5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

*気が向いたら詩を書こう* Part2

1 :名前はいらない:2006/08/22(火) 21:46:51 ID:9JjymvTa
前スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/998566322/

2 :名前はいらない:2006/08/23(水) 22:08:32 ID:uEvsR47p
ある日突然サプライズ
その気もないのにサプライズ
判断せまられサプライズ

エレガントで心地よく
流れに身をまかせよう
ああ、そうしよう

3 :名前はいらない:2006/08/25(金) 00:56:08 ID:KORYdZhw

沸き上がる吐き気をこらえたら
息が早くなって鼓動が高まって
『居ること』が辛いと感じます

それでもまだ
執着する何かがあって
『居続け』ているのです

うすっぺらい胸を
押さえ付けるようにして
絶え絶えに やっと

世界に『在る』のです

4 :名前はいらない:2006/08/25(金) 01:26:44 ID:a1iKj+Q+
もうこれ以上はムリだと思うことは何度でも
辞めてやると思ったことも数知れず、
それでも鼓舞し、集中し乗り越えてきた。

無駄なものが削ぎ落とされ、
しらずしらず自力がついたのかとも思う
変化の兆しを感じ始める

5 :名前はいらない:2006/08/25(金) 14:39:30 ID:E9jBGN1r
風の旋律は乱れて
狂い咲いた花は散ってゆく

流れる血を止められなくて
今ここに向けられた眼差しは
崩れ行く砂上の塔をただ見つめる

リヴァイアサンをどうか殺して!!

孤独に乾いた風を纏わせて
遠くに映る街並みを
黒い太陽が照らして
薔薇を抱きながら
目を閉じる

獣たちが眠る夜
奏でられる殺戮のリズムは
狂おしいほどに愛しいから
僕は光が欲しいと願う


6 :名前はいらない:2006/08/26(土) 04:59:36 ID:ly8r0BPZ

光はいつだって空の高見にあるので
望んで手に入れることは当然叶わない

いつしかそれは愛情と憎悪にまみれていて
あれほど鮮やかな蒼も薄水色へと褪せている

楽園になど行けなくても良い
ただこの地の底のような日々でせめて
もう一度あの蒼を見たいと願う

光浴びて輝くばかりの蒼を

7 :名前はいらない:2006/08/26(土) 21:10:35 ID:fU63lOTC
なんか
わかんないけど
いれこみすぎだろう
おまえは

8 :名前はいらない:2006/08/27(日) 02:09:15 ID:K0cBPTSf
髪の毛からまり抜け落ちて
腕を傷つける鋭い爪
硬い拳で顔殴り
奇声をあげて泣きじゃくる

自分(´・ω・`)

9 :名前はいらない:2006/08/28(月) 11:45:55 ID:Mr6NnzGP
怒りと悲しみの裏側を覗いて
敗れ果ててもまた花を咲かし
燃えながら堕ちる孤独レース

時空を超えて 今
主の下へ

届かない
決して届かない

主に捧げるこの信仰がすべて

罪深き我を許したまえ


10 :名前はいらない:2006/08/28(月) 11:49:39 ID:PIRS2hP0
http://chat.chat-w.com/3/ ロムを増やそう  どんどん増えます。 
ただいま15人

11 :名前はいらない:2006/08/28(月) 16:27:23 ID:nbg08Nyw
ユグノー

ジュノー、ヘラ、
ジュピター
セレス

12 :名前はいらない:2006/08/28(月) 18:51:27 ID:UIdtieBH
殴られて血
刺されて血が流れ出る

この血は止められない
貴方が部屋を出る度に出血量が増える

貴方の気がその行為で静まるまで
出血が止まる事は無い

貴方に殺される何て
ロマンチックじゃ無いから

今日
出血が止まった

13 :名前はいらない:2006/08/29(火) 03:11:38 ID:PsyQ2ltt
暗闇
閉じた目と肌で感じる
夜の音は躰の奥底
響きながら無へかえる

貴方に触れたときも
目を閉じて
肌で感じた
暖かい血の通う音
暗く染まった僕の胸
月が仄かに撫でていく

また暗闇が訪れる
月の光は届かない
冷たく流れる夜の音
僕に赦されたのは
この


14 :名前はいらない:2006/08/31(木) 01:31:49 ID:EuKJ1iQu
他人が助けてくれるとかそういう期待は捨てている
私は一人でだってどこにでも行ける
でも少し期待するときがある
裏切られては心を削る
相手が2人なら2人分の力で
相手が3人なら3人分の力で
戦う私をどうか褒めてください
そこに救いがあるのなら

15 :名前はいらない:2006/09/01(金) 00:23:28 ID:aUF8Wd6u
あざやかに
さっそうと
ここちよく
やわらかく
すずしげに




わらった。


16 :名前はいらない:2006/09/06(水) 16:00:13 ID:Syr38z40
盗賊にはなれなかった

革新の波
果てはポロロッカ

欲望の反転の知らせは
薔薇を抱いた黒い太陽を産んだ


アリの行列を支配する夢に溶けて
終わりが来ないことを祈る


17 :名前はいらない:2006/09/09(土) 18:56:33 ID:ody/m7rE
「詩をかきましょう」

ああいいですね
やっぱり自分は詩をかきましょう
詩を
詩を
自分のなかにあるものは
こんなにも
素敵なんです
綺麗なんです
いっぱい見ました
いっぱい聞きました
自分はからっぽじゃないんです
詩をかいて
詩をかきましょう

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)