・闇は必ず訪れるから

651 :名前はいらない:2006/05/22(月) 03:21:19 ID:PsGE1YC7
http://pink.gazo-ch.net/bbs/27/img/200512/551474.jpg

652 :もー ◆GRAPFSBMio :2006/05/22(月) 03:29:09 ID:DRlRshNS
好きなのに
切ないよ

はさみで切り裂いたら
痛み感じてることわかるかな
初めて好きだと自分の気持ち信じられた
言えなくなって
晴れたあの青い空に
今この気持ち預けたまま




653 :名前はいらない:2006/05/22(月) 08:32:00 ID:JRJIH9M9
冷や汗かいて生きてたんだ
今じゃ欠伸になった。
駅に座ったおっさんに同情 勝手にやって、
そのぶんのいら立ちを
一人で勝手に晴らして、
案外気の利くかもしれない自分を喜んだものだった。

怠慢に喜んだものだった。

654 :名前はいらない:2006/05/22(月) 20:40:16 ID:e0jq4IwA
今を直視するは厳しい
生きるは悲しい
死は優しい
白い闇を抜けて俺は歩いていく。

655 :名前はいらない:2006/05/22(月) 23:12:39 ID:KPzGnUzR
>>644:『灰の様に廃の如く敗』
>>645:「飛べばわかるさ」
>>646:「Cocaine」
>>647:毀れた糸
>>648:「ウマレル」
>>649:「いもむし」
>>650:無題
>>652:無題
>>653:[冷え症なめくじ]
>>654:無題

たぶん10作品揃いましたよぅ。

    、,._             /彡
     Yy、`'ヽ、       ,/ /l       +
     ヽ \ ,`フ"~^"~^` 、〈 ,レ    +
      ) メ           ヾ
     ,.シ'             `、
     ノ,              メ    + +
     /,:..  >  r―イ <  ,ヘ、
      '彡,:. .    ヽ__/   " (  )
        ノ,:          ` ノ
       メ _  "シ    ,.  ヾ`
   γ⌒シ  l´ヽ^   /^ヽ  ミ
   爻,'ヾ乂,,.ヽ_,ノ ,、,,._,.ヽ__,ノ__メ

656 :  ◆UnderDv67M :2006/05/24(水) 17:30:48 ID:BZHFWSX2
 ポエ板最強コテは誰だ!? 1:1の真剣勝負 ハンゲームで開催決定!!!

      ギャラリー募集中 対決観戦料金一切無料!! 

  ★対戦者:下線棒 Vs ギムレット 将棋マッチ開催予定★

ポエム板最強 下線棒の輝ける過去の実績  == 12戦12勝0敗

チェス対決  竹輪 0 − 5 下線棒  5戦全勝にて下線棒の圧勝
花札対決  すぐる 0 − 2 下線棒  2戦終了時+10万円で下線棒の圧勝
将棋対決  にーちぇ 0 − 5 下線棒 5戦全勝にて下線棒の圧勝

開催地 午後11時より開始予定
ttp://www.hangame.co.jp/gamenc/shougi2.asp



主要広告主 あおむしくん

  ぼくたちにはちょうちょうになるけんりがある
にんげんたちによるたいりょうぎゃくさつにこうぎしよう
      _
    /ヾ;. `ヽ
   ゝ  ● ノノ⌒//⌒//⌒ヽ
   (・ヽ.___/_ヽ. // .. // ..  )
      〃〃〃~~u^u^u^u^^'∪  モソモソ

子どもたちをみんなで守る未来へ・・・ あおむし党

657 :名前はいらない:2006/05/25(木) 12:36:55 ID:hv+0BigO



658 :大山デブ゙子のムスメ ◆666.SaoPvk :2006/05/26(金) 20:41:11 ID:dpYVF0lb
わ〜いo(^-^)o

659 :大山デブ子の娘 ◆666.SaoPvk :2006/05/28(日) 21:31:39 ID:4+xqixVs
わ〜いo(:-:)o

660 :名前はいらない:2006/05/28(日) 21:47:01 ID:afF+17Oy
一週間経っても前回優勝者が出ない場合はどーすんの?
我慢強く待つの?

661 :大山デブ子の娘 ◆666.SaoPvk :2006/05/28(日) 22:03:58 ID:4+xqixVs
選者にしてもポエ大にしても
そういう状況の時には必ず誰かしらの声があったよね♪
コテがでしゃばったら叩かれるを♪


662 :◆FCXRNaWgHs :2006/05/29(月) 19:43:22 ID:4D5V+ZvP
前々回優勝者(この場合ねむいさん)が審査するんじゃなかったっけ

663 :名前は無い。:2006/05/30(火) 03:44:12 ID:Bc0+4q+m
すみません…。どうにも携帯の調子が悪く、ネットしてるとすぐ電源が落ちる為、ただ今紙にまとめております。
もう少々お時間下さいorz

664 :名前は無い。:2006/05/31(水) 04:10:58 ID:jZRzh1la
お待たせしました。時間喰った割には対したこと書いてませんが審査貼らせて頂きます。

>>644 「灰の様に廃の如く敗」
お題の「ハイ」を色々な表現で見せている詩ですね。
全ての「ハイ」を一人の女性に捧げる、愛のうた。一途な言葉は読んでて良い印象を受けます。

>>645 「飛べばわかるさ」
こちらは高さの「ハイ」でいいのでしょうか。出だしはイカロスの翼を連想しました。
視点を変えて分かること。三連目で上手く纏まっていると思うのですが、ラストのオチ部分が弱い様に感じました。

>>646 「Cocain」
面白い詩ですね。行動の流れが行間なく流れて何気ない今に至る。更に続けることも出来るんじゃないか、とかも考えさせられたり。

>>647 「毀れた糸」
こういう詩はなんだか好きです(笑)
「ハイ」で韻を踏んでいるのも読み易いですし、「ここでも「ハイ」の意味を取り込んでいるのかな?」と色々想像出来て楽しいです。

>>648 「ウマレル」
性同一性障害の子の詩か、産まれる前のまだ性別も定まらない子の詩か。後者なら一人称は「私」の方が個人的には良かったかな、と。
途中、母親に語りかける所が「お母さん」とかじゃなく、「かかさま」なところがちょっとお気に入り。


665 :名前は無い。:2006/05/31(水) 04:11:39 ID:jZRzh1la
>>649 「いもむし」
全部平仮名なのが、まだ蝶にも蛹にもなれない不完全さを出してていいなと思いました。自分では中々どうにも出来ないもどかしさが出てていいですね。

>>650 「無題」
避けられない闇=死に対する恐怖を描いた詩でしょうか。必ず闇は来るけれど、それでも生きる。人間ならではの悩みですね。

>>652 「無題」
恋愛時の気分の高揚、感情の波。これも一つの「ハイ」な状態かなと解釈。
気持ちやその感情に至る状況を表すのにはもう少し長い方がいいかなと思います。

>>653 「冷え症なめくじ」
自身のおごりに気付くと虚しくなる。
現代社会に疲れ気味な私としては妙に共感してしまいました。

>>654 「無題」
何かを決意した「俺」が向かう先は何処なのでしょうね。
「死は優しい」の次に「闇を抜けて歩いていく」
ちょっと矛盾している様にも感じましたが、「死に向かって歩いていく」と解釈すればいいのでしょうか。


666 :名前は無い。:2006/05/31(水) 04:13:31 ID:jZRzh1la
大分間違った読みとか独断偏見入り交じりまくりだと思いますがご容赦下さい。。。すみません。
それでは今回の優勝は…「毀れた糸」の>>647さんで。
>>649さんの「いもむし」ともちょっと迷ったんですが、お題内容を分かりやすく読みやすく取り入れた>>647さんに決めさせて頂きました。


本当、お待たせしてすみませんでした。参加者様、お疲れ様でした。
>>647さん、次回お題&審査お願いします。

667 :Arpeggio ◆UfM5Clgw1I :2006/06/01(木) 20:02:34 ID:fe38y3fl
どうも。審査有り難う御座いました。
>>647を投稿させて頂きました。

拙い者でありますが、
評文を書かせて頂きます。

さて、次回のお題。
「考察」
とさせて頂きます。
活用方法は作者様のご意向に委ねたいと思います。

では、投稿どうぞ。

668 : ◆notePDkbPQ :2006/06/01(木) 21:59:34 ID:1Mzv8psC
名前は無いさん、ありがとうございました。「いもむし」書きました。惜しかったー。
仰るとおりの無力感の心理描写デス。Arpeggioさん、おめでとうございます。

669 :大木人:2006/06/02(金) 00:04:44 ID:nOQxK64/
批評ありがとうございました。
もう少し辛抱強く作らないとダメだなーと感じております。
Arpeggioさんおめでとうございます&審査頑張ってください!

670 :名前はいらない:2006/06/02(金) 20:19:34 ID:JoAqLXNo
傘を忘れたぼくは大脳新皮質の脳溝に紛れ
ゆるやかにいんぐりもんぐりやってみる
今日の空模様はアドレナリン時々ドーパミンところによりエストロジェン
雨宿りのついでに発泡酒で大あくび
ニューロンの大量虐殺にも飽きた頃
仕方がないので寝てしまおう
さて、明日はなにを忘れ……


671 : ◆34law0hz56 :2006/06/02(金) 23:25:18 ID:tte1A9zC
アルペジオさん♪ 梁山泊とポエ大の二冠ですか?
おめーとーです

672 :地獄の木漏れ日:2006/06/03(土) 00:21:16 ID:tQ5F5epG
「消えそうな町」

非常階段は錆びている
メロンパン欲しくて有り金無くす
落ち葉に包まり世界は終わる
雨の中のカラスに嫉妬
気がつけば明日が冷めていた
この町で一番大きな桜の木月を隠す
アルコール男に思い出を
闇の中で息をするラジオ
森の中に隠れよう
鏡の老婆に騙されて
町がほんの少し浮いた
明日は足元に転がってた
それを手にするにはまだ早すぎる
まずはこの体に絡まってる
糸を切ろうか

673 :地獄の木漏れ日:2006/06/03(土) 02:11:56 ID:tQ5F5epG
「錆びたナイフ」

最近胸にナイフが刺さった
もう錆びて抜けそうにない
アスファルトには僕の血の跡
コンビ二で雑誌を立ち読み
グラビアの女の子の胸にはナイフが刺さってた
都会から帰郷して来た友達はみんな血まみれだった
最近この町も血の臭いで臭くて歩けないのさ
先月僕は東京に引っ越してきた
朝のラッシュアワー
みんな必死に胸を隠す
携帯片手の血まみれ少女
頭が狂いそうになる
空が夕日に染まる頃
傷口を治す薬を求め彷徨う人々
血まみれの東京
優しさが 傷口に沁みる

674 :名前はいらない:2006/06/03(土) 02:21:23 ID:SrexSRBT
>>672-673
あんたはルールも読めんのか?

675 :名前はいらない:2006/06/03(土) 13:11:46 ID:dLwwnDfl
【自分基準】


しかし変だ うん 絶対におかしい あっ絶対は言い過ぎかも うん かなりの確率で おかしいと思う

でも それをおかしいと思う 僕自身 僕自体まともな 人間でなくては 判断基準があてにならず 君が変だからそれを変だと思うんだよと 言われれば 返す言葉すらない

僕は まとも?味が無くなったガムは 飲み込むし 電車の席でも端に座らないと落ち着かない

僕は 普通?いつも靴の踵に穴が開くし 男なのに爪を磨かないと なんか不快

考えれば考えるほどいつも 不安になる 僕がおかしいの 君が変なの

考え過ぎて 頭が痛い 頭痛の時は 頭に 布を巻けばすぎ直る

えっ そんなこと聞いたことがない?
僕も 自身ない とりあえず バファリン 飲んでくださいな

676 :名前はいらない:2006/06/03(土) 13:13:51 ID:dLwwnDfl
↑×すぎ直る
○すぐ直る

677 : ◆YAPoo/LC/g :2006/06/03(土) 18:48:52 ID:9mbCT4mT
「碧眼のアレ」

碧い瞳をえぐったアレ

白く泣きだしそうな雲色眼帯に
滲むは蘇芳色した錆池
行き場所なくし転げる眼球ごろごろと
アレの日々の動き似て

転げ回る碧い瞳の先に映るは砂利色の空となり重く垂れ下がり

打ち寄せる波頭飛沫クリーム色
波間の底の暗碧色が溶け合うことなく
ゆたりゆたりと胸が波打つ

眼球の裏の繊維見たい

回遊する先すら見付からない
酸素なくしたヘモグロビン
それでもいい
どうでもいい
アレは憧れ成れの果て
アレは憧れ脳に巣くうアレ



678 :「人生訓」 1:2006/06/04(日) 03:42:35 ID:L8XhQzKC
星の数だけ人生はあるという。誰が言ったか
物心付いた時に夢中になってたのは砂場だったっけ。
初潮を迎えた娘を見てはよろめき、
貫通を終えた時の全能感は、ゼウスに勝ったと思ったっけ。
社会人になり浮世を知る。本当に知ったことになるのだろうか。

上からモノを語る人間の幼さを見て、君は何を感じた。
大人と自ら呼称するのを躊躇うのは何故だろう。昭和の大人よ。何処へいった。

もはや人生を語れるものはいないのか。いたとしてそいつは胡散臭くないか。
生きることは大変なことのようだ。君も僕もそう感じている。
立川談志が言ったか「人生成り行き」。こんな言葉を頼りに毎日を生きる僕に明日はあるのだろうか。
想像でしか語れないが、昔は本当の大人がいたと思う。本当の大人とは何だろう。

長く生き、それなりの歳月を過ぎれば語れることも増えるだろう。
君が見た景色。僕が感じた情景。あなたが語る風景。差異は恐らく酵母菌にあるのだろう。
若い頃は何だってフレッシュだ。中年を越えた人間には、ありきたりのモノに見えるだけ。
年を取るということは、溌剌とした何かを失うようでいて、物悲しいことかも知れない。

近所を巡り廻っても、小言幸兵衛も頑固親爺もいなくなった現代に、人生訓を語れる大人がいるのだろうか
酢豆腐はたくさんいる。最近では2chにもそこら中に酢豆腐がいる。腐った臭いプンプンな連中だ。
マセ餓鬼と呼ぶ。ツァラストラかく語りきを読めば人生訓を語れる資格があるのだろうか
ドストエフスキーを読めば人生訓を語る資格を持てるのだろうか。人生訓は書物の中にあるのか

679 :「人生訓」 2:2006/06/04(日) 03:43:40 ID:L8XhQzKC
おそらく人生とは大したものでいて大したものでないのだろう。僕はそう思う。
しかし、多くの人間がこれを語ろうとするその行為自体は一種の叫びではなかろうか。

オサム・ダザイ「人間も捨てたものじゃない。だって花の美しさを見つけたのは人間だもの」

叫びを詩に昇華する人間は恐らく人生訓を語らぬ者ではなかろうか
その胸の奥深く青く燃える燐光を抱く詩人に乾杯したい気分です。
けれど、ふと思うのです。人間が喋ること叫ぶこと、それ一つ一つが既に泣きであると。
嬉泣き、貰い泣き、大泣き

日本人がか、人間がか分らないが、喋りたいことも喋れないというのは
人間本来の姿を失うことではなかろうか。コミュニケーションが大事だという。
けれど、昨今は調子合わせの強制笑いが、浮世を横溢し馴れ合いと呼ぶべきではなかろうか。
むろん、人付き合いは大事だが、嫌いな人間に笑顔を送る。
塩を送るのとは違い、此処にあるのは卑屈な人間ではなかろうか。
何も笑うなと言うわけじゃない。キモチ悪いと言いたいのだ。

ショウニン・レンニョ「人は口が軽きがいい」

680 :「人生訓」 3:2006/06/04(日) 03:44:31 ID:L8XhQzKC
君は人に話しかけるのに1つ1つの返事を想像して、ブレーキをかけていないだろうか。
君は笑顔を送るのに、その洗浄した表情が歪んでいないだろうか。
君は予想外の返事を恐れて、話かけるのを躊躇っていないだろうか。
何故、その思いを爆発させないのだろう。
人間らしさとは空に叫び、大地に吐き、山に吼え、空気を我が物にすることだと思う。
この考えが間違いだと云うなら、君は既に立派な人生訓を語れるはずだ。
何故、語らない。何故、教えない。何故、諭さない。
現代人は優しさを失った。見て見ぬふり人間の何と多くなったことか。

マサムネ・クサノ「あなたのことを深く愛せるかしら」

君は隣人を愛することができるのだろうか。
僕は君たちを愛することができるのだろうか。
それもふかくふかく、マリアナ海溝よりもふかく

シュウジ・テラヤマ「詩人のいない時代は不幸なのです」

詩人は既に人生の語り部だ。青森県の恐山のイタコのように、天井から語れる。
比喩、隠喩、暗喩、余情、余韻、余白を含ませれば、後は読者が美味く消化してくれる。
詩は排泄物であり、電柱に残った濡れシミであり、卓上の野菜です。
アナタが排泄したモノは僕たちの咽喉元を通過し、腸に収まり、再び垂れ流される運命にあるのです。
江戸のリサイクル文明のように、詩人が言葉を発せなければ、誰が情ある浮世を作るのでしょう。

君、それに紳士淑女の詩人たちよ。もっと語り吐き叫び吼えてくれ
物分りのいい人間だけじゃ駄目だ。青臭さがなくちゃあ、世は動きません
誰かが動かないと事は始まらない。

考察途中に付き




681 :[]:2006/06/05(月) 02:03:03 ID:nHqd2DxN
静けさを求めたのは確かに僕だけど
(僕は何故ここにいるんだろう)
気まぐれなドライブのついでのつもりだったんだ
(僕は何故ここにいるんだろう)
独り占めの星空は余計な事を考えさせるね
(僕は何故ここにいるんだろう)
隣に好きな女でもいりゃ抱きしめた体温を答えにしちまえるんだけど
(僕は何故ここにいるんだろう)

(多分僕はここにいる意味は無い)
(だけど意味って何だ?)
(意味が必要なのか?)
(意味が無くなったら死ななきゃいけないのか?)
(僕はここに存在している、それだけじゃ駄目か?)
右手と左手 指と指を絡ませて
終わりの無い考察を狭い脳でくるくる 繰り返す

帰って寝ればこんな記憶
終わった自慰行為みたいに忘れ去られて
僕はまた新しくて素敵な情報を追いかけるのかな
まぁしょうがないか 
実際の話、考察で腹は脹らまないしな
少し未来の僕をちょっと恨んだ

寝転ぶと星の歌う声が聞こえる
懐かしくそして遠い歌声
僕という存在などどうでもよくなるほど素敵な天体の海
静かな酔いを愉しみながら
(僕は何故ここにいるんだろう)
そんな疑問をもう一度呟いて
不思議でもなんでも無くなっているのが 不思議

682 :名前はいらない:2006/06/05(月) 02:04:04 ID:nHqd2DxN
>>681
タイトルは「天体の海」です
投稿ミス申し訳ない

683 :名前はいらない:2006/06/07(水) 22:24:23 ID:XZkgCtW5
途中経過でス〜。

>>670:無題
>>672:「消えそうな町」)
>>673:「錆びたナイフ」)←候補作品?
>>675:【自分基準】
>>677:「碧眼のアレ」
>>678-680:「人生訓」
>>681:「天体の海」

      。_ ∠ヽo
       |'´/\o_|\
       /\o_| /
     /\o_| /∩
     o_| , ./∧,,∧
     \/ ´(´・ω・`) <現在、5作品か7作品集まってます〜。
       |_, ─'''U''''''''─]i,、 _ _  
     /             \
    /      \       /   i
    |      ● (__人_) ●   | 
    !                   ノ
    丶_ _________ノ

684 :名前はいらない:2006/06/08(木) 03:03:28 ID:3ZIOvjKY
愛とか恋とか、難しいものですね。
しらないフリしていても、心と心は通じ合う…
あなたにもそんな気持ち、ありますよね?
うしろ姿しか見つめることができなくて、気付けば
2年も想い続けていた私は、今夜もひとりです。
人生でこんなに心苦しい毎日が続くなんて…

幸せをほんの少し、あなたから欲しかったな。
せつない私の気持ちも、伝えたかったよ。
のんびりと、澄んだ空気と広大な草原の中、
空を見上げてみたいよ…二人で寝転んでね…

隣にいて、大の字になって。
どきどきしながらも、両手伸ばしたりしてたら、
おもわず触れてしまった私の手を、さりげなく
しっかりと握り返してくれる…

あぁ、こんな夢なんて、絶対ありませんよね。
なんでだろう、叶わない恋なのに抑えきれないよ。
たぶんあなたが、私のこんな気持ちを知ったら
とっくに私のこと避けていましたよね。

あまえたいのは私の
ただの我侭だよね。
しかたないよね…

さようなら、私の恋心、そして思い出。
くるしかった胸も、少しは休まるかな?
らくな気持ちになれそうです・・・
んと、最後にあなたへ一言。
ぼくよりいい人見つけて下さいね

685 :名前はいらない:2006/06/11(日) 22:39:19 ID:dTCIi3fo
「考察」 1/3

俺は足早にバイト先に向かっていた
救急車の赤いサイレンとすれ違う
胸騒ぎが振り向かせる 1秒

バイト先に遅れる

裏口のドアを開けると
大音量が俺の頭を押さえ込んだ
ライブスタジオは満員客でごった返してた
ボスは俺を見つめるなり怒鳴り散らした
「早く仕事に就け!!!」
「オス!!」
返事をしたとき喉の違和感に気付いた
が すぐにドリンクチケットを渡され
気後れしながらも仕事をこなす
眠気なのかなんなのか
起きてる感じがしない
馴染み客が声をかけた

「あ、あぁ!今日 何飲む?
 え?何?顔が変?んなの生れ付きだっつの!
 ダイエットコースじゃなきゃ奢るよ?
 ハハ!調子いいなお前!」




686 :名前はいらない:2006/06/11(日) 22:58:48 ID:dTCIi3fo
            (つづき2/3)
客足が落ち着く 次のバンドの入れ代わりだ
赤青黄の照明が 重低音に合わせて光る
赤 赤 赤 だけ目蓋の奥で消えない
音がドン!ドン!と胸を叩くのに
俺の耳には音が入ってこない
聞いたはずの指示がこなせない
「どうかしたのか?」「えっ」
コップが滑り落ちる!やっちまった
風邪でも引いたか
そういえばさっきからガンガン頭痛がしてる
頭が働かない

「お前に客だよ
 何かあったのか?警察だってよ
 今日はもうアガリでいいから」

「同居されている女性が自宅で殺されていると近所の方から連絡がありました」

殺された!?殺された!?誰に!!!?
元気だった 会話もした
今朝 仕事前に別れたのが最後だった
信じられない 信じられるか!


687 :名前はいらない:2006/06/11(日) 23:06:04 ID:dTCIi3fo
            (つづき3/3)
ナイフでメッタ刺し
殺したのは誰だ!!!
彼女は自宅で…恐かっただろう 痛かっただろう
殺したのは誰だ!!
俺と入違いで仕事から帰ってきた その後だ
殺したのは誰だ!
近くには凶器と血のついた上着

信じられない 信じられない

チカチカいらつくのは赤い照明 反射するコップ
ドアを開けたときの大音量 その前から鼓動は早かった
すれ違った赤いランプの救急車に胸騒ぎ
ドアに刺さったまんまの赤いキーケース 俺が誕生日にあげた
血のついた俺の 俺の上着
真っ赤になった彼女の死体と 半裸の男
誰かの怒鳴り声 俺の喉が枯れている

彼女を殺したのは!!!!!

「仕事前はどこで何をしてましたか?」



688 :名前はいらない:2006/06/11(日) 23:07:59 ID:dTCIi3fo
よろしくお願いします。


689 :地獄の木漏れ日:2006/06/12(月) 10:00:36 ID:eTMJt96d
「ストーカー」

昨夜君の写真を枕元の壁に貼ったよ
眠る時も目覚める時も ただ見詰めてるよ

君が今朝捨てたプライベートを漁った 
雑誌 ティッシュ ペットボトル

部屋に持ち帰りただ見詰めてる
捨てずに引き出しに置いてある

恋を知れば誰もがストーカー
真っ直ぐに見詰められない

時計の針が静かに時を刻む闇の中
僕は獲物を狙うハンターに成り済ます

月と猫に目撃されても 奴らは言葉を持たないし
僕は君を尾行する哀れな ストーカーなんだね

君の瞳が好き 君の声が好き
君の存在が  憎い程愛しい

僕は君の毛穴まで愛する
ストーカー

690 :名前はいらない:2006/06/12(月) 14:59:22 ID:GwXs+uGO
>>地獄の木漏れ日

何連投してんだよ。
ルールも>>1も読めないのか?

691 :やさしいあくま:2006/06/17(土) 22:37:07 ID:8G5Ft6gX
保守


692 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:40:47 ID:b/453CO9
 ♪
        Å
       /  \
    (ヽ(    ;)ノ)<やんのか〜かかってこいや〜
 ♪  ヽ ̄ l  ̄ ./
    丿 . .  /   プ リリン
  (( ( ___人__丿))  プ リリン
    J   ヽ )   プ リリン リン
        し



693 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:40:56 ID:/zX11Lt6
    や    / ̄ ̄ ヽ,                / ̄ ̄ ヽ,  上
    ん   /   _ノ'   ',              /  'ヽ、_    ', 等
    の   |   {0}  /¨`ヽ、          /¨`ヽ  {0}  │ だ
    か   |      トェェェイ          .i__,,.ノ      |  コ
       ノ       -ー'            `ー-       |  ラ

                              / ̄ ̄ ヽ,
           喧嘩をやめゅてぇ〜♪    / 丶 /   ',
                         ノ//, {゚}  /¨`ヽ {゚} ,ミヽ
 ふたりをとゅめてぇ〜♪        / く l   ヽ._.イl    , ゝ \
  .ni 7                  / /⌒ リ   ヘ_/ノ   ' ⌒\ \
l^l | | l ,/)                (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)
', U ! レ' /   / ̄ ̄ ヽ,       ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
/    〈   /        ',        .n   .|   ・    ・   |
     ヽっ{゚}  /¨`ヽ {゚},       l^l.| | /)ノ           |
  /´ ̄ ̄ .l   ヽ._.イl  ',      | U レ'//)           ノ
/  ィ-r--ノ   ヘ_/ノ   ',    ノ    /          ∠_
   ,/              ヽ rニ     |  f\      ノ     ̄`丶.
  丿'               ヽ、  `ヽ   l |  ヽ__ノー─-- 、_   )
. !/                  ヽ、 |   | |           /  /
/                      !jl   |ノ          ,'  /
 .l                      l    |          |   ,'
 .|  ・                  丶   ヽ         |  /

694 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:03 ID:CBbH9jX8
               r'゚'=、
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/    i!        i, ̄\ ` 、   
  __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i, <   ここですか?
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,   \____________
 .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ

695 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:07 ID:UA2fVHx8
                   / ̄ ̄ ̄ ̄\V
        ゴガギーン      /────    丶
             ドッカン   | ⌒   ⌒ \  丶
         m    ドッカン  |−(・)−(・)----丶 |
  =====) ))      ☆ |  ⊂       6) 
      ∧_∧ | |      /   | ___    | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |  O 人      \ 丶_/   /<  ジーコでてこい、野球しようぜ!
     「 ⌒ ̄ |  o人 人       \____/    \___________
     |   /   ̄ ||人 人 人        「    \
     |   |    人 人 人 人      ||   /\\
     |    |  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ へ//|  |  | |
     |    |   |  □□   | /,へ \|  |  | |
     | ∧ |    |  □□   | /  \  / ( )
     | | | | 卜|  □□   |      | |
     / / / /   ヒ|       |      | |
    / /  / /    ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ L    | |
   / / / /      ||      ||   L   | |

696 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:16 ID:gg3vVHp3
       ,,r -、,r'"´⌒`゙゙ ヽ、
      /  '"~ ヽ、     `ゝ   
     / ,r彡'"   ミ、ノ彡' ヽミ`\ 
   r、r.r 、    /ノレ'"´"゙`ヾヽ `ゝ       ´
  r |_,|_,|_,| ノ ノ    ⌒   ⌒|`ヾミ、 
  |_,|_,|_,|/⌒     -="-  (-="レノ   ぁぁそうでっかそうでっかフーリガンがねぇ
  |_,|_,|_人そ(^i    '"" ) ・ ・)""ヽ    なるほどね・・・
  | )   ヽノ |.  ┃`ー-ニ-イ`┃ 
  |  `".`´  ノ   ┃  ⌒  ┃|  
  人  入_ノ´   ┃    ┃ノ\ 
/  \_/\\   ┗━━┛/ \\
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ


       ,,r -、,r'"´⌒`゙゙ ヽ、
      /  '"~ ヽ、     `ゝ   
     / ,r彡'"   ミ、ノ彡' ヽミ`\ 
   r、r.r 、    /ノレ'"´"゙`ヾヽ `ゝ     
  r |_,|_,|_,| ノ ノ     /'  '\|`ヾミ、 
  |_,|_,|_,|/⌒      (・ )  (・ )レノ    
  |_,|_,|_人そ(^i    ⌒ ) ・・)'⌒ヽ   ・・・で?
  | )   ヽノ |.   ┏━━━┓| 
  |  `".`´  ノ   ┃ ノ ̄i ┃|  
  人  入_ノ´   ┃ヽニニノ┃ノ\  
/  \_/\\   ┗━━┛/|\\
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ

697 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:17 ID:9gufFYYE
 .    /ヘミミミ/  ``'ー-.、,ヽ丶)ヽ、
  、. レ"ヾヘミミ/        ヽソノ;、ヾi
  _ヽlヾミミミン  -zュ、、     ´ ';ソ:|
  i A;ヽミミゾ   ,__,.、,、,..,、、.,、,、、..,_       /i
  | | iミミソ     ヽ;'`;、、:、. .:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
  | ヽiミソ       ''、;: ...: ,:. :.、.:',.: .:: _;.;;..; :..‐'゙  ̄  ̄    /i
  ゙iー:ソ           ,、-'  |ヽ,;'`;、、:、. .:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
 ノソ         ` = _, |  '、;: ...: ,:. :.、.:',.: .:: _;.;;..; :..‐'゙  ̄  ̄
.  "!      ,.r===;-、, ` '′  ,'
  ハ.      / ヽ、  ヽ,)   ノ
,r'イ ',     l!、   ゙i ./   ,.'
. i |  ',      iゝヽ..ノ,イ   /
. !│ ヽ    ゝ.二 '´ /.│
. ! |   ヽ      /   !、
. | |     >‐‐ァ"     | \
 | |  ,、r'" ,、r''"      /   \

えびふらい えびえびえびび えびふらい

698 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:20 ID:57F2Hwpm
               r'゚'=、
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/    i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ     な・・・・・・
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,   なんなんですか?
 | i,        | {,      ニ  ,    .|    |  i,   ここ、どこですか?
 .l,  i,     |  }   人   ノヽ   |    {   {   なんであたし    
  },  '、    |  T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |   貼られたんですか?
  .} , .,'、  / :ヾ_! },  `ー--ー'''" ハ.:',     }   i,
  | ,i_,iJ  / :.:_イ .:.`x,    _,,.x=イ :.:.:!:.ヽ   .|   ,}
  `":.  / rィイ | :.:.ヽ: >r/`<ノ .:.::.}ヽ、\:iiJi_,ノ    
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\
 :.  / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.:.
   / /  ) ヽ ヾ、ヽ:.ハ ヤ{   ∧/.-‐'": : |:.:. i ',
  ./ .,イ .:..} : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l:.:.: .ハ ',
  { /| .:.:ハ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/:.:.:/ }:.}
  V | .:.:/:.:|_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/:.:i.:{  リ
    ヽ:.:{、.:.V     : : ヘ     : : {: : :/:.::∧|
     ヽ! )人    : : :人      : : : / \! :.
      "  ヽ : : : : :/イ{     :.ノ: : : :.\ :.


699 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:33 ID:GmHnEt7E
\ ボクはキミを尾行する哀れなフーリガン!!!!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ⊂二 ̄⌒\               ノ)
     )\   ( ∧_∧         / \
   /__   ) ´Д`)    _ / /^\)
  //// /       ⌒ ̄_/
 / / / // ̄\      | ̄ ̄
/ / / (/     \    \___
((/         (       _  )
            /  / ̄ ̄/ /
           /  /   / /
         / /   (  /
        / /     ) /
      / /      し′
    (  /
     ) /
     し′

700 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:39 ID:/zX11Lt6
               r'゚'=、
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/    i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ     な・・・・・・
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,   なんなんですか?
 | i,        | {,      ニ  ,    .|    |  i,   ここ、どこですか?
 .l,  i,     |  }   人   ノヽ   |    {   {   なんであたし    
  },  '、    |  T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |   貼られたんですか?
  .} , .,'、  / :ヾ_! },  `ー--ー'''" ハ.:',     }   i,
  | ,i_,iJ  / :.:_イ .:.`x,    _,,.x=イ :.:.:!:.ヽ   .|   ,}
  `":.  / rィイ | :.:.ヽ: >r/`<ノ .:.::.}ヽ、\:iiJi_,ノ    
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\
 :.  / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.:.
   / /  ) ヽ ヾ、ヽ:.ハ ヤ{   ∧/.-‐'": : |:.:. i ',
  ./ .,イ .:..} : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l:.:.: .ハ ',
  { /| .:.:ハ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/:.:.:/ }:.}
  V | .:.:/:.:|_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/:.:i.:{  リ
    ヽ:.:{、.:.V     : : ヘ     : : {: : :/:.::∧|
     ヽ! )人    : : :人      : : : / \! :.
      "  ヽ : : : : :/イ{     :.ノ: : : :.\ :.

701 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:41 ID:KGxQccRh

         ■■■■■■■■■
        ■■■■■■■■■■
       ■■■■■■■■■■■
      ■■■■■■■■■■■■■
     ■■■■■■■■■■■■■■
    ■■■■■■■■■■■■■■■
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■  ■■■■■  ■■■■
 ■■■■■■  ■■■■■  ■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  ■■■■■■■■■■ ■■■■■■■    
  ■■■■■■■■■■ ■■■■■■   
  ■■■■■■■■■■ ■■■■■■  
  ■■■■■■■■■  ■■■■■■   
  ■■■■■■■■■■■■■■■■     
   ■■■■■■■■■■■■■■■■
   ■■■■■■■■■■■■■■■     ________
    ■■■■■■     ■■■■■   /
     ■■■■■     ■■■■   < 俺は、謎のアフリカンポエマー
      ■■■■■■■■■■■■    \
       ■■■■■■■■■■■       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ■■■■■■■■■■
         ■■■■■■■■■


702 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:50 ID:lscGxTHW
\   ヽ   才 _  . -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-     /
 \  ̄ ̄`i /|/  ヽ ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、  /
  \ _/  |   ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ  ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ  ヽ__レ ノ/
          .,ノ';`′,,  |.゙ュ          r'゚'=              ,,,,..ぃ―-、,,,_
        ,/  .. .|`ヽ ,l゙.l゙ .ム       / ̄`''''"'x、          r'く.l゜| ,,.、  ゙ヽ
       ../   、`.ヽv-イ/ /.,!    ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_   | ゙l.゙l | .l゙.゙l  .‐ .ヽ
      .,/     .゙li、 .!、゛.,テ'" _,,/    i!        i, ̄\ ` 、 ..゙l,レヘ-,i´ 、.シ \
     .,i´  ,,,i´  l゙ . ゙̄"⌒  - "  |   /ヽ      /・l, l,   \ `゙_'{ .',,,/ .__,ィ" ゙‐  ヽ
    .,ノ  、,「.゙ .  .|     /(     1  i・ ノ       く、ノ |     i  i゙  .`゙゙゛ :|  .  .゙l,
   ./   ,l゙    .l゙     | i     {,      ニ  ,    .|     {   {     .| .'i、    ゙l、
   l゙   ,l゙   .,ノ      l,  i,     }   人   ノヽ   |    . }   |     |  :゙'ii、   ゙l
   ,l゙   .゙l   .,iン‐'"゙゙゙゙゙''i、 },  |    Tヽ.|lF-―-ヵl|\__,/     }   i      .|   ゙l   .゙l
  ,i´   ′ .ヾ″   ヽ. ヽ.} , |.  ̄`/}  {.ト、_ノ} i  /―i、、.,-.|   ,}゙゙'-、  ゙l    _゙    .|
  l゙     .、   .  .''、,. . | ,i_,iJヘヽ  `x, ヾ┴┴'ソ  x=‐'''~  .゙-|   ,}   、  ‘\.` `."    ゙l
 .l゙     ‥‐r-  "゙.!゙゙'^ '.   ./ ヽヽ    ` ニ ´ ノ     r==ゝ、i_,ノ.'(二 .     ヽ .   .、゙l

703 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:53 ID:gg3vVHp3
             ___
            ./     \
            | ^    ^  |    ,..、
           | .>ノ(、_, )ヽ、.|′ _,,r,'-ュヽ
             ! ! -=ニ=- ノ! ,イ彡く,-‐' ゙i, < ここがドイツか^^
  __,,, :-―,ァ''" \`ニニ´/゙ア´ ̄`ゝニ'ィ,〉
,:f^三ヲ,r一''^ニ´、、__ l ! ィ彡,ャァ'" ,,..,,、  /lトィヘ 
ノ ニ、゙リ  ,..,,   ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/:.l:.:し′
,ィテ'J´,,..::;;゙i,     ,;,, ;;; ,,;;       ,frア:.l:.:ヾ
リ:.:.:.{'"  ,ィト.     ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:.ノ:.:.:.:
:.:l:.:.:.ヾ='":.:.:l      ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:ノ:.j:.:.:.
:.:l:.ミ:.:.∨:.:.:.:ヽ、    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.ィ:.:.:.
:.:ト:.トミ:.:ヽ:.:.:.:.:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:.:/:/ ヽ:.:
:.:ト、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ  ゙i:.:
:.:l:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.l   t,,__,災_,ノl  f:.リ:.:./:.j ,イ ヾ
:.:l、:.:ヾ:.:.:.:.:〉:.:l  l,   ,;,  ,ィレ j:.:.:./:./ V
:.:l ヾ:.:弋:.:.:l:.:.:l,,_l;, ーr;;T;;―;イ' ィ':.:.ソ:.:ム、
ノ  ゙i:.:.:.:.:.:リ:.:.lミ‐〒=r==t=テ''ヲ:.:ム'";;ツ 
    l:.:.:.:.:.:ノ:.:.リ`` ''―ト=f−'"Zイ彡'"

704 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:54 ID:0sWDY2C1
\   ヽ   才 _  . -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-     /
 \  ̄ ̄`i /|/  ヽ ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、  /
  \ _/  |   ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ  ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ  ヽ__レ ノ/
          .,ノ';`′,,  |.゙ュ          r'゚'=              ,,,,..ぃ―-、,,,_
        ,/  .. .|`ヽ ,l゙.l゙ .ム       / ̄`''''"'x、          r'く.l゜| ,,.、  ゙ヽ
       ../   、`.ヽv-イ/ /.,!    ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_   | ゙l.゙l | .l゙.゙l  .‐ .ヽ
      .,/     .゙li、 .!、゛.,テ'" _,,/    i!        i, ̄\ ` 、 ..゙l,レヘ-,i´ 、.シ \
     .,i´  ,,,i´  l゙ . ゙̄"⌒  - "  |   /ヽ      /・l, l,   \ `゙_'{ .',,,/ .__,ィ" ゙‐  ヽ
    .,ノ  、,「.゙ .  .|     /(     1  i・ ノ       く、ノ |     i  i゙  .`゙゙゛ :|  .  .゙l,
   ./   ,l゙    .l゙     | i     {,      ニ  ,    .|     {   {     .| .'i、    ゙l、
   l゙   ,l゙   .,ノ      l,  i,     }   人   ノヽ   |    . }   |     |  :゙'ii、   ゙l
   ,l゙   .゙l   .,iン‐'"゙゙゙゙゙''i、 },  |    Tヽ.|lF-―-ヵl|\__,/     }   i      .|   ゙l   .゙l
  ,i´   ′ .ヾ″   ヽ. ヽ.} , |.  ̄`/}  {.ト、_ノ} i  /―i、、.,-.|   ,}゙゙'-、  ゙l    _゙    .|
  l゙     .、   .  .''、,. . | ,i_,iJヘヽ  `x, ヾ┴┴'ソ  x=‐'''~  .゙-|   ,}   、  ‘\.` `."    ゙l
 .l゙     ‥‐r-  "゙.!゙゙'^ '.   ./ ヽヽ    ` ニ ´ ノ     r==ゝ、i_,ノ.'(二

705 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:41:57 ID:NICtMSDW
\   ヽ   才 _  . -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-     /
 \  ̄ ̄`i /|/  ヽ ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、  /
  \ _/  |   ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ  ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ  ヽ__レ ノ/


         _,. --- .,_ ,.-ー'' "" '' -、,____
         `=、;;;;;;,,,;;;: , -ー '' "" '' ー-、:::";;;;'")
        ,.-'゙''''',='";; ` ' ー --- ー '" ;;;;;;;:く _
        /   `ー-...,;;;;;;;;;;;,-‐,;;;;;;;;';;;;;;;;::::::;;;;:::::;;)
       /             `''''''""i;;;;;;;;;ヽ,"
     l  ■   |,,,____/        ::::::::::|;;;;::i
      |       |.:::::/  ■    ..::::::::::::ノ;;;;
       ヽ,     |:::/       ..:::::::::_;/;;;'゛
         `ヽ ,_ |/      ..::::;;;:,;‐';;;;゛゛
         /"'''=ー;‐---‐‐'';';"- ::\ー-、
         ;'    :::::::::::::::::::i :::::::ヽ ::';::::::ヽ
         i      :::::::::::::|  :::::::ヽ;:i::::::::}
         ';     ::::::::::::::::|   :::::::l::|::::::::}


706 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:42:02 ID:57F2Hwpm
\   ヽ   才 _  . -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-   -┼-     /
 \  ̄ ̄`i /|/  ヽ ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、 ,-┼/-、  /
  \ _/  |   ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ  ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ ヽ__レ ノ  ヽ__レ ノ/
          .,ノ';`′,,  |.゙ュ          r'゚'=              ,,,,..ぃ―-、,,,_
        ,/  .. .|`ヽ ,l゙.l゙ .ム       / ̄`''''"'x、          r'く.l゜| ,,.、  ゙ヽ
       ../   、`.ヽv-イ/ /.,!    ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_   | ゙l.゙l | .l゙.゙l  .‐ .ヽ
      .,/     .゙li、 .!、゛.,テ'" _,,/    i!        i, ̄\ ` 、 ..゙l,レヘ-,i´ 、.シ \
     .,i´  ,,,i´  l゙ . ゙̄"⌒  - "  |   /ヽ      /・l, l,   \ `゙_'{ .',,,/ .__,ィ" ゙‐  ヽ
    .,ノ  、,「.゙ .  .|     /(     1  i・ ノ       く、ノ |     i  i゙  .`゙゙゛ :|  .  .゙l,
   ./   ,l゙    .l゙     | i     {,      ニ  ,    .|     {   {     .| .'i、    ゙l、
   l゙   ,l゙   .,ノ      l,  i,     }   人   ノヽ   |    . }   |     |  :゙'ii、   ゙l
   ,l゙   .゙l   .,iン‐'"゙゙゙゙゙''i、 },  |    Tヽ.|lF-―-ヵl|\__,/     }   i      .|   ゙l   .゙l
  ,i´   ′ .ヾ″   ヽ. ヽ.} , |.  ̄`/}  {.ト、_ノ} i  /―i、、.,-.|   ,}゙゙'-、  ゙l    _゙    .|
  l゙     .、   .  .''、,. . | ,i_,iJヘヽ  `x, ヾ┴┴'ソ  x=‐'''~  .゙-|   ,}   、  ‘\.` `."    ゙l
 .l゙     ‥‐r-  "゙.!゙゙'^ '.   ./ ヽヽ    ` ニ ´ ノ     r==ゝ、i_,ノ.'(二


707 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:42:03 ID:ZPchQJT9
        \   |    /
         _┌┬┬┬┐_
       ――┴┴┴┴┴―、         __________
      //    ∧// ∧ ∧||. \      /
  __[//____(゚_//[ ].゚Д゚,,) || _ \__ <  ヒャッッホーーーーーーーーーーーー
 lロ|=☆= |ロロ゚|■■|■■∪VIP■■||   \__________
 | ∈口∋ ̄_l__l⌒l____|___l⌒l___||
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'   `ー'

708 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:42:20 ID:aPgxqgon
         _/\/\/\/|_      ( 丶
         \          /       .|   }
  ,、_,       <   ハラキリ! >        {   'i
  | ! !^i    /          \        .{   |
  .{ ' ' ,.′    ̄|/\/\/\/ ̄         }   }
  {  ,′                        |  i'
 .l  i'           r'゚'=、           i  i'
 | i'            / ̄`''''"'x、       / ノ
 ヽ(       ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,/ , "
  ~`‐=:、__,,/    .l  {0} /¨`ヽ}0}, ̄ ̄
         ,,|     l     ヽ._.ノ  ',
     __x-='" ヽ   リ    `ー'′/ ̄/ ̄/
    /(     `ー(     二二つ / と)
    | i,.         |       /  /  /
    .l,  i,.        |        ̄ ̄|
     },  '、      i        ,_,-‐-'、
     .} , .,'、     l.      '     i
     | ,i_,iJ     .|         {    |
    `"       |        ヽ;-;-/
              |  _,,.. -‐'"´くー(
            7"´!       `'"
            |ニi'
            i:-:!


709 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:42:30 ID:UA2fVHx8
                   / ̄ ̄ ̄ ̄\V
        ゴガギーン      /────    丶
             ドッカン   | ⌒   ⌒ \  丶
         m    ドッカン  |−(・)−(・)----丶 |
  =====) ))      ☆ |  ⊂       6) 
      ∧_∧ | |      /   | ___    | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |  O 人      \ 丶_/   /<  ジーコでてこい、野球しようぜ!
     「 ⌒ ̄ |  o人 人       \____/    \___________
     |   /   ̄ ||人 人 人        「    \
     |   |    人 人 人 人      ||   /\\
     |    |  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ へ//|  |  | |
     |    |   |  □□   | /,へ \|  |  | |
     | ∧ |    |  □□   | /  \  / ( )
     | | | | 卜|  □□   |      | |
     / / / /   ヒ|       |      | |
    / /  / /    ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ L    | |
   / / / /      ||      ||   L   | |

710 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:42:38 ID:M/h7Wgk8
 _| ̄|_    //ヽ\
 |      '|/ / ノ  "´ ̄ ̄''''‐-...ノヽ
 |__|'' ̄!  !    /            丶 |
   ,‐´ .ノ''   /  ,ィ             \
   ヽ-''"   7_//         _/^ 、 `、
┌───┐  /          / 、_(o)_,;j ヽ|
|┌─,  .|  /.           -   =-{_(o)
└┘ ノ ノ   |/        ,r' / ̄''''‐-..,>
   //   {         i' i    _   `ヽ
          ̄フ       i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   n      / 彡       l  /''"´ 〈/ /
   ll     _ > .  彡    ;: |  !    i {
   l|       \ l 彡l     ;. l |     | !
   |l      トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll     |彡     l    ; l i   i  | l
   ll     iヾ 彡     l   ;: l |  { j {
   |l     { 彡|.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n  l 彡   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!   l彡|    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o   l      :.         |

711 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:42:44 ID:m9grzoe/
       /(__  、‐-、
     ___(:::::::::::ヽ--ヽ::::::ヽ.
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶ノ|
 /:::::::::::::::::::::::::::::::;、:::::::::::::::::::::::::ヽ
 )/ |::::::::::::::::::::://::::/丶:::::::::::::::ヽ
(/   ノ::::::::::|\( 丿ノ  _∨:::::::|ヽ|
  ∠_ノ::::::::| ' -二l  l二-ヽ|::::::|
    /:::::::::|、 '. ∪ ヽ  ∪丶|;;;;ノ
    |:::::::::| |   " |  ゙゙  | |
    |:::/||ゝ|    (     |ノ
    ||∧  \  ー ‐- /     ∧
    _|:::|___,.|\_ /( __________,|:::|
  / |::::|    | |    /     |::::| ̄丶
 |___  |::::|   |    /     |::::| ___  |
「UU─────────────UU]  |
{ |                     |ノ  |
 ||   __ ,,     ∩⌒~ヽ       | |  |
 ||  ー     ( Cο。 )        | |  |
 ||  |,古    (0ιoΟ    )       |  |  |
  |   ,    ヽ`======='ノ       |  |  |
  |  /、l     \__      _/       |  |  |
  |           l二二二l          |    |
  | セ 'フ ゙ノ ー 二l マ `ノ├″- 部   |─‐ノ


712 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:42:48 ID:ZPchQJT9
    /⌒ヽ
   /  ●  ヽ
  (●/⌒ヽ●)
   ヽ| ´∀` |ノ
    .ゝ___ノ
   フーリガン

713 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:43:07 ID:gg3vVHp3
ここじゃ犠牲が大きくなりすぎマシタ ポリスメンがかぎつける前に場所を変えマスヨおめぇらついて来いデス!

714 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:43:12 ID:57F2Hwpm
ここじゃ犠牲が大きくなりすぎマシタ ポリスメンがかぎつける前に場所を変えマスヨおめぇらついて来いデス!」

715 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:43:20 ID:Lb52aCtT
ここじゃ犠牲が大きくなりすぎ

マシタ 

ポリスメンがかぎつける前に

場所を変え

マスヨ

おめぇらついて来いデス!

716 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:43:22 ID:2MhiFl24
      ,r'-゚->、             ,、_                 。_
  _ ,,_/⌒Y⌒Y^ヽ_         r゙‐-ヽ.                /`ー、
 /r'´ l f。〉  く゚) l `ヽヽ     / Y⌒´ヽ,__            _/⌒Y⌒⌒T弋 、
 l l  'i,   =   l  ヽ'i  ,ィ" ̄l (。)  <゚ノ「ヾ:、     /,' ̄  ヽ(。)  (゚) .| `i |
. l l   L,人__人_,ノ  l l  | i.   l   ,、=,、||| .   | !    i、,ィヽ"人 |  .| |
  ljj   }`ー--‐'7   l l . ! l   ト-く. ニ ゝ'  !|    i.,,j    i `ー-‐'`'   | |
     `ー '"~´    iiリ ..└'′ ヽ_,. -‐'′ jj.ノ          ヽ-‐'´    し'
               __/\/\/\/\/|_
               \             /
               <  みんなそろって   >
               <   フーリガン!! .>
               /             \
                ̄|/\/\/\/\/\/ ̄
                _
               r‐ニ-、
            __/⌒Y⌒Y⌒ヽ__         r三、
         / ̄ ̄| r。i   〈 ゚ノ |  \\     _.r-ヘr-v'ヽ_
        /!     {    =   .|    | l  r='´ 1,。) , ゝ゚j 「ヽヽ
        | '.     }___人__人 ノ    | {  | l    {-<ーヘ__ノ | l
        | ヽ    | `ー‐‐ケ    } }  |jjj    ゙ヽ二-'′ { {
        |jjトJ    ヽ_ /     ijjノ              i!jノ


717 :名前はいらない:2006/06/17(土) 23:44:49 ID:wfkzWtaC
疲れた。人生に疲れた。

718 :雨娘 ◆666.SaoPvk :2006/06/18(日) 14:11:26 ID:+WvBXPw7
ポエ大は混乱収拾不可能な状態?頭

719 :  ◆UnderDv67M :2006/06/18(日) 16:15:44 ID:Hx2LYoEm


  このスレなんか
   荒れてるらしいぜ

        ノ⌒ヽ⌒ヽヽ
       (・∀・ )v v)v`)v`)

シラネ
(・_・~);;);)))

720 :名前はいらない:2006/06/23(金) 22:12:49 ID:oACU0bwW
「絶望について」

例えば
風船のような希望に
幾千の針の雨が降ろうとしているとして

例えば
紙切れのような希望に
火が燃え移ろうとしているとして

例えば
今にも崩れそうな崖の先端に
希望が乗っかっているとして

だが僕はそれらを
「絶望」と表現することはできない

721 :名前はいらない:2006/06/23(金) 22:20:27 ID:sv2cyO1M
途中経過

>>670:無題
>>675:【自分基準】
>>677:「碧眼のアレ」
>>678-680:「人生訓」
>>681:「天体の海」
>>684:無題
>>685-687:「考察」
>>720:「絶望について」

現在8作品。

722 :厨房蓮華「考察」:2006/06/25(日) 04:57:18 ID:pqx+54jb
恋バナ
明日の天気
いい加減考えるのに疲れない?

好きな趣味
最新映画情報
いい加減思考停止すればいいのに。

苦しい
哀しい
辛い
敏感な部分に刺さる棘は何




全部結局空想の世界だけの物じゃないの?

自問自答は∞ループ
そんな事とうの昔に知ってるでしょう

考えるだけ無駄なのに
停止してしまえば死んでしまう


723 :厨房蓮華「考察」:2006/06/25(日) 04:57:56 ID:pqx+54jb

嗚呼 それなら
いっそのこと頭蓋骨を割って
脳みそだけグチャグチャにしてちょーらい
頭が痛いの 未来と過去 現在
何も考えたくないんだぜ?
Help me!

空 夢 希望
愛 皆殺し 屍 死 愛
空 君 宿題 ねぇ? 愛
雪 朝が明ける 空 朝日 綺麗
醜い 幸福 歌手 そういや 寝てないや

疲れちゃった
疲れちゃったわ

嗚呼!もう!

おやすみ 布団
永遠に

724 :名前はいらない:2006/06/25(日) 09:07:37 ID:1wNkMpUM
あと1作品〜


725 :名前はいらない:2006/06/25(日) 18:05:20 ID:1hHI0+25
「未満の血」

花を食む 小さな小さな生き物がいた

“ああ。何て固い花だろう”

花は虹いろで八分咲いていた
食べるにはもう 固くなりすぎた

生き物は軽く羽を震わせて考えていた
“もしも昨日、ここに来ていたら”

虹いろの花はじき満開に
見る者の目を楽しませるだろう

生き物はなおも考えていた
“花は終わった もう来年まで来ないことにしよう”

花の名前はアムブローシヤ
果実は天にささげられては
神々の喉を潤わすという

726 :Arpeggio ◆UfM5Clgw1I :2006/06/25(日) 18:26:33 ID:crTla47/
そろいましたね。
今から審査に入りますので
少々お待ち下さいませ(__)m

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)