5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

漢詩

1 :名前はいらない:2006/02/15(水) 12:59:15 ID:Kt73HsbR
漢詩

2 :名前はいらない:2006/02/15(水) 13:06:13 ID:Kt73HsbR
曹操 
「歩夏門出行」
神亀雖寿  神のごとき亀は寿と雖も
猶有竟時  なお竟る時有り
騰蛇乗霧  騰<る蛇は霧に乗れど
終為土灰  終<(つい)>には土灰と為る
驥老伏櫪  老いたる驥<(うま)>(名馬)は<(うまや)>に伏すとも
志在千里  志<(こころざし)>は千里に在り
烈士暮年  烈士<(れっし)>は暮年にも
壮心不已  壮心已<(とどめ)>あえず
盈縮之期  盈<(なが)>きと縮<(みじか)>きの期<(さだめ)>は
不但在天  但<(た)>だ天のみにあらず
養怡之福  怡<(よろこび)>を養い福に之<(ゆ)>けば
可得永年  永き年を得<(う)>べきなり
幸甚至哉  幸は甚<(はなは)>だしく至れる哉<(かな)>
歌以詠志  歌いて以<(もっ)>て志を詠<(よ)>まん


3 :名前はいらない:2006/02/16(木) 08:14:48 ID:QUsebQov
朝辭白帝彩雲間 朝に白帝を辞す 彩雲の間 朝早くに美しい雲がたなびいている白帝城を出発し、
千里江陵一日還 千里の江陵 一日に還る 江陵までの距離千里を一日でかえってきた。
兩岸猿聲啼不住 両岸の猿声 啼いて住まらず 両岸でないている猿の声は未だなきやまずに耳に残っているのに、
輕舟已過萬重山  軽舟已に過ぐ 万重の山 軽い舟は幾万に重なる山々の間を一気に通過してしまった。

白髪三千丈  白髪三千丈
縁愁似箇長  愁に縁って箇の似く長し
不知明鏡裏  知らず明鏡の裏 
何處得秋霜  何れの処にか秋霜を得たる

杜甫

國破山河在 国破れて山河在り 長安は崩壊してしまったが、山や河は変わらず、
城春草木深 城春にして草木深し 城内(長安)では春が訪れ草木が青く茂っている。
感時花濺涙 時に感じては花にも涙を濺ぎ 時世の悲しみを感じては花を見ても涙がこぼれおち、
恨別鳥驚心 別れを恨んで鳥にも心を驚かす 家族との別れを恨んでは鳥の鳴き声にすら心を痛ませる。
烽火連三月 烽火 三月に連なり 三ヶ月※が経ってものろし火(戦火)は消えることはなく、
家書抵萬金 家書 万金に抵る 家族からの手紙は万金にも値する。
白頭掻更短 白頭掻けば更に短く 白い頭を掻けば掻くほど抜け落ち、
渾欲不勝簪 渾て簪に勝えざらんと欲す まったくかんざしをさすのもたえかねそうだ。




4 :名前はいらない:2006/02/16(木) 08:47:20 ID:PohyRA6U
自分のノートに書き写しておけばいいと思う。

5 : ◆cha/xejyz2 :2006/02/16(木) 09:59:15 ID:CT2mirkY
この板で漢詩は需要ないよ…
板違いとか、言われるし…

6 :  ◆UnderDv67M :2006/02/16(木) 21:36:47 ID:qrO0hUpt
そんなんあんた中国人にやらせときゃええねん

7 :名前はいらない:2006/02/16(木) 22:45:14 ID:fGct/cC+
我思。故有我。

8 :名前はいらない:2006/02/17(金) 08:37:30 ID:UVzRh9/4
>>4
漢詩スレに漢詩を転載して何が悪いんだ?

9 :名前はいらない:2006/02/17(金) 09:12:49 ID:MObgIehL
ここは文化カテゴリの板
詩を自作する、或いは分析する場所
書き写すだけならチラシの裏で充分

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)