5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

剣と魔法小説の現状と将来の展望について

1 : :03/01/03 13:48
むかし大好きでしたが、
今現在のことについてはまったく知りません
すでに衰退したジャンルなのでしょうか?
日本や海外ではどうなってるのでしょう?
教えてください

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/19(火) 12:47:17
ロングセラーってことならイーリアスやオデュッセイア、マハーバーラタやラーマヤナも
聖書とためを張れるかもだな。聖書の成立年代には議論があるが。

古さだけなら最近”復刊”したこの連中にはまるでかなわないけど。
ttp://etcsl.orinst.ox.ac.uk/edition2/etcslbycat.php

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/19(火) 18:04:26
>>707
聖書の場合はラテン語版からドイツ語版が翻訳された1398年を出版年とすべきだな。
それ以前は知識階級以外は読む事の出来ない書物だった。
他の書は翻訳不要で広まっていたのだから、聖書はかなり後発といえる。

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/19(火) 21:52:28
いやしかし
廉価な大衆向け印刷本の歴史もまた1398年から始まるわけで
やはり最長ロングセラーと言っていいのではないかと>聖書

710 :708:2005/07/20(水) 06:25:16
>>709
印刷物としては最長かもしんないけど、600年そこそこ。
例に挙がってたイーリアスetc.は民間で読める写本があったと思う。
マハーバーラタとかは口伝だろうがw
聖書だけは読めない印刷物だけがあり、口伝もない。
ベストセラーとはいえないよ。
それに聖書をベストセラーにしているとコーランとかに怒られるよw
あっちは誰でも読める形で、それ以前からずっと存在していたのだし。

聖書は知識階級の独占物にされたのがベストセラー競争での敗因だね。
誰も使わない言語では一般化は出来ないってこと。

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/20(水) 06:51:59
グーテンベルク以前のヨーロッパでホメロス作品の位置づけってどんなんだろう?
俗語文学ではありえないし、口承ってのも変。
修道院の門外不出作品って感じもしないしなあ・・・
わからん

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/20(水) 10:41:47
イーリアスだって知識階級の独占物ですが何か?
聖職者階級といいたかったんだろうけど。

翻訳云々を言うならコーランこそ翻訳がいまだに「禁止」されていて知識人階級以外は近づけないのが実態。
マハーバーラタは口伝でも存在するが、書籍として存在するのはサンスクリットだしな。

というか、聖書の翻訳がどうの西ヨーロッパのカトリック圏の中世限定の時代的地域的に限定された話じゃないか?

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/20(水) 11:43:00
どこのホテルいっても引き出しには聖書あるもんなあ

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/20(水) 12:05:53
聖書って面白いよね。キリスト教はあんまり好きじゃないけど。

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/20(水) 14:29:06
聖書でおもしろいのは創世記と出エジプト記のスペクタクル
雅歌のセクスィー描写、マタイ福音書の逝き加減、
ワイドスクリーンバロックなヨハネ黙示録
くらいかと
あとはつまらん

スレ的にはヨシュア記、サムエル記、列王記あたり挙げるべきなんだろうけど

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/20(水) 17:14:18
バルトロマイのエピソードとか好きだなぁ…

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/20(水) 17:53:29
剣と魔法の現状といえば、翻訳物だと『時の車輪』あたりが個人的に最新なので、あまり
新しくはないのだが、その他も含めてハリウッド的映像が脳裏に浮かぶような、あるいは
日本的アニメ要素の強い作品だと感じた。
日本の作品だといわゆる児童書に好みのものが増えてきていて、これは恐らく作品の骨
太さにあるのだと感じている。
比較的年齢の高い世代向けとされる作品が読みやすさを前面に出し始めているのに対し、
比較的年齢の低い世代向けとされる作品がしっかりとした話作りをしているという印象だ。
極論してしまえば、前者が軽く、後者が堅実とでもいえるか。前者は特に、物語的に迷走
しやすいように思う。

展望といえば、どんな嗜好が受けるかは全く分からない。分かれば漏れがネタにする。


>>705
石川某のガンダルフ・・・
眉が輪郭飛び出るほど長く上向きで、帽子には目と歯がついてたりするのだろうか。

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/21(木) 00:29:02
そういや今日本屋で守人シリーズの最新刊らしきものがあった。

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/22(金) 11:52:36
>>717
それはえん魔(以下略)。確かにダイナミック繋がりですが。

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/25(月) 02:20:46
翻訳 夢枕獏
挿絵 石川某 板垣某

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/25(月) 07:56:12
夢枕が訳すの遅かったからサンドマンは5巻で止まっちゃったに違いない
あいつがいっきに5巻まで訳してれば10巻まではいったはずだ

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/25(月) 15:34:58
>>721
何か俺が君の言ってることを誤解してるんじゃなければ、君は激しい事実誤認をしてると思われ。

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/09/02(金) 12:50:20
hj

724 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/21(水) 11:52:56
[

725 :無名草子さん:2005/10/11(火) 10:47:00
@

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/29(火) 13:00:26
http://ime.st/ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20050924000099&cbest=42
↑のサイトで小説がどうのこうのと語っているけど、これを見てどう思う?


727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/29(火) 19:42:28
個人サイト叩きは板違いだなぁと思う。

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/02(金) 00:15:27
読書が好きか否かを決める要素として重要なものに
幼い頃に本を読んでもらったか否かがあるらしい。
最初にドキドキワクワクを教えてもらって、
その後は読んでもらうだけでは物足りなくなって
自分で手を出すものらしい。

本が嫌いな人は、そのドキドキワクワクを
教えてもらえなかった可哀想な人なんだよ。
みんなで彼を哀れんであげよう。

729 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/14(水) 13:00:41
f

730 :無名草子さん:2005/12/24(土) 12:29:53
夢枕獏

731 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/07(土) 13:27:31
かもめのジョナサン

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/01/07(土) 17:28:45
教えてもらうかどうかは、関係ないだろ。
教わった覚えもないし、教えて教えられるものでもない。

読み聞かせにしろ、正直いって親が読み聞かせてくれる本は、苦痛でしかなかった。

ようは、自由に読める本が、身近に十分あるかどうかじゃないかな。
これを読みなさいとか、感想を書きなさいとかじゃなしにね。

でも、環境とも関係なく本好きは存在するだろ。

きっと本好き遺伝子ってのがあって、それが発現した人が本好きなんだよ。

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/01/08(日) 04:21:27
>>732
その苦痛がいつから苦痛になったのかが勝負。
読み聞かせ初期から苦痛だと本嫌いになるだろうし。
本人が忘れているとしたら心理療法士にでもかからなきゃ思い出せないだろな。

734 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/21(土) 11:51:06
インストール

735 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/02(木) 12:41:48
楽しめる

736 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/15(水) 12:48:49
不可能

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/02/15(水) 14:19:28
>>732
子供は往々にして物語が大好きなもんだよ
知的好奇心の塊みたいなものだから
その幼少期に「親の読み聞かせ→自発的な絵本読み」の段階を踏んだ子供は、その後エンタメ目的だけでなく、知的好奇心の充足としても本を読むようになる場合が多いんだと。
つまり本好きになる。
ただし、親があまりにも作為的に本を読ませるとダメらしい。

738 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 11:54:18
ヤンマガ

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/04(土) 12:29:38
冲方丁さんの「ばいばい、アース」

演算魔法とか「唸る剣ルンディング」とか多種多様な種族が出てきたりと、とても面白い。
少し欠点はあるし、かなり分厚い本だけど一読の価値ありだと思う。

文庫化希望。ついでに冲方丁さんにはもっとファンタジーを書いて欲しい。

740 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 11:56:17
名前を考える

741 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 12:37:13
競争での敗因

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/08(土) 13:30:46
魔界都市シリーズはどう? あれも似たようなモノだと思うんだが。

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/08(土) 13:34:08
コナンアニメ化願いあげ

744 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 14:05:24
恥ずかしくない作品群

745 :郭嘉彦:2006/04/25(火) 15:02:27
岡田斗司夫先生ののたまふ、ドラえもんフォーマットは、
モチベーションの発生=ダンジョンに行く用事の発生
適ふ世界=実際に行く 
関係の破綻=あとかたづけ、にシフトがたぶん可能。
日本物と言へば、折口信夫先生の{マナ信仰!それを使ふ傭兵としての、
ラッパ、すり、強盗スキルを持った、山伏/山武士!}て日本の古代観が来ます
この辺にソーズ&ソーサリーの未来ありさうなんだけども。

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/29(土) 10:30:28
>>745
もっと以前からそういうフォーマットは存在してたんじゃないかと思うが……
なぜにドラえもんなんだね岡田斗司夫先生?

そういや《ハイボリア》も一応は現実世界と地続きな世界観だそうで。
"剣と魔法"は全くの異世界でなきゃイカンってワケでもないんですかね。

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/29(土) 22:45:59
>>746
別時間という世界観は、次元移動に等しい不可逆移動ですよ。
ほぼ完全な異世界。

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/02(金) 11:12:48
エゼキエル書にでる、パーレホートと呼ばれる巫女、邪教の幹部で、ケサトートと呼ばれる組紐を腕の節に巻きつけ、ミスパホートと呼ばれる、ぴったりフィットな被り物をして、ユダヤ人を誑かしてたらしい。
でパーレホートの語源は、芽吹く、の意のパラーウから。[月元昭男氏によると、この説は間違いぽい]

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/02(金) 15:28:14
[月元昭男氏によると、>>748はデムパぽい]

750 :LEI:2006/06/03(土) 17:00:44
heiio

751 :LEI:2006/06/03(土) 17:06:20
o-i



752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/03(土) 18:53:31
arcanumというRPGゲームを紹介しよう

パックに入っている説明書を読むだけの価値はあるが
ゲーム自体は英語なのが残念

753 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/06/27(火) 12:07:48
紹介は

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 15:04:45
ttp://dezapara.under.jp/syoukon/dai1kai/syoukon1.html

ここ。なんと1年近くも募集しておきながら、集まった作品はたったの4つ。
で、公開された作品のレベルがこれ。

なんつーかもう
このウェブリング登録サイト自体がレベル低いんだが・・・
ってゆーかもう!
俺も送っておけばよかったなぁ・・・はぁ・・・

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 16:08:45
うっわこれなら俺の作品の方がうえじゃね? うえじゃね?
って思うようなコンテストはある たしかにある
どんなに悔やんでも送ったもん勝ち 書いたもん勝ち
なんだよな

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/18(土) 12:35:29
なんといっても俺は剣と魔法の世界が好きだな

180 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)