5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

旧共産圏のSF

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/01(日) 00:13
小説でも映画でも媒体は問いません。
ソラリスとかキン・ザ・ザとか好きな人いませんか?
最近だと一応、アヴァロンも入るかも。

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/28(火) 22:58:43
なんか淋しい

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/32(土) 23:05:53
5月刊
世界の神話
ヴィクトル・ペレーヴィン 『The Helmet of Horror』 (邦題未定)
『虫の生活』 『眠れ』 のロシア作家ペレーヴィンがギリシア神話の英雄テセウスと怪物ミノタウルスの物語を取り上げる。
(角川書店 予価1628円)

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/06(木) 20:01:46
1日に「ナイトウォッチ」鑑賞
映画の日とかで1000円だった。

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/09(日) 11:03:29
ロシアのベストセラー本
ttp://www.nisso.net/osaka/bestseller4.asp

ヴィクトル・ペレーヴィン
「恐怖のかぶと テセウスとミノタウロスの物語」
セルゲイ・ルキヤネンコ
「ナイト・ウォッチ」「デイ・ウォッチ」
「トワイライト・ウォッチ」「 ラスト・ウォッチ」
え、4部作なの?


760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/09(日) 23:04:42
昨晩はチェコの「アキュムレーター1」のDVDを観て
夜更かしをしてしまった。
面白かった!!
テレビのリモコン捌きは西部劇顔まけだ。

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/11(火) 22:09:27
押入れの中からぼろぼろのイスカーチェリが出て来た。
1982年の23号だった。
深見弾のソビエトSFについてのメモがのっていた。
やはりストルガツキー兄弟への言及が多い。
ぱらぱらめくっていたらレム生誕60年記念出版という記事があった。
60歳記念に「ゴーレム14」がハードカバーで出版された直後、
ヤルゼルスキの戒厳令が布告され、レムの逮捕説もでたとある。
レム・インビューも載っていた。
Q:愛読書は
L:難しい質問だね。一冊だけ選ぶというのは・・・。
まあ、「ドン・キホーテ」ということになるかな。
Q:最も魅かれる主人公は
L:やはり、ハムレットだね。
Q:世界で最も尊敬すべき人物は
L:それは分野によって違うが、全体としてみると、私の人生に大きな影響を
与えた人は4人いる。
偉大な学者ノーバート・ウィナー
あらゆる時代を通じて最大の作家ウィリアム・シェイクスピア
あらゆる画家の中で最も刺激的なヒエロニムス・ボッス
そして最大の作曲家フレデリック・ショパンだ・・・。
私は、文学、演劇、それに彫刻をこよなく愛している・・・
Q:地球を除くと、どの惑星に一番関心がありますか。
それはなぜですか。
L:あえていうと、一番興味をそそられるのは、火星だね。
火星は小説にしても観測してもわくわくするからね。
とくに運河に関するものは・・

大好きなレムが死んじゃった。


762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/24(月) 21:34:35
オテサーネク ¥3,990 2006/05/26

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/21(日) 17:48:22
ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR 特別編
DVD発売 7/7 はやーい

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/04(日) 00:40:07
ナイト・ウオッチは、続編も上映されるかなぁ?
売り上げ次第で、これで切られるというのもありえるよね。

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/04(日) 00:41:50
今日、大阪で、ソクーロフ監督の「日々は静かに発酵し」を観た。
意味わからんかった。
ストルガツキーの原作読めば、少しは分かるかな?

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/04(日) 22:32:42
>>764
てか、小説の方も続編翻訳されるんでしょうか

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/05(月) 22:22:28
>>766
知らないけど、さすがにされるんじゃないかなぁ。

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/10(土) 21:37:25
ナボコフ
ロリータ
すごく
不思議な小説
若島正の訳は読みやすく筋も簡単で大長編でもないのに
読み終えるのに一ヶ月近くかかってしまった
ニンフを手に入れた男の話
哀れなハンバート・ハンバート
愚かなハンバート・ハンバート
そして至福のハンバート・ハンバート
厳密に決めたニンフの定義を最後はくずすだらしないハンバート・ハンバート
テニスをするニンフを神々しいまでに描写するハンバート・ハンバート
ニンフがナボコフの採集する蝶だったら何の問題もない小説だったろうに

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/18(日) 01:37:55
たしかに、蝶なら問題ない。

あれに入れ込む奴って
判断責任がロリータにあると思ってるんだよなw


770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 03:47:05
飯田規和さんてどんな方だったのかなあ
レムを知った恩人だ

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/24(木) 23:14:26
カダレでオスマントルコの話があったけど、
『わたしの名は紅』オルハン・パムクは本当にいいよ。
旧共産圏でもないしSFでもないけど、
最高にセンス・オブ・ワンダー感ずるよ。(スレチガイスマン)

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/25(金) 00:38:23
詳しく!

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/25(金) 22:37:48
>>772
詳しくと言われてもスレチガイじゃなく板違いだったですね。(反省)
ただ、イスラムの世界はまさに異世界だし、アラーの神の目で描くこと
しか許されなかった細密画の名人たちの物語とだけ言っておきます。
もちろん絶世の美女も登場します。
一応殺人犯探しの娯楽ミステリとしても楽しいんで、ネタバレにもなりそうなので。
勘だけど諸々の事情を考えるとノーベルに一番近いというのはあながち誇張ではない気がします。

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/25(金) 22:40:40
ノーベル文学賞でした。

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/26(土) 07:04:18
>>3
NHKで「神様はつらいよ」アニメ化してくんねーかなぁ・・・

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/26(土) 07:18:17
 アドリアナ・グロモワなんかどうでせう?。
 「自己との決闘」は何故かおフランスが舞台で研究の目的も見失いかけてるマッドサイエンティストとその異形な創造物が屋敷の一室に数年も隠りっぱなし。
この設定だとモロホラーに成りそうなのに、恐怖よりは哀愁を感じてしまうのは何故w。
一見出来の良さそうな創造物ミシェルは京極の「魍魎の匣」を思い起こさせる。
 自分のこの小説の映像イメージは「メッシュ」の頃の萩尾望都かデビュー当時の清水玲子なんだがw。
 小説内で数行共産圏の話題でてくるけどよく検閲通ったなー。

グロモワ作品で他作品の翻訳てあるかしらん?>教えてエロイ人!。

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/26(土) 07:25:36
子供向けSFで人間そっくりのロボットとそのモデルになった少年が入れ代わってハチャメチャな事をする・・て作品御存じの方いませんか?。
このロボ電気器具みたいにコンセントから充電するんだけど公にする前にさしこんだコンセントの電圧がロボの設定電圧より高かったために
筋力強化(?)されて研究員の部屋から飛び出しちゃうとかいうくだりがあったような・・。

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/26(土) 08:24:07
>>777
今は亡き学研少年文庫の一冊で、題名忘れたけど
主人公が「エレクトロン」ていうんじゃないかな。
あの文庫は良かったんだけどな。

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/13(水) 20:16:15
>>776
フランソワとピエールがさるぼぼか正体不明のぬいぐるみにしかイメージ出来ない漏れの想像力ってなんでしょーかねー?・・。

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/17(日) 20:15:44
ストルガツキーのみにくい白鳥よんだ。
なんかよくワカンネっす。
なんとなくディックみたい。

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/17(日) 22:47:35
最近、蟻塚の中のかぶと虫入手したんだ
収容所惑星読んでないんだけど読んで大丈夫なものなの?

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/17(日) 22:57:11
主人公がマクシムってだけで、ストーリー的には全く繋がりがないから無問題だよ

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/18(月) 11:59:11
「蟻塚の中のかぶと虫」がマクシム三部作では一番面白いと思う。
というかストルガツキー兄弟の作品中で一番好きだな。

784 :778:2006/09/18(月) 12:04:31
>>777
少年少女学研文庫の本は「トランクから出た少年」 エブゲーニー・ベルチストフだった。

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/18(月) 15:57:29
>>781
波が風を消すは思いっきり繋がってるんでよろしく

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/18(月) 19:20:18
>>778
さんくすー!!

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/18(月) 19:29:40
>>786
偶然だけど、この前母親が実家にあるのを全部送ってくれたんだよね。
あなた、運がいい人だと思うよ。 該当作品じゃないかもしれないけど。
訳は飯田規和さん。

ちなみに少年少女学研文庫の「宇宙少年イオン」プロシュキェヴィチは
ツンデレがどうたら言ってる人たちにクリーンヒットするでしょう。
この文庫は、みんなとても面白い本だった。 編集者の心を感じるというか。

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/18(月) 22:40:05
>>782
少しつながってるよ。
はっきり描いてないんだけど、「収容所惑星」読んでるとニヤリとするネタがある。

ネタバレすれば、マクシムやレフを翻弄する変な犬に、「収容所惑星」でマクシムは遭遇してる。

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/22(金) 20:01:33
>>776
脳細胞は死滅していくだけだと思われていた時代にはどういう評価を受けていたのでしょうね?

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/29(金) 20:43:55
このスレで紹介されていた宮風耕治 『ロシア・ファンタスチカ(SF)の旅』を読んでみたけど。
知識ゼロの俺からすれば、ほどよい解説でした。
ロシアにはまだまだいい作家がいるんだなあとおもた。



791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/29(金) 22:09:52
ストルガツキー兄弟って、初心者からすると早川から出てるの以外は結構
とっつきにくい感じがあるね…

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/30(土) 08:05:48
早川は作品をうまく選んでるよね。日本の読者にもわかりやすい。
訳者か編集者の功績かわからないけど。訳者かな。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/30(土) 17:12:31
収容所惑星、蟻塚の中のかぶと虫がハードカバー
波が風を消すが文庫でその当時から早川のSFに対する扱いが
変わった気がしたもんだが
それとも波が風を消すのハードカバーもあったかな、最近ぼけて


794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/30(土) 19:42:05
>>793
あなたの記憶は確かで、「波が風を消す」のハードカバーはない
「収容所惑星」と「蟻塚の中のかぶと虫」の海外SFノヴェルズが、全地球の作品を選定していた第1期を終了して
売れ線の英語圏SF一辺倒の第2期になっていたから、文庫に入れるしかなかったんじゃなかったかな
でも一緒に「収容所惑星」「蟻塚の中のかぶと虫」も文庫化されたんだから、厚遇されてたと思う

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/30(土) 21:33:35
>>794
793です。やはり波が風を消すのハードカバーはなかったんですね。(良かった。いや良くないか)
収容所惑星なんて題名もソルジェニーツィンの収容所群島のパクリで
なんとか売ろうと努力はしてましたね。

>>791
群像社はそういう路線でしょうから。
地獄から来た青年は結構読みやすいと思いましたが。
個人的には群像社の中では滅びの都が好きです。

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/02(月) 07:07:52
>>795
「地獄から来た青年」は唯一、22世紀ものだったからね。
22世紀ってロシアでは子供向けなんだって?

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/02(月) 20:02:58
マクシムシリーズやストーカー幽霊殺人も含めて、ハヤカワのはイデオロギー臭が
低い分、比較的読みやすいってのがあると思う。

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/05(木) 21:57:53
ヴィクトル・ペレーヴィン
日本に来てたんだ
ttp://subaru.shueisha.co.jp/html/person/p0610_1.html

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/07(土) 21:51:03
11月刊
新・世界の神話
ペレーヴィン 『恐怖の兜』 (仮)


800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/08(日) 00:41:35
キタアアアアアアアア!

マジか?マジなのか?!

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/11(水) 15:06:29
BSの名作平積みなんたらって番組で
呉智英さんがザミャーチンの「われら」をプレゼンした


802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/22(日) 21:02:36
>>780
ディックとストルガツキー兄弟
読後感がやるせないと言う感じで共通したものを感じる。
スティーヴ・エリクソンの「黒い時計の旅」なんかはディックの進化系みたいでいいな。

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/25(水) 22:24:22
松籟社近刊情報
ttp://shoraisha.com/coming/coming.html

『砂時計』 ダニロ・キシュ 著、奥彩子 訳
2006年12月刊行予定
ジャンル:外国文学(セルビア)
※東ヨーロッパの小説シリーズ「東欧の想像力」第1回配本
旧ユーゴスラビアのユダヤ系作家、ダニロ・キシュ。その作品は世界20カ国語以上に翻訳され、欧米での評価は極めて高い。その代表作『砂時計』日本語版を、まもなくお届けします。

『あまりにも騒がしい孤独』 ボフミル・フラバル 著、石川達夫 訳
2007年11月刊行予定
ジャンル:外国文学(チェコ)
※東ヨーロッパの小説シリーズ「東欧の想像力」第2回配本
ミラン・クンデラ、ヨゼフ・シュクヴォレツキーと並び、20世紀チェコ三大小説家と称されるボフミル・フラバル。その代表作『あまりにも騒がしい孤独』日本語版の出版決定しました。


804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/03(金) 23:27:51
古本屋で何気なく買った小松左京の短篇集に、「蟻塚〜」そのまんまの話があって笑った。

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/10(金) 22:42:12
『恐怖の兜』
新・世界の神話
ロシア文学界の異端児にして最大の人気者、ペレーヴィンの幻想が爆発する!

[ 著者 ]
ヴィクトル・ペレーヴィン
[ 訳者 ]
中村唯史
[ 内容 ]
世界33ヶ国が参加する〈新・世界の神話〉プロジェクトに、いよいよロシアの大物が登場。選ばれた神話は怪物ミノタウロスの迷宮脱出物語。かつてなく幻想的で、未体験の想像世界に、目眩と感動が押し寄せる。

発売日:2006年 11月発売予定
定価(税込): 2100円
ttp://www.kadokawa.co.jp/book/bk_search.php?pcd=200507000199

228 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)