5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【フランス】非英語圏海外SF総合【ドイツ】

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/21(水) 17:49:48
スタニワフ・レムやストルガツキーのような東欧SFはすでに
何冊か訳されているからともかく、
フランスやドイツのSFってほとんどないでしょ。
まぁ例外はペリー・ローダンくらいか。
そういう非英語圏の知られざる傑作について語りたい。

2 :漂泊の2ゲッター:2006/06/21(水) 19:54:48
   コタツデ
        ∧∧  <2ゲト〜〜〜〜〜
       (゚Д゚ )  
     / ̄ ̄旦/ヽ;;;⌒`)   
   /___/ ※/)≡=-;;;⌒`)⌒`)   
  / ※ ※ ※ ※ // ≡≡≡≡= -;;;⌒`)⌒`)
  (ー―――――_,ノ ≡=⌒`);;;⌒`)≡=-⌒`)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ズザー―――

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/22(木) 23:09:16
フランスならウェルベルの『蟻』三部作かな。
ドイツは知らん。カフカはじゅうぶんSF的だけど。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/22(木) 23:38:18
イタリーには有名なカルヴィーノがいる。

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/23(金) 01:02:15
サンリオSF文庫のフランスSFはメチャ高いがな。
ミシェル・ジュリとかほんまに面白いんかいな・・・

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/23(金) 22:22:10
なんでなかなか翻訳されないのかねぇ?
売れないというだけが理由なら英訳本だって同じだろうに。
翻訳のできる人がいないのかな?
東欧SFは結構訳されてるよね?何故だ?

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/24(土) 11:31:06
ジュールヴェルヌってなに人だっけ

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/25(日) 10:04:32
>>7
そうか、そう考えるとフランスSFは原点ともいえるわけか。


9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/26(月) 00:07:25
ドイツSFの翻訳はほとんど松谷健二さんがやっていたように思う。
松谷さんが訳していたものの中には、草原推理文庫ではK.H.シェールの
「宇宙船ピュルス号の人々」や「地底のエリート」なんてのがあった。
早川SFシリーズではヘルベルト W.フランケの「思考の網」「象牙の塔」
なんてのがあった。

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/26(月) 00:13:05
ドイツの古典では、クルト・ラスヴィッツの「両惑星物語」(だったかな?)が
早川SFシリーズで出ていた。パウル・シェーアバルト「小遊星物語」なんてのも
あった。これは結構傑作だった。ハインリヒ・ハウザー「巨人頭脳」(創元推理
文庫)なんてのもあった。でも、ローダンが出てきてから、新しいのは
見かけなくなってしまったように思う。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/26(月) 00:19:23
フランスSFは、サンリオSFに幾つかあったけど、それ以前には、早川で
ルネ・バルジャベル「荒廃」「時の暗闇」なんかが出版された。持っているけど
読んだことはない。後、ピエール・ブール「猿の惑星」、アンドレ・モロワ
「読心機」(中篇集)なんかがあったな。古典ではドフォントネー「カシオペアの
プサイ」、ヴィリエ・ド・リラダン「未来のイヴ」なんかがある。このへんは
SFか幻想小説か、意見が分かれる所かもしれない。

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/27(火) 06:00:45
なんかがあった、訳者が誰、なんて調べれば分かることを羅列してもしょうがないだろ。語りたい、というなら自分が読んだ感想とか書き込まないと。


13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/27(火) 21:12:54
別に、出してくれた情報をきっかけに話が出ればいいのでわ
感想スレじゃないし

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/04(火) 16:00:38
ドイツ80年代最大のベストセラーという「香水」をおいらが読んでみるぜ。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/04(火) 20:01:00
感想を待つ。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/05(水) 20:43:39
よしゃあ。「香水」の感想だぜ。読み終わったぜ。
正直、まったくもって平凡。驚くべきところがない。
センスオブワンダーといえるひらめきがない。発想が弱い。
においを賞賛する姿勢はヨーロッパでは通なのかもしれないが、それ以外に内容がない。
読みやすい話ではあるので、それだけが長所といえよう。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/05(水) 21:11:15
あれだな、「香水」よりは「孤島の鬼」のが面白かったな。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/05(水) 21:23:07
ベストセラーってそんなもんかもなあ。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/06(木) 01:46:19
>>16
チラシの裏、ご苦労

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/06(木) 17:07:55
なんだとお。読んだ感想以外、何書くんだ、ここ。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/09(日) 09:33:41
フランスだったら、早川で復刊した異色作家短編集の

 ジョルジュ・ランジュラン 「蝿」。

楽しめました!

22 :*!Z.W*d(4:2006/08/14(月) 10:58:27


23 : ◆kCTfTiXmyI :2006/08/14(月) 10:59:44


24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/24(木) 19:17:32
ローダンってドイツだよね?

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/24(木) 19:18:48
>>24
そういえば忘れてた。

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/25(金) 12:30:42
>>24
>>1でガイシュツ

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/13(水) 14:10:41
ウィーッス   ∧_∧∩
       (´∀`*//
    ⊂二     /  ガンダム買ってきたぞ゙
     |  )  /
  .[ジドム]/    ̄)
      ( <⌒<.<
      >/

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/17(日) 13:27:58
ドイツ物で最近訳されたのってイエスのビデオぐらいか?
まだ読んでないけど。

こないだ勉強がてらミヒャエル・マラックという人の
imagonという長編を読んだけど
ラヴクラフトのオマージュ作品で、
幻想的・哲学的で、なかなかよかった。
波乱万丈のストーリーはないんだけど。
確かに地味かもしれないな。でも結構好き。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/17(日) 13:30:52
フランスSFって蟻の作者だけやたら売れてる割に
他はほとんど死絶状態みたいだな
いまだにルネ・バルジャベルが売上上位って……

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)